タグ:しょうゆ系 ( 81 ) タグの人気記事

はし友ラーメン@米子

山陰で唯一(かもしれない)家系ラーメンの店です。
f0088954_2362699.jpg

ラーメンは一系統、つけ麺はこってりとあっさりのラインナップがあるようです。
f0088954_2363927.jpg

家系ではお約束の麺の硬さ、味の濃さ、油の量を尋ねる表です。
f0088954_2365914.jpg

ラーメン並、硬め,濃いめ、普通でお願いしました。麺は関東風の太麺で小麦が強く薫るなかなかの物。味濃いめはかなり塩っぱいので塩っぱいのが苦手な人は薄めを頼んだ方が良いかも。動物系のスープに海苔とほうれん草も定番のスタイルです。全体として良く家系ラーメンを再現していると思います。
f0088954_2371351.jpg
f0088954_2372590.jpg

こちらはこってりつけ麺大盛りのり増しです。スープを横から少しだけ頂きましたが、魚粉の効いた関東風のつけ麺だれで旨いですね。
f0088954_2373514.jpg

餃子は青森県産ニンニクを使った物で、こちらは以前に宇都宮で頂いた餃子に似ていると思いました。
[PR]

by emozione | 2013-09-09 20:00 | 鳥取県内その他

雷家@川崎

f0088954_23131554.jpg
f0088954_23132623.jpg
f0088954_23133822.jpg

[PR]

by emozione | 2013-05-26 20:30 | 関東

清華軒@高崎

f0088954_16541471.jpg

訳あって群馬つん帰りの往復です。この日は高崎に宿泊だったため近くのこちらをセレクトしました。事前に場所のリサーチはしていたのですが、比較的交通量の多い表通りから一歩入るとそこは全くの住宅街。まだ午後7時にもならないのにすでに寝静まったかのような静けさです。本当にこんな所に、という疑問を感じながら進むと奥の方に白っぽい灯りが見えます。近づいてみると、ありました。清華軒は昭和31年創業、半世紀以上にわたって高崎市民に愛され続ける老舗中華料理店です。特にラーメンが人気で、一見何の変哲もなさそうな昔ながらの中華そばスタイルながら誰もが絶賛するにはどんな秘密があるのか興味がそそられます。
f0088954_16543139.jpg

到着時、先客が1名。店内は小さめの丸テーブルが4つほど、奥の丸テーブルに陣取ります。奥さんでしょうか、顔立ちの整った愛想の良い女性スタッフがメニューと水を提供してくれます。普通ならラーメン(600円)と行くところですが、せっかく関東まで来てのであまり松江ではお目にかかる事が出来ない「ワンタンメン」(850円)で勝負です。先ほどの美人スタッフにワンタンメンと告げると、麺をどうするか尋ねられました。こちらでは、機械打ちの細麺と手打ち麺がセレクトできるそうなのです。どちらが人気か訪ねると6:4ぐらいで手打ち麺との事だったので、手打ち麺でお願いする事にしました。ちなみに手打ち麺は50円増しになります。
f0088954_16544253.jpg

登場したワンタンメン(計900円)です。関東らしい黒く澄んだスープにネギ、チャーシュー、メンマ、と今時珍しくなったナルト、そしてワンタンです。確かに一見何の変哲もないワンタンメンですが、その真価はスープを口に為た瞬間に発揮されます。これも、今時の魚介系をあしらったダブルスープとは無縁の昔ながらの動物系スープですが、その動物系の香りが半端なく迫ります。スタンダードでありながらそれが最上級のスタンダード、言葉で表現するのは難しいですね。そして、問題の自家製麺ですが、こちらは非常に薄くのばされた生地を敢えて不揃いにカットして軽いウエーブをかけた様な麺ですが、これが実に面白いですね。生地自体はかなり腰のあるプルンとした食感でこれが幅広い場所でで2mmぐらい、細い場所はそのままフェードアウトしてしまう様な感じで場所によって異なる食感がアクセントになり食べていて実に楽しい。軽いウエーブが生地のプリンとした質感を残しながらスープとの絡みを良くする絶妙な縮れ具合、良く計算されています。
途中で水の追加に来られた美人スタッフさんから感想を聞かれたので伝えると、色んな事を教えてくださいました。このラーメンは昨年亡くなられた先代のおじいさんが毎日でも食べたくなるラーメンを目指して試行錯誤を繰り返しようやくたどり着いた味なんだそうです。麺は店舗の地下に小さな製麺スペースがあってそこで打っているとの事。これも工夫に工夫を重ねて現在に至っているようです。現在は二代目が立派に引き継いで先代の味を守っておられるんですね。帰りにまた来てくださいねと言われましたが、ちょっとやそっとでは行けないのが残念です。
久々に殿堂級のラーメンを頂きました。ごちそうさま。

店名 清華軒
TEL 027-322-0292
住所 群馬県高崎市相生町58
営業時間 11時~15時(L.O 14時30分)
17時30分~20時30分
定休日 水曜日、祝日
駐車場 有
完全禁煙
[PR]

by emozione | 2012-11-24 18:30 | 関東

菜厨 京店イケ麺まつり

f0088954_1164928.jpg

この日は京店イケ麺まつりと称し京店界隈の9店舗がカラコロ広場に一堂に会し趣向を凝らした麺で勝負、投票により雌雄を決するというイベントでしたが、折からの台風の接近により各店食べ歩きの企画に変更となりました。この日の菜厨のラーメンは「エビ油薫る煮干しラーメン」と称し次のように説明されています。地元産煮干し(イワシ、アジ、アゴ、鯖)をタップリ使い、滋味あふれる出汁をひきました。海の香りあふれる和風ラーメンです。という事で、だいたいいつもの菜厨ラーメンと同じような雰囲気でしょうか。イケ麺投票用のラーメンはハーフサイズですが、フルバージョンもできるとの事でフルバージョンでお願いしました。
という事でいつもの菜厨ラーメン・・・なんですが、この日のラーメンは若干雰囲気が違う。これはこれで大変おいしくいただいたんですが、どこか田舎風というか素朴な味わい。で、食べ終わった後、イケ面のくま店長にうかがったのですが、なんとこの日のラーメンは麺歩き氏ではなく、くまさんの手による物だそうでした。同じレシピでも作り手によって違ったテイストが出来あがる、ラーメンっておもしろいですね。
f0088954_1165785.jpg

[PR]

by emozione | 2012-09-30 13:30 | 松江市内

拉麺劇情 人情麺家 牛骨王@大阪日本橋

f0088954_9261767.jpg

牛骨ブラック 720円
日本橋の電気街、表通り沿いに牛骨の看板を発見し思わず入店しました。
ここは期間限定で店主が入れ替わり特徴あるラーメンを提供しているようで、牛骨王は10月30日までの提供だそうです。詳しくはこちら
牛骨ブラックという事で、牛骨ベースの大阪ブラックのようなラーメンを想像したのですが、普通の醤油ラーメン程度の濃度で、誤解を恐れずに例えるとすれば、「すき焼き」の味?。


店名 拉麺劇情 人情麺家 牛骨王
TEL 06-7493-6855
住所 大阪府大阪市浪速区日本橋4-10-9
営業時間 11:00~23:00
定休日 無休
駐車場 無
[PR]

by emozione | 2012-07-16 14:00 | 関西

烈志笑魚油 麺香房 三く @新福島

f0088954_117458.jpg

かけ 780円
2011年7月15日オープンの新店。
ご主人は麺屋武蔵で修行をされたとか。しかし、節系のガツンながらどこか上品な所があって関東とはひと味違う関西の味。
ラーメンは和食なんだと感じさせる一杯です。
麺は中細のウェーブ麺。関東なら何も考えず太麺が使用されそうな気がしますが、このスープには中細の方が正解だと思う。
ほうれん草や白ネギの薄切りの普段鬱陶しく感じる場面多い素材も、このスープにはむしろ必然性を感じます。
荒々しいだけの魚介系とはひと味違った強いながらも落ち着きのあるスープは秀逸!
店員の方もこれ以上だとうざくなる限界近くの丁寧さです。

店名 烈志笑魚油 麺香房 三く
TEL 06-6451-4115
住所 大阪府福島区福島2-6-5 AKパレス1F
営業時間 平日(月~土)昼 11:39~14:39 夜 18:39~23:39 (日,祝) 11:39~14:39 
定休日 第4日曜日
席数 カウンターのみ11席
駐車場 無
完全禁煙
[PR]

by emozione | 2011-11-19 12:00 | 関西

中華そば ○丈@千日前

f0088954_111386.jpg

f0088954_1111752.jpg

もともと天保山にあった店が昨年千日前に移転されたようです。
和歌山風の数量限定○丈そば(800円)をたのもうかと思ったら今日はもう終了との事で高井田風の中華そば(650円)を注文。
高井田系と言えば昨年頂いた金久右衛門の大阪ブラックが思い出されますが、こちらもビジュアル的には大阪ブラックと呼んでも差し支えない出で立ちです。鶏ガラベースに黒醤油と魚介のスープでしょうか。塩気は決して強くなく程よい加減、醤油の香りと独特の渋み?雑味?を感じます。この感じは金久右衛門とどこか共通の感じがします。そういう意味では高井田系がよく再現されていると言って良いのかも知れません。チャーシューには独特なジューシーさがあり、無造作に添えられた青ネギがアクセントとして効いています。ただ胡椒は賛否両論あるかも知れません。デフォルトにするのではなくテーブルに置いて好みで入れる入れないを選択してもらった方がベターかも知れません。

店名 中華そば ○丈
TEL 06-6643-6633
住所 大阪府大阪市中央区難波千日前6-16
営業時間  11:30~15:00 18:00~21:00
定休日 水曜日
席数  カウンターのみ9席
完全禁煙
HP  http://marujoe.blog112.fc2.com/
[PR]

by emozione | 2011-11-18 20:00 | 関西

子天狗@岐阜

f0088954_17163598.jpg

f0088954_17162974.jpg

f0088954_17165736.jpg

ちょっと一杯飲み屋のような風情の外観。古びた引き戸をガラガラと開けるとカウンターとテーブル席が2卓。カウンターに腰掛けて大将に中華そば500円と伝える。大鍋で麺を茹でる大将に「ここは高山の中華そばが食べれるそうですね」と尋ねると「そうですよ」との答え。その後待つことしばし、さほど時間がたたない間に中華そばの出来上がりです。
f0088954_17165458.jpg

 雷紋柄の丼に黒目のスープ、ねぎ、メンマ、チャーシュー、が盛られた中華そばは絵に描いたようなオーソドックスないでたちです。早速スープを一杯。思った以上にしっかりした鶏がらの香りがまずやってきます。そして、それを引き立てるように煮干の風味が追ってきます。見た目の印象以上にキャラクターのあるスープです。続いて麺を。ややウェーブしたストレートの細麺は、しっかりした腰があり、昼間の丸デブほどではないが、かなり小麦が香る麺です。しかし、スープのキャラもそれなりに強いため小麦のキャラを旨く包み込んで渾然一体とした仕上がりになっています。メンマは細めででしゃばらずチャーシューも古き良き中華そばの風情です。
 帰りがけに大将が少しお話してくださいました。スープは鶏がらと煮干で、煮干はなんとご近所の山口産だそうです。高山のラーメンは魚介の部分に多少の違いはあっても大体こんなもんなんだそうです。同じ県内とは言っても容易に往復できる距離ではないので今回は断念せざるを得なかった高山ラーメンですが、岐阜市内で本場の高山ラーメンをいただく事ができたのは収穫でした。

店名 子天狗
TEL 058-262-7375
住所 岐阜県岐阜市若宮町3-25
営業時間 17:00~2:00
定休日 日 祭日
[PR]

by emozione | 2011-02-12 21:10 | 中部東海

丸デブ 本店 中華そば

f0088954_9262633.jpg

f0088954_9273372.jpg

ちょうど開店時間に到着しましたが、朝一番からすぐに満席となりました。メニューは中華そば(400円)とわんたん(400円)のみ。店内には香ばしい獣臭が漂っています。中華そばをオーダーしてしばし待ちます。
f0088954_9275343.jpg

中華そばの登場です。かなり小ぶりの丼になみなみとスープが注がれたスタイルはどこか播州ラーメンを思わせます。スープはそばつゆのような甘辛く独特の雑味を感じます。麺は小麦臭のするストレート細麺で太いソーメンの様な味わいです。店内には創業大正六年と書かれた札がありました。岐阜市内でも最も歴史ある老舗ラーメン、たいへんおいしくいただきました。

店名 丸デブ 本店
TEL 058-262-9573
住所 岐阜県岐阜市日ノ出町3-1
営業時間 11:00~売り切れ
定休日 毎月6のつく日
駐車場 無
f0088954_1955194.jpg
[PR]

by emozione | 2011-02-12 11:00 | 中部東海

麺や六三六 岐阜店

あまりに更新が滞っているので、古いものから店名と写真だけでも少しずつ上げていこうと思っています。本文は付かないかも知れませんがお許し下さい。
f0088954_14123290.jpg

f0088954_1413497.jpg
f0088954_14131660.jpg


最初にふワーッと煮干が香るがそれほど強烈というほどではない。麺はムにゅっとした変わった食感のストレート細めん。基本鶏と豚の動物系+煮干の標準的ダブルスープだが野菜をかなり大量に使うらしくそれによりスープはかなりとろみがある。野菜が多い分どちらかといえば甘みの強いスープ。メンマはかなり太めで存在感がある。

店名 麺や六三六 岐阜店
TEL 058-262-1636
住所 岐阜県岐阜市神田町9-11-3
営業時間 11:00~22:00
定休日 不定休
ホームページ http://www.rokusanroku.com/shop.ht
[PR]

by emozione | 2011-02-11 21:40 | 中部東海