<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ラーメンごん太@松江市学園 再訪

f0088954_23221382.jpg

ラーメンごん太、7月1日以来、たれ込み情報を受けての再訪です。夕方通りすがりに覗いてみると、ほぼ一杯に近い客入りで一端そのまま通り過ぎました。しばらく時間をあけて再訪してみると丁度先客が切れたようで無事に入店しましたが、少しずつ顧客が増えているようで何よりです。
f0088954_23233023.jpg

さて、メニューですが、情報通り「ラーメン」は「豚ラーメン」になっています。その他のメニューに変更はないようですが、「ラーメン」と「つけ麺」を購入です。大将にお聞きすると、どうやら完全に仕様変更したようで、「二郎系ですか」と尋ねると「はい」との事。進言が良い方向に生きていればよいのですが、少し心配しながら待つ事にします。
f0088954_2323427.jpg

f0088954_23232269.jpg

まずは「つけ麺」(650円)。もちっとした太麺は健在、しかし「つけだれ」は前回とは全くの別物です。豚の香りが表に立ちそれを魚介系の旨味が支える動物系主体のつけだれで、ニンニクの風味と、ほのかな柚子と唐辛子の香りがアクセントになっています。前回の物と比べると、完全に吹っ切れた感じの、迷いのない味に感じました。魚介系主体のつけ麺が多い中、それとは一線を画するタイプのつけ麺でこれは面白いのではないでしょうか。
f0088954_23233913.jpg

そして、「豚ラーメン」(600円)。こちらは更に吹っ飛んでいます。魚介の香りは一切無し、文字通り豚が前面に出たスープで、これをかなり強烈なニンニクがサポートしています。全体に少し、しょっぱい気もしますが全く迷いのないスープです。全粒粉麺を思わせるような色合いの関東風極太麺はこれ自体かなり強いインパクトを持った麺ですがスープのキャラはこれを完全に凌駕しています。トッピングの茹でキャベツは一服の清涼剤として働きます。この辺りでは恐らく他に類を見ないタイプのラーメンでここならではの個性があってなかなか宜しいのではないでしょうか。進言が良い方向に働いているようで安心いたしました。私はまだ二郎に行った事がないので、これが二郎をインスパイアしているのか分かりませんが、もしそうだとすれば、よく言われるように中毒性があるとか入口で黒烏龍茶を買って入るとか言う逸話が分かる気がします。近いうちに、本家の二郎を探訪してみたくなりました。

店名 ラーメンごん太
TEL ?
住所 島根県松江市学園2-9-3
営業時間 18:00頃~22:00頃まで
定休日 月曜日
駐車場 2~3台 

f0088954_1955194.jpg


[PR]

by emozione | 2010-07-20 20:00 | 松江市内

回転寿司「若丸」@田和山 特製(牛骨)ラーメン

f0088954_2383817.jpg

回転寿司のお店ですが番外編ではありません。松江市田和山町の回転寿司「若丸」です。回転寿司店でラーメンを提供する店は多々ありますが、業務用食材でお茶を濁す場合が多いように思います。しかし、こちらではちゃんと自前で牛骨スープを炊いて本格的牛骨ラーメンを提供するとの事です。
f0088954_2384952.jpg

実は隣の焼肉店「黒べこ」と同一経営。厨房も供用になっています。元々、牛骨ラーメンは「黒べこ」の側で提供されていた物を「若丸」でミニラーメンとして提供していたようですが、平日限定のランチメニューに昇格となり、現在は夜でも要望があれば提供するようになったとの事です
f0088954_2385230.jpg

若丸で提供されるラーメンについては、入口の看板に「特製ラーメン」とありますが、中のメニューには記載がないようです。525円はかなりお手頃価格かと思われます。
f0088954_2385549.jpg

特製ラーメン(525円)です。澄んだ黄金色のスープにモヤシ、ネギ、メンマ、チャーシュー、蒲鉾のトッピングです。問題のスープですが一口含むと一面にヘットの香りが広がります。相当しっかりした牛骨ベースです。どちらかと言えばオールドスタイルの鳥取牛骨ラーメンに近い風情です。麺は中細のウェーブでほぐしが十分でない所も鳥取流でしょうか。やや旨味調味料が強い感じがしますが、逆にこの手の濃厚な旨味は松江人向きかも知れません。鳥取牛骨ラーメンの西側の境界を書き換えかねない本格牛骨ラーメンですが、どうやら出雲にも牛骨の店があるような雰囲気なのでこれにつては大御所にお任せする事に致しましょう。

店名 回転寿司 大とろ一番 若丸
TEL 0852-59-5858
住所 島根県松江市田和山町19
営業時間 11:00~22:00
定休日 年中無休

f0088954_1955194.jpg

[PR]

by emozione | 2010-07-12 21:00 | 松江市内

ゆめや松江北田町店 新作 鳥取カレーラーメン

f0088954_17141947.jpg

鳥取の女子高生が課題授業の中で地元のラーメン専門店「ゆめや」と共同で開発した「鳥取カレーラーメン」が先日リリースされました。鳥取と言えば「1世帯当たりのカレールー消費量日本一」の街としても知られ、カレーの街鳥取をアピールする狙いもあるようですが、そもそもカレーラーメンとはそんなに目新しいメニューではなく、北海道の苫小牧や新潟の三条市などで古くから地元の味として親しまれてきた物です。特に三条市は70年の歴史を有し市内に70店舗を超えるカレーラーメンの店が軒を並べる正にカレーラーメンの街で、市をあげてご当地B級グルメとして売り込みにも力を入れていたりします。そんな中で「鳥取カレーラーメン」が、ご当地メニューとしての独自色を出していけるかどうかが見物です。
f0088954_17143616.jpg

この日はチャリティと称し各支店持ち回りでなんと一食税込み100円での提供です。先着100名のイベントで遅い到着だった為ほぼ諦めていましたが、あまり大々的に宣伝をされていなかった事もあり幸運にも間に合う事が出来ました。
f0088954_17144654.jpg

鳥取カレーラーメン(100円:イベント限定)です。黄色く濁りのあるカレースープにもやし、白ネギ、味付け玉子のトッピング、麺は中細のウエーブ麺です。外観はやや彩りに欠けるでしょうか。緑色でもあるとより映えるように思います。スープはそこそこスパイシーなカレー粉を少しマイルドに仕上げた感じで少し魚介の風味もあります。100円だから、または女子高生が作ったから、褒める訳ではありませんが、以外と良くできたカレースープです。麺は少しほぐしが甘いのが気になります。これは鳥取ラーメンの傾向なのかも知れません。全体に少し小ぶりですがチャリティ仕様でしょうか。しかし、値段から考えれば十分価値ある一杯です。
f0088954_17145527.jpg

ちなみに、普段はこの値段での提供です。量が足りない人は締めのライス(105円)という手もあるようです。未体験ですが案外いけるかも知れません。

店名 らーめん専門店ゆめや 松江北田町店
TEL 0852-23-3133
住所 島根県松江市北田町153
営業時間 11:00~24:00 (ラストオーダー 23:30)
定休日  ?


[PR]

by emozione | 2010-07-09 13:30 | 松江市内

ラーメンごん太@松江市学園 新規オープン

f0088954_22403638.jpg

 松江市学園、ジャスコ菅田店裏のくにびき通り沿いに突如オープンした新店です。比較的よく通る道なのですが知らぬ間に看板が出来ていてオープンを注視していました。しかし、日中前を通りがかっても一向にオープンの気配がありません。それが、先日夕方前を通りかかると店に明かりが点り大勢の人がカウンターを取り囲んでいるのが垣間見えました。その後も日中は開いている気配がありませんが夕方以降になると明かりが点っているのを何度か確認して夕方からの営業だと分かりました。そこで夕方を見計らって突入です。
f0088954_22404577.jpg

 まず目に入るのは券売機。松江ではこの方式は他にないのではないでしょうか。以前に学園通りにあった金太郎という店が券売機制だった記憶していますが、正直松江の人にはあまりこの方式は受けが良くなかった記憶があります。それはさておき、メニューの確認です。ラーメンとつけ麺、辛味つけ麺の3種と大盛り、メンマ、チャーシュー(この日は品切れ)だけのシンプルな構成です。「ラーメン」と「つけ麺」を購入です。
f0088954_22405589.jpg

 ラーメン(600円)です。豚骨魚介系のようですが魚介は極めて控えめなセッティング、化調はそれを補う為の控えめな使用ですがそれなりの旨味はあります。少し白味噌のような甘みを感じます。チャーシューはその都度バーナーで炙って提供され少し焦げた香ばしさがあります。麺はこの辺りではあまり見かけない少しカンスイの強いタイプで手応えがあって良い麺だと思います。全体にあまり主張は強くない物の不満のないレベルと感じます。
f0088954_2241517.jpg

 つけ麺(650円)の麺と、
f0088954_22411484.jpg

 つけだれです。基本ラーメンとほぼ共通かと思われますが、麺は極太の関東風仕様で弾力が有ってなかなか良い麺です。
 他の客がいなかったので少し店長とお話をさせて頂きました。店長は県中部出身で東京の某店で働いておられたそうです。基本そちらの味を踏襲していると言う事のようですが、当初はこれよりしっかりした魚介を出していたそうです。しかし、試食会やその後に訪れた松江市民から「松江では魚介はダメ」と言われて極限まで魚介部分を落としたそうです。現在、かなり迷いながらのテイスティングをされているようで、現時点ではその迷いが味に現れてしまっているようです。一応、松江の現状として魚介を嫌う客が多い事は事実だが一部に強く魚介を求めるコアな層もいる事をお話ししました。しかし店長自身あまり魚介は得意でないようで一番の好みをお聞きすると、東京にいた頃は「二郎」に通っていたとか。それならいっその事「二郎」インスパイアを目指してみては、と進言させて頂きました。迷いがありながらもそれなりに良い物を持った店だと感じましたので今後も成り行きを見守りたいと思っています。

店名 ラーメンごん太
TEL ?
住所 島根県松江市学園2-9-3
営業時間 18:00頃~22:00頃まで
定休日 月曜日
駐車場 2~3台 

f0088954_1955194.jpg


[PR]

by emozione | 2010-07-01 19:00 | 松江市内

大翔@殿町 大翔らーめん&煮干しつけ麺

f0088954_22333180.jpg

 5月28日オープンの新店、実は2回目の来店となります。前回はデジカメを忘れた為レポートとしては初になります。既にこちらこちらで紹介されていますのでご存じの方が多いかと思いますが久々の期待の新店と言う事で楽しみな店です。
f0088954_22334457.jpg

 6月中はオープニングメニューとなっていましたが7月に入って正式なメニューに切り替えのようです。一番のニュースとしては煮干しつけ麺が新たにリリースされた事。今回はデフォルトの「大翔らーめん」と「煮干しつけ麺」をいただく事にします。
f0088954_2234188.jpg

 大翔らーめん(並:600円)です。ネギ、白髪ネギ、メンマ、チャーシューと半熟煮玉子が半分乗ります。スープは鶏ガラ魚介醤油系、一口飲むと以前どこかで経験した味に似ている?よく思い出せないのですがだんだん家@春日の初期の頃だったかも知れません。無化調だそうですが魚介の旨味もよく出ていてなかなか良いのではないでしょうか。2回目の訪問ですが前回より今回の方が出来が良いように思います。少し残念なのは麺でしょうか。麺自体は良いと思うのですがほんの僅かに時間オーバーしている気がします。出来上がりから配膳までの時間も含めてほんの少しだけ麺上げのタイミングが早い方が良いのではないかと思います。
f0088954_22341311.jpg

 こちらは煮干しつけ麺の麺と。
f0088954_22342669.jpg

スープです。麺は全粒粉を思わせるような茶褐色がかった太麺でそれなりの歯ごたえもあって良いと思いますが、こちらも少しタイムオーバー気味に感じました。問題のつけだれですが、題名通りの煮干したっぷりスープを期待したのですが、実際食べてみると想像したより甘味と酸味と油分を多く感じます。時々来る酸味はレモン系で、沈んだ魚の身に着いているようです。恐らくレモン風味に味付けされた魚が使用されていると思いますが、私が酒の肴によく食べるいわしレモン煮を想像してしまいました。このレモン味のキャラが強く前面に出るので、若干「煮干し」に勝ってしまっている様にも思えます。個人的にはもう少し甘味、酸味を抑えめにして、もっと煮干しが前面に出る方が好みですが、何と言ってもまだ出来上がったばかりのメニューです。調整途上の面もあろうかと思いますので、是非今後に期待したいと思います。

店名 大翔
TEL 0852-23-2117
住所 島根県松江市殿町333-4
営業時間 11:00~14:30 17:30~22:00
定休日 水曜日
駐車場 2台 (カフェ浪漫横)


[PR]

by emozione | 2010-07-01 12:50 | 松江市内