タグ:郷土食 ( 16 ) タグの人気記事

ソーキ肉そば@拉麺屋神楽境港店

f0088954_01060082.jpg
f0088954_01061049.jpg
f0088954_01061709.jpg

 久々の更新です。
 今回は山陰を中心に多店舗を展開する拉麺屋神楽の境港店です。豚骨を中心に定番の拉麺を提供する山陰では最大と言っても良いチェーンですが、以前にも長崎風チャンポンなど季節限定で興味深いメニューをリリースしてきましたが、今回は沖縄そば風のソーキ肉そばです。某沖縄料理専門店が閉店して山陰で本格的な沖縄そばを食べる事がなかなか難しくなりましたがそんな中意外な所で沖縄そばがラインナップに上がったと言う事でさっそく行ってきました。この日は直前まで米子で所用があったため米子の店舗も考えましたが帰り道と言う事で「境港店」に。21時前の時間帯でしたが入店すると待合席で待つように指示されます。よく見ると店内には確かにそれなりに客が居るのですが半数以上は空席、しかしすぐに通されないのにはどうやら事情があるようでした。それぞれの席が全て食べ終わった物の片付けができていない。ホールには2人の人員がいるのですが、観察してみるとどうも動きに無駄が多い。例えばある机を片付ける時に食べ終わりの食器を重ねて手で持っていくのですが全部を持ちきれなくてコップなど一部が残った状態に、それを戻って片付ければ良いのですが一旦離れるとそれを残したまま別の注文を持って行ったり他の注文を聞きに行ったり。周りは中途半端に食器が残った机が一杯という状況でした。そして注文をお願いしてもちょっとお持ち下さいと注文票をカウンターまで取りにいってそのまま別の注文品を運んだり動きに一貫性がない。何かをする時にはそれを最後までするとか片付けにはお盆を持って一度で済むように工夫するとかいちいちカウンターまで注文票を取りに行かなくても良いように持ち歩くとか何かもう少し効率的な動きが出来ないものかと感じました。
肝心なソーキそばですが、自分の思っているソーキそばと比べると、やや塩気が強めだったり鰹の風味がもう少し欲しい感じだったり紅ショウガが入れすぎ、というかテーブルに紅ショウガが置いてあるのならデフォで入れるのではなくオプションで入れるようにすれば良いんじゃないかと言ったツッコミはありましたが、それでも沖縄そばの雰囲気をしっかり感じられるもので、これが身近に気軽に食べられるなら十分ありじゃないかと思える仕上がりでした。特に麺は平打ち麺で名護あたりの麺の形状に近いようですがこれがなかなかしっかりした麺で、恐らく自家製麺と思われますがこの麺が出来たから沖縄そばの発想が生まれたのかなと思えるようななかなか魅力的な麺でした。長崎チャンポンの時も最初のリリースから次第に進化して最終的には素晴らしい出来に仕上がった記憶があり沖縄そばにも更なる進化が加わってあわよくば定番化して貰いたい物です。それだけにオペレーションが少し残念でしたが多店舗でも同様なのかどうか分かりません。ソーキそばについてはできれば別店舗でもう一度食べてみたいと思います。

[PR]

by emozione | 2017-06-23 21:00 | 境港市内

びぜん亭@飯田橋 支那そば

f0088954_19155779.jpg

f0088954_19162380.jpg

f0088954_19165550.jpg

f0088954_1917652.jpg

f0088954_19171822.jpg

飯田橋にある老舗ラーメン店です。ダブルスープやつけ麺などが当たり前の昨今何の変哲もない昔ながらのシンプルなラーメンはめっきり減ってしまったように感じます。しかしここには時の流れにあらがうかのように古き良き東京ラーメンがありました。
開店11:30のところ、11:10に到着。扉を開けた状態で準備をされていたので店の前で待とうと思って近寄った所、中から声がかかりました。「11:30からですよね。」と尋ねると「もうちょっと待ってね。」と言われたので店の前で待とうとすると、「そんな所で待ってないで中にどうぞ。」と開店前の店内に招き入れて下さいました。その後少し店主とお話しをさせて頂きましたが、なんでも岡山のご出身だとか。40年ほど前に東京に出てきてラーメンをはじめるに当たって自分は不器用だから教科書通り作るしかなかったんですよ。と今のラーメンの姿になったそうです。ある意味東京の人が作る以上に東京ラーメン。ご主人の謙虚で実直な姿勢がそのまま具現化したような真っ直ぐなラーメンです。
あれやこれやとお話しをさせて頂いて、最後の一滴まで完食。
ごちそうさまを告げると、東京オリンピックまではやろうと思ってるんですよ!と言われるのでまた来ますと再訪を約束して店を出ました。
少しだけやわらかい気分になれた気がしました。
[PR]

by emozione | 2015-06-01 11:30 | 関東

金波食堂@東津山

f0088954_22494315.jpg

 岡山県津山市の東津山駅前にある昔ながらの食堂「金波」です。詳しい歴史は定かではありませんが4~50年前からあるのではないかと地元の方が言っておられました。
f0088954_2250252.jpg

 おでん、丼物、お好み焼き、焼きそば、うどんなどが主なメニューですが汁そばという謎のメニューがありこれが実に面白い食べ物だったので紹介しようと思います。
f0088954_22503213.jpg


f0088954_22503868.jpg

 その前におでんから。おでんはこの近辺には珍しく色の黒い関東風です。関西風になれている身にとっては見た目で面食らうのですが普通に美味しく頂けます。
f0088954_22505019.jpg

 お好み焼きです。こちらは焼き方は広島風に近いのですが二つ折りにして出てくるので関西のキャベツ焼きに近いかも知れません。ソースがお好み焼きソースではなくシャバシャバなウスターソースのようなソースが塗られてきます。
f0088954_2251529.jpg

 そして汁そばです。汁そばの正体が分からなかったので聞くと、麺は焼きそばの麺、出汁はうどんの出汁だそうでカテゴリーとしては姫路駅の駅そばとか鳥取の素ラーメンに近い物と言って良いでしょう。こちらの汁そばは量はやや小ぶりですが、わかめ、天かす、ネギのトッピングで叉焼こそ乗っていませんがルックス的にはラーメンです。そして味も焼きそばの麺が少し太めのラーメンとして全く違和感なく、何より鰹節の効いたうどん出汁が動物系が全くないにも関わらずパンチの効いたダブルスープのようでラーメンとして代用とか真似事の域を超えて完成された物になっているように思います。駅そばや素ラーメンのように知られていないのが残念です。

[PR]

by emozione | 2015-01-13 22:53 | 岡山県

ラーメン親父達の定例会^^ 島球~奨 伊勢宮店

f0088954_11261014.jpg

海ぶどうと彩り野菜サラダ
f0088954_1127419.jpg

スーチカー
f0088954_11275688.jpg

もずくの天ぷら
f0088954_1128481.jpg

スクガラス豆腐
f0088954_11292812.jpg

海ぶどう
f0088954_11295955.jpg

ヒラヤーチー
f0088954_11303718.jpg

そーめんチャンプル
f0088954_11312377.jpg

久米島かまぼこ?
f0088954_1132187.jpg

絞りやすく爪楊枝をさしたスダチ。このまま絞ると爪楊枝を伝って上手くかける事ができる。
f0088954_11343229.jpg

〆の沖縄そば

f0088954_11351990.jpg

奬に移動。券売機。
f0088954_11355681.jpg

枝豆
f0088954_11361349.jpg

キムチ?
f0088954_11363582.jpg

醤油ラーメン?? 記憶が無い・・・

ラーメンおやじ達の定例会。
今回はいつもと違った雰囲気で場所は沖縄料理の店「島球」です。
「めんそーれ」が閉店してしまったので現在松江で唯一本格的沖縄料理を提供する店となりました。
今回は初めてお会いするVIPな方の参加もあったりして大いに盛り上がり夜遅くまでラーメン談義に花が咲きました。
二次会は伊勢宮の奬に移動、しっかりラーメンをいただいて〆となりました。
[PR]

by emozione | 2014-09-28 16:30 | 松江市内

そば工房おみ@隠岐の島町 番外編

f0088954_18513251.jpg
f0088954_18514364.jpg
f0088954_1852089.jpg
f0088954_18521190.jpg

 島根はそば処です。挽きぐるみの色の濃いそば粉を割子という朱塗りの丸い器に盛って何段かに積み重ねて提供される割子そばは出雲地方の風土食として知られています。これとは別に隠岐の島では「隠岐そば」という独特の蕎麦文化があります。そば粉100%の十割そばに焼き鯖のほぐし身でとった出汁をかけて頂く独特のそばですが、通常は家庭料理として振る舞われあまり店で食べるという習慣はないものとされています。最近では観光向けに島内の居酒屋等でも隠岐そばを提供する店がありますが本来の家庭料理としての隠岐そばだけを純粋に提供する店は恐らく隠岐の島町の島内ではここだけだろうと思います。
 そば工房「おみ」は地元では「おみそば」と呼ばれ親しまれていますが島外の物にとっては到達難易度の高い店でもあります。隠岐の島町の中心地は島の南側ですがこの店は島の北側の山の中にあります。西郷港から北へ車で約30分の道程になります。この日は昼まで所用がありその後この行程を往復した後車を降り約20分の徒歩で西郷港まで移動し15時10分のフェリーに乗船というハードなスケジュールだったためそばを作る時間待ちが長くなるとフェリーに間に合わない可能性もあったため西郷出発前に予め作っておいて欲しいと連絡を入れた所OKを頂いての出発です。五箇を通り過ぎて山光久見トンネルを抜けた後看板を頼りに本線から側道に入ると人家もまばらな山道になります。おみそばはその途中にありますが下から登ると看板が見えないので初めてだと通り過ぎてしまう事になります。また仮に運良く見つけたとしても普通乗用車だと入口が急カーブすぎて進入が困難となります。そんな時は少し通り過ぎた所に道が広くなった場所がありますからそこでUターンする事をお勧めします。上から降りると店がはっきり見えますしそのまま直進でアプローチできます。帰りもそのまま道路を一旦上に登って広場でUターンした方が帰りやすいです。
f0088954_18522265.jpg
f0088954_18523252.jpg
f0088954_18524026.jpg

 と言う事で30分ほどで無事に到着。到着時まだ蕎麦を作っている最中でした。電話しておいて正解です。到着後10分ほどして注文の隠岐そばができあがり。見た目にも綺麗にもられた品の良いそばです。汁は少なめで海苔、ごま、ネギと柚子が乗っています。出汁は焼き鯖をほぐした物から取っていて所々に鯖の身のかけらや場合によっては骨なんかが混ざっています。以前に島内の別の居酒屋で隠岐そばを頂いた事がありますがその時のそばとは印象が大きく異なるそばです。予想以上に出汁の風味が強く柚子がそれを引き締めていてなんと旨い事か・・。普通盛りだと若干量的に少なめな事もあってペロリと平らげてしまいました。焼きおにぎりにも惹かれた尋ねると多少時間がかかるとの事で今回は断念。しかし恐らくリピートする可能性が高いのでその時には事前に大盛りと焼きおにぎりの注文で望みたいと思いました。
[PR]

by emozione | 2014-04-06 13:00 | 隠岐の島

船橋ソースラーメンのカップ麺

f0088954_13204757.jpg

 先日千葉で実食した船橋ソースラーメンですが、カップ麺が出ている様なので早速ファミマで購入致しました。
f0088954_1321591.jpg

 船橋ソースラーメンはかつて駅前にあった「花蝶」という店が元祖と言われその源流を汲む店が現在船橋に3店あるとされています。先日お邪魔をした「浜町一番」の他に船橋市本町の「大輦」と「利平」がその3店ですが、それぞれ独自の特徴があるようです。今回頂いたカップ麺はキャベツ、肉玉、と紅ショウガが特徴ですが、3店のうち紅ショウガが乗るのは「大輦」のみの様なのでモデルは「大輦」という事なんでしょうか?食べてみるとカップ麺の方がずっとラーメンらしく万人に美味しいと思える仕様になっているようです。船橋ソースラーメンって何だ?って言う方には千葉まで行かずに「こんな感じ」という疑似体験が手軽に出来るという点ではなかなか面白いのではないでしょうか。
[PR]

by emozione | 2014-03-12 12:00 | 分類外

浜町一番@船橋

f0088954_1284070.jpg

 全国各地にご当地ラーメンが存在しそれぞれ特徴のあるラーメンを提供していますが、その中では比較的マイナーな存在で有りながら他にない個性を持ったラーメンがあります。ソースラーメンもそんなラーメンの一つと言えます。ソースラーメンはかつて船橋の駅前にあった「花蝶」という店を起源とし文字通りウスターソースをベースとしたあまり他に例を見ないラーメンですが、その源流を汲む店としては現在3店舗が確認されているようです。その中の一店「浜町一番」にやってきました。
f0088954_1285084.jpg

 どことなく昭和の風情が漂う船橋ファミリータウンの一角にある昔ながらの地域密着型中華食堂と言った風情の店です。入店時他に誰もいたかったので着席して壁に貼られたメニューを確認。ありました、ソースラーメン650円とあります。迷うことなく注文です。
f0088954_1291185.jpg

 待つことしばし、できあがったソースラーメン。タップリのキャベツと薄切りの豚バラ肉をまず炒めそれにスープを足しウスターソースで仕上げた物で麺は加水率高めの中細麺。プルンとした食感が特徴です。誤解を恐れずに言ってみればウスターソースそのものの味をお湯でまえたような味わいですが薄まることによってウスターソースの香辛料成分が逆に際立つのとキャベツからの甘みがそれに加味されることによって端から見るとあり得ない様なこの食べ物が一つの創造物として成り立っている何とも不思議なラーメンです。どちらかと言えば焼きそばをスープで延ばしたと言った方が近いのかも知れませんが、これがラーメンとして成り立っているのには恐れ入ります。青森県黒石市につゆ焼きそばなる食べ物がありますがこちらはまだ頂いた事は無いのですが、焼きそばに和出汁をかけた物と言う事で機会があれば比較のためにも一度頂いてみたい物です。
[PR]

by emozione | 2014-02-23 12:30 | 関東

子天狗@岐阜

f0088954_17163598.jpg

f0088954_17162974.jpg

f0088954_17165736.jpg

ちょっと一杯飲み屋のような風情の外観。古びた引き戸をガラガラと開けるとカウンターとテーブル席が2卓。カウンターに腰掛けて大将に中華そば500円と伝える。大鍋で麺を茹でる大将に「ここは高山の中華そばが食べれるそうですね」と尋ねると「そうですよ」との答え。その後待つことしばし、さほど時間がたたない間に中華そばの出来上がりです。
f0088954_17165458.jpg

 雷紋柄の丼に黒目のスープ、ねぎ、メンマ、チャーシュー、が盛られた中華そばは絵に描いたようなオーソドックスないでたちです。早速スープを一杯。思った以上にしっかりした鶏がらの香りがまずやってきます。そして、それを引き立てるように煮干の風味が追ってきます。見た目の印象以上にキャラクターのあるスープです。続いて麺を。ややウェーブしたストレートの細麺は、しっかりした腰があり、昼間の丸デブほどではないが、かなり小麦が香る麺です。しかし、スープのキャラもそれなりに強いため小麦のキャラを旨く包み込んで渾然一体とした仕上がりになっています。メンマは細めででしゃばらずチャーシューも古き良き中華そばの風情です。
 帰りがけに大将が少しお話してくださいました。スープは鶏がらと煮干で、煮干はなんとご近所の山口産だそうです。高山のラーメンは魚介の部分に多少の違いはあっても大体こんなもんなんだそうです。同じ県内とは言っても容易に往復できる距離ではないので今回は断念せざるを得なかった高山ラーメンですが、岐阜市内で本場の高山ラーメンをいただく事ができたのは収穫でした。

店名 子天狗
TEL 058-262-7375
住所 岐阜県岐阜市若宮町3-25
営業時間 17:00~2:00
定休日 日 祭日
[PR]

by emozione | 2011-02-12 21:10 | 中部東海

二代目光福@高知市 美肌すっぽん鍋焼ラーメン

f0088954_1633419.jpg

 この日はフラッと高知市に。龍馬伝も大詰めでさぞかし市内も賑わっていることと思いきや、折からの雨天のせいもあってかさほどの混雑でもありません。せっかく高知に来たのでお昼は高知らしい物をと言うことでこちらを選択です。
 市内ではちょっと知られたすっぽん鍋焼きラーメンの店、二代目光福です。ちなみに初代は六泉寺町に、三代目は追手筋にあるようです。こちらははりまや橋交差点から南へ2辻西へ1辻の交差点角、駐車場はありませんが近隣にコインパーキングなどがあるようです。
f0088954_1633824.jpg

 デフォルトの美肌すっぽん鍋焼ラーメンの他にもトマトやポン酢など色々なバージョンがあるようですが中でも魔女たちの鍋焼きラーメンと称したバージョンではコラーゲン+しじみの効果でより美肌アップ効果があるという某テレビ番組の内容に因んで、宍道湖産のしじみを使用しているとの事でした。しかし、高知まで来て宍道湖産も何なので今回はデフォルトの美肌スッポン鍋焼ラーメンをチョイスいたしました。
f0088954_16331292.jpg

 美肌すっぽん鍋焼ラーメン、平日980円の所、日祭祝日はなんと半額の490円だそうです。土鍋に済んだスープ、ネギ、竹輪、温泉玉子、麺は固めのストレート細麺と、見た目はまゆみの店の時に書いた須崎の鍋焼きラーメンの形式を踏襲しているように見えます。
f0088954_1637514.jpg

 これに、付属の牛のコラーゲンと四万十の青のりを投入して頂きます。スープはスッポンベースとの事ですがあっさりして癖がなく、時々プルンとしたコラーゲンの食感が楽しいですね。日祝限定とは言いこれがワンコインとは大変お値打ちではないでしょうか。高知らしさと言う面でもお勧めの一杯です。
f0088954_1637280.jpg

 こちらは、美肌すっぽんつけ麺、1200円→690円です。麺は鍋焼きの物よりやや太めの麺で釜揚げのように湯に浸かった状態で提供されます。こちらのスープはつけ麺向きに醤油と魚介で調整されているようです。こちらもやはりコラーゲンと青のりを投入していただきます。後でご飯をスープに投入してもグッドかも知れません。
f0088954_16372277.jpg

 スッポンの唐揚げ。臭味や癖は一切無くプルンとした食感が心地良いです。店長のお勧めでラーメンに投入してみましたが旨かった。
f0088954_16372431.jpg

 こちらは餃子。これが意外といけました。
f0088954_16372782.jpg

 魔女たちのドリンク、と言う名前の生き血のドリンク。甘いカクテルのようなアレンジがされていて驚くほど臭味がなくフルーティーな味でした。

店名 二代目光福 元祖美肌鍋焼きラーメン
TEL 088-824-8588
住所 高知県高知市南はりまや町1-3-17 恒石ビル1F (地図)
営業時間  11:30~21:00
定休日 火曜
[PR]

by emozione | 2010-11-07 12:15 | 四国

つぼ八@学園 噂のケンミンMENU 山盛りげそ天ラーメン

f0088954_12223942.jpg

 居酒屋つぼ八の11月5日~11月18日までの期間限定メニュー題して「噂のケンミンMENU」、どこかの番組をパクッタような企画です。その中に山形市名物山盛りげそ天ラーメンというのがありました。文字通りパクリ元の某番組で「山形県民は、ラーメンにゲソ天をのせて食べる」と紹介されたそうですが山形県民に言わせると「げそ天ラーメンなんか食べるのは年に1~2回だべ」というのが実際のようです。ただ、確かに有頂天を代表とするげそ天ラーメンの店があるのも事実で山形名物というのは間違いではなさそうです。
f0088954_12221574.jpg

 山盛りげそ天ラーメン(398円)です。一人鍋サイズの小さい土鍋にツルッとした食感の平打ち麺(冷凍?)と濃い口醤油系のスープ、げそ天は値段にしてはそれなりにしっかり盛られています。スープの味は動物系とも魚介系ともつかない鍋つゆのようなスープで比較的味が濃いめです。どちらかと言えばラーメンのトッピングとしてのげそ天ではなくげそ天のつゆとしてのラーメンと言った方が的確そうです。この値段でこのボリューム、味であれば酒の肴としては十分満足のいく物ではないでしょうか。

[PR]

by emozione | 2009-11-07 19:15 | 松江市内