<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

麺屋無双@米子 ホルモンチゲラーメン

f0088954_16152.jpg

 二日連続で米子に参りました。この日は久しぶりに麺屋無双は。普通に牛骨ラーメンでもと思ったのですが、冬季限定、一日10食、国産牛ホルモン使用、ホルモンチゲラーメンと言う未食メニューがあったので急遽こちらを頂くことにしました。
f0088954_1612741.jpg

 ホルモンチゲラーメン(980円)です。鉄鍋?にグラグラと煮え立ったチゲラーメンは更に固形燃料で煮ながらの登場です。取り皿と煮詰まった際に薄める為のスープがセットになっています。
f0088954_1614491.jpg

 具材は、キムチ、豆腐、タマネギ、水菜、キャベツ、ニラ、糸唐辛子、国産牛ホルモンとかなりの具だくさんです。980円という価格もこれだけ具だくさんである事を考えれば決して割高では無い気がします。麺は乾麺のような食感のストレート麺で、高知の鍋焼きラーメンの麺に近い印象です。これだけグラグラ煮立った中でよく持ちこたえていて、この手のラーメンには良いセレクトをされていると思います。後でお聞きしたところによると、煮込み用の麺を色々と探し回って見つけた麺で半ば乾麺のような麺を使っているとの事でした。プラス200円で生卵、ネギ、ご飯のおじやセットが用意されていて、残ったスープでおじやセットを頂くのもなかなか旨そうでしたが、体型の都合でこの日は断念させて頂きました。
 後で店主と少しお話しさせて頂いたのですが、熱々グラグラでピリ辛で暖まる事この上ない一品ですが、固形燃料の勢いが思いの外強く、熱すぎてなかなかペースが上がらず、そうこうするうちに煮詰まってきて濃くなるので、その為に薄め用のスープが用意されてはいるのですが、そこまで煮る必要があるのか少し疑問を投げかけてみた所、おじやセットを熱々で食べてもらう為に固形燃料が必要とのことでした。チゲラーメンだけの場合はそのまま余熱で、おじやセットの注文があった時に固形燃料に点火と言う手もあるのかも知れません。
f0088954_1614745.jpg

 こちらは連れの牛骨ラーメン(600円)。今や麺屋無双の看板メニューになっているようです。

店名 麺屋 無双
TEL  0859-31-8681
住所 鳥取県米子市新開6-3-3 (地図)
営業時間 11:00~15:00
     17:00~22:00(L.O)
定休日 水曜日
駐車場 有
煙草 時間分煙 禁煙時間(11:00~15:00)
[PR]

by emozione | 2010-11-28 14:50 | 米子市内

麺処 三鈷峰@皆生 味玉らーめん

 こちらでも紹介されて、以前から狙っていた店ですが、ようやく行く事が出来ました。米子市皆生の麺処 三鈷峰です。事前情報によると鳥居式ラーメン塾の9期生で濃厚魚介系の鶏白湯スープとかなり興味深い内容。どんなラーメンがいただけるのか楽しみです。
f0088954_18512854.jpg

 メニューは濃厚鶏白湯魚介の「つけめん」、こってり鶏白湯魚介の「らーめん」、あっさり鰹節香る和風出汁の「和出汁らーめん」の三系統にそれぞれ量とトッピングのバリエーションです。つけめんにはプラス30円で1辛~3辛の辛つけめんオプションが加わります。
f0088954_18515372.jpg

 味玉らーめん(750円)です。特徴は何と言ってもこのスープでしょう。しっかり炊かれた鶏白湯ベースに濃厚な節系魚介と山陰では珍しい本格的関東ガツン系のダブルスープです。鶏、魚介に化調の旨味まで加わった「まさに旨味の三点倒立やぁ~!」てな感じのスープだけに、好みもはっきり分かれるかも知れません。ちなみに私は結構好みです。
f0088954_18523037.jpg

f0088954_18524681.jpg

 こちらは、つけめん(700円)+チャーシュー(250円)。実食していないので画像だけです。しかし、チャーシューは250円と高額だけあって、分厚くて旨そうですね。

店名 麺処 三鈷峰 (サンコホウ)
TEL 0859-34-6008
住所 鳥取県米子市皆生温泉4-1-20 (地図)
営業時間 11:30~14:30(L.O) 17:30~20:00(L.O)
定休日 水曜日
席数 10席 (カウンターのみ)
駐車場 有(店舗横に5台分)
煙草  分煙
[PR]

by emozione | 2010-11-27 19:40 | 米子市内

金久右衛門@深江橋 黒醤油ラーメン

f0088954_1250482.jpg

 大阪遠征最終日、深江橋の有名店、金久右衛門に参りました。ここから南に約1kmの所に高井田というバス停があります。そのすぐ近くに古くから営業する2つのラーメン店があります。「光洋軒」と「住吉」、関西では珍しい濃口醤油を使った鶏ガラ系スープに、これも元々の関西では珍しかった極太ストレート麺という、一見関東系?と思えるような特徴を持つ、高井田系と呼ばれる中華そばを提供するグループの元祖として知られる2店です。この系譜を酌む店としては現在、東大阪の「若松」、玉津の「源さん」、何店かの支店を展開する生野の「麺屋7.5Hz」などが知られています。庶民的、下町的な味を信条とする高井戸系中華そばですが、それを現代風に洗練されたイメージにアレンジしたネオ高井戸系として認知されているのがこの金久右衛門です。
f0088954_12505561.jpg

 基本のメニューは、魚介を使わない醤油ラーメンのシリーズでは、薄口醤油ベースの「金醤油ラーメン」、薄口濃口ブレンドの「紅醤油ラーメン」、濃口醤油ベースの「黒醤油ラーメン」、黒醤油の発展系でイカワタや海老の風味を加えた「大阪ブラック」、更に大阪ブラックにカキやアサリの煮干しを加えた「なにわブラック」、そして創作系の「柚子風味で少しピリ辛の野菜ラーメン」です。滅多に来る頃が出来る店ではないので、ブラック系と黒醤油で大いに迷ったのですが、メニューの裏側に大阪ブラックの持ち帰りメニューがあったので、ここでは「黒醤油ラーメン」を太麺+煮玉子で、そして「大阪ブラック」太麺を持ち帰りと致しました。
f0088954_12505693.jpg

 黒醤油ラーメン(650円)+煮玉子(50円)です。煮玉子の50円は破格ですね。外観は圧巻の黒光りしたスープにチャーシュー、メンマ、ネギとトッピングの煮玉子と言った出で立ちです。これだけ黒いと、さぞかし塩っぱいイメージを持っていただいたのですが、以外に塩分すっきりで魚介系がない分余計に醤油がストレートに伝わります。旨味以外の渋みや雑味も含めて前面に醤油が香るスープです。この醤油、実は島根県浜田市のマルハマ食品製だそうで、こんな所で地元県産品が活躍しているのは嬉しい限りです。
f0088954_125057100.jpg

 こちらは持ち帰りの「大阪ブラック」(700円)。黒醤油にイカワタや海老などの風味を加えたとスープです。イカワタはラーメンではあまり馴染みのない素材ですが、確かに仄かに節系ではない魚介の風味を感じますが、あまり強烈ではなくあくまで醤油の旨味を支える程度になっています。店出食べるのと家で食べるのの違いもあるかも知れませんが、個人的にはより醤油がストレートに伝わる黒醤油の方がラーメンとして面白い気がしました。

店名 金久右衛門
TEL 06-6975-8018
住所 大阪府大阪市東成区深江北3-2-8(地図)
営業時間 11:00~15:00 [土]11:00~16:00
定休日 日曜・祝日
席数 18席 (奥に8席程の座敷有り)
駐車場 無
禁煙・喫煙 完全禁煙
ホームページ http://www.king-emon.jp/
[PR]

by emozione | 2010-11-22 11:20 | 関西

金龍ラーメン 道頓堀店 ラーメン

f0088954_22244972.jpg

 大阪遠征最終夜、夕食は炉端でビールだった為、そのまま就寝・・・とも思ったのですが折角なので真夜中の街に飛び出し24時間営業のこちらに突撃です。誰もが知ってる「金龍ラーメン」道頓堀店。ど派手な龍のオブジェと台湾屋台風のアウトドアな雰囲気が、観光のお上りさん達を魅了する一方、ラーメンフリーク達からはあまり見向きされる事のない大阪ジャンクラーメンの極みと言った所でしょうか。実に20年ぶりぐらいの訪問となります。
 この金龍ラーメン、実は難波近辺に5店舗が存在し、店舗によってご飯があったり無かったりの違いがあるようです。そしてそのうち本店を含む3店舗が道頓堀筋に集中しています。ちなみに、こちら道頓堀店はご飯無しなのでご飯が必要な人はお隣の本店に行かれると良いでしょう。
f0088954_22245264.jpg

 都会では当たり前の食券制です。メニューはラーメンとチャーシューメンですが、日本語の他に英語、中国語、ハングル語のボタンもある所はインターナショナルですね。何語にするか迷った末、日本語のラーメンを選択です。
f0088954_2224549.jpg

 流石にこの時間という事で他に客は誰も居ません。お兄さんに食券を渡して縁台にちゃぶ台が乗った座席で待つ事しばし、ラーメン(600円)の出来上がりです。カウンターにある入れ放題のキムチ、ニラ、ニンニクを入れてから座席にと言う事のなのですが、今回ニンニクだけは遠慮しておきました。
 外見は一見濃厚そうな豚骨スープですが、タレのテイストはライトで、そのままだと飲みの〆向きの塩梅になっています。このラーメンに関して言えば無料のニンニク、ニラ、キムチを思いっきりぶち込んで「なんぼのもん」と言った感じでしょうか。そんなラーメンですが20年前の印象そのままの変わらぬジャンキーさが何にも代え難い魅力なのかも知れません。
f0088954_22245688.jpg

 ラーメンを食べ終わった後道頓堀筋を歩いていると何やらクレーンを使った作業をしています。よく見ると、かの有名な「大タコ」の撤去作業のようです。そう言えばこの店、確か不法占拠で市から退去命令が出ていたはず。これが大タコ屋台の見納めかとシャッターを切ったのですが、後で報道をみると、この時は屋台が前に1m動いただけで本格的撤去はしばらく後の事12月16日になったようです。スクープなり損ね映像でした。

店名 金龍ラーメン 道頓堀店
TEL 06-6211-6202
住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-26(地図)
営業時間 24時間営業
定休日 無休
駐車場 無
[PR]

by emozione | 2010-11-22 02:50 | 関西

ラーメン人生JET@福島 煮干し塩ラーメン+半熟味付玉子

f0088954_1022778.jpg

 大阪遠征、続いては福島の人気店「ラーメン人生JET」です。かの有名店東成きんせいの2号店として2010年6月18日にオープンしたばかりの新店です。場所は大阪環状線福島駅から北に200m、阪神高速とJR東海道線の高架を超えた北側になります。大阪梅田から歩いても15分程の距離なので、十分射程圏内かと思われます。
f0088954_10221024.jpg

 現在の東成きんせいは以前に訪れた2008年7月からメニュー構成が変わってデフォのスープが鶏白湯で醤油、魚介醤油、塩、カレーの4系統と+つけ麺となっているようですが、こちらの2号店と言われるラーメン人生JETでは、更にスープの構成が異なり、ノーマル鶏ガラベースの和風醤油、煮干し塩、と鶏白湯ベースの鶏煮込みそば+つけ麺2種+汁無しという構成になっているようです。
 鶏煮込みに強く惹かれる物があったのですが、以前に東成きんせいでいただいている事と今回の大阪では出来るだけ塩系統をというコンセプトから今回は煮干し塩ラーメン+半熟味付玉子と致しました。
f0088954_102287.jpg

 煮干し塩ラーメン(780円)+半熟味付玉子(100円)です。黄金色のスープにネギ、メンマ、チャーシュー、海苔,貝割れ、クコの実?、とトッピングの煮玉子、麺はやや平打ちのストレート細麺です。一言で言うと動物主体のスープで、纏わり付くような鶏油の香りが全体を支配していてそれを魚介がフォローするタイプとなっています。細めのストレート麺は、普段スープの持ち上げがいまいちな感じがあって、どちらかと言えば個人的には余り嬉しくないタイプなのですが、このスープは十分濃厚で持ち上がりが良い為この麺とジャストフィットな感じでした。食べていて、ふと「塩や@松江」の良くできた時のノーマルバージョンが思い浮かぶラーメンでした。食べ終わった後もしばらく口の中を鶏油の余韻が残る大変満足な一杯でした。


店名 ラーメン人生JET
TEL 06-6345-7855
住所 大阪府大阪市福島区福島7-12-2(地図)
営業時間 11:00~15:00 18:00~24:30(売切れ次第閉店)
定休日 年中無休
席数 18席
駐車場 無(近くにコインパーキングあり)
禁煙・喫煙 完全禁煙
ホームページ http://ramendb.supleks.jp/shop/28147
[PR]

by emozione | 2010-11-21 11:10 | 関西

大吾郎商店@福島(大淀中) 塩らーめん+煮玉子

f0088954_1129306.jpg

 JR大阪駅から貨物基地の地下を通ってスカイビルの下を抜け、細かい路地をくねくねと西に向かう事20分、大淀の人気店「大吾郎商店」に到着です。お昼時とあって到着時店の前には5人ほどの列、しばし並んでの入店となりました。
f0088954_11293372.jpg

 らーめんは塩、醤油、豚骨の3系統、つけめんは、ひやあつ、塩つけめん、豚骨つけめんの3系統とトッピングバリエーションというメニュー構成になっています。今回の大阪遠征は基本塩で押してみるべく、塩らーめん煮玉子トッピングでオーダーと致しました。
f0088954_11293654.jpg

 塩らーめん(650円)+煮玉子(100円)です。色の薄いストレートの細麺、海苔、メンマ、鶏チャーシュー、豚チャーシューと澄んだ塩スープという構成です。スープは魚介が前面に出る和風スープですが、この出汁の取り方は、いかにも関西的で、関東風のガツンとは一線を画する味わい。言葉では言い表しづらいので興味のある方は是非一度ご賞味あれ。

店名 大吾郎商店
TEL 06-6458-5236
住所 大阪府大阪市北区大淀中4-15-15 (地図)
営業時間 11:30~13:30 18:00~22:00
定休日 日曜(祝日は昼のみ営業)
席数 16席
駐車場 無
[PR]

by emozione | 2010-11-20 12:30 | 関西

小洞天@難波千日前 ワンタン麺

f0088954_11162036.jpg

 翌日からの大阪遠征に備えて前日のこの日から大阪入りです。遅くからの時間だったので宿舎近くで深夜営業のこちら「小洞天」へ。場所は千日前通りから北へ2本の路地、スナックなどの飲食店が入る千寿ビルの1階です。よく見ると通りから看板が見えますが少し分かりにくい場所になります。
f0088954_11162079.jpg

 ラーメンと餃子のシンプルなメニュー構成ですが、その中でワンタンの文字が光ります。関西でもワンタン麺を提供する店は少なくなっているようで希少な存在と言えるかも知れません。と言う事で迷わずワンタン麺をオーダーです。
f0088954_11162180.jpg

 ワンタン麺(750円)です。綺麗に済んだ清湯スープはあっさりとした鶏ガラベースの塩味で化学的ながらも十分な旨味が感じられます。具材はネギ、モヤシ、チャーシュー、ごまにワンタン。ワンタンには仄かなニンニクの風味があり淡泊なスープにメリハリを与えています。ラーメンを食べるぞと意気込んで食べるには不向きかも知れませんが、飲みの〆としてしては申し分ない作りです。今回はいただいていませんが、こちらは餃子も定評があるようで餃子をつまみにビールを一杯、〆にはこのラーメンなんてのも乙な物かも知れません。  

店名 小洞天
TEL 06-6213-1623
住所 大阪府大阪市中央区千日前1-6-10 千寿ビル1F (地図)
営業時間 18:00~26:50
定休日 日曜日・祭日
[PR]

by emozione | 2010-11-19 23:40 | 関西

ラーメンごん太@学園 辛味つけ麺&営業時間変更

f0088954_16412092.jpg

 数日前前を通りかかった所営業中の看板が出ていたような気がして、夜だったのですが確認に参りました。せっかくなので未食だった辛味つけ麺(680円)をオーダーです。唐辛子だけではない複雑なピリ辛で花椒か何か使われているんでしょうか。思った以上に手の込んだピリ辛でなかなかいけますね。ともあれ、これで一応ここの基本メニューは制覇となりました。で、昼の営業ですが、結論昼の営業を開始したそうです。ただし火曜日は夜のみなのでご注意!詳細時間は下記参照です。
f0088954_16412078.jpg

 こちらは豚ラーメン(600円)ですが、前回と比べるとチャーシューの部位が変わっているようです。以前はややパサッとしたチャーシューでしたがジューシーな物に仕様変更のようです。世間的に二郎方面のジャンクなラーメンとして定着しつつあって、次第に人気も上がってきているようですが、いつも思うのですが、ここのご主事は大変几帳面なのか、ジャンクなラーメンを懇切丁寧に作るギャップが面白いですね。例えばチャーシューにしても毎回バーナーで熱してトッピングしたり、つけ麺の麺はダマにならないように皿に盛ってからスープをかけてほぐしてから提供されます。時間もきっちりで、じれったいぐらい手数を加えてから提供されるので、それ相当の待ち時間があります。几帳面に作られたジャンクラーメンって、でも結構これが有りなんですね。

営業時間変更 ※昼の営業が始まりました
水曜~日曜 昼11:30~14:30 夜18:00~22:00
火曜日 夜のみ 18:00~22:00
定休日 月曜日
[PR]

by emozione | 2010-11-09 21:40 | 松江市内

二代目光福@高知市 美肌すっぽん鍋焼ラーメン

f0088954_1633419.jpg

 この日はフラッと高知市に。龍馬伝も大詰めでさぞかし市内も賑わっていることと思いきや、折からの雨天のせいもあってかさほどの混雑でもありません。せっかく高知に来たのでお昼は高知らしい物をと言うことでこちらを選択です。
 市内ではちょっと知られたすっぽん鍋焼きラーメンの店、二代目光福です。ちなみに初代は六泉寺町に、三代目は追手筋にあるようです。こちらははりまや橋交差点から南へ2辻西へ1辻の交差点角、駐車場はありませんが近隣にコインパーキングなどがあるようです。
f0088954_1633824.jpg

 デフォルトの美肌すっぽん鍋焼ラーメンの他にもトマトやポン酢など色々なバージョンがあるようですが中でも魔女たちの鍋焼きラーメンと称したバージョンではコラーゲン+しじみの効果でより美肌アップ効果があるという某テレビ番組の内容に因んで、宍道湖産のしじみを使用しているとの事でした。しかし、高知まで来て宍道湖産も何なので今回はデフォルトの美肌スッポン鍋焼ラーメンをチョイスいたしました。
f0088954_16331292.jpg

 美肌すっぽん鍋焼ラーメン、平日980円の所、日祭祝日はなんと半額の490円だそうです。土鍋に済んだスープ、ネギ、竹輪、温泉玉子、麺は固めのストレート細麺と、見た目はまゆみの店の時に書いた須崎の鍋焼きラーメンの形式を踏襲しているように見えます。
f0088954_1637514.jpg

 これに、付属の牛のコラーゲンと四万十の青のりを投入して頂きます。スープはスッポンベースとの事ですがあっさりして癖がなく、時々プルンとしたコラーゲンの食感が楽しいですね。日祝限定とは言いこれがワンコインとは大変お値打ちではないでしょうか。高知らしさと言う面でもお勧めの一杯です。
f0088954_1637280.jpg

 こちらは、美肌すっぽんつけ麺、1200円→690円です。麺は鍋焼きの物よりやや太めの麺で釜揚げのように湯に浸かった状態で提供されます。こちらのスープはつけ麺向きに醤油と魚介で調整されているようです。こちらもやはりコラーゲンと青のりを投入していただきます。後でご飯をスープに投入してもグッドかも知れません。
f0088954_16372277.jpg

 スッポンの唐揚げ。臭味や癖は一切無くプルンとした食感が心地良いです。店長のお勧めでラーメンに投入してみましたが旨かった。
f0088954_16372431.jpg

 こちらは餃子。これが意外といけました。
f0088954_16372782.jpg

 魔女たちのドリンク、と言う名前の生き血のドリンク。甘いカクテルのようなアレンジがされていて驚くほど臭味がなくフルーティーな味でした。

店名 二代目光福 元祖美肌鍋焼きラーメン
TEL 088-824-8588
住所 高知県高知市南はりまや町1-3-17 恒石ビル1F (地図)
営業時間  11:30~21:00
定休日 火曜
[PR]

by emozione | 2010-11-07 12:15 | 四国