<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ゆめタウン出雲 フードコートの2店

f0088954_10345279.jpg

 今年6月にオープンしたゆめタウン出雲、なにやら鳴り物入りで3点のラーメン店が入店したとの事で行ってまいりました。3店のうち2店は1階のレストラン街に、1店は2階のフードコートにありいずれも店頭に「TVで日本一になった餃子」の同じ張り紙がかかっていて、このことからも同一経営だと思われます。この日訪れたのは2階のフードコート内にある「満州屋が一番」、とんこつしぼりと称する久留米系を謳った店です。スープは2系統、「秘伝のタレ」とやらが入っていない「とんこつしぼり」と入った「極とんこつしぼり」があって極の方が50円ずつ高い設定になっています。折角なので極味玉とんこつ(900円)をいただくことにしました。
 油分が結構ある白濁スープにチャーシューが2枚、ネギ、オプションの固めの半熟味玉、麺は九州系らしく普通に細麺、秘伝のタレらしきタレがパラリとかけられた特に変わったところのないシンプルなルックスです。量的にはやや小ぶり、個人的には今はこの程度で十分ですが若い頃なら不満だったかもしれません。味的には先日極旨の豚骨を食べたばかりと言うこともあるのかもしれませんが、ベースの豚骨というよりラードと焦がしニンニクの味が前面に立ったスープで、豚骨自体の旨みは弱いように思います。決してまずいわけではなく、一般向けの無難な味付けで、まあショッピングセンターのフードコートであればこういう味付けで仕方ないのかもしれません。
 ただ少し気になるのは値段、この手のフードコートはファミリーで来た買い物客が店外に出ることなく気軽に安く食事を済ませることが出来る場所と言うのが本来の意味合いのように思うのですが、この内容で900円と言うのはいかがな物でしょうか。先日お邪魔した渋谷の名店の「のりと半熟玉子入り」で850円、同じラーメンと言うことなら同市内の某R王のノーマル塩、醤油に比べて、ほぼ倍の金額です。果たして渋谷の名店以上の満足感、市内の某店の倍のパフォーマンスがあると言えるのでしょうか。
f0088954_10351848.jpg

 もう一店、石焼ビビンバと冷麺の店「あんにょん」です。坦々冷麺(900円)とあるのを見て一ついただいてみることにしました。韓国冷麺らしくステンレスの器に盛られた冷麺は、平壌風の黒っぽい蕎麦粉の入ったタイプの細麺にきゅうり、挽肉、ネギ、糸唐辛子がトッピングされ、韓国冷麺のベースに胡麻ペーストとラー油で坦々麺が演出されています。韓国冷麺を無理やり坦々麺にうっちゃったと言った印象の冷麺ですが、暑い季節それなりに悪くないのではないでしょうか。しかし、ここでも900円と言うのがいささかひっかかります。調べてみると、この「あんにょん」と言うチェーン店は全国のイオンモール等にも入っているようですが、多くの場合この坦々冷麺は750円となっています。この150円の差はいったい何なんでしょう。と思ってさらに調べてみると、先ほどの満州屋が一番、極じゃない方の「とんこつしぼり」(ゆめタウン出雲店では700円)は鳥栖店では580円、大阪なんば店や愛媛松山店でも650円、しかしゆめタウン広島店では700円だそうです。ゆめタウンはテナント料を相当ボッているんじゃないかと想像するのは私だけでしょうか。

地図
[PR]

by emozione | 2008-08-20 20:10 | 松江以外の島根県

馬やど@カラコロ広場

f0088954_10313930.jpg

 夏になるとビアガーデンとして松江市民に親しまれているカラコロ広場ですが、その一角に昨年は見かけなかった店がオープンしていました。最初訪れた際はビールの飲み放題と枝豆や豆腐のつまみをいただいたのですが帰りにふと見ると「中華そば」の文字が。後日、リベンジに向かうこととなりました。
 馬やどお薦め昔ながらの中華そば(600円)です。見た目にもシンプルな中華そばで居酒屋にありがちな業務用にちょこっと手を加えた程度の中華そばと思いきや、スープは自家製で牛骨、豚バラ、鳥ガラを8時間煮込んで作った本格仕様だそうです。事実、スープを1杯口にしてみると、牛骨の部分、豚の部分、鶏の部分がそれぞれちゃんと主張して動物系の旨みをしっかり持ったなかなかのスープです。これにたれの醤油の香りと独特の甘さが加わりシンプルな中にしっかりした動物系の旨みを持つスープに仕上がっています。麺はMスタに比べるとやや細く締まった感じの中細ウェーブ麺。動物系の旨みの部分を良く持ち上げてくれます。やや玉になっている箇所があったりの愛嬌はあるもののこの手の店で出されるラーメンの中では大変よく出来た一品ではないでしょうか。

地図
[PR]

by emozione | 2008-08-19 20:15 | 松江市内

龍王@出雲 つけ麺(伊勢海老)

f0088954_18425271.jpg

 出雲を代表するラーメン店の一つとして広く認知されるようになった出雲市上塩冶町のらあめん龍王に久しぶりに行く機会がありました。到着したのは日曜日の昼1時半ごろ、この辺りのラーメン店には珍しく2組6人が店の前で行列を作っていました。関東の有名店で数々の行列を掻い潜ってきた経験とラーメン店という事で一件当たりの食事に要する時間はさほどでも無いという計算から10分かせいぜい20分程度の待ち時間と高を括って行列の最後尾についたのですがこの後結局40分待つ羽目になりました。行列している間、他に何組か行列を見て諦めて帰る客がいる一方、店内からは外に出る人の姿はほとんど無し、行列に着く前から店内の人たちはそこにいたとすると、ラーメン一杯食べるのに何故1時間近くもかかるのか、そんな疑問を持ちつつの入店となりました。
f0088954_1844684.jpg

f0088954_18441875.jpg

 つけ麺(伊勢海老)(700円)です。以前から麺ある記山陰松江のラーメンで紹介されていて何とか一度食べてみたかったのがようやく実現しました。中細の自家製麺にロースト豚のようなチャーシュー、玉子、ワカメ、モヤシ、海苔のトッピング、そしてつけ汁は鮮やかなオレンジ色の如何にも海老味噌を思わせるつけ汁です。特筆すべきはやはりスープでしょう。ブイヤベースを思わせる濃厚かつ上品な海老味噌の風味が口の中を支配します。これだけしっかりした海老味噌の風味を出そうと思えば相当のコストがかかろうかと思われますが、そう考えると700円という価格は破格と言ってよいでしょう。つけ麺には太麺と言う暗黙の決まり事があるようで自家製中細麺については多々議論もあるようですが、個人的にはつけ麺、特にこのようにスープを食べさせるつけ麺ではにはスープが良く絡む細めの麺の方が適しているのではないかと思います。見栄え、味、オリジナリティーともに大変優れた一品で余程海老嫌いでなければ是非一度味わっておきたい一品です。
f0088954_18444413.jpg

 こちらは定番の塩(480円)です。前回訪れたのは2007年1月とずいぶん昔の事になりました。この時も確か塩を頂いたのですが、流石に盛り付けもずいぶん洗練された物に変わりました。前回の味は正直あまり良く覚えていないのですが今回あらためていただくと、特に魚介スープの部分に特徴があるように思いました。一言で言うと白身魚の澄まし汁のような上品な和風テイストを感じます。どこかの料亭で出てきそうな味わいは高級感を感じます。恐らくそれ相当にコストをかけて作られた味かと思いますが、これで480円は何か気の毒のような気もします。値段では推し量れないハイレベルな一品と感じました。
 ところで、最初の疑問に戻りますが、何故一件当たり1時間近くもの時間を要するのか、店内に入ってみて理由は明らかになりました。事実、私たちの前に並んでいて20程前に入店したグループが店を出たのは私たちとほぼ同時でした。原因はコミック。食べる間、ずっとコミック片手にチビリチビリとついばむように食べています。また、食べ終わった後も読み終わるまで席を立たない客もいたりします。これが店の回転を悪くしてしまっているのではないでしょうか。また、おせっかいかもしれませんがこのような食べ方で本当に旨いラーメンを味わえないような気がします。もはや、出雲の名店と言っても誰も憚らない龍王、コミックに頼らず味だけで十分に勝負できるのではないでしょうか。

地図
[PR]

by emozione | 2008-08-17 14:10 | 松江以外の島根県

だんだん家@春日町 広島激辛つけ麺

f0088954_16242846.jpg

f0088954_16244547.jpg

 ずいぶん前にリリースされた事は知っていましたがなかなか行く機会がなくやっと頂くことができました。だんだん家@春日町の夏季限定、広島激辛つけ麺(750円)です。麺は基本1.5玉200gですが大盛り2玉でも同価格、辛さのレベル調整も可能でレベル0から5まで、1レベルごとに10円増しとなります。今回は麺量基本の200g、辛さレベル3(30円増し)で頂きました。麺は中細平打ち縮れ麺。茹でキャベツ、チャーシュー、ネギ、糸唐辛子がトッピングされています。つけだれは見た目にも辛さを感じさせる赤いスープにタップリの白胡麻が浮いています。激辛と言うだけあって見た目だけでなく実際にかなりハードな辛さで同時に独特な酸味を感じるスープです。つるんとした食感の麺が激辛スープをよく持ち上げて口の中がファイアーな状態になりますがそんな時に茹でキャベツがアオシスとなり次の一口への足がかりになります。激辛好きにはたまらない、暑い季節に最適な一杯と言って良いでしょう。
f0088954_16255551.jpg

 こちらは定番の塩煮卵ラーメン(700円)です。気のせいかもしれませんが、こちらの定番ラーメンは食べる度にレベルが上がっていく気がします。今回は鶏だと思われるベースのスープが以前にも増してしっかりと感じられ旨みが一段とアップした気がします。仕様が変わったんでしょうか。

地図
[PR]

by emozione | 2008-08-15 13:30 | 松江市内

壱龍@外中原 スープ入り冷やし坦坦麺

f0088954_13252249.jpg

 夏のメニューとして登場の壱龍@中原の冷やし麺のシリーズ、昨年に引き続き冷やし中華、スープ入り冷やし坦坦麺、スープ無し冷やし坦坦麺の三種類がリリースされているようですが、この日はその中からスープ入り冷やし坦坦麺(750円)を頂くことにしました。尚、値段は昨年に比べてそれぞれ20円づつアップしているようです。やむを得ないですね。さて、スープ入り坦坦麺ですが、器や見た目のデザインは昨年と変わらないようです。涼しげなガラスの鉢に燃えるような赤いスープ、挽肉、白木耳、貝割れ、モヤシ、ぶつ切りトマトのトッピングは見た目に鮮やかで食欲をそそります。味としては、かなり酸味が前面に出たスープになっていて辛味が後から追ってくる印象です。気のせいか昨年に比べてベースの旨みがあまり感じられない気がします。麺はもちっとした弾力に富む細めのストレート麺でこちらも昨年とやや印象が違う気がします。麺に関しては今回の方が好印象でした。だいぶ涼しくなったとはいえまだ暑い日が続く中この手の冷た辛い麺が恋しくなる今日この頃です。

地図
[PR]

by emozione | 2008-08-08 14:00 | 松江市内

創作中華酒房「そら」@寺町 冷やし坦々麺

 そら@寺町、久しぶりの訪問となりました。夜の部だったのでまずは酒のあてを数品頂きました。
f0088954_1320538.jpg

 お通しの棒々鶏、そら十八番の料理だけあって流石の味です。
f0088954_13215689.jpg

 チョリソー(550円)。ピリ辛のウインナーでビールのあてに最高です。
f0088954_13223684.jpg

 麻婆茄子チーズ(?円)。茄子の旨みと食感をトロトロのチーズが包み込む一品。チーズが全体をマイルドにしているのでピリ辛は余り強くないです。
f0088954_1323290.jpg

 冷やし坦々麺(900円)。本来昼のみ5食の限定メニューですが、無理を言って作っていただきました。昨年に続き芸術的な美しさの坦々麺は健在です。芸術的なのは見た目だけでなく味もしかり、豆乳を思わせるようなクリーミーな胡麻スープにほど良い辛味のラー油、挽肉と野菜のトッピングに韓国冷麺を思わせる麺のバランスは流石です。十八番の棒々鶏を使った新しい冷やし麺もリリースされたようで、寒くなる前にまた行って見ないといけないようです。

地図
[PR]

by emozione | 2008-08-05 20:00 | 松江市内

ひとみ@東本町

f0088954_1794054.jpg

f0088954_1795628.jpg

f0088954_17101190.jpg

 ほぼ一月ぶりの訪問です。いつものようなメニューを頂きながら例によって〆の豚骨ラーメンです。毎回思うのですが、ここのラーメンは日によってブレが大きいようです。もしかしたら、豚骨は何日かに渡って煮込まれていてその経過日数で日によってブレるのかも知れません。そんな中この日のスープは大変な当たりですばらしい物でした。骨髄から抽出された旨みがこれでもかと迫り来るような濃厚な旨みで帰宅後もしばらくそのパンチから抜け出せない程のインパクトでした。こういう店ではむしろ通って日によるブレを楽しんでみるのも一興なのかも知れません。誰か挑戦してみられませんか。

地図
[PR]

by emozione | 2008-08-04 22:00 | 松江市内

‎大衆食堂「一休」@雲南市加茂町

f0088954_170785.jpg

 ずいぶん昔にたれこみ情報を頂いていた雲南市加茂町の大衆食堂一休です。一度日曜日に出かけたのですが休業だったため断念した事があったため平日を狙って行って参りました。店構えが物語るように古くから地元で愛された大衆食堂で昭和レトロの雰囲気をそのまま今に伝える外観は懐かしさを感じさせてくれます。店内の雰囲気もそのままで、自宅の茶の間でくつろぐ様な馴染みの客が陣取っていたりして昭和の時代にタイムスリップしたような錯覚にとらわれます。
f0088954_17131.jpg

 さて、事前のリサーチでカツライスがあるとの情報を掴んでいたので早速確認したところ、メニューにありました。迷わずカツライスとラーメンを注文したのですが、残念ながらカツライスは出来ないとの返事が返ってきました。この日たまたま出来ないのか、カツライスはもうやっていないと言うことなのか不明ですが仕方が無いので代わりにカツ丼(こちらはメニューに無いのですが出来ると言うことなので)をいただくくとにしました。
f0088954_1713218.jpg

 注文してから結構な待ち時間を経てようやく出来上がったラーメン(普:380円)です。普通の醤油スープにネギ、チャーシュー、モヤシ、蒲鉾のシンプルなトッピングという予想を裏切らない昔ながらの食堂系ラーメンです。麺はMスタ麺、スープは業務用かと思われますが少しモヤシで香りが付いているようです。何から何まで古き良き時代の当たり前の時間を肌で感じることが出来ると言う意味ではミュージアム級のラーメンと言えるのではないでしょうか。
f0088954_1734085.jpg

 こちらは恐らく時間がかかった原因と思われるカツ丼(600円※メニューには無い)です。松江近辺のオールドスタイルよろしく玉子後乗せタイプになっています。カツは柔らかくジューシーでなかなかの物、味付けはやや薄味ですが不満無く頂ける、こちらも良く食堂の雰囲気に合ったカツ丼です。しかし、この日のカツ丼はご飯がかなりベショベショでした。推察ですが、我々の入店前にご飯が切れたため急遽炊き直し、そのため出てくるまでの時間が大変長くなってしまったのと、ご飯の蒸らしが不十分になってベショベショになってしまったのではないかと思われます。しかし、そんな事はご愛嬌と言って良いほどのレトロ感は見事、たまには生で体験できる昭和を味わってみるのも一興ではないでしょうか。

地図
[PR]

by emozione | 2008-08-04 13:25 | 松江以外の島根県