<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

福寿@笹塚 東京ノスタルジックラーメン

f0088954_22372777.jpg

 日本最古のラーメン店はいったいどこだったのでしょう。かつては1910年創業、東京浅草にある「来々軒」と言う店が始めたラーメンが日本最古と言われてきましたが、現在は北海道函館にあった中華料理店「養和軒」が1884年に新聞広告を出した「南京そば」が日本最古のラーメンの記録ではないかと言われています。残念ながら両店ともすでに無くなっていますが「来々軒」については移転や代替わりをしながらも平成6年まで現存していたそうです。一方、現存する最古の店は1912年創業、兵庫県尼崎市の「大貫本店」と言われています。これも、以前にご紹介した福島県須賀川市の「かまや食堂」が創業150年と言われていますので店自体の歴史からするとこちらの方が古いのかも知れません。ただ、「かまや食堂」は元々そば屋が土台でラーメンの提供は3代目から、と言う事でランキングから除外されているのかも知れません。東京に限って言えば、某番組調べでは最古が1914年創業の「新川大勝軒飯店」、2番目が1929年創業の1966年東銀座「萬福」、3番目が1945年創業の「栄屋ミルクホール 」、4番目が1966年創業の神田神保町「伊峡」だったそうですが、調べてみると1916年創業の「こんどう軒@日本橋」、1924年創業の「大勝軒@馬喰横山」、1931年創業の「春木屋@荻窪」、1931年創業「日本橋たいめいけん」、1945年創業の「田丸@目黒」など他にも老舗がありそうです。
 それでは建物としての古さはどうでしょうか。明らかに建て替えている物を除いて、確認が取れない物も含めて下にまとめてみました。

1924.大勝軒(東京・馬喰横山)恐らく建て替え
1933.大勝軒(東京・三越前)昭和32年建て替え
1938.ホープ軒本舗(東京・吉祥寺)不明
1945.栄屋ミルクホール(東京・神田)店内のみ改装
1947.漢珍亭(東京・荻窪)不明
1947.丸長(東京・荻窪)不明
1948.若月(東京・新宿)恐らく現存

と言う事は1951年創業の「福寿@笹塚」は現存するラーメン店の建物としては最も古い部類に入ると言う事が分かります。
f0088954_22373946.jpg

 角を曲がって横手から見るとさらにその古さが際立っているのが分かります。
 さてこの店への訪問ですが実はかなり困難な問題を抱えていました。帰りの飛行機の時刻を考えると16時頃までに羽田空港に着いていなければならなかったのです。この店の営業時間は公称13:30~20:00となっているので笹塚から羽田まで1時間かかるとしても十分時間があるように思うのですが、実はこの店開店時間が大幅にずれ込む事で有名なのです。万一、開店時間が3時を過ぎるようなら(そのような事も珍しくないそうです)食べるのを断念しなければならないリスクがあります。しかし意を決して、この日はここ一食に絞って午前中は秋葉原で時間つぶしです。そして午後2時を目標に笹塚へ、駅を出て商店街十号坂商店街を北進して一番端の角にその店はありました。到着は1時50分頃、しかしやはり店は閉まっていました。辺りでしばらく時間を潰して待つ事しばし、しかし二時になっても一向に開く気配はありません。徐々に諦めムードが漂う中、ダメ元で店に電話をしてみました。すると「もうすぐ開けるから」の返事。更に待つ事10分程で店が開きました。何とか飛行機に間に合いそうです。
f0088954_2238693.jpg

 と言う事でこの日の一番客となりました。流石に東京最古級の店内は圧巻で、なんと麺茹でに使用されているのは今なお現役で働く「かまど」。かまどで炊くラーメンは「竹駒@花巻」以来です。奥の棚には何やら昭和のグッズが並んでいて雰囲気を盛り上げています。
f0088954_22375543.jpg

 メニュー(御品書)も趣があって良いですね。チャーシューが「チャシュウ」になっている所がたまりません。ラーメンの部とワンタンの部に分かれていますが、確かラーメン創世記の浅草「来々軒」もラーメンとワンタンを提供していたそうで、古い東京のラーメン店ではワンタンはポピュラーなメニューだったのかも知れません。普段、初訪問店では基本のメニューをいただくのですが、やはりここは歴史を考えても是非ワンタンを合わせていただいておきたいと考え「ワンタンメン」、にするべき所ですが、ついどうせなら玉子もと欲張ってしまった結果口に出してしまったメニューは「玉子ワンタン」。するとご主人が「玉子ワンタンはラーメンは入らないよ。ラーメンで玉子が入っているのは五目ラーメンだけだよ。」と言うので思わず「じゃあそれで」と頼んでしまいました。
f0088954_22381825.jpg

 結果出てきたのがこちらです。五目ラーメン(630円)。何と確かに玉子は入っていますが、肝心なワンタンは入っていないではありませんか。おまけにモヤシやらキクラゲやら余分な物が入っているではありませんか。これでは元々のラーメンの味を邪魔してしまうかも知れない、明らかにセレクトミスです。ワンタンメンにして置くんだった。しかし、もう後戻りできないのでこれをいただくことにします。食べてみると意外と具材がラーメンの邪魔をしていない事に一安心です。何よりも、甘辛い関東系の醤油の風味が洗練されていて少しの陳腐さも感じさせないスープはむしろ新鮮でさえ有ります。細めの縮れ麺も小気味よい歯ごたえで思わず心の中で一言「なかなかやるじゃん!」。瞬く間に完食でした。
f0088954_22382812.jpg

 完食のご褒美は丼の底に書かれた「日本一」の文字。なんだかこの時間勝負に勝ったような気分になりながら店を後にしたのでした。

店名 福寿 (ふくじゅ)
TEL 03-3377-2615
住所 東京都渋谷区笹塚3-19-1
営業時間 13:30~20:00
    (平日は15:00ごろになる可能性あり)
定休日 火曜日


[PR]

by emozione | 2010-05-31 14:10 | 関東

我流旨味ソバ 地雷源(Jiraigen)@中野本店

f0088954_22202350.jpg

 今回は東京ツン帰りであまり時間的余裕がない中、1泊目の夜はこちらを選択です。今年3月に方南町から中野に移転したばかりの我流旨味ソバ 地雷源 中野本店です。モダンな外観にネオンサインで「JIRAIGEN」の文字、ラーメン店というよりお洒落なショットバーを思わせます。1階はカウンターのみ11席、日曜の夜だった為か先客は一人でその先客もすぐに引けたので殆ど店内独り占めの状態でした。
f0088954_22205047.jpg

 右隅の扉を入ってすぐに券売機があります。次回があるかどうか分かりませんが、とりあえず今回は「我流旨味ソバ(醤油)」を選択です。カウンター席に着いて食券を渡します。スタッフの方の対応が大変丁寧なのは好感が持てます。
f0088954_22211110.jpg

 待つ事しばし、「我流旨味ソバ(醤油)」(750円)の登場です。綺麗に澄んだ醤油系スープにチャーシュー、メンマ、海苔、ネギが几帳面に配置されています。スープは抑制の効いた魚介醤油スープですが十分な旨味があります。香り油のせいか遠くで仄かな甘みを感じます。麺は東京では珍しく中細のストレート麺で猫も杓子も極太麺のなかで流行に流されない所にこの店の主張を感じます。メンマは独特の極太メンマで存在感があり、チャーシューはその都度炙りが入れてあるようでジューシーでもちっとしたボンレスハムのような食感です。こう言う細かい所に手がかかっている所は大変好感が持てます。外見とは裏腹に(?)奇抜な所が無く丁寧に地に足が付いたラーメンだと感じました。

店名 我流旨味ソバ 地雷源 中野本店
TEL 03-6304-8902
住所 東京都中野区中野2-28-8
営業時間 11:00~25:00
定休日 無休


[PR]

by emozione | 2010-05-30 22:00 | 関東

活力ラーメン花さか@学園

f0088954_2342739.jpg

 だんだん家@春日の閉店に松江のラーメン界が揺れていた頃、実はもう一店心配な店がありました。長期休業中だった花さか@学園です。「しばらくの間休業します。」との張り紙が貼られたまま恐らく1ヶ月以上だったと記憶していますが、もしかしたらこのまま再開がないのかと内心心配をしておりました。そこに店が開いていたとの情報があり早速行ってみました。
 実は久しぶりの来店になります。特に強い理由はないのですが、自分には少し量が重たいのと麺が好みより柔らかめなのと、それを行列してまでと言う気にあまりなれないのと・・・、とか言っている内に2006年12月ぶりの訪問となってしまいました。しかし、特に予告もなく再開したにもかかわらず店内に客は一杯でほぼ満席状態。その人気はたいした物だと思います。
f0088954_23423711.jpg

 メニューです。2006年12月のメニュー(下記参照)と比べて多少の値上げがあるようですが、許容の範囲ではないでしょうか。営業時間が以前はAM11:30~PM2:00、PM4:30~PM9:00だったのが現在は、月火木AM10:30~PM3:00、金土日AM11:30~PM2:00、PM4:30~PM9:00となっています。月火水の夜営業は無くなった?のでしょうか。
f0088954_23425990.jpg

※参考 2006年12月撮影のメニュー
f0088954_2344142.jpg

 久しぶりなので基本の醤油(670円)です。考えてみるとこちらで醤油をいただくのは初めてかも知れません。豚骨背脂、しじみ、モミジなどが使われたスープはベースにしっかりとした旨味を持っていますが、同時にそれを突き抜けた化調の旨味が来ます。どうも松江で支持されるラーメンは皆化調強めの傾向があるように思います。私自身はどちらかと言えば無化調偏重主義に辟易とする所があり旨ければどうでも良いのではないかと基本的には思っているのですが、どうやら最近年のせいかこの手のラーメンがキツくなってきているのも事実です。麺は従来通り十分に柔らかめで、これも個人的に許せる限界から半歩ほど外にはみ出している様に思うのですが、それでも何故か松江市民に広く愛される魔力を持っいたりする不思議なラーメンです。長期休業の理由は分かりませんが再開を喜ぶ松江市民も多いはず、末永く愛される店であって欲しい物だと思います。

店名 活力ラーメン花さか
TEL 0852-27-7689
住所 島根県松江市学園2丁目 33−13
営業時間 月火木AM10:30~PM3:00、
     金土日AM11:30~PM2:00、PM4:30~PM9:00
定休日 水曜日


[PR]

by emozione | 2010-05-28 13:30 | 松江市内

信濃そば@千日前 特製カレーうどん ※番外編

f0088954_18435282.jpg

 番外編が続いてしまいますが、今回の大阪最後の店はうどんの店「信濃そば」です。こちらも年季の入ったバラック風の建物で昭和の香りがプンプンします。なんばグランド花月や吉本のすぐ近所という事で芸人さんの来店も多いそうです。
f0088954_18441552.jpg

 店は狭く雑然としていて通り側のカウンター席は人が座ると歩くスペースが無くなるので店内を移動する為には引き戸を開けて一度外に出なければなりません。店内にネギを切るスペースがないのかオジサンが外でネギを切っています。中ではオバサンが別の客が注文したおにぎりを黙々と握っていました。
f0088954_18443651.jpg

 メニューです。てっぺんにオールナイト営業と書いた物がマジックで消されています。昔はオールナイト営業だったようですね。値段は店の雰囲気からするとちょっと強気な設定でしょうか。この店では何と言ってもカレーうどんが有名と言う事でカレーうどんをいただく事にします。
f0088954_18452885.jpg

 特製カレーうどん(750円)です。カレーうどんと言うと山陰では茹でたうどんにカレーライス用のカレーをぶっかけて出てきたりする事が珍しくないのですが、流石大阪のカレーうどんは違います。鰹節の香り満点のうどん出汁に片栗のとろみの付いたカレー粉を溶いて具材としてネギ、タマネギ、肉が加わります。これが丼になみなみと注がれたカレーうどんは、それはもう得も言われぬ旨さ。食べてみると750円は全然高くないと言う気になります。こんな店近くにあれば嬉しいのですが。

店名 信濃そば
TEL 06-6631-3217
住所 大阪府大阪市中央区千日前2-8-10
営業時間 11:00~翌1:00
定休日 木曜日


[PR]

by emozione | 2010-05-04 18:00 | ラーメン以外

とんかつ丼 こけし@大阪日本橋 ※番外編

f0088954_10222821.jpg

 大阪2日目、昼食はとんかつ丼の有名店「こけし」です。20年ぶりぐらいでしょうか、前回の記憶はほどんどありません。
f0088954_10234178.jpg

 メニューは「とんかつ丼」と「とんかつカレー」の2系統で、それぞれにとんかつと卵とご飯の量のバリエーションと、「とんかつ丼」には上乗せが別皿(セパレーツ)のバリエーションがあります。
f0088954_1024448.jpg

 とんかつ丼(770円)です。比較的しっかり火が通ったタイプ、とんかつはどちらかというと薄め、グリーンピースが乗る所は昔風でしょうか。そう言えばカツ丼の上に彩りとして乗る物は普段余り意識しませんが、代表的な物と言えば三つ葉、ネギ、海苔、そしてグリーンピースでしょうか。最近グリーピースが乗ったカツ丼は少なくなった気がします。
f0088954_10242477.jpg

 とんかつカレー玉子入り(1020円)。こちらはJr様の為未食です。ボンカレーの中辛が「辛い」というJrにとってはとても辛かったようです。不思議なのはお値段。基本の「とんかつ丼」は770円なのに対して「とんかつカレー」は970円。玉子を追加しただけで千円オーバーです。何か秘密でもあるのでしょうか。
 こちらでは待ち時間に小皿に入れた沢庵が配られるのですが、初めての人はここで注意が必要です。実は背後にタッパを小脇に抱えた沢庵部隊が控えていて、うっかり沢庵皿を空にしようものなら間髪入れず沢庵爆弾をと投下していきます。まさに「わんこそば」ならぬ「わんこ沢庵」状態。この攻撃から逃れる方法は2つ。沢庵を食べずに皿に残すか、食べ終わった瞬間に皿をひっくり返して対沢庵防御体制をとるかです。挑戦者はご検討をお祈りします。

店名 こけし
TEL 06-6633-4956
住所 大阪府浪速区日本橋4-5-18
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜日(祝日の場合は翌日休業)


[PR]

by emozione | 2010-05-04 12:20 | ラーメン以外

串かつにしき(二色)@大阪難波 ※番外編

f0088954_1181679.jpg

 ゴールデンウイークまっただ中のこの日、ふらっと大阪に、夜はこちらのお店に出陣です。大阪難波の串カツ店、「串かつにしき」です。創業60年の老舗で建物自身、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のような高度経済成長期の日本の香りが染みついているようです。
f0088954_1185196.jpg

 串かつをはじめ、おでんやお造り、一品ものなどお酒の友が充実していて、しかもどれもリーズナブルです。
f0088954_119789.jpg

 おろしじゃこ(250円)
f0088954_1192262.jpg

 冷奴(230円)
f0088954_1193616.jpg

 どて焼(300円)
f0088954_1195052.jpg

 山芋きざみ(350円)
f0088954_1110612.jpg

 島ゆどうふ(280円)
f0088954_11101870.jpg

 マカロニサラダ(300円)
f0088954_11103326.jpg

 串かつ(1本100円)
f0088954_11104926.jpg

 串かつその2
 大阪の夜はまったりと暮れていきます。


店名 串かつにしき
TEL 06-6213-2248
住所 大阪府大阪市中央区難波1-6-10
営業時間 17:30~23:30(LO;23:00)
定休日 日曜日


[PR]

by emozione | 2010-05-03 21:00 | ラーメン以外