タグ:塩系 ( 33 ) タグの人気記事

RAMEN CIQUE@阿佐谷南

f0088954_19211466.jpg

 この日の2軒目は阿佐谷の有名店 RAMEN CIQUE です。ここを選んだ理由の一つは期間限定メニューの「雉のお出汁のかけラーメン」をあわよくば頂こうと思っての事でした。この日1軒目の「伊藤」も ネギ以外具のないラーメンですが、この限定メニューは更に上を行っていて、ネギさえのっていないとの事です。山手線から中央本線に乗り換えて阿佐ヶ谷駅で下りそこから歩いて約10分で目的地に到着。まるでブティックか美容院のようなモダンでおしゃれな外観の店です。入り口を入ってすぐ右奥に販売機があって早速確認すると、目的の雉出汁は残念ながら無いようです。噂によると、そもそも提供数が少なくこの時間まで残っている可能性は少ない上に5月の中旬までで限定終了してしまったようです。ここはリサーチ不足と諦めて「塩ラーメン」と「白味玉」をチョイスいたしました。
f0088954_19253962.jpg

 お洒落でこぢんまりとした店内はカウンター6席のみ、丁度満席状態だったため長いすに座って待つ事10分程度で着席、さらに10分程度で塩ラーメンの登場です。澄んだ黄金色のスープにチャーシュー、メンマ、ほうれん草、ネギ、海苔、麩とオプションの味玉のトッピングです。麩のトッピングはこれまで余り見た事がありませんが、調べてみると青森の昔ながらのラーメンには結構普通に入っているそうです。スープは鶏ガラと魚介のダブルスープですが魚介で押し切るタイプではなく、あくまで鶏ガラ中心です。これとは別にどこか洋風なテイストと甘みを感じるのですがオリーブオイルか何かでしょうか?麺は多加水の中細ウエーブ麺で麺独自の香りと鶏ガラの相性が心地良いです。
 一つ残念だったのは、これだけお洒落で大人の空間と味を演出した店なのに泣きじゃくる子供をあやしながら食べておられるお客さんがおられてイメージをぶち壊しにしてしまっていました。難しい問題ではありますが、店の雰囲気は店側だけでなくお客の側も合わせて作り上げていく物、それを壊さない配慮が出来る客でありたい物です。

[PR]

by emozione | 2009-05-30 18:30 | 関東

だんだん家@春日町 燻製煮たまご

 渋滞しているので暫くは簡略モードでコメントいたします。この日のだんだん家訪問の目的は燻製煮たまご(120円)。早速、醤油、塩それぞれのラーメンにトッピングで注文、お昼なので+サラダとチャーシューそぼろ丼の小(350円)もついでにいただく事にしました。
f0088954_18452541.jpg

醤油+燻製煮たまご
f0088954_18453786.jpg

塩+燻製煮たまご
f0088954_18454949.jpg

チャーシューそぼろ丼(小)
f0088954_18455750.jpg

お昼のサービスサラダ

 燻製たまごと言えば以前、麺家 ひばりの限定メニューでいただいた香り豊かな物や五福星@仙台の様に、もはやラーメンに入れには不向きな程インパクトの強い物を思い起こし増すが、こちらの燻製は竹のチップを使用していて大変マイルドな仕様になっています。このため、燻製独特のバニラのような香りはあるもののラーメンのトッピングとして違和感の無い仕上がりになっています。
 テイクアウト可能で、今後、肉類や魚類などのスモークも登場するかも知れないとの事で酒のあてとして楽しみです。

[PR]

by emozione | 2009-04-14 12:00 | 松江市内

餃子の王将@松江学園店

f0088954_18255772.jpg

 餃子の王将がついに松江にできました。個人的な話しながら何十年か前に、餃子の王将のとある支店に毎昼休みに通っていた事があってとても懐かしいです。当時は確か京都VS大阪のいわゆる暖簾問題が表面化する前で王将といえば当たり前に「餃子の王将」(京都)の事と思っていました。注文は決まって中華丼、多少雑な所はあっても、早い安い旨いの三拍子がそろった点は当時の自分のニーズを満たしてくれる物でした。餃子の王将に先駆けて松江に「大阪王将」が出店した際、昔食べた中華丼のジャンクな味を期待したのですが、やはりどこか違う気がしていました。餃子の王将が出来た際に早速中華丼をためして見た所、やっと何十年ぶりかの旧友に会えた気がしました。その日はラーメンではなかったためレポートは控えましたが、その後もこれとは別に一度訪問、そして今回が実は3度目の訪問、ようやくラーメン系のメニューの確認となりました。
f0088954_18261266.jpg

 まずは基本のラーメンと思ったのですが+100円でこってりラーメン(577円)というメニューを発見、こちらをいただく事にしました。やや粘度のある濁ったスープにネギチャーシューのトッピング、そして別皿に辛味噌が提供されます。同じ京都の巨大チェーン「天下一品」を思わせるような味でした。
f0088954_18263142.jpg

 こちらは五目そば(525円)。恐らくベースは基本のラーメンの方のスープと推察されますが、こちらはあっさり淡白で、それが野菜からの水分で更に薄まった感がありかなり薄い印象です。もう少しアクセントがあれば良いのですが・・。
f0088954_18264425.jpg

 お得意の餃子(6個210円)です。オーダーしないと必ずお薦めされます。確かにお薦めメニューだけあって万人に受け入れられるラインをキープしながらボケた所が無いよう巧く作られた味だと思います。
 開店当初からお昼時には行列が出来る程の人気、普通はこうなると席に着くまでに何十分、メニューが出るまでに何十分となるものですが、餃子の王将は違います。この日も店内はほぼ満席状態でしたが、注文を終えて店員が注文を伝えに行ったのにすぐに戻って来て、何かと思ったらその手には既に焼きあがった餃子が、更にもう一度行って帰ってきたと思ったら注文の品が乗っていました。まさか作り置きかと疑ってみましたが、餃子はともかく普通のメニューは決してそうでは無いようです。なんでもメニューを一品仕上げるのに数十秒、客が待たされる時間は殆どありません。これによって一人一人の平均滞在時間は短くなり、回転率が上がる。ミゾーユーの不況の中でも勝ち続ける理由はこういった所にあるのだと思います。

[PR]

by emozione | 2009-04-13 14:20 | 松江市内

初代麺のすけ@「まつえ暖談食フェスタ」

f0088954_23132555.jpg

 昨年末のしまね冒険ワールドに続き、「初代麺のすけ」が「第7回まつえ暖談食フェスタ」への出店です。場所は竪町商店街の歩行者天国。野外にてクイックタープ1張り分のスペースでの営業で、天候は概ね良好だった物の風で炎が安定せず苦労をしておられるようでした。開始予定の午前11時に到着しましたが、そんな事もあってお湯の沸き待ち、折角なのでブラブラと歩きながら他の店の散策です。ポカポカ陽気の休日イベントとあって結構な人出です。屋台も数多く境港の蟹汁やカレーなど目移りしそうなメニューが目白押しですが、ここはグッとこらえて30分ほどの時間潰しです。そうこうする間にお湯の準備が出来たようで開店です。開店早々早くも何人かの列が出来、人気は上々のようです。先頭から4番目に並んで私と連れの分の「塩らーめん」と「醤油らーめん」一つずつをお願いしてしばらく待ちます。ほどなく醤油らーめんが出来上がりましたが、塩らーめんはもうしばらくお待ちとの事、どうもペアのもう片方はどちらか他に出てしまったようです。とりあえず、空いた席に醤油らーめんを運び連れに先に食べておいてと頼んで再びテント前で待ちます。その後も注文は途切れる事無くスタッフ一同てんやわんやの状況です。塩の方は間違って出て行った先の本来の順番に入ったようで10分程で出来上がりました。席に戻ると先に食べておいてと頼んでおいた醤油らーめんがそのままの状態です。冬のポカポカ陽気とは言え気温14.7度で10分放置だとやはり少し・・・(涙)
f0088954_23134079.jpg

 塩らーめん(600円)です。期せずして「初代麺のすけ」のらーめん、時間が経つとどうなるかの実証実験を行う事となりました。スープは流石ですね、この段階でも旨味とコクは十分に保っています。今回スープの配合とタレが若干変わったとの事ですがトータルとして若干塩気が薄め、魚介系の旨味は強め、その為かゆずと海老(香り油?)の風味をより強めに感じました。大黒屋の縮れ麺は流石に10分持たせるのは厳しかったかも知れません。
f0088954_23135344.jpg

 醤油らーめん(600円)、こちらは熱々です。熱々だと前回に比べてより魚介の旨味が前面に出たのが顕著に感じます。海老(油?)の風味がより魚介の旨味にコクを与えているようです。さらに柚子の風味が和風なテイストを奥行き深いものにしてトータルのバランスは、さらに完成度の高い物になったのではないでしょうか。悪条件の中、これだけの完成度を出すのは流石としか言いようがありません。実店舗でより良い条件のもと出来上がるらーめんが待ち遠しい物です。今回は野外で様々な制約がある中での営業だった為やむを得ない面もありますが、やはりもし今後の課題があるとすればやはりオペレーションでしょうか。麺ある記山陰のコメントにも指摘があったようですが、折角これほどのらーめんがいただけるのにオペレーションで得点を損をするのは勿体無い気がします。次回がもしあったらですが、絶対に間違いの起こらないオペレーションシステム一緒に考えてみませんか。
[PR]

by emozione | 2009-02-15 11:30 | 松江市内

だんだん家@春日 久々の醤油ラーメン

こちらで醤油ラーメンをいただくのは2007年11月ぶりということになります。別に避けていたわけではないのですが行く度に何故か別の注文になり気がつくと随分久しぶりになっていました。この間、何度か仕様変更が行われているようで以前とどのくらい印象が変わったのかが楽しみです。
f0088954_10167100.jpg

 煮卵ラーメンの醤油(700円)です。以前のものと比べて見た目のうえでの違いは、メンマが細切の物から一般的な物に変わっている、青ネギが白ネギに変わっている、ほうれん草の量が少しスッキリした、と言った所でしょうか。実際にいただいてみると記憶していた物からやはり若干変化しているようです。スープのボディーは前回に比べスッキリしたイメージで、ボディーがあまり前面に主張しなくなった分、醤油の香りが引き立つ設計になったように感じます。勿論、それでいて無化調を感じさせない旨みをしっかり残している所は流石です。不要な贅肉を絞ってスリムに変身したと言ったところかもしれませんが、懸念があるとすれば、これ以上絞るとスリムを通り過ぎてガリガリになりかねない点でしょうか。女性でもラーメンでも多少は肉付きがあった方が美しい気がします。
f0088954_10163247.jpg

 こちらは煮卵ラーメンの塩+バターのトッピング(800円)。この塩にはバターが良く合います。メタボの懸念が無い方は一度ご賞味あれ。
f0088954_10165182.jpg

 こちらは平日のお昼のサービスで追加したサラダ(無料)。この他に麺の大盛、ライスのいずれかから一つ選ぶ事ができます。ただ、あまり客の多い時は売り切れになる可能性があるのでご注意。この日もこのサラダが最後の一皿だったようです。
 某ローカル番組の放送から間もなかったせいか、この日店内はごった返していて、順番待ちこそ出なかったもののほぼ満席状態が入店から退店まで続いていました。大将、奥さんともややお疲れ気味でしたが頑張って下さい。
[PR]

by emozione | 2009-01-16 13:00 | 松江市内

「しまね冒険ワールド」の謎のラーメン 「初代麺のすけ」

 12月20日、21日にくにびきメッセで開催されたイベント、「しまね冒険ワールド」の1コーナーとして山陰で頑張っている仕事人たちが集まる「あなたの街の仕事人博」という企画が開催されました。その、ブースの一つに「初代麺のすけ&だんだん家」という謎のラーメンのブースがありました。天然無化調味、アゴだしラーメンを謳い2009年松江市内にてオープン予定!と意味深な張り紙が掲げられています。果たしてどんなラーメンが提供されるのかと早速オーダーしようとすると、なんとお湯換えで30分ほど販売中止中とか。仕方が無いので近くのブースカフェでコーヒーを飲みながら時間をつぶす事に。この間も何人もの人がラーメンのオーダーに来ては30分待ちを告げられて立ち去っていきます。そこへ、一人の恰幅の良い男性が訪れてやはり30分待ちを言い渡されますが、この、どこかで見た事がある様な男性は、たじろぐ事無くブースの前に並んで動く気配を見せませんでした。するとどうでしょう、見る見るうちにその男性の後に続く列が出来ていきます。私も遅れをとってはいけないのでその列に並ぶ事にしました。しばらくすると、無事にお湯が沸きラーメンの再開です。「アゴ出汁海老油 塩らーめん」と「アゴ出汁海老油 醤油らーめん」の2種類があるようなので両方をシェアしていただく事にしました。
f0088954_2127328.jpg

 アゴ出汁海老油 塩らーめん(600円)です。イベント会場のブースなのでプラスティックの器ではありますが、黄金色のスープにチャーシュー、メンマ、水菜、煮玉子1/2、白髪ネギ、糸唐辛子、柚子皮のトッピングでかなり本格的な仕様になっています。麺は中太のウェーブ麺、わざわざ目黒の大黒屋から取り寄せているようです。スープは鶏メイン+ゲンコツの動物系とアゴ以外にも何種類もの魚介類を駆使した魚介系のダブルスープです。上品で洗練された味わいの中に濃厚な旨みを閉じ込めた本格的なスープで、食べ終わった後もしばらく口の中から旨みが消えないパンチの強さはとても無化調とは思えない程です。
f0088954_21274634.jpg

 こちらはアゴ出汁海老油 醤油らーめん(600円)。塩とベースは共通ですがタレの違いにより趣の異なった味わいを出しています。どちらも間違いなく超本格的無化調ラーメン、果たして、このイベントブースには似つかわしくないとも思わせるラーメンを作ったのは誰でしょう。実はこのブース良く知った人物のブースでした。(詳しくはこちら。)ちなみに、最初に時間つぶしで飲んだコーヒーはこちらの管理人さんのブース、最初にラーメンの列を作ったのはラーメン仲間のTさんです。時間の都合で短い間しか現場に居ることは出来ませんでしたが、この間絶え間なく長蛇の列ができていました。いったい皆さんどうやって美味しいラーメンの情報を知ったのでしょう?2時には120杯完売御礼だったそうで、本当にお疲れ様でした。
[PR]

by emozione | 2008-12-20 12:35 | 松江市内

塩や@菅田 冬限定ゆず塩らー麺

 昨年、東京での修行の後、俄然美味しくなった塩や@菅田ですが、今年4月以降久しぶりの訪問となりました。今回は冬季限定のゆず塩らー麺と確認のためノーマルバージョンの塩らー麺をいただきました。
f0088954_2123293.jpg

 冬限定ゆず塩らー麺(750円)です。原料価格高騰の波を受けて各メニュー50円ずつ値上げされているようです。これは、致し方ないですね。さて、塩やさんですが。4月以降足が向かなくなった理由の一つに、過去の平均待ち時間が20分と、お昼の限られた時間の中、多少窮屈さを感じていた事があります。そこで、今回は注文から出来上がりまでの過程を少し観察してみる事にしました。
 注文が入ると、まず丼の準備が始まります。複数並べた丼に、ゆずペーストのような物をビンから小さなさじで何度も何度も掬っては入れる作業から始まって、その後いくつもの素材が丼に少しずつ加えられます。特に自慢のモンゴルの塩を入れる行程では、複数ある丼にそれぞれ小さなさじで5杯ずつ入れる作業が繰り返されます。5杯分の量を一度に取れるさじを準備する事はできないものかと思ってしまいます。麺茹では、丼の準備がすべて整ってから行われます。茹で上がってからも麺の量を調整するのにあっちの丼からこっちの丼に、またこっちの丼からあっちの丼に、移し変えの作業が続きます。トッピングも一つ一つ丁寧に乗せて量を調整したり角度を調整したり、やはり多少まどろっこしい感が否めません。結果やはり、入店からラーメン提供までの時間は20分ほど、特に麺が上がってから配膳まで4~5分を要したのはあまり麺の状態にとって良い事とは言えない気がします。実際、今回の麺はやや伸び気味でした。
 肝心の、ゆず塩らー麺の件に戻ると、通常のベースに柚子の果汁などが加えられたスープに水菜、メンマ、チャーシュー、ネギと輪切りの柚子が乗ります。麺は通常の中太ストレートです。柚子の効いたスープはあっさりしていて京都の料亭とかで出てくる澄まし汁の様な印象、ラーメンとの相性が意外と良く爽やかで上品なラーメンです。一つ気になったのは、柚子のせいか少しボディーが弱く感じられた事、この辺ノーマルのラーメンで検証してみる必要がありそうです。
f0088954_21231365.jpg

 塩味玉子入りらー麺(750円)です。8ヶ月ほどのインターバルがあったため、記憶違いもあるのかもしれませんが、やはり以前と比べて少しボディーが弱くなった印象があります。ブレという可能性もあるますが、東京に行った直後に見違えるように変身したスープが、また以前の姿に徐々に戻りつつあるのであれば少し心配です。再検証の必要がありそうです。
 パフォーマンスに関しては、これはこれで塩やの持ち味と受け止める事もできます。麺の上がりから提供までの時間など、ラーメンの質にかかわる部分は是非改善して頂きたいと思いますが、質にかかわらない部分は几帳面な店主の個性と捕らえるべきなのかもしれません。少なくとも、塩やを利用するときは、あらかじめ時間に余裕を設けて置いた方が良さそうです。

地図
[PR]

by emozione | 2008-12-15 13:22 | 松江市内

たけん子@学園 移転オープン

f0088954_14221134.jpg

 麺家ひばり横、旧麺's倶楽部店舗跡に10月30日に安来より移転オープンした「たけん子」です。外装は麺's倶楽部時代と大きな違いはありませんが内部はテーブル席が廃され内向き外向きにそれぞれカウンターのみの単身者をターゲットにした風の作りに改装されています。ラーメンは醤油、塩、味噌の3系統でこれにプラストッピングバリエーションと半ちゃんメニュー、餃子などがあります。今回は基本と思われる塩系統と醤油系統を頂く事にしました。
f0088954_14231995.jpg

 塩ラーメン(550円)+煮卵(100円)です。わずかに白濁したスープ、中細のウエーブ麺にチャーシュー、メンマ、ネギ、モヤシ、海苔、と薄切りの玉葱と挽肉を炒めた物?のトッピング+オプションの煮卵です。スープのボディーは薄めで何のスープか不明ですが化調でしっかりと整えてあるようで旨みは十分です。炒め物のせいでしょうか、遠くであさりバターの様な香りを感じます。麺はおそらく松江近郊で広く使われている物。煮卵は中が硬めの半熟で色の割りに味付けはマイルドです。全体として特別突出した所を感じされないあっさりと作られたラーメンという印象です。
f0088954_1423379.jpg

 醤油ラーメン(550円)+煮卵です。基本は塩ラーメンと同じでタレが醤油に変化しただけのように思います。
 山陰随一のラーメン激戦区、それも実力店が集中するど真ん中への移転という事でその勇気には頭が下がります。同時にこの中でやっていくためには何かしらの個性が必要かと思われます。今後の健闘を期待したい物です。

地図
[PR]

by emozione | 2008-10-31 13:15 | 松江市内

七福@福山市 移転後の初訪問

f0088954_10401184.jpg

 今年3月に移転前最後として訪問させていただいた七福です。すでに繊維ビルは取り壊し、当時移転先が見つからず心配されていましたが、どうやら新店に無事移転されたとの情報を得ましたので早速行ってまいりました。新店舗は福山市霞町、元の店舗からは数百メートルの距離ですが少し辺鄙な感もあります。歩いて向かう方には、国道2号線駅前通交差点から西に向かって一つ目の紅葉町信号の路地を南に入って100mほどの所です。真っ赤な七福の暖簾は真新しい物に変わっていますが、旧店舗の雰囲気をよく残した店構えです。旧店舗同様カウンターのみの店内、以前とカウンターの向きが逆でやや座席数が増えたでしょうか。早速メニューを確認、するとこの時世致し方ないのかもしれませんが各メニュー70円~100円程度値上げのようです。移転後初ということでラーメン(醤油味)(550円)と塩ラーメン(550円)をいただくことにしました。
f0088954_1040467.jpg

 ラーメン(醤油味)550円です。外見は旧店舗の物と大きな違いはないようです。スープを吸ってみると豊かな煮干の香りに独特な甘みのある醤油味、流石に本場の尾道ラーメンの味です。しかし、気のせいでしょうか、以前よりわずかに醤油の濃度が薄いような気がしますが気のせいかもしれません。ただ、その分より煮干の風味が直接伝わって逆に好印象でした。
f0088954_10411875.jpg

 塩ラーメン550円です。尾道系の塩は初めてですが、こちらは更に煮干の風味が直に伝わってくるため、より芳醇な印象を受けます。尾道=醤油系の固定概念があるためか今まであまり尾道塩ラーメンに手をつけませんでしたが、塩もなかなか良いですね。
 帰り際におばちゃんに「無事移転できたんですね。」と声をかけると、「何とか無事に移転は出来たけど、客は以前の半分に減ってしまった。」と嘆いておられました。思うに、辺鄙な場所に移転した事もあるかも知れませんが、それ以上に移転した事実や移転先が知られていない事が原因ではないのかという気がします。事実ネット上でも閉店扱いになっているHPもあったりします。元の場所にすでに店舗がないため移転の張り紙が貼れないのも一因かもしれません。いつか七福に以前の賑わいが戻ってくることを願ってやみません。

地図

関連記事(読売新聞)
[PR]

by emozione | 2008-09-07 15:10 | 広島県

龍王@出雲 つけ麺(伊勢海老)

f0088954_18425271.jpg

 出雲を代表するラーメン店の一つとして広く認知されるようになった出雲市上塩冶町のらあめん龍王に久しぶりに行く機会がありました。到着したのは日曜日の昼1時半ごろ、この辺りのラーメン店には珍しく2組6人が店の前で行列を作っていました。関東の有名店で数々の行列を掻い潜ってきた経験とラーメン店という事で一件当たりの食事に要する時間はさほどでも無いという計算から10分かせいぜい20分程度の待ち時間と高を括って行列の最後尾についたのですがこの後結局40分待つ羽目になりました。行列している間、他に何組か行列を見て諦めて帰る客がいる一方、店内からは外に出る人の姿はほとんど無し、行列に着く前から店内の人たちはそこにいたとすると、ラーメン一杯食べるのに何故1時間近くもかかるのか、そんな疑問を持ちつつの入店となりました。
f0088954_1844684.jpg

f0088954_18441875.jpg

 つけ麺(伊勢海老)(700円)です。以前から麺ある記山陰松江のラーメンで紹介されていて何とか一度食べてみたかったのがようやく実現しました。中細の自家製麺にロースト豚のようなチャーシュー、玉子、ワカメ、モヤシ、海苔のトッピング、そしてつけ汁は鮮やかなオレンジ色の如何にも海老味噌を思わせるつけ汁です。特筆すべきはやはりスープでしょう。ブイヤベースを思わせる濃厚かつ上品な海老味噌の風味が口の中を支配します。これだけしっかりした海老味噌の風味を出そうと思えば相当のコストがかかろうかと思われますが、そう考えると700円という価格は破格と言ってよいでしょう。つけ麺には太麺と言う暗黙の決まり事があるようで自家製中細麺については多々議論もあるようですが、個人的にはつけ麺、特にこのようにスープを食べさせるつけ麺ではにはスープが良く絡む細めの麺の方が適しているのではないかと思います。見栄え、味、オリジナリティーともに大変優れた一品で余程海老嫌いでなければ是非一度味わっておきたい一品です。
f0088954_18444413.jpg

 こちらは定番の塩(480円)です。前回訪れたのは2007年1月とずいぶん昔の事になりました。この時も確か塩を頂いたのですが、流石に盛り付けもずいぶん洗練された物に変わりました。前回の味は正直あまり良く覚えていないのですが今回あらためていただくと、特に魚介スープの部分に特徴があるように思いました。一言で言うと白身魚の澄まし汁のような上品な和風テイストを感じます。どこかの料亭で出てきそうな味わいは高級感を感じます。恐らくそれ相当にコストをかけて作られた味かと思いますが、これで480円は何か気の毒のような気もします。値段では推し量れないハイレベルな一品と感じました。
 ところで、最初の疑問に戻りますが、何故一件当たり1時間近くもの時間を要するのか、店内に入ってみて理由は明らかになりました。事実、私たちの前に並んでいて20程前に入店したグループが店を出たのは私たちとほぼ同時でした。原因はコミック。食べる間、ずっとコミック片手にチビリチビリとついばむように食べています。また、食べ終わった後も読み終わるまで席を立たない客もいたりします。これが店の回転を悪くしてしまっているのではないでしょうか。また、おせっかいかもしれませんがこのような食べ方で本当に旨いラーメンを味わえないような気がします。もはや、出雲の名店と言っても誰も憚らない龍王、コミックに頼らず味だけで十分に勝負できるのではないでしょうか。

地図
[PR]

by emozione | 2008-08-17 14:10 | 松江以外の島根県