<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サカエヤミルクホール@神田

f0088954_9115942.jpg

 かねてよりずっと行きたかったこちらのお店。東京神田のサカエヤミルクホールです。以前福寿@笹塚の記事でも触れましたが恐らく東京でも5本の指に入る歴史がある老舗です。店内は残念ながら改装されていますが外観は1945年創業時のままを伝える圧巻の出で立ちで立ち並ぶビルの谷間にポツンと昭和の景色が取り残されています。
f0088954_9121114.jpg

f0088954_9122133.jpg

 やや建て付けが悪くなって開けづらくなった引き戸を開けて入店。メニューを確認。カレーラーメン、タンメン等ありますがここはやはりデフォのラーメンで勝負です。
f0088954_9123539.jpg

 昔ながらの東京ラーメンそのままの出で立ちのラーメンです。黒っぽい醤油スープにメンマ、小さめで厚めのチャーシュー、ネギ、小松菜のトッピング。何の変哲もないオーソドックスな風体ですが、スープには何か独特の香り、旨味があって飽きを感じさせません。何の旨味でしょうか?油?また食べたくなる味ですね。ごちそうさまでした。
[PR]

by emozione | 2014-02-24 11:00 | 関東

浜町一番@船橋

f0088954_1284070.jpg

 全国各地にご当地ラーメンが存在しそれぞれ特徴のあるラーメンを提供していますが、その中では比較的マイナーな存在で有りながら他にない個性を持ったラーメンがあります。ソースラーメンもそんなラーメンの一つと言えます。ソースラーメンはかつて船橋の駅前にあった「花蝶」という店を起源とし文字通りウスターソースをベースとしたあまり他に例を見ないラーメンですが、その源流を汲む店としては現在3店舗が確認されているようです。その中の一店「浜町一番」にやってきました。
f0088954_1285084.jpg

 どことなく昭和の風情が漂う船橋ファミリータウンの一角にある昔ながらの地域密着型中華食堂と言った風情の店です。入店時他に誰もいたかったので着席して壁に貼られたメニューを確認。ありました、ソースラーメン650円とあります。迷うことなく注文です。
f0088954_1291185.jpg

 待つことしばし、できあがったソースラーメン。タップリのキャベツと薄切りの豚バラ肉をまず炒めそれにスープを足しウスターソースで仕上げた物で麺は加水率高めの中細麺。プルンとした食感が特徴です。誤解を恐れずに言ってみればウスターソースそのものの味をお湯でまえたような味わいですが薄まることによってウスターソースの香辛料成分が逆に際立つのとキャベツからの甘みがそれに加味されることによって端から見るとあり得ない様なこの食べ物が一つの創造物として成り立っている何とも不思議なラーメンです。どちらかと言えば焼きそばをスープで延ばしたと言った方が近いのかも知れませんが、これがラーメンとして成り立っているのには恐れ入ります。青森県黒石市につゆ焼きそばなる食べ物がありますがこちらはまだ頂いた事は無いのですが、焼きそばに和出汁をかけた物と言う事で機会があれば比較のためにも一度頂いてみたい物です。
[PR]

by emozione | 2014-02-23 12:30 | 関東

ラーメン長山@鶯谷

f0088954_2353983.jpg

 今冬就航したLCCを利用して東京に。夕方成田着なので東京に移動した頃にはすっかり夜、主だった店はもう閉店の時間なので宿近くのこちらに。
鶯谷ではちょっと知られた長山さんです。
f0088954_23532428.jpg

 券売機式カウンターのみの店内、ラーメンは細麺と太麺を選択できるので太麺をセレクト。
f0088954_23533999.jpg

 一見、ほうれん草抜きの家系のような風貌のラーメンです。スープは鶏とんこつと言う事でコラーゲンがまとわりつくようなこってりさ。動物系ががっちりのしっかり目の味です。見た目に違わず味的にも家系に近いように感じます。無休で深夜12時までやっているので上野近辺で夜に行く場所に困った時は重宝しそうです。
[PR]

by emozione | 2014-02-21 23:30 | 関東

ぴのきお@真庭市

f0088954_10475863.jpg

中国山地の山中、岡山県北にある小さな町勝山。そこから北にしばらく向かった景勝地、神庭の滝の入口付近にある喫茶店です。外壁を蔦が覆い鬱蒼としたその雰囲気は入るのに少しだけ勇気を要求します。
f0088954_10483499.jpg

何も知らずにたまたまこの喫茶店に入ったのなら、メニューのトップにラーメンがあるのを見て少し違和感を感じるかも知れません。「あれ、ここは喫茶店じゃないのかな?」と。
f0088954_1049930.jpg

塩ラーメン
f0088954_10493682.jpg

醤油ラーメン

もしも折角ラーメンがあるならと取りあえず頼んでみたとします。どうでしょう、その驚きは恐らく半端なかったんじゃないでしょうか。
実際にはある程度の情報を持ってこちらに来たので予想はしていましたが、確かにこのラーメン、喫茶店のレベルじゃないですね。系統としてはかつて清輝橋にあった商人に近いように思います。もちろんあそこまでのパンチを期待してはいけませんが、これが専門店ではなく山奥の喫茶店(レストラン?)で出されていると考えると驚きです。
f0088954_1050817.jpg

ラーメンだけじゃ惜しいのでついでにお好み焼きミックス。これも一見なんの変哲もないお好みですが、食べてみると・・・やはり喫茶店のレベルじゃない。お好み焼き専門店でもこんなフワトロでクリーミーなお好み焼きにお目にかかったことがない。ここのご主人(女性の方でした)ただ者じゃない・・のかも。
[PR]

by emozione | 2014-02-16 12:00 | 岡山県

天空@学園

f0088954_1118505.jpg

先日、征服会議でお邪魔した天空@学園です。このときはラーメンを食べることが出来なかったので再訪です。
入口の券売機でメニューの確認です。らー麺、つけ麺とも塩、醤油、豚の3系統があるようです。豚って豚骨?と思ったのですが大将に聞くとなんと以前にごん太で出されていた豚ラーメンのインスパイアだそうでこちらを頂く事にしました。
f0088954_111934.jpg

豚らー麺
f0088954_1119145.jpg

豚つけ麺(大盛り、岩のり別注)

豚らー麺。
ごん太の豚ラーメンは二郎にインスパイアされた強烈なスープを特徴としていましたが、その後を追う強い個性を持ったスープですね。ただ、ごん太のようなジャンクさはなく強烈な中に抑制の効いた繊細な味わいを持つ一品です。麺もごん太のような太麺ではなく中太麺、スープの個性の違いに合わせたセレクトでしょうか。ごん太にインスパイアされながらも独自の個性を持って仕上げた一品で大変美味しかったです。

大将によると、この少し前にかつてのだんだん家のご主人が来られて、何品か伝授して頂いたとのことで、それを元にしたメニューが登場するとの事。また楽しみが増えました。
[PR]

by emozione | 2014-02-15 20:30 | 松江市内