<   2009年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

五大力@東豊中

f0088954_2028121.jpg

 大阪遠征最終日です。朝一番に大阪市内を出発して北大阪急行に揺られ桃山台の駅で下車、そこから歩く事20分、目的地は「麺家 五大力 東豊中本店」です。この辺りにはそれなりの土地勘があるはずでしたが見事に迷ってしまいました。それでも何とか開店時間とほぼ同時に到着、平日の早い時間のせいか他に客は誰もいませんでした。一人カウンターに座りメニューを確認です。ここのラーメンは何と言ってもイタリアンとフレンチの修行経験のあるシェフが作るコンソメベースのスープが特徴です。その特徴を活かしたミネストローネのような変化球もありますが、ここはシンプルにコンソメベースが感じられると思われる熟玉らーめん(730円)をセレクトです。
f0088954_20281593.jpg

 熟玉ラーメンです。澄んだ醤油系スープにチャーシュー、青ネギ、白髪ネギ、白菜と味玉のトッピングです。白菜のトッピングは大阪らしいですね。コンソメベースと言えば以前紹介したピッコロ@東奥谷が思い出されますが、こちらは本来のラーメンの姿から逸脱する事なく纏め上げられています。味もコンソメを表に出すと言うよりは従来のラーメンの枠に綺麗にはめ込んだと言った雰囲気で違和感のないあっさり醤油ラーメンに仕上がっています。逆にコンソメ独特の奇を衒ったラーメンを期待すると肩透かしを食らう事になります。そう言った場合には恐らくミネストローネなどの別のメニューをいただいた方が良いのかも知れません。次回訪問の際には考慮してみたいと思います。 

〒560-0003
大阪府豊中市東豊中町5-30-25-105
電話番号 06-6857-5559
営業時間 11:00〜15:00/17:00〜24:00 土日祝11:00〜24:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
座席数 カウンター9席、テーブル14席
喫煙 分煙

[PR]

by emozione | 2009-11-23 11:00 | 関西

煮干しらーめん 二代目 玉五郎 味玉ラーメン

f0088954_8441191.jpg

 大阪の台所黒門市場の近くにある「煮干しらーめん 二代目 玉五郎」です。L字型のカウンターのみの店舗で外壁はなく屋台のようにビニールの仕切りだけがあります。入口に券売機がありチケットを購入して、これも屋台のような丸椅子に着席です。選んだのは味玉子らーめん(750円)です。コッテリ感のある濁ったスープに海苔、チャーシュー、ナルト、ネギとオプションの半熟煮玉子のトッピングです。豚骨ベースに煮干し魚介系のダブルスープという今時の定番タイプですが、ガツンと来る濃厚な煮干しの風味はなかなか良いのではないでしょうか。2日前の黒潮ラーメン寶にどこか似た雰囲気ラーメン。美味しくいただきました。

住所 大阪府大阪市中央区日本橋二丁目11-1 日本橋黒門ビル1-B
電話番号 06-6645-4338
営業時間 11:30〜23:00(スープ完売時は終了)
定休日 火曜日
座席数 カウンター10席 テーブル3席


[PR]

by emozione | 2009-11-22 22:30 | 関西

龍旗信なんば店 龍旗信ラーメン

f0088954_882659.jpg

 堺の名店「龍旗信」が2007年6月に難波の「なんばこめじるし」内に出した支店です。ムール貝や干しゴボウ等独創的な素材と中国江蘇省産の天日干海塩を用いたスープで地元では常に行列の絶えない人気店だそうです。この日は若干の二日酔い気味であまり万全の体調ではありませんでしたが折角なので行ってみる事にしました。場所は近鉄難波駅の南側、なんばCITY内の飲食ゾーン「なんばこめじるし」内にありますが、日本橋の電気街側からのアクセスが分かりにくくアクセスに少し苦労をしました。到着時に店外の椅子に3人の先客、食券を購入しながら約10分ほどの待ち時間でした。
f0088954_883612.jpg

 龍旗信ラーメン(700円)です。琥珀色の澄んだスープにネギ、白髪ネギ、チャーシュー、海苔そして豆苗(エンドウ豆の新芽)のトッピング、麺は細めのストレートです。正直ムール貝や干しゴボウの効果はよく理解りませんでしたが落ち着いた塩味のスープです。決して突出する所がない上品で穏やかで控えめな味があっさりファンの心をつかんでいるのだと思いますが、逆にはっきりくっきり系が好みの人には少し物足りない面があるかも知れません。お色気ムンムン系より清楚なお嬢様タイプが好みな方にお勧めです。

住所 〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中2-10-25 なんばこめじるし内
電話番号 06-6644-2523
営業時間 平日11:00〜15:00 17:00〜2:00 土日11:00〜2:00
定休日 第3月曜日(祝祭日当日、前日は営業)

f0088954_1955194.jpg




[PR]

by emozione | 2009-11-22 12:00 | 関西

とまとの里 信濃路@阿波座 宝天麺(並)

f0088954_2381320.jpg

 実は3年越しでフラれ続けた店です。1年目は日曜定休をよく調べもせずに行った完全にリサーチ不足、2年目はこれも第3月曜定休をよく調べもせずにわざわざ第3月曜日に行ってしまった詰めの甘さ、と言う事で今回が3度目の正直です。今回は事前に確認した上で土曜日の昼を狙いました。到着したのが12時30ぐらい、店先には5人程度の列がありました。しばらく外で待つ間に店の人が注文を取りに来ました。その後店の中に入って再びしばらくの待ちです。しばらくしてテーブル席が空いたのですが、私の後に並んだ団体に先に席を譲ってくれとの事、快くOKしてまたしばしの待ちです。その後カウンター席が空いて着席、間もなく注文の品は先程の団体より先に届けられました。この辺の大阪商人のバランス感覚は好感が持てます。
f0088954_2382243.jpg

 宝天麺(とまとらーめん)(840円)です。トマトの赤、セロリの緑、青梗菜の白の彩りが正にイタリアンカラーです。動物系のスープにトマト、セロリ、ニンニクの旨味と酸味にほんの少しのピリ辛が加わったテイスティングも何かしらイタリアンで、まるでミネストローネの様です。麺は腰のある細麺でこちらも、あたかもカッペリーニの様。ラーメンと言うよりパスタに分類したくなる一品ですが、何故か無性に旨く癖になりそうな味です。流石は人気店、大変満足な一杯でした。

住所 〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-7-1
電話番号 06-6441-9751
営業時間 11:30〜13:30,17:30〜20:30 スープがなくなり次第終了
定休日 日曜日、第3月曜日
座席数 カウンター12席、テーブル8席


[PR]

by emozione | 2009-11-21 12:40 | 関西

黒潮ラーメン 寶@道頓堀店 にぼし

f0088954_2271953.jpg

 久々の大阪遠征です。最初の店は2009年7月道頓堀に開店した黒潮ラーメン 寶です。京都の宝産業という製麺屋のFCだそうですが、そう言えば岡山にも京都発祥の宝屋という店がありましたが関係があるのでしょうか。場所は大阪ミナミのど真ん中、競合店が犇めく道頓堀の一等地になります。隣はかの有名な行列の出来るラーメン店という思い切った陣取りです。この日はお隣の有名店には2~3人の列、一方この店は見える範囲の席は、ほぼ埋まっているかなという程度の客入りでした。最初から入店の予定でしたが店先で呼び込みをやっていたため、なんとなく二往復ほどスルーしてしまいました。五度目の挑戦で意を決して入店、券売機が店外にありそこでチケットを購入です。メニューは鶏ガラベースあっさり系の「宝ラーメン」(650円)、マグロを中心に魚介系のみで作ったスープベースに太麺を合わせた「まぐろ」(680円)、にぼしと宗田かつおの魚介ベースと豚骨のダブルスープに太麺の「にぼし」(650円)、関東系魚介豚骨のつけ麺「かつお」(750円)の四種類です。この中から「まぐろ」と迷ったのですが「にぼし」を選択しました。
f0088954_2273450.jpg

 にぼし(650円)です。白ネギ、青ネギ、海苔、チャーシューとネギが二種類入っているところが面白いです。どちらかというと関東に多いタイプのガツン系魚介豚骨のダブルスープ、麺は縮れのある太麺でこれも関東風でしょうか。値段も含めて十分満足できるレベルだと思います。次回は「まぐろ」に挑戦してみたいと思います。
f0088954_2274477.jpg

 こちらはテーブルに置いてあるキムチ。ラーメンの味を壊さない為に敢えて食前には食べなかったのですが、食後に少しいただいてみました。これがなかなかの美味しさ。確かご近所の某店でもキムチが食べ放題だったと思いますが、記憶が確かなら少なくともキムチはこちらの勝ちかな・・。

住所 〒542-0071
大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-2
電話番号 06-9640-6211
営業時間 11:00~翌5:00
定休日 無休


[PR]

by emozione | 2009-11-20 22:20 | 関西

牡丹園@一畑横浜中華街展 ラーメン

f0088954_2143710.jpg

 2009年11月19日(木)~11月24日(火)まで一畑百貨店で催された横浜中華街展のイートイン出店の牡丹園です。今回は同時に獅門酒楼という店が出店で狭いスペースを分け合った為にかなり窮屈な設定となり時間もかかる為かなりの待ち時間となりました。メニューはラーメン500円、チャーシュー麺840円、エビワンタン麺840円で基本のラーメンをチョイスです。実店舗は横浜中華街の中にある広東料理の店でアットホームな雰囲気の中、比較的リーズナブルな値段で本格的な広東料理がいただける店として評価の高い店です。ラーメンは広東風の特徴なのか濃いめの醤油ベースで甘みが強いのが特徴でしょうか。そう言えばかなり昔に横浜の周富輝さんの店(生香園)でいただいた物に印象が近い気がします。こちらも確か広東料理のお店だったと記憶しています。

[PR]

by emozione | 2009-11-19 13:00 | 松江市内

太陽軒@境港PLANT店 しおラーメン+煮玉子

f0088954_210198.jpg

 以前良く通った境港Plant5内の太陽軒です。こってり好きで化調を気にしない向きにはそれなりに好きな味で、手ごろな価格も相まって良く行っていたのですがある時を境に味が変わってしまったようでしばらく足が向きませんでした。今回、久々という事もあって試しにいただいてみる事にしました。しおラーメン+煮玉子(480円)です。前回は無意味に味気のない油で増量されたような印象だったのですが今回はそのような事は無くいただく事が出来ました。以前の味に戻ったかというと決してそうではなく、むしろ以前よりあっさりした印象にシフトしているように感じました。決して悪い方向ではないと思うので、また利用する機会がありそうです。ただ、煮玉子は少し固茹ですぎるような・・・。

住所 鳥取県境港市竹内団地276
電話 0859-45-0150
営業時間 Plant5の営業時間に準じる


[PR]

by emozione | 2009-11-16 14:00 | 境港市内

八番麺家@鳥取駅前店 担々麺

 この日は小用で鳥取です。駅前で時間が少しだけあったのでこちらに訪問です。北陸を中心に約140店舗を展開するFCで,確か30年以上前からこの場所にあったと記憶しています。当時は屋号が「8番ラーメン」で野菜たっぷりのラーメン(野菜らーめん?)が人気で何度かお邪魔したと記憶しています。この日ふと前を通りかかると屋号は「八番麺家」となっていましたが当時の場所にまだ健在だったので懐かしさの余り入店です。寒い日だったので多少でも暖まるかと担々麺(630円)をお願いしました。
f0088954_261487.jpg

 担々麺です。と言っても多少思い浮かべたイメージとは違ってラーメンスープに唐辛子と辛味噌が乗っかったような物。ピリ辛肉味噌ラーメンと言った所でしょうか。肉味噌はニンニクが効いていてそれなりにグッド。ピリ辛のラーメンと昔ながらの懐かしさに少しだけほっこりして店を後にしたのでした。

住所 鳥取県鳥取市栄町710
電話 0857-26-0008

[PR]

by emozione | 2009-11-15 18:30 | 鳥取市

花紬@学園 カツライスとカツ丼

f0088954_213024.jpg

 昼が遅くなったこの日、何を食べようかと考えていた所先日のこちらの記事がふと頭に思い浮かび行ってみる事にしました。松江市学園の「日替わり定食の店 花紬」です。場所は島根大学の正門の真ん前、大変分かりやすい場所にあります。さほど規模の大きな店ではありませんが場所柄学生さんや大学関係者で賑わっているようです。
f0088954_23672.jpg

 本来、日替わり定食がメインのようでこの日はAセットがチキンカツ・煮もの、Bセットが魚のバター醤油焼・クリームシチューとなっていました。しかしここを訪れた目的は勿論カツライス(850円)です。メニューにもちゃんと載っている事を確認して早速オーダーです。待つ事しばし運ばれたカツライスを見て唖然、写真で見るとさほど思わないのですが、奥にあるバナナとの大きさの比較で見て頂けると分かると思います。運ばれたのは予想もしなかったデカ盛のカツライスです。後で読み返せばこちらの記事にもちゃんとデカ盛と書いてありましたが時既に遅しです。何とかがんばっていただく事にしました。カツライスのタイプですが、平皿に盛られたご飯の上にドデカいとんかつ、更にその上にソースが乗ります。同皿でキャベツの千切り、トマト、みかん、バナナが添えられています。ソースはデミグラと言うよりハヤシライスのソース、メニューにオムハヤシがあるのでこちらと共通なのかも知れません。デミグラ仕様の伝統的なカツライスとは若干テイストが異なるかも知れませんがとにかくガッツリと食べたい人には満足の一杯かと思われます。
f0088954_231884.jpg

 こちらは連れのいただいたカツ丼(780円)です。こちらも写真では伝わらないのですが相当なデカ盛仕様になっています。流石に全部いただくのは無理だったので、地球環境の為にも無理を言って折り詰めして頂きました。

[PR]

by emozione | 2009-11-13 13:50 | ラーメン以外

だんだん家@春日町 新メニュー 鶏骨ラーメン

f0088954_123258.jpg

 新メニューリリースの報告を受けて行って参りました。鶏骨(650円)ラーメンと銘打って登場した、だんだん家@春日町の新作は鶏白湯スープのラーメンです。豚骨に対しての鶏骨という意味でしょうか。当初金土日限定で提供されていましたが現在は毎日提供されているという情報もあります。
f0088954_12321747.jpg

 8時間以上強火で煮込んだという鶏白湯は綺麗に白濁して見た目に食欲をそそります。キクラゲ、ナルト、ネギ、鶏チャーシューのトッピング、煮玉子はオプションです。鶏白湯はその性質上最初は鶏の風味がガツンと来るのだけど後半とろみのあるコラーゲンが舌をマスクして味がぼやけるイメージがあるのですが、このスープは魚介の部分が上手くそれを補っていてなかなか良くできています。今まで東京、大阪で何店か鶏白湯の店を訪問してきましたが決して引けを取らない出来と言って良いのではないでしょうか。山陰では今密かに鶏白湯ブームを迎えつつあるようですがその火付け役となった一杯、まず最初にお試しあれ。
f0088954_12322829.jpg

 同行のJrがいつも注文するのは塩バターなのですが、この日は何故かコーンバターが出てきました。何の抵抗もなく美味しくいただいていたようです。


住所 島根県松江市春日町151-5
TEL 0852-32-0575
営業時間 11:30~15:00 17:30~22:00
定休日 水曜日(祝日の場合は翌日)


f0088954_1955194.jpg




[PR]

by emozione | 2009-11-08 11:50 | 松江市内