タグ:鶏白湯 ( 7 ) タグの人気記事

縁○○食房 だんだん家@大社

f0088954_12104520.jpg

 久しぶりに行った出雲大社界隈ですが、折しも平成の大遷宮とあって昔は静かだった神門通りも、平日にもかかわらず「ここは本当に島根なの・・」と言いたくなるような人の数、(実はこれより少し前の日曜日に一度トライアルしたのですがあまりの大渋滞に断念したのでした・・・)さすがに神様の力は偉大です。そんな表通りの喧噪を抜け少し路地に入った所にその店はあります。縁○○食房 だんだん家。事前リサーチで鶏白湯塩系無化調のラーメンを提供と言われるとどうしてもあの店の事が脳裏に浮かんでしまいます。実際かつてのあの店が閉店した後、とある場所で店主とばったり会ったことがあるのですが、今は別の仕事をしているが近いうちにまた居酒屋系の店をやりたいと言っていたのが思い出されます。今回はそれを確かめるための潜入です。
f0088954_12105671.jpg

 店には駐車場が無いとのことで出雲大社の大駐車場にお参りをして帰ると心に決めつつ駐車。徒歩10分ほどの距離になるでしょうか。店に入ると、恰幅の良い店主と女性が二人、どうやらあの店主とは別人のようです。
 入店してメニューを確認、迷わす鶏塩らーめん(680円)をオーダー。全て手作り無添加、鶏ガラを6時間煮込んだ白湯スープが売りとの事ですが果たしてどうでしょうか。
f0088954_1211761.jpg

 待つこと30分(ちょっと待ち時間多め!)ようやく届いた鶏塩らーめん。店主の恰幅からすると少し控えめな丼に鶏チャーシュー、蒲鉾、コーン、刻み紫蘇、梅干しのトッピング。ライト目な鶏白湯スープに麺は細めのストレートですね。提供時にお姉さんから途中で梅干しを潰して味の変化を楽しんで下さいとのアドバイス。
 鶏白湯は無化調だと旨味を作るのが難しいと思いますが、このスープはなかなか良くできていると感じました。鶏チャーシューも秀逸、紫蘇の香りが最後まで飽きさせません。途中で潰すように言われた梅ですが、香り控えめな梅干しで、橋で割ると断片にはなっても溶けないのであまりスープの味が変化したとは感じられませんでした。どうせなら事前に潰した梅肉にした方が変化を楽しめるのではないのかな・・。しかし全体としてはかなり良くできた無化調鶏白湯ラーメン。鶏白湯を出す店が少ない山陰では貴重な存在なのは確かです。
 帰りにどうしても気になったので店主に聞いてみました。「松江に昔、同じ名前の店がありましたよね。」
あの店とは全然関係ないんですよ・・・という答えが返ってくるものと思っていると意外にも、「ああ、あれは友達!」と無邪気な答え。彼はだんだん家を閉めた後一時別の仕事をしていたけど、今は畑仕事をしているとか・・。もしかしたらこのラーメン、彼のアドバイスがあったのかも知れませんね。
[PR]

by emozione | 2013-10-31 13:40 | 松江以外の島根県

麺処 三鈷峰@皆生 味玉らーめん

 こちらでも紹介されて、以前から狙っていた店ですが、ようやく行く事が出来ました。米子市皆生の麺処 三鈷峰です。事前情報によると鳥居式ラーメン塾の9期生で濃厚魚介系の鶏白湯スープとかなり興味深い内容。どんなラーメンがいただけるのか楽しみです。
f0088954_18512854.jpg

 メニューは濃厚鶏白湯魚介の「つけめん」、こってり鶏白湯魚介の「らーめん」、あっさり鰹節香る和風出汁の「和出汁らーめん」の三系統にそれぞれ量とトッピングのバリエーションです。つけめんにはプラス30円で1辛~3辛の辛つけめんオプションが加わります。
f0088954_18515372.jpg

 味玉らーめん(750円)です。特徴は何と言ってもこのスープでしょう。しっかり炊かれた鶏白湯ベースに濃厚な節系魚介と山陰では珍しい本格的関東ガツン系のダブルスープです。鶏、魚介に化調の旨味まで加わった「まさに旨味の三点倒立やぁ~!」てな感じのスープだけに、好みもはっきり分かれるかも知れません。ちなみに私は結構好みです。
f0088954_18523037.jpg

f0088954_18524681.jpg

 こちらは、つけめん(700円)+チャーシュー(250円)。実食していないので画像だけです。しかし、チャーシューは250円と高額だけあって、分厚くて旨そうですね。

店名 麺処 三鈷峰 (サンコホウ)
TEL 0859-34-6008
住所 鳥取県米子市皆生温泉4-1-20 (地図)
営業時間 11:30~14:30(L.O) 17:30~20:00(L.O)
定休日 水曜日
席数 10席 (カウンターのみ)
駐車場 有(店舗横に5台分)
煙草  分煙
[PR]

by emozione | 2010-11-27 19:40 | 米子市内

キッチンスタジアム らーめん神話

f0088954_218176.jpg

昨年12月に松江駅のシャミネ松江内にオープンしたキッチンスタジアムらーめん神話です。開店翌日以来の訪問と成りますが、1店舗の中に「鶏パイタン麺 神戸麺話 イザナギ」「北海道熟成味噌麺 北海道麺話 カムイ」「島根あごだし麺 出雲麺話 やくもづ」の3店舗が集うミニラーメンコップレックス形式の為「神戸麺話イザナギ」以外は未だ宿題店となっていました。今回は北海道カムイと島根やくもづのいずれか迷いましたが、他ブログ等での露出が少ない北海道を選択いたしました。略さずに言えば「北海道熟成味噌麺、北海道麺話カムイ」とあるように味噌が基本と成りますので、今回は出来るだけトッピングがシンプルな熟成みそらーめん(680円)を選択です。
f0088954_218483.jpg

熟成味噌ラーメンです。トッピングはネギ、チャーシュー、ゆで卵、メンマ、モヤシ、キャベツ、ごまです。全体としてかなりあっさりと言うか淡泊と言うか薄口と言うか、薄めの味噌汁のような味わいですね。薄味好み方には良いかも知れませんが、北海道の味噌ラーメンと言えば「すみれ」や「味の時計台」はもっと濃厚なインパクト系だったので、それをイメージしていると肩すかしを喰らいます。玉子やチャーシューも同じ店舗内の神戸麺話に比べるとやや残念な感があります。これらは3店でそれぞれ独自の物を使用しているようですが、島根あごだしはまだ未確認ですが質の良い神戸麺話の物を供用しても良いのではないでしょうか。
f0088954_21874.jpg

同伴者の食べた神戸麺話イザナギの鶏パイタン麺(620円)。だんだん家無き後、松江市内で食べる事が出来る貴重な鶏白湯となっています。相変わらず良くできた鶏白湯麺だと思います。

店名  キッチンスタジアムらーめん神話
    北海道熟成味噌麺 北海道麺話 カムイ
TEL 0852-60-0067
住所 島根県松江市朝日町472-2 シャミネ松江味彩内
営業時間 11:00 ~ 23:00
定休日 シャミネの定休日と同じ
駐車場 シャミネ・一畑駐車場2時間無料
駅南口、駅前地下駐車場1時間無料


[PR]

by emozione | 2010-09-21 21:40 | 松江市内

だんだん家@春日町 惜しまれつつの閉店

f0088954_141181.jpg

 名店が一つ姿を消す事になります。松江市春日町のだんだん家。伊勢宮から春日町に移転して3年余り、「ひばり」「塩や」とともに常に松江のニューウエーブ界をリードし続けてきた人気店の突然の閉店宣言は少なからず松江のラーメンファンに衝撃を与えました。決して経営的に苦しかった訳でもなく、ただ他にやりたい事があるからと言う、ある意味破天荒な所のある江角店長らしい決断なのかも知れません。3月いっぱいと言う事で残る営業期間にできるだけ通いたかったのですが折しも個人的に忙しい時期と重なり期せずしてこれが最後の訪問となってしまいました。
f0088954_1411731.jpg

 鶏骨ラーメン(塩味)は当初曜日限定での提供でしたが好評につき数量限定での毎日提供に変更されました。8時間以上強火で煮込んだ乳白色の鶏白湯ベースでこれに濃厚な魚介の旨味が加わります。松江では恐らく初めてのレギュラーメニューとしての本格的鶏白湯ラーメンですが初めていただいた時から未熟さを微塵も感じさせない完成度に驚かされました。この日は煮玉子入りでいただきましたがこれを二度と味わう事が出来ないと言うのは返す返すも残念です
f0088954_1413674.jpg

 レギュラーのラーメンに煮卵をトッピングした煮卵ラーメン(塩)です。レギュラーのラーメンも実は当初から比べて少しずつ変遷を繰り返しています。個人的には変化の毎により好みが増していった気がします。
 実はこの日以外にもう一回閉店直前の金曜日に最後のラーメンを食べに行ったのですが、表に臨時休業の看板が・・・やむなく退散して再度月曜日に出かけた時には既に閉店後となっていました。江角店長には最後にもう一度行きますねと伝えて帰ったのですがそれが叶わなくて残念です。惜しまれつつの閉店でしたが、この店が松江のラーメン界に大きな足跡を残した事は間違い有りません。江角店長お疲れ様でした。
[PR]

by emozione | 2010-03-02 13:25 | 松江市内

キッチンスタジアム@シャミネ松江 神戸麺話 イザナギ

f0088954_2515181.jpg

 JR松江駅の「シャミネ松江」に2009年12月21日にオープンしたばかりの「キッチンスタジアムらーめん神話」です。1店舗の中に「鶏パイタン麺 神戸麺話 イザナギ」「北海道熟成味噌麺 北海道麺話 カムイ」「島根あごだし麺 出雲麺話 やくもづ」の3店が厨房を共有する形で入る変則ラーメンコンプレックス形式となっています。店内は中央に厨房、その前後に向かい合ったカウンター席、そして奥に何席かのテーブルか座敷があるようでした。この日はオープン2日目だったメニューを絞っての営業との事、各ラーメンと少数の一品というラインナップでしたが本格営業が始まると各店それぞれの地域の食材を用いたメニューが紹介されるようです。今回はその中からイザナギのタマゴパイタン麺とタマゴコクタン麺をチョイスです。
f0088954_252077.jpg

 タマゴパイタン麺(720円)です。茶褐色に濁った鶏白湯スープにネギ、もやし、メンマ、ゴマ、チャーシューと煮玉子です。先日のだんだん家@春日町のように最近山陰でも鶏白湯を提供する店が増えてきた気がします。正直この手のラーメンコンプレックスタイプの店には経験上あまり期待はしていなかったのですが、なかなかどうして、卒のない味作りがされているように思います。場所柄、あまりマニアックな設定はできないと思われますが、鶏白湯のベースもしっかり香る良いスープだと思います。それにも増してチャーシューが圧巻です。その分厚さに関しては私の知る限りこれ以上のチャーシューにお目にかかった事がありません。それだけでも食べてみる価値ありではないでしょうか。
f0088954_252993.jpg

 こちらはタマゴコクパイタン麺(750円)です。タマゴパイタン麺にマー油を加えた物のようです。マー油は豚骨ベースに香りを付けるのに良く用いられる手法ですが、元来それほど強い個性とは言えない鶏白湯ではマー油のインパクトに飲み込まれてしまう感があります。個人的にはどちらかと言えばデフォルトのパイタンスープの方がお勧めかな。

松江市朝日町472-2
TEL:0852-60-0067
営業時間:11:00~23:00
定休日:シャミネに準ずる
駐車場:シャミネ駐車場を利用


[PR]

by emozione | 2009-12-22 13:50 | 松江市内

蒸し料理 dinig 菜厨 NAKRIA@京店 緊急報告

 今年7月にオープン以来、水郷祭の帰り道に立ち寄っただけで本格的になかなか伺えなかった、蒸し料理 dinig 菜厨 NAKRIA@京店ですが、ようやくちゃんと訪問する事が出来ました。事前にmenaruki氏に連絡をとって予約を入れた上での来店です。料理はお任せで量より質重視とだけお願いいたしました。結果的に蒸し料理だけではない菜厨の実力を堪能する事が出来ましたので緊急報告とします。
f0088954_93401.jpg

海老とスモークサーモンの前菜(仮称)。料理名は正式の物ではないので関係者の方は突っ込みを入れて下さい(汗)。くり抜いたゆずの中にスモークサーモンとフルーツ(オレンジ?)と海老が入った一品でフルーツとのコントラストによって魚介の旨味が引き立ちます。
f0088954_944241.jpg

フォアグラのソテー(仮称)。癖を一切感じさせないフォアグラの優しい味わいと芋のカリッとした食感、カブのしっとりした食感の対比が見事な一品です。
f0088954_954111.jpg

鯛のカブラ蒸し(仮称)。とろろ芋のようなカブラと洋風テイストのあんが上品に鯛の白身を包み込み全体に落ち着いたテイストの中に山葵の刺激がキラリと光る一品。
f0088954_962298.jpg

飯南産豚の角煮(仮称)。豚自体の味わいが物を言う一品。遠くに八角が香り野菜のシャキッとした食感が重厚な素材に爽やかさを与えます。
f0088954_97927.jpg

鶏白湯と鯛のフュメルのスペシャルラーメン鶏白湯と鯛のフュメドポアソンのラーメン。この日のメインディッシュ。スープベースはmenaruki氏が担当。贅沢に丸鶏から炊き上げたたり白湯は濃厚かつ芳醇。これまでにも東京や大阪で何店か鶏白湯をいただきましたがこれ程鶏らしさを鮮明に出した鶏白湯ベースには出会った事がありません。一方その鶏白湯ベースを華麗に支えるのが空海の景山氏が担当したフュメドポアソン。フュメドポアソンは主に白身魚と香草のエキスを白ワインを用いて抽出するフランス料理の手法で、この日は鯛を用いた物でしたが、凝縮した鯛のエキスは力強くかつそれでいてエレガント。この二つが絶妙なハーモニーを醸しだし一杯のラーメンをフルコースディナーのメインディッシュに昇華させています。平打ちの太麺もプリプリの食感はアルデンテに茹で上がったパスタを思わせます。鴨のロースも柚の風味で引き締める心配り、全てに渡って今まで経験した事のないラーメン。「参りました!」の一言です。
 これだけの手間とコストをコースの中とは言えラーメンにかけるのは常識的に考えて見合わないと思うのですが、実はこれらの材料は元々菜厨の冬メニューとして用意された鍋メニューの素材。裏を返すとこれらの素材を使った極上鍋が一人前2500円からの予算でいただく事が出来ます。〆のラーメンも一玉200円でオプションとして用意されていますのでこのラーメンの雰囲気を味わう事が出来るのではないでしょうか。鍋の中には要予約の物もあるようなので事前に確認される事をお勧めいたします。
 また、上記のラーメンをどうしてもいただきたい方は「週に10回ぐらいお店に通って頂ければお出しいたします。」とはホール係のくまさんのジョークですが、常連客になれば可能性があるようです。興味のある方は菜厨に通って至福の一杯を手にしてみて下さい。
f0088954_98562.jpg

紅茶のゼリー(仮称)。ラーメンの余韻に浸りながらいただきました。
f0088954_984034.jpg

 追加でオーダーした一品メニューの薄切りバゲットの明太子ディップ添え(380円)。お酒のあてにピッタリ、その後つい飲み過ぎてしまった事は言うに及びません。
 今回、蒸し野菜以外のコースメニューでしたが改めて菜厨の実力を見せつけられた思いがします。中心的素材とそれに対比する素材で陰と陽の抑揚をつけ作品に厚みを与える構成はどれも見事で景山氏の実力の高さを伺わせます。量は重要視しないと伝えてあったのですが量的にも十分満足のいく物でした。また、これだけのコースをいただいて、しこたま飲んだにも関わらず二人で一本ほどのお会計は、多少麺歩き仲間のご贔屓があったのかも知れませんがかなりリーズナブルです。そのせいもあってか、年末年始はすでに多くの予約が入り始めているようで特に週末は早めの予約が必要だとの事です。ただ、ウイークデイにはまだ余裕があるとの事でゆっくり食事を楽しみたい方はウィークデイの予約が狙い目かも知れません。


住所:〒690-0843 島根県松江市末次本町13 マツヤビル2F
TEL/FAX:0852-33-7702
HP:http://hwsa8.gyao.ne.jp/nakria/#  
営業時間
ランチタイム  11:30~14:30  
ディナータイム 17:30~22:00    
年中無休
f0088954_1955194.jpg




[PR]

by emozione | 2009-12-01 19:00 | 松江市内

だんだん家@春日町 新メニュー 鶏骨ラーメン

f0088954_123258.jpg

 新メニューリリースの報告を受けて行って参りました。鶏骨(650円)ラーメンと銘打って登場した、だんだん家@春日町の新作は鶏白湯スープのラーメンです。豚骨に対しての鶏骨という意味でしょうか。当初金土日限定で提供されていましたが現在は毎日提供されているという情報もあります。
f0088954_12321747.jpg

 8時間以上強火で煮込んだという鶏白湯は綺麗に白濁して見た目に食欲をそそります。キクラゲ、ナルト、ネギ、鶏チャーシューのトッピング、煮玉子はオプションです。鶏白湯はその性質上最初は鶏の風味がガツンと来るのだけど後半とろみのあるコラーゲンが舌をマスクして味がぼやけるイメージがあるのですが、このスープは魚介の部分が上手くそれを補っていてなかなか良くできています。今まで東京、大阪で何店か鶏白湯の店を訪問してきましたが決して引けを取らない出来と言って良いのではないでしょうか。山陰では今密かに鶏白湯ブームを迎えつつあるようですがその火付け役となった一杯、まず最初にお試しあれ。
f0088954_12322829.jpg

 同行のJrがいつも注文するのは塩バターなのですが、この日は何故かコーンバターが出てきました。何の抵抗もなく美味しくいただいていたようです。


住所 島根県松江市春日町151-5
TEL 0852-32-0575
営業時間 11:30~15:00 17:30~22:00
定休日 水曜日(祝日の場合は翌日)


f0088954_1955194.jpg




[PR]

by emozione | 2009-11-08 11:50 | 松江市内