<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

文六@向島町 かつ丼(玉子後乗せ)

f0088954_2451151.jpg

 かつ丼ネタです。向島町の文六です。近隣に合同庁舎があるのでこちらのお客さんがメインなのでしょうか。駐車場は店の前に4台分ほどありますが少し狭めです。かつ丼があると言う事で潜入です。
f0088954_2452753.jpg

 日替わり定食があるようですね。この日は焼豚とイカ下足またはハマチ刺身の選択だったようです。
f0088954_2453756.jpg

 メニューを見るとうどんやカレーなんかもあるようですね。定食も種類があって充実しています。
f0088954_2455339.jpg

 かつ丼、ハムサラダと汁付きです。予想に反して玉子後乗せのようです。非常に変わった外見で醤油を使っていないんでしょうか、全く黒みがない出汁だけで味付けしたような玉子をメレンゲのように溶いてクリームのように仕上げた物が豚カツの上に乗っています。色は薄いですが出汁の味が効いているので食べて薄いという感じは全くありません。トロふわの食感が大変面白い独創的なかつ丼です。ボリュームが結構あって私には少し満腹セットとなりましたが若者にはこれぐらいあった方が良いのかも知れません。タイプとしては「ふの食堂」のかつ丼に近いのかもしれません。
f0088954_246734.jpg

 連れが頂いた日替わり定食(ハマチ刺身)。アフターコーヒー付き600円でこの内容は大変リーズナブルです。
[PR]

by emozione | 2014-03-26 13:00 | ラーメン以外

大翔@殿町

f0088954_18312865.jpg

 先日お邪魔した大翔ですが、ちょっとイレギュラーな〆を頂いたので普通のラーメンを頂くため出直しです。
実はこちらを訪れるのは3年ぶりぐらいになります。特に理由があって来なかったわけではないのですが気がついたら随分間が開いてしまいました。先日の征服会議で久しぶりの来店となりましたがこの時頂いたのは船橋ソースラーメンにヒントを得てこちらのとんてきメニューとのコラボに発展させたとんてきソースラーメン。これはこれで面白かったのですがこちら本来のスープの味が表に出ない仕様となったため今のこちらのラーメンの味を見る事が出来ませんでした。しかしこの時、翌日まで芳醇な魚介の後口が残ったので以前頂いた時からスープが格段の進歩をした事を予感しておりました。
f0088954_18315079.jpg

 と言う事で大翔ラーメンです。3年前に比べると白髪ネギが省略された以外は特に大きな変更はないように見えます。でスープを一口。やはり思った通り特に魚介系の部分が劇的に進化しているようです。関東系のガツン魚介とはひと味違い深い味わいの一品。細めの麺もこの辺りでは少数派でしょうか。麺上げのタイミングも絶妙の様でしっかりした歯ごたえの素晴らしい出来です。大将にお聞きしてみると基本的な材料は開業当初と変えていないそうですが、炊き方など少しずつ改善させてこられたそうで常に前向きの姿勢がうかがえる進化した一品となっています。
f0088954_18321198.jpg

 こちらは連れの頂いた煮干しつけ麺。(チャーシュー、海苔増し)こちらもリリース直後ぐらい一度頂いた事がありますが、当時の印象としては正直、煮干しがもう少し前面に出ればさらに良いのにと言う程度でした。今回はスープのみ少し試食させて頂きましたが、この進化はなんでしょうか?口に含むなり煮干しの風味が口の中で暴れる。文句なしの煮干しスープです。煮干し好きにはたまらない一品となっています。この煮干しスープはラーメンとは別系統で煮干し専用だそうですが、個人的にはこのスープをベースにしたラーメンを是非頂いてみたい物だと感じました。実現したら東京の伊藤や弘前の煮干し銀鱗系ラーメンに匹敵するニボラー仕様ラーメンになるかも知れません。
[PR]

by emozione | 2014-03-25 13:00 | 松江市内

今年二度目の征服会議@大翔

f0088954_0431463.jpg

f0088954_043433.jpg

f0088954_0435375.jpg

f0088954_0441340.jpg

f0088954_0443626.jpg

f0088954_0444696.jpg

f0088954_0445834.jpg

 今年2回目の世界征服会議です。今回は殿町の大翔さんで開催されました。今回は先日私のアップしたソースラーメンの話で盛り上がりその反動で〆のラーメンとして大翔さんのラーメンとソース味のとんてきをコラボさせて大翔風とんてきソースラーメンを無理言って作って頂きました。本物の船橋ソースラーメンに比べて大翔風の方がスープのベースがよっぽどしっかりしているので本物を寄せ付けない旨さでしたが、やはり全体としては普通にラーメンを食べた方が宜しいのかと思われました。しかし、これを見て挑戦してみたいという強者がおられましたら1400円ぐらいで提供出来るそうなので挑戦者をお待ちしております。
 大翔さんにはここの所しばらく出かけていなかったのですが、翌日あんな無茶な作り方のラーメンだったにも関わらず口の中に芳醇な魚介の風味が残っていました。恐らくスープがかなりの進化を遂げているのではないかと感じました。一度、ちゃんとラーメンを食べに伺わなければならないと思っています。
[PR]

by emozione | 2014-03-17 19:00 | 分類外

船橋ソースラーメンのカップ麺

f0088954_13204757.jpg

 先日千葉で実食した船橋ソースラーメンですが、カップ麺が出ている様なので早速ファミマで購入致しました。
f0088954_1321591.jpg

 船橋ソースラーメンはかつて駅前にあった「花蝶」という店が元祖と言われその源流を汲む店が現在船橋に3店あるとされています。先日お邪魔をした「浜町一番」の他に船橋市本町の「大輦」と「利平」がその3店ですが、それぞれ独自の特徴があるようです。今回頂いたカップ麺はキャベツ、肉玉、と紅ショウガが特徴ですが、3店のうち紅ショウガが乗るのは「大輦」のみの様なのでモデルは「大輦」という事なんでしょうか?食べてみるとカップ麺の方がずっとラーメンらしく万人に美味しいと思える仕様になっているようです。船橋ソースラーメンって何だ?って言う方には千葉まで行かずに「こんな感じ」という疑似体験が手軽に出来るという点ではなかなか面白いのではないでしょうか。
[PR]

by emozione | 2014-03-12 12:00 | 分類外

ライトハウス@隠岐空港

f0088954_93832.jpg

f0088954_9381580.jpg

 隠岐空港内にある軽食堂です。空港内の食堂と言う事でほぼ空港利用の客専用と思いきや出雲便、大阪1便の出発後で大阪2便の出発2時間前という中途半端な時間にも関わらずほぼ満席状態。地元の方の平時利用もそこそこあるようです。
f0088954_9385883.jpg

 ラーメン、チャーハン、ニラ玉のような中華メニューからカレー、オムライスといった洋食メニューまで色々頂けるようですが、ここはなんと言ってもチャンポンが売りなのです。
f0088954_9393022.jpg

 と言う事でチャンポン800円です。こちらもいわゆる山陰チャンポンではなく九州系の本物のチャンポン。野菜、蒲鉾、ちくわ、魚介、肉と沢山の具材に白濁スープでなかなか本格的です。周りの方々も殆どの方がチャンポンのオーダーでした。なぜここの目玉がチャンポンなのかというと、実はここのオーナーさんは以前フェリーポート近くのチャンポンの名店「味太郎」におられたとか。ここの味を受け継いでこちらに開店されたと言う事で地元では「味太郎より味太郎らしい」と言われているとかいないとか・・・。車がなければなかなか行きづらい場所ではありますが、隠岐空港利用の利用の際には是非一度お立ち寄りあれ。と言いつつ、この日はフェリーポートまで戻り船で帰還したのでありました。
[PR]

by emozione | 2014-03-02 11:00 | 隠岐の島