タグ:創作麺 ( 23 ) タグの人気記事

蒸し料理 dinig 菜厨 NAKRIA@京店 緊急報告

 今年7月にオープン以来、水郷祭の帰り道に立ち寄っただけで本格的になかなか伺えなかった、蒸し料理 dinig 菜厨 NAKRIA@京店ですが、ようやくちゃんと訪問する事が出来ました。事前にmenaruki氏に連絡をとって予約を入れた上での来店です。料理はお任せで量より質重視とだけお願いいたしました。結果的に蒸し料理だけではない菜厨の実力を堪能する事が出来ましたので緊急報告とします。
f0088954_93401.jpg

海老とスモークサーモンの前菜(仮称)。料理名は正式の物ではないので関係者の方は突っ込みを入れて下さい(汗)。くり抜いたゆずの中にスモークサーモンとフルーツ(オレンジ?)と海老が入った一品でフルーツとのコントラストによって魚介の旨味が引き立ちます。
f0088954_944241.jpg

フォアグラのソテー(仮称)。癖を一切感じさせないフォアグラの優しい味わいと芋のカリッとした食感、カブのしっとりした食感の対比が見事な一品です。
f0088954_954111.jpg

鯛のカブラ蒸し(仮称)。とろろ芋のようなカブラと洋風テイストのあんが上品に鯛の白身を包み込み全体に落ち着いたテイストの中に山葵の刺激がキラリと光る一品。
f0088954_962298.jpg

飯南産豚の角煮(仮称)。豚自体の味わいが物を言う一品。遠くに八角が香り野菜のシャキッとした食感が重厚な素材に爽やかさを与えます。
f0088954_97927.jpg

鶏白湯と鯛のフュメルのスペシャルラーメン鶏白湯と鯛のフュメドポアソンのラーメン。この日のメインディッシュ。スープベースはmenaruki氏が担当。贅沢に丸鶏から炊き上げたたり白湯は濃厚かつ芳醇。これまでにも東京や大阪で何店か鶏白湯をいただきましたがこれ程鶏らしさを鮮明に出した鶏白湯ベースには出会った事がありません。一方その鶏白湯ベースを華麗に支えるのが空海の景山氏が担当したフュメドポアソン。フュメドポアソンは主に白身魚と香草のエキスを白ワインを用いて抽出するフランス料理の手法で、この日は鯛を用いた物でしたが、凝縮した鯛のエキスは力強くかつそれでいてエレガント。この二つが絶妙なハーモニーを醸しだし一杯のラーメンをフルコースディナーのメインディッシュに昇華させています。平打ちの太麺もプリプリの食感はアルデンテに茹で上がったパスタを思わせます。鴨のロースも柚の風味で引き締める心配り、全てに渡って今まで経験した事のないラーメン。「参りました!」の一言です。
 これだけの手間とコストをコースの中とは言えラーメンにかけるのは常識的に考えて見合わないと思うのですが、実はこれらの材料は元々菜厨の冬メニューとして用意された鍋メニューの素材。裏を返すとこれらの素材を使った極上鍋が一人前2500円からの予算でいただく事が出来ます。〆のラーメンも一玉200円でオプションとして用意されていますのでこのラーメンの雰囲気を味わう事が出来るのではないでしょうか。鍋の中には要予約の物もあるようなので事前に確認される事をお勧めいたします。
 また、上記のラーメンをどうしてもいただきたい方は「週に10回ぐらいお店に通って頂ければお出しいたします。」とはホール係のくまさんのジョークですが、常連客になれば可能性があるようです。興味のある方は菜厨に通って至福の一杯を手にしてみて下さい。
f0088954_98562.jpg

紅茶のゼリー(仮称)。ラーメンの余韻に浸りながらいただきました。
f0088954_984034.jpg

 追加でオーダーした一品メニューの薄切りバゲットの明太子ディップ添え(380円)。お酒のあてにピッタリ、その後つい飲み過ぎてしまった事は言うに及びません。
 今回、蒸し野菜以外のコースメニューでしたが改めて菜厨の実力を見せつけられた思いがします。中心的素材とそれに対比する素材で陰と陽の抑揚をつけ作品に厚みを与える構成はどれも見事で景山氏の実力の高さを伺わせます。量は重要視しないと伝えてあったのですが量的にも十分満足のいく物でした。また、これだけのコースをいただいて、しこたま飲んだにも関わらず二人で一本ほどのお会計は、多少麺歩き仲間のご贔屓があったのかも知れませんがかなりリーズナブルです。そのせいもあってか、年末年始はすでに多くの予約が入り始めているようで特に週末は早めの予約が必要だとの事です。ただ、ウイークデイにはまだ余裕があるとの事でゆっくり食事を楽しみたい方はウィークデイの予約が狙い目かも知れません。


住所:〒690-0843 島根県松江市末次本町13 マツヤビル2F
TEL/FAX:0852-33-7702
HP:http://hwsa8.gyao.ne.jp/nakria/#  
営業時間
ランチタイム  11:30~14:30  
ディナータイム 17:30~22:00    
年中無休
f0088954_1955194.jpg




[PR]

by emozione | 2009-12-01 19:00 | 松江市内

とまとの里 信濃路@阿波座 宝天麺(並)

f0088954_2381320.jpg

 実は3年越しでフラれ続けた店です。1年目は日曜定休をよく調べもせずに行った完全にリサーチ不足、2年目はこれも第3月曜定休をよく調べもせずにわざわざ第3月曜日に行ってしまった詰めの甘さ、と言う事で今回が3度目の正直です。今回は事前に確認した上で土曜日の昼を狙いました。到着したのが12時30ぐらい、店先には5人程度の列がありました。しばらく外で待つ間に店の人が注文を取りに来ました。その後店の中に入って再びしばらくの待ちです。しばらくしてテーブル席が空いたのですが、私の後に並んだ団体に先に席を譲ってくれとの事、快くOKしてまたしばしの待ちです。その後カウンター席が空いて着席、間もなく注文の品は先程の団体より先に届けられました。この辺の大阪商人のバランス感覚は好感が持てます。
f0088954_2382243.jpg

 宝天麺(とまとらーめん)(840円)です。トマトの赤、セロリの緑、青梗菜の白の彩りが正にイタリアンカラーです。動物系のスープにトマト、セロリ、ニンニクの旨味と酸味にほんの少しのピリ辛が加わったテイスティングも何かしらイタリアンで、まるでミネストローネの様です。麺は腰のある細麺でこちらも、あたかもカッペリーニの様。ラーメンと言うよりパスタに分類したくなる一品ですが、何故か無性に旨く癖になりそうな味です。流石は人気店、大変満足な一杯でした。

住所 〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-7-1
電話番号 06-6441-9751
営業時間 11:30〜13:30,17:30〜20:30 スープがなくなり次第終了
定休日 日曜日、第3月曜日
座席数 カウンター12席、テーブル8席


[PR]

by emozione | 2009-11-21 12:40 | 関西

麺家ひばり 焼きもり海老つけ麺+〆サルサご飯

f0088954_9272062.jpg

 こちらでも既に紹介された麺家ひばりの新作メニュー,焼きもり海老つけ麺がリリースされました。前回訪問時に海老系のつけ麺を開発中との事で試行錯誤の末生み出した苦心の作のようですがいかがでしょうか。
f0088954_927345.jpg

 焼きもり海老つけ麺(850円)です。つけだれはアゴ出汁ベースに海老の旨味を閉じ込め山芋でとろみを付けた物でどちらかというとアゴ出汁が基調で海老の風味はマイルドな仕様となっています。山芋が全体のベースをさらにマイルドにしていて少し主張の無さを感じてしまう面もあります。
f0088954_9274530.jpg

 麺は片面をフライパンで焼き固めた焼き麺となっています。焼き固める事で麺の香ばしさを増し付けだれが絡みやすくなる仕掛けですが、元々の麺が長いので箸では容易にほぐれず食べる時に大変苦労をします。また麺の主張がより強くなるので性格の弱い海老の付けだれが感じにくくなり後半は麺ばかりの味が表に立ってしまう気がします。もう少し海老が強く主張するよう付けだれが改良されると良いのではと思います。小山店主は今ある物をさらなる高みに持って行く力のある人なので今後に期待したいと思います。
f0088954_9275776.jpg

 〆のサルサご飯100円です。これを残った付けだれに入れていただくのですが、こちらは思いのほか良い出来でした。麺でいただいた時にあまり感じられなかった海老の香りがしっかりと感じられました。少し量的に少ない気がしましたが味的には良かったと思います。

住所 島根県松江市学園2-10-16
電話番号 0852-61-1151
営業時間 11:00〜15:00 17:00〜22:00
定休日 月


f0088954_1955194.jpg




[PR]

by emozione | 2009-11-06 13:40 | 松江市内

屋台 KENZO Cafe@博多区上川端

f0088954_14134551.jpg

 九州3日目、2軒目は少し変化球、櫛田神社南側の路地にある「屋台KENZO Cafe」です。 屋台とは言っても現在は歴とした店舗ですが、元々は本当に屋台だったそうだです。cafeと名がついていますが決してお洒落なカフェを想像してはいけません。店内は良い具合に雑然としていて屋台の雰囲気をそのまま持ってきたようなラーメン居酒屋と言った方がピッタリくる店です。実は前日に一度日曜日は休業と知りながら訪れたのですが、何故か店が開いていておじさんたちがゾロゾロと入店して行くではないですか。これはラッキーとばかりに入店すると「お二階へどうぞ」と言われ上がっていくとそこは宴会場、どうやら宴会のために貸しきりで店を開けたようで危うく見も知らぬおじさんたちに混ざって宴会する羽目になる所でした。と言うわけで「昨日はどうも。」とご挨拶をして早速メニューの確認です。
f0088954_14145020.jpg
 
 夜の巻のメニューには所狭しと旨そうな酒の当て的メニューが書き込まれています。一杯やりながら居座りたい気分になりますが、この日はもう一軒訪問予定だったのでじっと我慢で焼きラーメンをオーダーです。
f0088954_14142921.jpg

 「屋台 KENZO Cafe」一押しメニュー、焼きラーメン(700円)です。実はこの店ラーメンでも定評があるのですが、折角九州に来たのですからここでしか頂けないメニューという事でオーダーしました。熱々の鉄板皿にラーメンスープで野菜、肉と一緒に炒めた細麺に生卵と何故かベビースターラーメンがトッピングです。見た目も味も豚骨やきそばですが、生卵を潰して鉄板で半熟状態にしてそれを絡めて食べると極上のビールの当てが出来上がりです。この誘惑にはついに勝てずに思わず生を一杯注文してしまいました。何とも至福の一時でした。

[PR]

by emozione | 2009-07-20 18:00 | 九州以南

無双@米子 移転前最後の冷やしらーめん

f0088954_22511981.jpg
 
 先日、某局の情報番組でも取り上げられた夏恒例、麺屋無双の冷やしらーめんをいただくべく米子に参りました。実は今の無双でラーメンをいただくのはこれが最後になります。某番組でも触れられていましたが、無双はこの日を以て移転のため一時閉店となります。その詳細については後述するとして、早速冷やしらーめん(650円)+煮玉子(100円)をオーダーです。
f0088954_22513918.jpg

 冷やしらーめん+煮玉子です。僅かに白く濁ったスープに蒸し鶏、錦糸玉子、海苔、メンマ、紫蘇、オプションの煮玉子と真ん中に梅干しを配した通称オッパイ氷が乗り色鮮やかな彩りとなっています。こちらで冷やしらーめんをいただくのは 2007年08月18日以来ですが何か前回いただいた時よりカラフルになった印象があります。梅干しのせい?。味についても前回とは幾分印象が違うような気がします。本来動物系の風味を出すのが難しい冷やしスープですが、このスープはしっかりと動物系の旨味が出ています。牛骨系が主体ですが牛骨スープは韓国冷麺でも使用されるだけに冷やしスープとは相性が良いようです。これに紫蘇や梅干しの酸味がアクセントとして絡んでより清涼感を増しています。夏に食べるラーメンとして申し分ない仕上がりになっていると思います。
 さて、移転の件ですが、前述の通りこちらでの営業は7月12日を以て終了、しばらく準備を経て7月下旬より以下の場所で再開の予定です。新天地でのさらなる飛躍を期待したいと思います。

新店舗:米子市新開6-3-3(とん平ラーメンあと)
TEL 0859-314-8681
新店地図

[PR]

by emozione | 2009-07-12 13:30 | 米子市内

麺家ひばり 夏季限定 冷製トマトつけ麺

f0088954_22482586.jpg

f0088954_22484353.jpg

 すでにコチラコチラで紹介されている2009年夏の麺家ひばり限定ラーメン、冷製トマトつけ麺(800円)です。試行錯誤を重ねて生み出された一品が正式リリースされたとの事で訪問です。麺は水で締めた食感の良い太麺でこれに水菜と貝割れがあしらわれます。魚醤・魚豚と違って全粒粉仕様では無いようです。鮮やかな赤色のつけだれはかなり濃厚でドロッとした仕様、トマトの酸味とサルサのピリ辛その他、花椒?オリーブオイル?など複雑に織りなされたスープです。全体にパスタのような印象ですが、和風でもありイタリアンでもありどこか中華風でもあり、多国籍な味わいです。ただ、食べる人にもよるかと思いますが、かなり酸味が強い印象があります。前述のようにスープはかなり濃厚なため非常に良く麺に絡みます。麺に対する持ち上げ量が多いためよりスープを強く感じる事になりますがそのスープが味的にも濃厚で強い酸味をもっているので酸味が前面に出すぎるのかもしれません。何か甘い素材で酸味を和らげるとか少しスープで割るとかあっても良いのかも知れません。

[PR]

by emozione | 2009-06-12 13:30 | 松江市内

BASSANOVA@新代田 グリーンカレーソバ

f0088954_191348.jpg

 東京出張初日、この日は最終便で夜遅くの到着のため、深夜営業の店の中からこちらをセレクトしました。世田谷区羽根木のBASSANOVA(バサノバ)です。京王井の頭線「新代田駅」から改札を出て真ん前の横断歩道を横断、そのまま環七沿いに北(右)に向かって100mほど進んだ所にあります。とてもラーメン店とは思えない外観に戸惑いながらも中に入るとカウンター10席ほどと小さなテーブルが2つぐらいのこぢんまりした店内、入り口近くに券売機が設置されています。豚濁ソバ700円、豚濁和出汁ソバ700円など普通のラーメンメニューもありますが、この店の目玉でもあるグリーンカレーソバ850円をいただく事にしました。
f0088954_1911385.jpg

 グリーンカレーソバです。丼はかなり小さめです。グリーンカレーという名前の割には褐色に近い色のスープです。食べてみると味はしっかりココナッツミルクを使用したグリーンカレーのテイストですが、同時に節系魚介系のダブルスープのような香りも感じます。単にラーメンにどこかから持ってきたグリンーカレーをかけたと言うのではなく、ちゃんとラーメンのスープとして成り立つようなアレンジが加えられているようです。麺はよく味噌系のスープに合わされる様な平打ちの縮れ麺でカレーの味に負けず、かつスープをよく持ち上げるのでこのスープに対してのセレクトとしてはよく考えられていると思います。
 大変おいしくいただきましたが、不満があるとすればやや量が少ない事と、真横のカウンター席で、しこたま煙草を吸われた事でしょうか。量については単品でいただくのではなくご飯を注文して残ったスープと和えてグリーンカレー雑炊と頂くというのも一興かと思われます。

[PR]

by emozione | 2009-05-29 23:15 | 関東

餃子の王将@松江学園店 スタミナラーメン

f0088954_1829248.jpg

 この日の松江は最高気温25℃を超える暑さ、暑い時には熱いラーメンを食べたくなります。嘘です。適当にお昼を取ろうと入った餃子の王将学園店で、スタミナラーメン、ピリ辛激ウマ、今だけ特別価格税込630円を105円引きの525円という謳い文句につられて注文してしまいました。基本ラーメンスープにたっぷりの野菜とラー油でピリ辛風味という思った通りのスタイルですが、辛く無さ過ぎず、でも万人に受け入れられる中庸をちゃんと守ったバランス感覚は大した物だと思います。上を求めるでなくジャンクに気軽に不満なく腹を満たすというコンセプトについ足を運んでしまう餃子の王将でした。

[PR]

by emozione | 2009-05-19 14:10 | 松江市内

いけす料理・元祖川正 長崎サラダ

f0088954_9581180.jpg

 長崎の夜の町に繰り出します。この日セレクトしたのは、思案橋電停近くの「いけす料理 元祖 川正」です。地物の新鮮な魚介類や鯨料理などが売りですがメニューの多くが時価という多少勇気が必要なお店でもあります。ホテルを寝るだけという事で安い宿に設定して浮いた分を持っていざ出陣です。
f0088954_9583072.jpg

 まずはお薦めのアオリイカ活造りです。まだ生きています。この透明感写真で伝わるでしょうか。山陰も新鮮なイカには事欠かない地域ですがこのイカは別格でした。イカの概念を変えてしまう旨さでした。
f0088954_95838100.jpg

 イカの下足と耳の部分は後で別途料理してもらえます。バター焼きとかでも良いのですが、これだけの新鮮な物ですからやはりお造りにして頂きました。文句なしです。
f0088954_9584717.jpg

 サザエのお造り。こちらも山陰でもいただけますが、山陰の物とは大きさが違いました。1個分でこの量です。味も最高です。
f0088954_9585582.jpg

 クジラセット。さえずり、ベーコン、刺身など様々な鯨がいただけるお得な一品です。
f0088954_959753.jpg

 そしてこの店のもう一つの名物、「長崎サラダ」です。皿うどん用の揚げ麺に野菜や魚介類などを乗せドレッシングをかけた物で、北海道のラーメンサラダの皿うどん版と言えば分かりやすいでしょうか。もともとのルーツは長崎原爆病院1階の食堂だそうで、それが市内の一部の飲食店に広がったものですが、現長崎市長の田上富久さんが長崎市のホームページ上で好物として紹介してから静かな脚光を浴び始め、チャンポン、トルコライスに次ぐ新たなご当地グルメとして注目され始めているようです。その中でも川正は「長崎サラダ」を食べる事のできる店としてその筋では知られていて、店の人によると昨年辺りから各方面からの取材が相次いでいるそうです。揚げ麺が胡麻ドレッシングで柔らかくなった所を食べて下さいとの事でしたが、まだ硬い部分のカリッとした食感もあってラーサラとは一味違った特色を持った一品でした。

[PR]

by emozione | 2009-05-04 20:00 | 九州以南

壱龍@外中原 山椒みそラーメン(辛)

f0088954_19105996.jpg

 ここの所バタバタして、なかなかブログ更新できません。暇のあるときにこの間の過去ネタを少しずつUPしておかないと・・・
と言う事で2/20訪問の壱龍@外中原です。
久しぶりに坦々麺をと訪れた所、山椒みそラーメンなるメニューが、新メニューかと思いましたが後で調べると、2008年8月にはすでにメニューに載っていたようです。何故気がつかなかったのでしょうか。この時点では、まだ新メニューと思い込んでいたため、急遽こちらのオーダーに変更しました。
f0088954_19112565.jpg

 山椒みそラーメン(800円)です。赤みのある味噌スープに大き目のチャーシューが2枚と白ネギ、青ネギのトッピング、スープには山椒の粉が浮いていのが見えます。麺は細めのウェーブ麺。ややピリ辛の味噌味で辛味はさほどではありませんが、山椒の痺れるような刺激があります。もしかしたら普通の山椒ではなく四川山椒(花椒)を使用しているのかもしれません。味噌に山椒の組み合わせは丹波地方のボタン鍋等でも使われる手法で、相性が良いのでこれを巧くラーメンに取り入れた物と言えるでしょう。麺も以前は壱龍系の麺に関してはややひ弱な印象を持っていたのですが、今回いただいた限りでは、もつれ合ってちぎれる様な事もなくなかなか良い麺でした。麺が変わったのかも知れません。
f0088954_19114561.jpg

 坦々麺(740円)です。こちらも山椒みそラーメンに使われているのと麺が同じかと思いますが、以前より麺が良くなった様な気がします。味はさすがに壱龍、安定してきた感があります。

[PR]

by emozione | 2009-02-20 13:50 | 松江市内