タグ:塩系 ( 33 ) タグの人気記事

麺家ひばり川津店 本日新店開店

今や松江の食べログで1位、押しも押されぬ存在になった麺家ひばり@北堀ですが、その2号店が本日川津にオープンしました。
場所は国道431号線やよいから美保関方面に1kmほど、奥出雲大橋 川津店跡地になります。駐車場は店舗北側に6台分あります。
入口で靴を脱いで上がる珍しいシステムになっています。席数20程度で今日オープンとあってかなりの混雑でした。
メニューは一部を除いてほぼ北堀の店舗と同じですが川津限定の白湯らーめん こってり(背脂入り)Jというのがあったのでこちらをオーダー。
初日とあって北堀店主の小山さんがオペレーションを注視する中10分弱で着丼。
デフォの白湯より野趣溢れる印象のスープでその分アゴ出汁の魚介によりパンチが加わった感じがします。
モトオカ製の麺も小気味よくいつもながら完成度の高い一品となっています。さすがはひばりと唸らせる一品、これが川津でもいただけるのは嬉しい限りです。
f0088954_1851620.jpg

f0088954_18512830.jpg

f0088954_18513849.jpg

f0088954_18514769.jpg

f0088954_1851548.jpg

f0088954_1852140.jpg

f0088954_18521324.jpg

[PR]

by emozione | 2016-11-18 14:00 | 松江市内

拉麺かもす@大庭

かなーりの長きにわたって放置してしまっている状況ですが、リアルで時間的余裕がある時は少しでも更新しようと思います。
今回は大庭に9月28日オープンした「拉麺かもす」です。
大庭の新しく出来た道沿い、ジュンテンドーの向かい側あたりになります。
松江では昔あまり好まれなかった食券制です。学園の天空さんのように今では食券制でも繁盛店がありますから昔ほどの食券機アレルギーはなくなったのかも知れません。
担々麺、しょうゆ、塩、みその4系統のようです。
今回は初回と言う事でしょうゆと塩のチョイスです。
最初の水はもってきて下さいますがその後の追加はセルフとなっています。
ラーメンの提供時間は15分程度。
しょうゆ、塩ともに動物系の少し変わった味わいのスープですが旨味は十分にあります。
それぞれ独立した味で異なったベースに思えます。いずれも松江の人たちには好まれそうな味です。
麺は細めの縮れ麺で意外としっかりした麺です。
チャーシュー、ネギ、もやし,メンマのシンプルなトッピングも好感が持てます。
周辺のテーブルからは担々麺が辛いとの会話が聞き取れましたが、次回は担々麺に挑戦してみたいですね。
あまりラーメン屋無かった地域なのでそれなりの需要があるのではないでしょうか。
頑張ってほしいものです。

外観
f0088954_16431375.jpg
券売機
f0088954_16432491.jpg
しょうゆラーメン
f0088954_16433342.jpg
塩ラーメン
f0088954_16434056.jpg



[PR]

by emozione | 2016-10-07 13:40

天空@学園 味玉(塩)

f0088954_21541241.jpg
外観
f0088954_21553348.jpg
券売機
f0088954_21554888.jpg
味玉(塩)
f0088954_21560415.jpg
梅塩らー麺+チャーシュー
f0088954_21561195.jpg
明太子飯

台風11号が接近する中あまり遠くまでは行けないと言う事もあり学園の天空さんへ。
初心に返って味玉(塩)。久しぶりでしたが上品に香魚介スープが絶妙の旨さ。
梅塩らー麺もスープのみの試食ですが梅茶漬けが好きな人なら間違いなくはまる味です。
改めてこの店の実力の高さを実感したのでした。





[PR]

by emozione | 2015-07-16 22:04 | 松江市内

ぴのきお@真庭市

f0088954_10475863.jpg

中国山地の山中、岡山県北にある小さな町勝山。そこから北にしばらく向かった景勝地、神庭の滝の入口付近にある喫茶店です。外壁を蔦が覆い鬱蒼としたその雰囲気は入るのに少しだけ勇気を要求します。
f0088954_10483499.jpg

何も知らずにたまたまこの喫茶店に入ったのなら、メニューのトップにラーメンがあるのを見て少し違和感を感じるかも知れません。「あれ、ここは喫茶店じゃないのかな?」と。
f0088954_1049930.jpg

塩ラーメン
f0088954_10493682.jpg

醤油ラーメン

もしも折角ラーメンがあるならと取りあえず頼んでみたとします。どうでしょう、その驚きは恐らく半端なかったんじゃないでしょうか。
実際にはある程度の情報を持ってこちらに来たので予想はしていましたが、確かにこのラーメン、喫茶店のレベルじゃないですね。系統としてはかつて清輝橋にあった商人に近いように思います。もちろんあそこまでのパンチを期待してはいけませんが、これが専門店ではなく山奥の喫茶店(レストラン?)で出されていると考えると驚きです。
f0088954_1050817.jpg

ラーメンだけじゃ惜しいのでついでにお好み焼きミックス。これも一見なんの変哲もないお好みですが、食べてみると・・・やはり喫茶店のレベルじゃない。お好み焼き専門店でもこんなフワトロでクリーミーなお好み焼きにお目にかかったことがない。ここのご主人(女性の方でした)ただ者じゃない・・のかも。
[PR]

by emozione | 2014-02-16 12:00 | 岡山県

さいを食堂@御来屋

f0088954_2236731.jpg
f0088954_22362616.jpg
f0088954_22363622.jpg
f0088954_22365664.jpg
f0088954_22371464.jpg
f0088954_22372457.jpg

かなり以前から把握はしていたのですが日曜休業、昼のみ営業という高いハードルが訪問の機会をなかなか与えてくれなかった「さいを食堂」、この日昼の予定がなかったので意を決して高速を飛ばして行って参りました。JR御来屋駅前、創業60年の歴史遺産級食堂です。まずはその見事な外観に圧倒されます。よくぞ現役で残っていてくれたと感動すら覚えます。内部も決して期待を裏切りません。雑然とした店内には骨董品と言っても良いようなパイプ倚子、ストーブの上には銅の薬缶、テーブルの上には牛乳瓶に生けられた色あせた造花のチューリップ・・・
しばらくして店主のおばちゃんが奥からでてきて「ラーメンでいいですか?」一言。「ハイ」と答えてしばらく待ちます。しばし、昭和の空気を楽しんだ所にラーメン登場です。透明に近い色合いの薄いスープにウエーブ麺、ネギ、もやし、豚バラと、ここのラーメンの一番の特徴、半切のウインナーが乗ります。スープは鶏ガラと豚ガラ(店主の言い回し)だそうですが、動物系はあまり主張せず一見何のスープなのかが判然としない中に昔のラーメンらしい味わいがしっかりと伝わります。50年以上変わらない製法で作られてきたそうで今風のラーメンにはない古き良き味わいです。
折角なのでうどん(280円)も食べてみたかったのですがこの日はうどんはお休みだそうで残念。なんでも山陰道名和-中山間の開通でばったりと客足が途絶えてしまったとの事。そんな事からおばちゃんの昔話が止まらなくなりました。なんでもJR御来屋駅は御来屋-米子-境港を結ぶ官営鉄道の始発駅として山陰では最も古い歴史(1902年開業)を持つ駅だそうで、かつては物流の起点として栄えたそうです。駅前には3軒の飲食店が並び客足も絶えなかったそうですがやがて山陰本線の開業とともに通過駅となり駅前も徐々に寂れ店も1軒また1軒と姿を消し今ではこことタバコ屋が残るだけとなってしまったそうです。さらに最近それに追い打ちをかけるように山陰道が開通しそれまで駅前を迂回していた車が素通りをするようになり一気に客足が減ってしまったそうです。そういうおばちゃんの姿はどことなく寂しげでした。せめて日曜営業してくれたらもう少し頻繁うかがう機会もあるのに。この貴重な食堂遺産がいつまでも続く事を願ってやみません。
[PR]

by emozione | 2014-01-23 12:30 | 鳥取県内その他

菜厨 店休日返上「ラーメンランチセット」

f0088954_23171817.jpg
f0088954_2317405.jpg
f0088954_23175450.jpg
f0088954_23181466.jpg

 店主のくまさんから連絡を頂いて、今度、菜厨で「休日返上ラーメンランチセット」をやりますとの事。限定40食で予約をしてもらえれば取り置きますと言うことだったので行って参りました。
 内容は、蒸し野菜、点心、アゴだし塩ラーメンの3品で1500円。(やや強気の設定w)
 menaruki作の塩ラーメンはシンプルな見た目とは裏腹に魚介テイスト満載の濃厚な風味のダブルスープに今回は大葉で清涼感と白髪ネギでシャキシャキ感をあしらった一品。いつもながら思う事だが、ラーメンも指紋や声紋のように作る人の如何ともしがたい個性が表れるもので、特にmenaruki氏作のラーメンはどのように趣向を変えてもmenaruki氏のテイストがプンプンと香るmenarikiならではのラーメンとなっている。この日のラーメンはいつもと比べるとやや塩気が多いめ。人によっては塩っぱいと感じるかもしれないが塩っぱ目が好きな人であればむしろ好感を持のではないかといったレベル。昼のセットとしてはややブルジョアな設定で私のような庶民にとっては毎日だとちょっと厳しいかなと思うのと、この価格ならデザート(私は食べないが)、アフターコーヒーなどあっても良さそうな気がしたりするが、この点については今後ご検討頂ければと思う。滅多にないmenariki製ラーメンをいただける貴重なチャンスに対する対価としては個人的には不満はない。
[PR]

by emozione | 2012-04-23 14:00 | 松江市内

菜厨 麺あるき氏プロデュース らーめんディナー 試食会

f0088954_12314267.jpg

 麺ある記山陰のmenaruki氏から、今度「dining菜厨」でmenaruki氏プロデュースのらーめんディナーを始めるとの事で、その試食会のお誘いを頂きました。何かと雪に悩まされた今冬ですが、この日もうっすらと雪化粧していつも見慣れた光景が、どこか北ヨーロッパの街に迷い込んだようなお洒落な雰囲気に変身していました。この日招かれたのはいつものラーメン仲間達で早速、生ビールで乾杯の後ディナーコースの始まりです。
f0088954_1232291.jpg

1品目は前菜のラーメンサラダ。ラーメンサラダは北海道では居酒屋メニューとして普通に出される物ですが、道民以外にはあまり馴染みのないメニューかも知れません。ラーメンディナーの前菜としてはぴったりのメニューです。
f0088954_12322536.jpg

2品目はメバルのカルパッチョ。そもそもが癖がなく刺身で旨い魚なのでカルパッチョにもよく合います。
f0088954_12324466.jpg

3品目はスモークチャーシュー。見た目普通のチャーシューですが、スモークの香りが香ばしく、ただ者ではない味わいです。
f0088954_123374.jpg

4品目はチャー麺。「4代目けいすけ」の「焼きもりめん」と呼ばれるつけ麺と同様のコンセプトの焼麺で、麺のカリッとした食感が楽しい一品です。こちらではつけ麺としてではなくタレのかかった状態で提供されます。
f0088954_12332499.jpg

5品目はチキンカツ。ジューシーなカツにタルタルソースが添えられています。
f0088954_12334080.jpg

6品目は鶏のクミン焼。普段、カレーにはいて散る事は知っていても、あまり単独で使用する事のないクミンですが、肉料理との相性の良さに改めて感心させられます。見た目を裏切るインパクトある一品です。
f0088954_12335971.jpg

f0088954_1234516.jpg

〆の醤油ラーメンと塩ラーメンです。menaruki氏の作るラーメンはこれまでも何度か頂きましたが、何度食べても不思議な魔力を持つラーメンです。無化調に拘りながら素材の旨味を最大限に引き出す技は圧巻で、翌日になっても口の中に旨味の余韻が残ります。これまで、食べたくても食べる事が出来なかった幻のラーメンですが、月に1度のコース限定とは言え誰でも食べる事が可能になったのは嬉しい限りです。是非一度ご賞味あれ。

店名 菜厨 NAKRIA dining
TEL 0852-33-7702
住所 島根県松江市末次本町13 マツヤビル2F (地図
営業時間 11:30~14:30(L.O.14:00) 18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 毎週月曜日(祭日の場合は翌日)
駐車場 無
ホームページ http://hwsa8.gyao.ne.jp/nakria/index.html
f0088954_1955194.jpg
[PR]

by emozione | 2011-01-30 19:00 | 松江市内

ラーメン人生JET@福島 煮干し塩ラーメン+半熟味付玉子

f0088954_1022778.jpg

 大阪遠征、続いては福島の人気店「ラーメン人生JET」です。かの有名店東成きんせいの2号店として2010年6月18日にオープンしたばかりの新店です。場所は大阪環状線福島駅から北に200m、阪神高速とJR東海道線の高架を超えた北側になります。大阪梅田から歩いても15分程の距離なので、十分射程圏内かと思われます。
f0088954_10221024.jpg

 現在の東成きんせいは以前に訪れた2008年7月からメニュー構成が変わってデフォのスープが鶏白湯で醤油、魚介醤油、塩、カレーの4系統と+つけ麺となっているようですが、こちらの2号店と言われるラーメン人生JETでは、更にスープの構成が異なり、ノーマル鶏ガラベースの和風醤油、煮干し塩、と鶏白湯ベースの鶏煮込みそば+つけ麺2種+汁無しという構成になっているようです。
 鶏煮込みに強く惹かれる物があったのですが、以前に東成きんせいでいただいている事と今回の大阪では出来るだけ塩系統をというコンセプトから今回は煮干し塩ラーメン+半熟味付玉子と致しました。
f0088954_102287.jpg

 煮干し塩ラーメン(780円)+半熟味付玉子(100円)です。黄金色のスープにネギ、メンマ、チャーシュー、海苔,貝割れ、クコの実?、とトッピングの煮玉子、麺はやや平打ちのストレート細麺です。一言で言うと動物主体のスープで、纏わり付くような鶏油の香りが全体を支配していてそれを魚介がフォローするタイプとなっています。細めのストレート麺は、普段スープの持ち上げがいまいちな感じがあって、どちらかと言えば個人的には余り嬉しくないタイプなのですが、このスープは十分濃厚で持ち上がりが良い為この麺とジャストフィットな感じでした。食べていて、ふと「塩や@松江」の良くできた時のノーマルバージョンが思い浮かぶラーメンでした。食べ終わった後もしばらく口の中を鶏油の余韻が残る大変満足な一杯でした。


店名 ラーメン人生JET
TEL 06-6345-7855
住所 大阪府大阪市福島区福島7-12-2(地図)
営業時間 11:00~15:00 18:00~24:30(売切れ次第閉店)
定休日 年中無休
席数 18席
駐車場 無(近くにコインパーキングあり)
禁煙・喫煙 完全禁煙
ホームページ http://ramendb.supleks.jp/shop/28147
[PR]

by emozione | 2010-11-21 11:10 | 関西

大吾郎商店@福島(大淀中) 塩らーめん+煮玉子

f0088954_1129306.jpg

 JR大阪駅から貨物基地の地下を通ってスカイビルの下を抜け、細かい路地をくねくねと西に向かう事20分、大淀の人気店「大吾郎商店」に到着です。お昼時とあって到着時店の前には5人ほどの列、しばし並んでの入店となりました。
f0088954_11293372.jpg

 らーめんは塩、醤油、豚骨の3系統、つけめんは、ひやあつ、塩つけめん、豚骨つけめんの3系統とトッピングバリエーションというメニュー構成になっています。今回の大阪遠征は基本塩で押してみるべく、塩らーめん煮玉子トッピングでオーダーと致しました。
f0088954_11293654.jpg

 塩らーめん(650円)+煮玉子(100円)です。色の薄いストレートの細麺、海苔、メンマ、鶏チャーシュー、豚チャーシューと澄んだ塩スープという構成です。スープは魚介が前面に出る和風スープですが、この出汁の取り方は、いかにも関西的で、関東風のガツンとは一線を画する味わい。言葉では言い表しづらいので興味のある方は是非一度ご賞味あれ。

店名 大吾郎商店
TEL 06-6458-5236
住所 大阪府大阪市北区大淀中4-15-15 (地図)
営業時間 11:30~13:30 18:00~22:00
定休日 日曜(祝日は昼のみ営業)
席数 16席
駐車場 無
[PR]

by emozione | 2010-11-20 12:30 | 関西

小洞天@難波千日前 ワンタン麺

f0088954_11162036.jpg

 翌日からの大阪遠征に備えて前日のこの日から大阪入りです。遅くからの時間だったので宿舎近くで深夜営業のこちら「小洞天」へ。場所は千日前通りから北へ2本の路地、スナックなどの飲食店が入る千寿ビルの1階です。よく見ると通りから看板が見えますが少し分かりにくい場所になります。
f0088954_11162079.jpg

 ラーメンと餃子のシンプルなメニュー構成ですが、その中でワンタンの文字が光ります。関西でもワンタン麺を提供する店は少なくなっているようで希少な存在と言えるかも知れません。と言う事で迷わずワンタン麺をオーダーです。
f0088954_11162180.jpg

 ワンタン麺(750円)です。綺麗に済んだ清湯スープはあっさりとした鶏ガラベースの塩味で化学的ながらも十分な旨味が感じられます。具材はネギ、モヤシ、チャーシュー、ごまにワンタン。ワンタンには仄かなニンニクの風味があり淡泊なスープにメリハリを与えています。ラーメンを食べるぞと意気込んで食べるには不向きかも知れませんが、飲みの〆としてしては申し分ない作りです。今回はいただいていませんが、こちらは餃子も定評があるようで餃子をつまみにビールを一杯、〆にはこのラーメンなんてのも乙な物かも知れません。  

店名 小洞天
TEL 06-6213-1623
住所 大阪府大阪市中央区千日前1-6-10 千寿ビル1F (地図)
営業時間 18:00~26:50
定休日 日曜日・祭日
[PR]

by emozione | 2010-11-19 23:40 | 関西