タグ:塩系 ( 33 ) タグの人気記事

中華蕎麦 奨@大輪町

f0088954_2202750.jpg

 2010年9月17日、突如出現した新店です。事前情報がほとんど無かったので少し調べてみると、どうやらオーナーは奥出雲の方の工務店さんで、東京中目黒の有名店「ぷかぷか」から知り合いのスタッフを引き抜いて開店されたようです。「ぷかぷか」にはまだ訪問した事がないのですが、こちらも近いうちに訪問してみたい物です。
f0088954_2202940.jpg

 ここのところできた新店は食券を採用している所が多いように思います。都会では当たり前のように多くの店が食券制をとっていますが、山陰ではあまり馴染みがない食券制、今後定着するのでしょうか?
さて、メニューですがどうやら、塩らーめん、醤油らーめん、塩つけ麺、醤油つけ麺の4系統とトッピングバリエーションの味玉とチャーシューからなるようです。塩系統におすすめが付いていましたので、今回は味玉塩らーめんと味玉塩つけ麺をセレクトしました。
f0088954_2203220.jpg

 味玉塩らーめん(780円)です。ネギ、青のり、メンマ代わりの細身の竹の子(姫竹?)、と味玉、麺は細めのストレート麺です。ラッパのような奥行きのある細身の器が特徴的です。少し濁りのあるスープは鶏、豚、魚介の合わせスープですが主張の強いインパクト系ではなく絶妙なバランス系です。それもかなり洗練されたハイレベルなバランス系で流石は東京の人気店の流れを酌むだけの事はあります。麺が弱いのではと言う意見もちらほらあるようですが、こう言う繊細なバランス系のスープにはあまり主張のある麺ではない方が個人的には好みです。全体として、正直東京の有名店云々に騙されてなるものかと臨んだつもりが予想以上のレベルに返り討ちに遭う結果となりました。
f0088954_2203459.jpg

 こちらは味玉塩つけ麺(900円)の麺
f0088954_2203728.jpg

 そしてつけダレです。こちらの麺はらーめんの物とは完全に別物で東京からの取り寄せだそうです。関東らしい歯ごたえのある太麺でいかにもつけ麺用の麺です。麺にはレモンが一かけ添えられていて、これを麺に搾るべきかつけダレに搾るべきか悩む所ですが、今回はつけダレに搾る事としました。つけだれは細かい具材が入り乱れた複雑なテイスティングですが、ピリ辛と先程搾ったレモンとベースの魚介から少しトムヤンクンを思わせるような仕上がりになっています。いずれにしても複雑な風味を絶妙にバランスさせた一品となっています。
 他にも指摘されている方がおられるようですが、どうも東京でのやり方をそのまま松江にと言う事なのか何点か気にかかる事があります。まずは上でも書いた食券制。これまで食券制のラーメン店が松江ではあまり成功していないように思いますが話して今回はいかがでしょうか。そして、やや強気の価格設定。恐らく成されている仕事を考えると妥当な価格なんだろうと想像できますが、他にもっとお手頃な競合店が有る中どうそれらと差別化していくかがもう一つの鍵になるかも知れません。そして、これが最も大きな問題かも知れませんが、2~3台がやっとの駐車場のキャパ。場所柄ほとんどが車での来店となる事が必至な中近所に適当な有料駐車場すらないと言うのは大きな鍵となる可能性があります。近所の保健所やコインランドリーとトラブルにならなければ良いのですが・・・

店名 中華蕎麦 奨
TEL 0852-67-2626
住所 島根県松江市大輪町392-30 (地図)
営業時間 11:00~15:00 
     17:00~20:00(スープなくなり次第終了)
[土・日] 11:00~20:00
定休日 火曜日
駐車場 2~3台
[PR]

by emozione | 2010-09-24 13:50 | 松江市内

麺屋無双@米子市新開 牛骨ラーメン

f0088954_9162423.jpg

 気がついたら移転後まだ一度も行っていませんでした。麺屋無双@米子市新開の新店舗です。今回新たに牛骨ラーメンがリリースされたとの事で来店です。
f0088954_9164352.jpg

 久しぶりに来てみると何と時間禁煙になっていました。昼食時のみとの事ですが移転を機に決断されたそうです。これで煙を気にせずラーメンをいただく事が出来る、英断に拍手です。
f0088954_9165522.jpg

 メニュー表も一新です。知らないうちに野菜ラーメンや腹八分目ラーメンなどのバリエーションも増えています。そして新たに加わった牛骨ラーメンが今日のお目当てです。
f0088954_917495.jpg

 牛骨ラーメン(600円)です。こちらの牛骨ラーメンは塩ベースでシンプルに牛骨の香りを楽しむ嗜好になっています。しっかりした牛脂の香りがちゃんと主張していて牛骨として楽しむのに十分なスープとなっています。麺は無双デフォの縮れ麺で、ほぐしが十分で(当たり前か)伝統的な鳥取牛骨ラーメンとそういった点では異なるのかも知れません。昔ながらの牛骨ラーメンを再現ようと言うのではなく、牛骨を使って如何に旨いラーメンが作れるかを追求したラーメンで流石は麺屋無双、完成度の高い一品に仕上がっています。
 ところで、先日「亀福@境港」でいただいたように、牛骨スープには案外醤油が合うのではないかと思って帰りがけに川島店主と少しお話ししたのですが、最初醤油もチャレンジしてみたそうですが、どうもこちらで使用しえている古式醤油のキャラクターが強すぎて牛骨の旨味を超えてしまうそうで、もし醤油にするならほんの僅かな量を使用するか、醤油を変更しなければならないとの事、当面はこのまま塩バージョンでとの事でした。なるほど。

店名 麺屋 無双
TEL 0859-31-8681
住所 鳥取県米子市新開6-3-3
営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00(L.O)
定休日 水曜日


[PR]

by emozione | 2010-06-20 13:50 | 米子市内

亀福食堂@境港(福定店)

f0088954_3421273.jpg

 鳥取西部はラーメンに独特の牛骨文化が根付く全国的にも珍しい地域です。(詳しくはこちらの鳥取牛骨ラーメンタグを参照)主に旧伯耆国に分布しますが境港市はその北西側の境界となります。そのため市内には何店かの牛骨ラーメンを提供する店があります。亀福食堂(らーめん亀福)福定店もそのうちの一店ですが、以前に紹介した「亀福渡店」とは未確認ながらどうやら親子にあたるようです。
f0088954_3423085.jpg

 ラーメンのメニューは系統別で、ラーメン(600円)、塩ラーメン(650円)、味噌ラーメン(750円)と後はトッピングと量のバリエーション等です。その他に丼物があって実はこちらの方でも定評が高く、この日の目的は丼物だったのですが、「今日は丼物が出来ません」との事でやむなくラーメンとなりました。何故か50円違いのラーメン、塩ラーメンをオーダーです。
f0088954_3424256.jpg

 「ラーメン」です。澄んだ醤油ベースでネギ、モヤシ、メンマ、チャーシューの一般的なトッピングです。麺はつたや製麺製のストレート麺です。こちらは一言で言えば絵に描いたような牛骨ラーメン。醤油の個性が強い目なので少ししょっぱいめに感じますが、それに負けないぐらのしっかりとした牛骨ベースで豊かなヘットの香りが口の中に広がります。あらためて牛骨と醤油の相性の良さを感じさせてくれます。麺はほぐしが甘い若干ダマになったようなスタイルで、一般的なラーメンの概念からするとあまり頂けない麺と言う事になるのでしょうが、香味徳@赤崎同様これが鳥取牛骨ラーメンのスタイルとすれば、それをきちんと継承したラーメンという事になります。
f0088954_3425262.jpg

 こちらは「塩ラーメン」。何故か醤油ベースの「ラーメン」とは50円の価格差がありますが、こちらの店では圧倒的に塩の方が人気が高く、私以外の客は全て塩系の注文でした。今回スープのみの試食ですが、醤油とはまるで別物に感じます。あまり牛骨を感じさせないスープで同じベースを使っているのか疑問にさえ思います。あっさり口のラーメンとして人気なのだと思いますが、より牛骨の醍醐味を味わいたいと言う事であれば個人的には「ラーメン」を選択する事をお勧めしたいと思います。

店名 亀福食堂
TEL 0859-42-3847
住所 鳥取県境港市福定町163-2
営業時間 11:00~15:00
     17:00~20:00
定休日 火曜日


[PR]

by emozione | 2010-06-10 13:15 | 境港市内

函館らーめん かもめ@北海道函館市

f0088954_18431775.jpg

 青函トンネルを抜けて北海道です。有名な函館朝市の真ん前にある函館らーめん「かもめ」です。創業1981年、カウンターのみの古びた店内には場所柄色々な有名人のサインが並んでいます。
f0088954_18435692.jpg

 中でも目立つのはGLAYのサインの数々。どうやらご主人はメンバーの誰か(名前を聞きましたが忘れました)と顔なじみらしく帰省の度に寄ってくれるのだとか。そしてそれを目当てにしたファンがまた店に押し寄せるという結構な事ですね。
f0088954_18442352.jpg

 メニューは函館らしく「はこだてらーめん」の他に「かにらーめん」やら「ほたてらーめん」やら「うにらーめん」等もあります。私は基本通り「はこだてらーめん」の(しょうゆ)、連れは同じく(しお)でしたが、Jrはなんと「かにらーめん」とやらかしてしまいました。
f0088954_18445580.jpg

 はこだてらーめんのしょうゆ(580円)です。東日本風濃い口醤油のスープにチャーシュー、メンマ、ネギ、わかめのトッピング、麺は北海道らしい黄色い太めの縮れ麺です。店の雰囲気柄、所詮観光客向けラーメンと侮っていたのですが、意外に悪くないです。鶏ガラと豚骨で魚介は使用していないそうですが、醤油の甘みとわかめの旨味が魚介的要素となってオーソドックスながらなかなか良い味わいを出しています。
f0088954_18451853.jpg

 はこだてらーめんのしお(580円)です。函館と言えば本来こちらの塩ラーメンなのかも知れません。スープのみの試食です。しょうゆ同様派手さはありませんが思わず「旨い」とつぶやいてしまう雰囲気を持ったラーメンです。
f0088954_18454411.jpg

 問題のかにらーめん(みそ)(890円)です。文字通り味噌ベースのラーメンに何本かのカニ足がトッピングされた物ですが、一見してよく観光地にあるジャンクなラーメンに殆ど身のないカニを載せたいかさまなラーメンを想像させます。しかしJrがしゃぶついているカニを見ると、このカニは山陰地方で水ガニと呼ばれる脱皮後のスカスカなカニではなくちゃんとしたズワイガニが使用されている様でしっかりと身が入っています。実は観光客向けに見えるシチュエーションですが近隣の店舗や地元のファンが多く当然目の前の朝市からプロも訪れるので、カニもいい加減な物は使えないのでしょう。890円でこれだけの物がいただけるなら大変リーズナブルで満足な一杯です。


店名 函館らーめん かもめ
TEL 0138-22-1727
住所 北海道函館市若松町8-8
営業時間 AM6:30~PM3:30
定休日 不定休


[PR]

by emozione | 2010-04-04 12:20 | 北海道

だんだん家@春日町 惜しまれつつの閉店

f0088954_141181.jpg

 名店が一つ姿を消す事になります。松江市春日町のだんだん家。伊勢宮から春日町に移転して3年余り、「ひばり」「塩や」とともに常に松江のニューウエーブ界をリードし続けてきた人気店の突然の閉店宣言は少なからず松江のラーメンファンに衝撃を与えました。決して経営的に苦しかった訳でもなく、ただ他にやりたい事があるからと言う、ある意味破天荒な所のある江角店長らしい決断なのかも知れません。3月いっぱいと言う事で残る営業期間にできるだけ通いたかったのですが折しも個人的に忙しい時期と重なり期せずしてこれが最後の訪問となってしまいました。
f0088954_1411731.jpg

 鶏骨ラーメン(塩味)は当初曜日限定での提供でしたが好評につき数量限定での毎日提供に変更されました。8時間以上強火で煮込んだ乳白色の鶏白湯ベースでこれに濃厚な魚介の旨味が加わります。松江では恐らく初めてのレギュラーメニューとしての本格的鶏白湯ラーメンですが初めていただいた時から未熟さを微塵も感じさせない完成度に驚かされました。この日は煮玉子入りでいただきましたがこれを二度と味わう事が出来ないと言うのは返す返すも残念です
f0088954_1413674.jpg

 レギュラーのラーメンに煮卵をトッピングした煮卵ラーメン(塩)です。レギュラーのラーメンも実は当初から比べて少しずつ変遷を繰り返しています。個人的には変化の毎により好みが増していった気がします。
 実はこの日以外にもう一回閉店直前の金曜日に最後のラーメンを食べに行ったのですが、表に臨時休業の看板が・・・やむなく退散して再度月曜日に出かけた時には既に閉店後となっていました。江角店長には最後にもう一度行きますねと伝えて帰ったのですがそれが叶わなくて残念です。惜しまれつつの閉店でしたが、この店が松江のラーメン界に大きな足跡を残した事は間違い有りません。江角店長お疲れ様でした。
[PR]

by emozione | 2010-03-02 13:25 | 松江市内

龍旗信なんば店 龍旗信ラーメン

f0088954_882659.jpg

 堺の名店「龍旗信」が2007年6月に難波の「なんばこめじるし」内に出した支店です。ムール貝や干しゴボウ等独創的な素材と中国江蘇省産の天日干海塩を用いたスープで地元では常に行列の絶えない人気店だそうです。この日は若干の二日酔い気味であまり万全の体調ではありませんでしたが折角なので行ってみる事にしました。場所は近鉄難波駅の南側、なんばCITY内の飲食ゾーン「なんばこめじるし」内にありますが、日本橋の電気街側からのアクセスが分かりにくくアクセスに少し苦労をしました。到着時に店外の椅子に3人の先客、食券を購入しながら約10分ほどの待ち時間でした。
f0088954_883612.jpg

 龍旗信ラーメン(700円)です。琥珀色の澄んだスープにネギ、白髪ネギ、チャーシュー、海苔そして豆苗(エンドウ豆の新芽)のトッピング、麺は細めのストレートです。正直ムール貝や干しゴボウの効果はよく理解りませんでしたが落ち着いた塩味のスープです。決して突出する所がない上品で穏やかで控えめな味があっさりファンの心をつかんでいるのだと思いますが、逆にはっきりくっきり系が好みの人には少し物足りない面があるかも知れません。お色気ムンムン系より清楚なお嬢様タイプが好みな方にお勧めです。

住所 〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中2-10-25 なんばこめじるし内
電話番号 06-6644-2523
営業時間 平日11:00〜15:00 17:00〜2:00 土日11:00〜2:00
定休日 第3月曜日(祝祭日当日、前日は営業)

f0088954_1955194.jpg




[PR]

by emozione | 2009-11-22 12:00 | 関西

太陽軒@境港PLANT店 しおラーメン+煮玉子

f0088954_210198.jpg

 以前良く通った境港Plant5内の太陽軒です。こってり好きで化調を気にしない向きにはそれなりに好きな味で、手ごろな価格も相まって良く行っていたのですがある時を境に味が変わってしまったようでしばらく足が向きませんでした。今回、久々という事もあって試しにいただいてみる事にしました。しおラーメン+煮玉子(480円)です。前回は無意味に味気のない油で増量されたような印象だったのですが今回はそのような事は無くいただく事が出来ました。以前の味に戻ったかというと決してそうではなく、むしろ以前よりあっさりした印象にシフトしているように感じました。決して悪い方向ではないと思うので、また利用する機会がありそうです。ただ、煮玉子は少し固茹ですぎるような・・・。

住所 鳥取県境港市竹内団地276
電話 0859-45-0150
営業時間 Plant5の営業時間に準じる


[PR]

by emozione | 2009-11-16 14:00 | 境港市内

素蓋鳴尊(スサノオ)@西津田

f0088954_1184686.jpg

 先日オープンしたお店です。場所はプラバホールからサティー方向に向かう途中、川を渡る手前、以前クエ鍋の店味処海山があった場所です。クエ鍋の店には行った事がないのですが、恐らく居抜だと思われます。店内はラーメン店としてはかなり広い作りで昼をかなりすぎた時間だったせいか他に客はなくポツンと一組だけの状態はあまり落ち着けない雰囲気でした。
f0088954_1185685.jpg

 メニューを確認すると基本は紫(醤油)と白(塩)と紅(味噌)の3系統、紫と白は基本600円で、それぞれ+100円で醤ネギ+200円で焼豚のバリエーションがあります。そして紅はなぜか他より250円高い850円となっています。トッピングとして味玉50円と何故か麺の大盛150円がラインナップされています。今回は初回訪問なので基本の紫と白をそれぞれ味玉トッピングオーダーです。
f0088954_1191115.jpg

 白(塩)+味玉です。素材はケンボロー豚と夢見鶏だそうでどちらかというと鶏が勝ったイメージでしょうか。僅かに魚介系の香りを感じるような気がします。無化調との事でそれにしてはよく頑張って旨味を出している気がします。ただ欲を言えば全体にもっと主張があっても良い気がします。コンセプトや味の方向性は決して間違っていないと思いますが、どうも学級会でスゴく良い意見を持っているのに手を挙げられずにうつむいている子供みたいな印象が拭えません。まだ開店から間がない事もあり、これからの可能性には十分期待できる気がします。
f0088954_1192354.jpg

 紫(醤油)+味玉です。こちらは恐らくベースのスープは共通でたれが醤油だれと言う事かと思いますが、使用している醤油が大変甘みの強い主張のある醤油なのでどうしてもベース部分が負けてしまっているように思います。逆にベースを強化すれば白、紫ともにかなりの物に仕上がるように思います。味玉は50円で格安だと思っていたら、なんと上下に半分、元々デフォで半分入っているみたいで合計で1個ですが、この切り方だと大きい方と小さい方が出来るような気がするのですが・・・。私も全国食べ歩きましたがこの切り方は初めてです。麺はMスタかと思われますがやはり少し弱い気がします。素材にこだわるのであればここは一番の要改善点かも知れません。
 スープ、麺、味玉と色々ツッコみ所はあってもこれからに期待出来る店ではないかと思います。一つ心配なのは店の規模と場所、そして駐車場です。プラバホールからサティーに向かう道沿いで車の通行量は多い物の歩行者はさほど多くない道、駐車場が不可欠かと思いますが、駐車スペースは1~2台分の狭いスペースしか有りません。またこの場所でラーメンだけをやるには少し店舗が広すぎるかも知れません。もう少しコンパクトで駐車場が確保できる場所の方が良かったような気がします。もう少しこなれた時点で是非再訪してみたいと思います。

[PR]

by emozione | 2009-10-02 13:55 | 松江市内

比内地鶏ほっこりや@彦根夢京橋キャッスルロード

f0088954_11292961.jpg

 彦根はどことなく松江に似た町です。大きな湖に面している所、町の中心に築城400年の現存天守(全国に12しかない)を有する城がある所、そして何より町の雰囲気が何かしら似た雰囲気を感じさせます。そんな中で松江と大きく違うと感じたのが城を生かした観光地としての町作りです。松江城と彦根城、天守の規模自体は大きな違いは無いように思います。しかし、彦根城は国宝、方や松江城は重要文化財、その違いの分だけ城を生かした町作りに対する地元の力の入れように差があるように思います。例えば有名なゆるキャラの「ひこにゃん」。ひこにゃんは町の至る所でぬいぐるみだったりポスターだったり目に飛び込んできます。そしてふぬけてしまいそうな妙なテーマソングが繰り返し耳に入ってきます。「♪ひこにゃん、ひこにゃん、ひこにゃんにゃん♪」今でも耳から離れません。そしてハード面でも彦根城中濠にかかる京橋から南へ伸びる通りに、夢京橋キャッスルロードと称してすべての建物が、切妻屋根と白壁、格子戸などモノトーンに統一され、江戸時代の町屋風に統一された商店街が整備されています。比内地鶏ほっこりやはそんな夢京橋キャッスルロード内にあって比内地鶏を使った親子丼で人気のある店です。午前11時半の開店時間に合わせて訪れましたがすでにほぼ満席状態、帰る時には10人ぐらいが外で列を作っていました。
f0088954_11294328.jpg

 今回オーダーしたのはミニラーメンセット(1600円)です。流石は日本を代表するブランド地鶏ですのでお値段も甘くはありません。比内地鶏の親子丼一人前とハーフサイズの比内地鶏ラーメンとサラダのセットとなります。
f0088954_113015.jpg

 比内地鶏の親子丼です。単品での価格はスープ、一品、お漬け物付きで1200円です。炭で炙った比内地鶏の胸肉と比内地鶏の玉子を使ったトロトロの親子丼でやや温度が低いかなと思いますが肉、玉子ともに鶏では出せない凝縮した旨味が広がり文句なしの旨さです。
f0088954_11301173.jpg

 比内地鶏ラーメン(ミニ)です。比内地鶏のガラでとったスープに鶏チャーシューと煮玉子、ネギだけのシンプルな仕様です。一見何の変哲もない大人し目のあっさりラーメンですが仕様がシンプルだけに比内鶏ガラの実力がストレートに伝わる仕上がりになっています。和風出汁とのダブルかと思われますが比内地鶏の芳醇な旨味を損なわず巧く引き立てています。単品で注文すると800円、入手困難な比内地鶏ガラが入手可能な時期のみの限定との事で内容的にも十分妥当な価格と言えるのではないでしょうか。納得の一杯です。
f0088954_12242857.jpg

 シルバーウイークとあってどこも観光客でごった返しています。この日彦根城は天守閣に入る人の長い列、入城まで1時間待ちでした。流石は国宝、味のある良いお城でしたが同時に松江城も決してこれに劣らないと感じました。

住所 〒522-0064 滋賀県彦根市本町2-2-11
電話 0749-21-3567
お店HP http://www.hch.jp/hokkoriya.html
定休日 水曜日
営業時間
[平日]11:30 - 14:30/17:30 - 23:00(LO 22:15)
[土曜日]11:30 - 14:30/17:30 - 23:00(LO 22:15)
[日曜・祝日]11:30 - 14:30/17:30 - 23:00(LO 22:15)

[PR]

by emozione | 2009-09-22 11:30 | 関西

ちゃんぽん亭総本家@彦根駅前本店

 シルバーウイークに入って何故か彦根にいます。折角なので彦根ちゃんぽんで有名なこちらに参上です。ところでちゃんぽんと言えば勿論長崎が有名で豚骨ベースに野菜、肉、魚介類、蒲鉾などに独特の太麺と言う仕様の長崎チャンポンは余りに有名です。これとは別に関西風のちゃんぽんと言う物があって、これは一言で言うと五目あんかけラーメンで山陰のちゃんぽんも多くの場合この仕様に当たります。そのルーツはいまいちよく理解らない所があるのですが、代表的な関西風ちゃんぽんとしてよく知られているのが大阪王将の大阪ちゃんぽん麺でこれが関西風ちゃんぽんを広める一因になっているような気がします。実はこれ以外にも全国には北九州、天草、愛媛県八幡浜、雲仙市小浜温泉、熊本県天草、沖縄、秋田等にご当地ちゃんぽんがあったりします。その中で彦根のちゃんぽんは比較的歴史が古く1963年に市内の「麺類をかべ」が始めた物がルーツとされていますが、「ちゃんぽん亭総本家」はそのをかべの流れをくむ店です。鰹と昆布から取った和風出汁のベースに豚肉とキャベツ、ねぎ、にんじん、もやしなどの野菜を加えて手鍋で煮込んだスープ、麺はやや太めのストレート麺というスタイルでひょっとするとこれが関西風ちゃんぽんのルーツになっているのかも知れません。今回はそんな特徴ある彦根ちゃんぽんの店でベース出汁の味を確かめるべく敢えて野菜を外したメニューをセレクトしてみました。
f0088954_11101313.jpg

 豚そば(650円)です。ベースに豚肉と背脂でアレンジされた物ではないかと思われます。結構な量の白髪ネギと青ネギが入るのでベースの味を確かめると言う趣旨にはあまり適当ではなかったかも知れません。豚のこってりとネギのすっきりのコントラストを楽しむメニューといった所でしょうか。
f0088954_11102388.jpg

 中華そば(550円)です。こちらは試食のみ。鰹ベースの和風スープは今時のガツン系節スープと違っておとなしいながらしっかりした旨味を持っています。他に余分な物が入っていないこのメニューがこんかい食べた中で最も主張がはっきりしているように思いました。
f0088954_11103387.jpg

 チャーシュー麺(780円)。こちらは試食のみです。チャーシュー麺には何故かたっぷりのもやしが乗ります。残念な事にこのもやしがベースの旨味を弱めてしまっているようです。中華そばのスープの出来が良いのでそれをそのまま生かせば良いのではないかと思うのですが・・・。

[PR]

by emozione | 2009-09-21 15:30 | 関西