ご飯屋 カフェ ZERO@古志原 名古屋めし

f0088954_1051635.jpg

 この日、昼食が遅くなりさてどこに行こうかと思案していました。適当なあてもないまま市内をうろちょろしていると古志原交差点付近でこの店の看板が目にとまりました。「ご飯屋カフェZERO」「でらうま名古屋めしが食べられる店」、こんな店有ったっけと思いながら「名古屋めし」と来られれば確認してみなければなりません。昼の営業ぎりぎりの時間でしたがOKとの事で入店です。さて名古屋めしとの事でどんなメニューがあるのかと見渡した所、一般の軽食メニューに混じって味噌煮込みうどん、みそかつ定食、みそかつサンド、天ぷらきしめんなど名古屋らしいメニューがあるようです。この中から今回は味噌煮込みうどん(ライス付)(750円)とみそかつサンド(ドリンク付)(750円)をお願いしました。
f0088954_10511975.jpg

 味噌煮込みうどんです。ライスと漬け物がセットになっています。食べ終わったうどんの余り汁にご飯を投入して味噌雑炊にして食べるのが名古屋流、これが最初からセット内容に組み込まれているのは嬉しいですね。
f0088954_10512829.jpg

 土鍋で煮込まれた本格八丁味噌仕立てのうどんに白ネギ、エノキ、白菜、人参等の野菜と肉、玉子とナルト1つのトッピング。地元で有名な山本屋ではシンプルにネギ、肉、玉子、蒲鉾というシンプルな仕様だったと記憶していますがこれに比べると具だくさんの仕様になっているようです。実は味噌煮込みうどんについてはちょっとしたこだわりがあって、小麦粉を調合して麺を打ったり、削り節から出汁を取って名古屋の八丁味噌と合わせて出汁を作ったり結構頻繁に自宅で名古屋風味噌煮込みうどんを作るのですが、そんな目で見ると麺が柔らかすぎたり野菜がややうるさかったりという感想がないでもありません。しかし、松江で食べる事のできる味噌煮込みうどんでここまで本格的な物は恐らく他ではいただけないと思われます。そういう意味では価値ある一杯と言って良いでしょう。
f0088954_10513645.jpg

 こちらはみそかつサンド。名古屋では「矢場とん」で有名なみそかつですが、文字通りトンカツを八丁味噌ベースのタレで頂くといういかにも名古屋チックなご当地メニューです。これをキャベツの千切りと共にパンに挟んでサンドイッチにした物が味噌カツサンドですが、最近は空港で販売される弁当「空弁」としても味噌カツサンドがちょっとした人気を呼んでいるようです。こちらのみそかつサンドは味噌カツ定食に使用するカツをそのまま使ったものでサンドイッチだからと言った手加減は一切無しだそうです。その分サンドイッチとしてはそこそこのお値段になりますがこれは食べてみれば納得です。特筆すべきは味噌だれの旨さ。独特な甘みと酸味が絶妙にトンカツの風味を引き立てます。ボリューム的にも十分で朝食ではなく昼食メニューとしてお勧めです。
 ZEROでは現在もっと名古屋を前面に出したメニュー展開を検討中だそうで独特な太麺と少しピリ辛のあんかけソースで有名なヨコイのスパゲティ的なメニューも検討中だそうです。名古屋出身の奥さんの今後の展開に注目です。


[PR]

by emozione | 2010-01-23 14:30 | ラーメン以外