きらく食堂@江津 ラーメン

f0088954_1224424.jpg

 江津まで遠征です。県西部にはあまり向かう事がないのですが、この日は前々から一度行っておきたかった「きらく食堂」に向かいました。ナビをセッティングして指示通りに向かうと、何故か江の川の反対岸の細かい路地に迷い込まされ、挙げ句の果てに川の橋のない部分を強行突破せよとの指示。流石に江の川は川幅も広いし深そうなので、車でこれを突ききるのは無理と判断し、近くにある橋を探して何とか対岸に辿り着きました。全くお馬鹿ナビには困った物です。
 三江線沿いの道を下った小さな集落の中にその店は有りました。噂には聞いていましたが、何とも味のある佇まいです。ノスタルジー度では日本でもトップクラスと言って良いでしょう。
色あせた暖簾をくぐると店内は九州でもコアな店でしか味わえないような獣臭が漂います。ラーメン(600円)、チャーシュー麺(800円)、チャンポン(680円)、焼きそば(650円)・・・とありますが迷う事無くラーメンを注文です。
f0088954_1224981.jpg

 待つ事しばしでラーメン登場です。濁りのあるスープにメンマ、薄切りのバラチャーシュー、ネギのトッピング、麺は九州麺より太めのストレートです。早速スープを口にすると、期待を裏切らない豚臭の香りが溢れます。タイプとしては宍道駅前の木幡食堂を連想させるようなスープです。このシチュエーションでこれだけ野趣溢れるラーメンは貴重ですね。島根県の文化遺産の1つと言っても良い気がします。
f0088954_12241182.jpg

連れがいただいたチャーシュー麺、画像だけです。
[PR]

by emozione | 2011-01-09 13:45 | 松江以外の島根県