タグ:豚骨系 ( 39 ) タグの人気記事

ラーメン長山@鶯谷

f0088954_2353983.jpg

 今冬就航したLCCを利用して東京に。夕方成田着なので東京に移動した頃にはすっかり夜、主だった店はもう閉店の時間なので宿近くのこちらに。
鶯谷ではちょっと知られた長山さんです。
f0088954_23532428.jpg

 券売機式カウンターのみの店内、ラーメンは細麺と太麺を選択できるので太麺をセレクト。
f0088954_23533999.jpg

 一見、ほうれん草抜きの家系のような風貌のラーメンです。スープは鶏とんこつと言う事でコラーゲンがまとわりつくようなこってりさ。動物系ががっちりのしっかり目の味です。見た目に違わず味的にも家系に近いように感じます。無休で深夜12時までやっているので上野近辺で夜に行く場所に困った時は重宝しそうです。
[PR]

by emozione | 2014-02-21 23:30 | 関東

かしや@玉出

f0088954_21403043.jpg
f0088954_21403964.jpg
f0088954_214047100.jpg

[PR]

by emozione | 2013-11-18 11:50 | 関西

長浜ラーメン博多屋 松江店

f0088954_1133220.jpg

存在はずっと以前から知っていたのですが、何故か足が向かなかった店でした。
理由の一つは広島県内の系列店に行った事があり、あまり特徴を感じなかったからでした。
それでも松江市内のラーメン店で一度も足を踏み入れないのも何かと思いまして、この日は意を決して突入です。
もちろんと言っては大変失礼なんですが、大きな期待もなく普通のFC店の味を予想してでした。
しかし、店内に一歩足を踏み入れると、もしかして大きな勘違いをしていたのではないかと言う疑念に駆られました。
そこには豚骨系FC店にありがちな豚骨ペースト的なスープではあり得ない様な獣臭が漂っていたのです。
とりあえず、こってりラーメン(730円)を煮卵トッピング(90円)、麺バリカタで注文です。
して、出てきたラーメンがこれ。やや、豚骨系白濁スープにややネギ多め、チャーシューは煮豚っぽく薄め、背脂少々にオプションの煮卵という仕様です。
で、問題のスープですが、ここで疑念が確信に変わります。やはり博多屋という屋号から想像される「博多ラーメン」のライトなイメージとは異なり獣臭の強い「久留米ラーメン」に近いテイストです。間違いなく松江では最も獣臭を楽しめるラーメンです。はっきり言って好き嫌いの分かれる所ではありますが、私のような獣臭愛好家にとっては大変貴重な店となりました。と言う事で、実はその後も繰り返し訪問していますが、この店、獣臭の強さが日によって大きく異なり、ヘビーな日もあればライトな日もあるというのが現在の印象です。最も獣臭が強かったのが初めての訪問日。もう一度あれぐらいパンチのあるラーメンを頂きたい物です。
f0088954_1133338.jpg


店名:長浜ラーメン博多屋 松江店
TEL:0852-25-7622
住所:島根県松江市津田町328-1
営業時間  11:00~翌1:00
定休日:?


[PR]

by emozione | 2012-09-28 21:20 | 松江市内

麺家ひばり@北堀旧店舗にて営業再開

f0088954_1135281.jpg

f0088954_114963.jpg

麺家ひばり@学園の店舗が閉鎖され、花さかとしての営業となったため、二度と口にする事が出来なくなった、かに思われた麺家ひばりのラーメンですが、事情があって花さかを離れ、旧ひばり食堂の店舗であった北堀の店舗にて11月22日より営業を再開、再びその味わう事が出来るようになりました。
f0088954_1143091.jpg

メニューは若干縮小して、白湯系、味噌系、醤油系、塩系、担々麺の5系統、つけ麺は手間の関係で当面の間メニューから外れるそうですが、往年の味復活です。
久しぶりの一番のお気に入り、白湯らぁめん(650円)を煮玉子(100円)入りでお願いしました。
f0088954_1144579.jpg

全て、昔のままです。ひばり独特の魚介の風味が何とも言えません。
営業時間が短いのと、駐車場がやや遠く分かりにくい(最初はお店の人に聞いた方が良いかも知れません)など多少の不便はありますが、松江の主要なラーメン店が次々と姿を消す中、麺家ひばりの復活は久しぶりの朗報となりました。
[PR]

by emozione | 2011-12-01 12:10 | 松江市内

黒門屋らーめん 総本店

f0088954_1194990.jpg

黒門屋ブラックらうどる 700円

前回訪れたのは20年ぐらい前になるでしょうか。
当時は確か屋号が黒門ラーメンだったように記憶していますが、自分の中ではライトな豚骨ラーメンの店というイメージでした。豚骨以外のメニューはなかったような気がしますがなんせ古い記憶なので定かではありません。現在の黒門屋らーめんでは経営が変わったのかメニュー構成がかなり変わっているようです。なかでも最近の新作メニュー「黒門屋ブラックらうどる700円」の看板があったので思わず食券を買ってしまいました。
着席してチケットを渡すと、モヤシを入れて良いか聞かれるので、最初は出来るだけオリジナルの物をと思い、入れて下さいとお願いです。太麺なので少し時間がかかりますがよろしいですかと聞かれ「ダメです」とも言えないので「ハイ」と返事をします。
待つ事しばしで登場!ギトギト感のある褐色のスープにチャーシュー、メンマ、ネギ、モヤシのトッピング、大きなレンゲが添えられます。豚骨ベースはかなり濃厚で無鉄砲を彷彿とさせる物があります。そこに醤油の風味と酢でしょうか、仄かな酸味が加わります。この酸味が全体の味をふくよかにしているようです。麺はラーメン+ヌードル=らうどる、だそうでラーメンとうどんの中間的太さと言う事らしいですけど、関東ではこれくらいは普通の太麺と言う事になるでしょうか。関東の太麺に比べるとやや腰が弱めでこれも関西人の好みに合わせてあるのだと思います。
ジャンクながらなかなかオリジナリティーがある面白いラーメンだと思います。

店名 黒門屋ラーメン 総本店
TEL 06-6645-8655
住所 大阪府大阪市中央区日本橋1-21-28
営業時間 11:00~24:00
定休日 無休
席数 カウンター10席
駐車場 無
喫煙店
[PR]

by emozione | 2011-11-19 20:20 | 関西

きらく食堂@江津 ラーメン

f0088954_1224424.jpg

 江津まで遠征です。県西部にはあまり向かう事がないのですが、この日は前々から一度行っておきたかった「きらく食堂」に向かいました。ナビをセッティングして指示通りに向かうと、何故か江の川の反対岸の細かい路地に迷い込まされ、挙げ句の果てに川の橋のない部分を強行突破せよとの指示。流石に江の川は川幅も広いし深そうなので、車でこれを突ききるのは無理と判断し、近くにある橋を探して何とか対岸に辿り着きました。全くお馬鹿ナビには困った物です。
 三江線沿いの道を下った小さな集落の中にその店は有りました。噂には聞いていましたが、何とも味のある佇まいです。ノスタルジー度では日本でもトップクラスと言って良いでしょう。
色あせた暖簾をくぐると店内は九州でもコアな店でしか味わえないような獣臭が漂います。ラーメン(600円)、チャーシュー麺(800円)、チャンポン(680円)、焼きそば(650円)・・・とありますが迷う事無くラーメンを注文です。
f0088954_1224981.jpg

 待つ事しばしでラーメン登場です。濁りのあるスープにメンマ、薄切りのバラチャーシュー、ネギのトッピング、麺は九州麺より太めのストレートです。早速スープを口にすると、期待を裏切らない豚臭の香りが溢れます。タイプとしては宍道駅前の木幡食堂を連想させるようなスープです。このシチュエーションでこれだけ野趣溢れるラーメンは貴重ですね。島根県の文化遺産の1つと言っても良い気がします。
f0088954_12241182.jpg

連れがいただいたチャーシュー麺、画像だけです。
[PR]

by emozione | 2011-01-09 13:45 | 松江以外の島根県

麺家ひばり@学園 廣島つけ麺 温バージョン

f0088954_23353847.jpg

f0088954_23354287.jpg

 無双、壱龍に続く辛い物シリーズ、〆は麺家ひばりの廣島つけ麺の温かいバージョンです。この、廣島つけ麺はこの夏、暑い季節の涼風麺として結構人気があったそうで、秋に魚醤らーめんがリリースされる際に入れ替わりで消えるのかと思っていましたが、継続してメニュー化のようです。今回はその冬向きアレンジとして温バージョンが出来るという事でお願いしました。
 基本は冷バージョンと同様ですがトマトは省かれているようです。サルサを使用した複雑な辛味と酸味のハーモニーも共通ですが、温バージョンではそれらののフレーバーがより強調されたように感じます。寒い季節にも対応した温バージョンの廣島つけ麺、辛い物好きには嬉しい一杯です。
f0088954_23375024.jpg

f0088954_23354567.jpg

 同行者がオーダーした魚豚つけめん(800円)
f0088954_23354664.jpg

 同行者がオーダーした魚醤ラーメン(800円)

店名 麺家 ひばり
TEL 0852-61-1151
住所 島根県松江市学園2-10-16 (地図
営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00
定休日 月曜日(月曜祝日の場合は火曜日)
駐車場 有(南に約50mの所に3台分あり.)


f0088954_1955194.jpg
[PR]

by emozione | 2010-12-07 21:30 | 松江市内

金龍ラーメン 道頓堀店 ラーメン

f0088954_22244972.jpg

 大阪遠征最終夜、夕食は炉端でビールだった為、そのまま就寝・・・とも思ったのですが折角なので真夜中の街に飛び出し24時間営業のこちらに突撃です。誰もが知ってる「金龍ラーメン」道頓堀店。ど派手な龍のオブジェと台湾屋台風のアウトドアな雰囲気が、観光のお上りさん達を魅了する一方、ラーメンフリーク達からはあまり見向きされる事のない大阪ジャンクラーメンの極みと言った所でしょうか。実に20年ぶりぐらいの訪問となります。
 この金龍ラーメン、実は難波近辺に5店舗が存在し、店舗によってご飯があったり無かったりの違いがあるようです。そしてそのうち本店を含む3店舗が道頓堀筋に集中しています。ちなみに、こちら道頓堀店はご飯無しなのでご飯が必要な人はお隣の本店に行かれると良いでしょう。
f0088954_22245264.jpg

 都会では当たり前の食券制です。メニューはラーメンとチャーシューメンですが、日本語の他に英語、中国語、ハングル語のボタンもある所はインターナショナルですね。何語にするか迷った末、日本語のラーメンを選択です。
f0088954_2224549.jpg

 流石にこの時間という事で他に客は誰も居ません。お兄さんに食券を渡して縁台にちゃぶ台が乗った座席で待つ事しばし、ラーメン(600円)の出来上がりです。カウンターにある入れ放題のキムチ、ニラ、ニンニクを入れてから座席にと言う事のなのですが、今回ニンニクだけは遠慮しておきました。
 外見は一見濃厚そうな豚骨スープですが、タレのテイストはライトで、そのままだと飲みの〆向きの塩梅になっています。このラーメンに関して言えば無料のニンニク、ニラ、キムチを思いっきりぶち込んで「なんぼのもん」と言った感じでしょうか。そんなラーメンですが20年前の印象そのままの変わらぬジャンキーさが何にも代え難い魅力なのかも知れません。
f0088954_22245688.jpg

 ラーメンを食べ終わった後道頓堀筋を歩いていると何やらクレーンを使った作業をしています。よく見ると、かの有名な「大タコ」の撤去作業のようです。そう言えばこの店、確か不法占拠で市から退去命令が出ていたはず。これが大タコ屋台の見納めかとシャッターを切ったのですが、後で報道をみると、この時は屋台が前に1m動いただけで本格的撤去はしばらく後の事12月16日になったようです。スクープなり損ね映像でした。

店名 金龍ラーメン 道頓堀店
TEL 06-6211-6202
住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-26(地図)
営業時間 24時間営業
定休日 無休
駐車場 無
[PR]

by emozione | 2010-11-22 02:50 | 関西

日本全国こだわり食の彩典in島根 2010

 2010年10月1日~3日の間、松江くにびきメッセで催された「日本全国こだわり食の彩典in島根 2010」に東池袋大勝軒が出店するとの事で行ってきました。この企画は地元某テレビ局主催でニュースでの(爆笑)生中継で紹介された事もあって、さぞかし混雑するだろうと予想し、最も空いているであろうと思われる金曜日の出撃と致しました。到着してみると混雑はさほどでもなく並ぶ事もなく入場料500円を払ってゲートを突破です。会場では全国の様々な出店ブースが並び、中にはB1で有名になった厚木のシロコロや富士宮焼きそばなどもありました。そんな中、目的地をめざします。
f0088954_1521048.jpg

東池袋大勝軒です。
 大変な混雑を想像していましたが、到着時前に2~3人の行列のみでした。拍子抜けしながら最後尾に付きます。この日のメニューは、特製もりそば(800円)、辛味もりそば(900円)、チャシュー(限定)(200円)、麺の大盛り(+100円)となっており、当然特製もりそばのオーダーとしました。ちなみに、関係ありませんが東京では「チャーシュー」の事を「チャシュー」とか「チャシュウ」と表記している店をよく見かける気がします。最近確認しただけでも、若月@新宿が「チャシュウ」、福寿@笹塚が「チャシュウ」でしたが、当の大勝軒@東池袋は「チャーシュー」となっていますので今回の表記は単なるタイプミス?
f0088954_1521358.jpg

 特製もりそばです。会場の都合でしょうが薄っぺらいプラスティックの容器で提供されます。量的には実店舗で食べた時の半分ぐらいの印象です。麺やつけダレは実店舗と変わりないのかも知れませんが、こう言う容器でいただくとどこかチープに感じてしまいます。やはり本当の味を味わいたければ東池袋まで行くのがベストなのかも知れません。 

f0088954_1521876.jpg

 さて、特製もりそばが予想以上に小ぶりだったのと、入場料の500円を少しでも回収する為頑張ってもう一店です。がちんこらーめん道 柊。実店舗は大阪、貝塚市です。その昔TBS のバラエティー番組「ガチンコ!」の中で企画されたラーメン道というコーナーに参加し2位を獲得しその後、佐野実さんの元で修行を経て開店した店だそうです。実店舗では別系統のメニューもあるようですが、ここではとんこつ醤油系のみのようなので基本の「がちんこラーメンとんこつ醤油」(700円)をオーダーです。
f0088954_15211047.jpg

 がちんこラーメンとんこつ醤油です。やはり会場の都合でプラのカップに入れての提供です。どうやらマー油豚骨のようですね。麺はストレート細麺ですが九州麺ほど細くはない麺です。とかくマー油豚骨は味に特徴が出づらいように思いますが、容器が容器だけに何となくカップ麺を食べているような気分になります。居ながらにして全国各地のラーメンを頂けるのは良いのですが、やはりこういった物はその場に行って食べるに超した事がないように感じました。
[PR]

by emozione | 2010-10-01 13:30 | 松江市内

峰味@今宮戎

f0088954_213955.jpg

この日は連休で大阪です。折角なのでどこかでラーメンと思い無鉄砲@今宮戎に向かったのですが不覚でした。日曜・祝日営業と思っていたのですがこの日は祝日の月曜日。無鉄砲の休業日が月曜日、と言う事でお休みでした。今更他の名の知れた店に向かう時間も無かったのでその場で情報収集した所、斜め向かいにあるこちらのお店がそこそこ評判が良いようなのでうかがう事にしました。
f0088954_213655.jpg

メニュー表です。ラーメンを注文するとニンニクの量を尋ねられるので「少々」を選択です。
f0088954_2137100.jpg

ラーメン(600円)です。豚骨ベースのようですね。無鉄砲とまでは行きませんがなかなかしっかりと炊かれているという色合いです。しかし口にしてみると、僅かにニンニクが香りますが明らかに薄い。薄めと言うレベルで片づけられない薄さです。何かの間違いかと思ったのですが、もしやと思いよくかき混ぜてみると何となく味が乗ってきました。どうやらタレがスープとよく混ざっていないようです。後で色々なレビューを見てみてもそのような記載が見当たらないのでこの時だけの事故だったのかも知れません。全体としては薩摩系のニンニク豚骨風味に中細麺というスタイル。豚骨自体はよく炊けているんじゃないかと思いますが混ざったとは言えこの日は少しタレが弱い気がしました。リベンジが必要かも知れません。

店名 峰味
TEL 06-6649-7068
住所 大阪府大阪市浪速区敷津東3-3-16 サンウッドモリモト1階
南海:今宮戎から徒歩1分
地下鉄:御堂筋・四ツ橋から東へ徒歩5分
     今宮戎駅から44m
営業時間  A.M11:00~A.M1:00
定休日   年中無休
駐車場   無

f0088954_1874080.jpg





[PR]

by emozione | 2010-09-20 14:30 | 関西