<   2007年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

笑福@陰田町 山陰初の二郎系

f0088954_182525.jpg

 山陰初の二郎系と鳴り物入りで11月17日に国道9号線鳥取と島根の県境(旧情熱ラーメン金太郎跡)にオープンした笑福です。二郎とは山陰ではあまり馴染みではありませんが関東では熱狂的とも言えるファンを有する一大ラーメンチェーンで油多めの濃厚豚骨醤油で極太麺、普通でもかなり多めの量、増量可能なニンニクと野菜のトッピング、呪文か暗号のような独特なオーダースタイルで知られています。しかし、残念ながら私自身未だ関東で二郎系の店に入った事が無く比較しての評が出来ません。従って今回は二郎系という概念から離れて単なるラーメンとしての感想を記述したいと思います。
f0088954_183842.jpg

 ラーメン(650円)+半熟味たまご(100円)です。ニンニク、カツオ節、野菜増しは無料となっていますが、ここは何も無しでオーダーしました。デフォルトの状態でのトッピングはチャーシュー1枚、モヤシキャベツ等の野菜、鰹節で煮卵はオプションです。麺は200gでこれは一般のラーメンより多めですとの注釈がありましたが器自体さほどの大きさではなく大盛りという印象はありません。スープの第一印象はかなりソフトなチョイガツン系の豚骨醤油で野菜から出た甘みが強く二郎系の謳う濃厚豚骨醤油とは少し離れた印象です。同系統の頑者やべんてんと比べても弱い印象は拭えません。関東式極太麺は恐らく今山陰で味わえるのはここだけだろうと思われますが、関東の雰囲気を山陰に伝えると言う点では意味があったと言って良いでしょう。これが山陰に長く定着するかどうかという問題は別として・・
f0088954_1832227.jpg

 つけ麺ひや盛り(650円)です。こちらのスープはラーメンと違いガツン系が強く酸味のあるタイプになっています。これも正直、関東ではかたくなにつけ麺を食べなかったため関東の味との比較が出来ません。従って単なるつけ麺としての印象ですが、ラーメンより鰹系のガツンが強めな分、食べやすいかなと言った印象です。本場関東のつけ麺と比べるのではなく近場で関東の雰囲気を味わうというコンセプトなら有りなのかも知れません。

笑福
☆土日祝の2時までは禁煙、でもそれ以外の時間に行ったのでカウンターでやられてしまいました。残念!☆
[PR]

by emozione | 2007-11-23 15:40 | 米子市内

だんだん家@春日町 醤油煮玉子&味噌煮玉子

 だんだん家@春日町、ほぼ3ヶ月ぶりの訪問です。研究熱心なマスターはスープに少しずつマイナーチェンジを加えておられるようで最近も少し材料の配合を変えたとの事です。そこで味の変化が分かりやすいように醤油ラーメンとこの店では初めてとなる味噌ラーメンをそれぞれ煮卵入りでいただくことにしました。
f0088954_17592582.jpg

 醤油煮卵ラーメン(700円)です。以前と比べて見た目で明らかに異なるのはナルトが省略された事とメンマが変わった事ぐらいでしょうか。他にも微妙な違いがある様にも思いますが兎に角味の確認です。私の鈍舌にはあまり大きな変化は感じませんが、最初の印象としては何となく魚介が抑制されたかなという気がしました。しかし、良く味わってみるとどうも魚介が抑制されたのではなくて動物系のボディが骨太になったためにその分魚介が一歩下がって感じられるのだと言う事に気が付きます。あまりはっきりとは教えて頂けませんがどうもこの辺に梃子入れがあったのではないでしょうか。全体として言える事は、ここのラーメンはマイナーチェンジの度に微妙にしかし着実に美味しくなっている事は確かなようです。見た目で変わった事が分かったメンマもコリッと心の強い味のあるメンマでこんな細かいところにもさらなる美味しさを追求する姿勢は流石です。
f0088954_17593827.jpg

 こちらでは初めていただいた味噌煮卵ラーメン(700円)です。白味噌系で酸味のある味噌を使用していてこれが独特な香りとなっています。普段、塩、醤油、味噌とあると、どうも味噌を頼みづらいのがラオタの性なのかも知れませんが、食べてみるとこの味噌はなかなか旨いですね。味噌はほとんど選択肢の外にありましたが考え直す必要がありそうです。
だんだん家
[PR]

by emozione | 2007-11-22 14:40 | 松江市内

奏名@肥後橋

f0088954_9124812.jpg

 今回の関西遠征、店選択のコンセプトとしてはニューウエーブ系実力店、老舗系名店、こだわり塩の店、超コテコテ系、そして最後に変わり種系を巡るというものでその最終日開店時間に合わせてリストアップした変わり種系店に張り切って向かったのですが開店予定の11時半になっても一向に店が開く気配がありません。定休日は日曜、この日は月曜、何故開かないと思ってよく確かめると何と日曜以外に第三月曜もお休みとなっています。何もこんなレアな休みに遭遇しなくても良い物をと悔やんでいる暇はありません。仕方なく代わりの店の捜索です。時間の都合でここからさほど離れていなくて変わり種系に相当する店と言う事でセレクトしたのが奏名@肥後橋です。ここは朝日新聞ビルの地下二階にありますが実は何度もこのビルの前を歩いたことがあるのですが地下にこんな食堂街があるとは全く知りませんでした。月曜日のお昼時とあって店内はサラリーマン達でごった返しています。大阪の店では普通ですが一人当たりのスペースが松江の三分の一程しかないカウンター席に案内され肩を窄めて着席です。メニューは奏名ラーメン680円、スタミナラーメン680円、にらトンラーメン730円とありますがここはもちろん奏名ラーメンの注文です。
f0088954_9132739.jpg

 野菜たっぷりヘルシーラーメンを謳う奏名ラーメンです。まず目に飛び込むのは上に乗った輪切りのレモン、これが奏名ラーメンの特徴と言って良いでしょう。その他薄切りの豚肉と白菜と僅かに細切りの人参が乗ります。スープは濁りのある淡茶色で麺は中細の縮れ麺です。豚と鶏がベースのスープは基本的には結構な濃度の筈ですが一口飲むと豚の芳醇な香りと白菜の甘みそしてレモンの酸味が口の中に広がりとても爽やかなスープです。麺との絡みも良く前半戦はとても美味しくいただけます。しかししばらくすると少し白菜がやかましく感じられるようになりました。神座の影響でしょうか大阪のラーメンには先日のがんこ十八代目でもそうですが白菜がよく使われるようです。しかし火の通りが浅い白菜は水分が多くスープの味を薄める為多量にある場合後半になるとうるさく感じてしまいます。もう少し量を控えるか白菜自体に味が染み込むぐらい煮詰めてあれば印象が違ったのかも知れません。
[PR]

by emozione | 2007-11-19 12:00 | 関西

久留米ラーメン豚一@中崎町

f0088954_125884.jpg

 無鉄砲@戎本町と並ぶ関西コテコテ系ラーメンの雄として知られる久留米ラーメン豚一@中崎町です。場所は地下鉄谷町線中崎町駅2番出口を出て北東方向へ250m程です。夜10時の訪問とあってぽつんと一軒だけ明かりがともって迷うことはありませんでした。到着時先客が2名ほど、他の席は空いているのですがどの席も空いた丼がそのままになっています。この辺のオペレーションの問題は他にも結構指摘されているようで半ば折り込み済みです。何とか一番清潔そうな席を見つけて着席です。厨房の釜の中には無造作に突っ込まれた豚の大腿骨がグツグツと煮えていますが意外なほどに豚骨臭さや足下のベトつきは感じません。スープは営業時間中もずっと煮込まれているそうで、よりコテコテを食べたい場合は夜遅く訪問した方が良いというのがこの店の決まりです。早速豚一らーめん(デフォルトで煮玉子入り)700円を注文です。麺は白麺と黄麺とあるそうですが、これもデフォルトの黄麺にしました。
f0088954_125435.jpg

 豚一ラーメンです。トッピングは海苔、ネギ、煮玉子、チャーシューで問題のスープは全く透明感がなく少し泡だっていて丼の縁にワダワダした物がへばりつくような期待通りのギトギトスープです。まずはそのスープを一口、膠分が強くネトネトの中に少し骨髄のジャリっとした食感のあるスープで確かにこってりですが不思議と臭みや嫌みはありません。むしろすっきりした印象すらあるスープです。タレに鰹などの魚介を使用しているとの事でそのためでしょうか、しかし魚介部分はあまり感じられません。やたらと水が欲しくなる以外はさらっと入ってくるスープでした。麺は中細のストレートでいわゆる九州系ではありませんがスープの粘度が高いため絡みは悪くないようです。チャーシューは小さめですが厚みがあります。その都度フライパンで温めているので口当たりがよいです。煮玉子は小さめで堅めです。
全体に無鉄砲とは趣の異なる関西コテコテ系で他の地方ではあまりお目にかかれないタイプのラーメンで大変面白くいただきました。オペレーションを良くすれば更にファンが増えるのではないでしょうか。
[PR]

by emozione | 2007-11-18 22:00 | 関西

宗家一条流がんこラーメン十八代目@千日前

f0088954_23381843.jpg

 現在は東京池袋にある元祖一条流がんこラーメン総本家の一条安雪氏の直系の弟子達が暖簾分けで独立し関東を中心に全国に広がる一条流がんこ系ラーメンと呼ばれる一派の十八代目と言う事になります。がんこ系と言えば看板や暖簾の無い黒を基調とした外観で、表に鎖で牛骨を吊り下げた独特のスタイルが特徴で、ここ千日前の十八代目でもその伝統が守られています。この牛骨には上がっていれば開店、降りていれば閉店という意味があるそうです。がんこの直系店と言っても独立後はそれぞれ独自の試行錯誤をしているようで、ここ十八代目のご主人も時ある事に色んな試行錯誤を繰り返しておられるようです。この日も十日ほど前から新たな試みとして始まった「真鯛のラーメン」の提供期間中で今回は真鯛の塩ラーメン700円をいただきました。
f0088954_2338591.jpg

 澄んだスープに大ぶりのチャーシューが一枚あとは水菜と少量の白菜が入っただけのシンプルなデザインです。麺は中細のウェーブ麺です。スープのベースは鶏と豚でしょうか、あまりギトギトしないあっさりしたベースです。これに鯛油でしょうか何か魚介系の香ばしい香りが加わります。塩分は通常のラーメンに比べてかなり濃いめですが、この塩っぱさがこの店の売りというか特徴で敢えてそうしている訳でこれはこれでありかと言う感じです。少し疑問なのは白菜でこれはいったい何の意味があるのでしょうか。あまりラーメンを美味しくする方向には働いていないように思います。このメニューがリリースされた当時にはここに更に鰹節が乗っていたようですが、今はそれは省かれているようです。しかしそれにしてもこの塩っぱさは後を引きました。
この真鯛の塩ラーメンは不評だったのか私の行った3日後にあっさり廃止になって別のラーメンに変わったようです。この店には往々にしてこの様な優柔不断的な所があり仕様がちょこちょこ変更になるようで一貫性に欠けるという意見も多いようですが、研究熱心、探求心旺盛と取ることもできます。今後に期待したいと思います。
[PR]

by emozione | 2007-11-18 13:50 | 関西

月光仮面@千日前

f0088954_2324546.jpg

 千日前の有名店、月光仮面です。午前2時半という時間からも想像が付くかも知れませんが飲んだ後の泥酔状態での訪問です。したがいまして例によって記憶は曖昧です。m(_ _)m
千日前のケッタッキー脇の細い路地を入った所にあり発見の難しい店として知られています。様々なHPで紹介されていますが営業時間の記載がバラバラで24時までとなっていたり1時までとなっていたり売り切れ次第終了となっていたり、しかしこの日は2時半と言う時間にも関わらず開いていました。実際は何時までなのでしょうか。メニューは支那そば600円、焼豚そば800円、ワンタン麺750円の3種類ですので基本の支那そばをいただきました。
f0088954_23244874.jpg

 支那そばです。覚えている範囲でのレポートになりますが、表面に僅かに油の光る茶色に澄んだスープにチャーシュー、モヤシ、メンマ、春菊、温泉玉子のトッピング、麺は中細ストレートです。全体としてあっさり口和風テイストのラーメンでラーメンと言うよりは「にゅうめん」を想像してしまったと記憶しています。春菊の苦みと温泉玉子がアクセントで全体に薄口の中に変化を与えています。コテコテ好みには何じゃこりゃという面もありますが飲んだ後のライトなラーメンとしては結構いけると思いました。
[PR]

by emozione | 2007-11-18 02:35 | 関西

麺や 輝たくろう店@豊崎

f0088954_23155627.jpg

 今回の関西遠征1店目は大阪豊崎(中津)にある麺や輝中津たくろう店です。場所は梅田ロフトの北150m程の所梅田芸術劇場の通りを隔てた迎えにあるローソンの裏当たりになります。ここは東淀川区淡路にある本店の2号店となりますが、独自の鶏にぼしラーメンをメニューに置くなど差別化を図っているようです。豚骨ベースの輝のラーメンも本店の豚骨とは趣が違うと言う意見もあり両者を比べるのが良いのかも知れませんが時間の都合で今回は中津たくろう店のみとなりました。豚骨ベースの輝のラーメン、鶏ガラベースの鶏にぼしラーメン、冷やあつのつけ麺とある中今回は看板メニューである輝の(あじたま)ラーメン750円をいただくことにしました。
f0088954_2316413.jpg

 輝の味玉ラーメンです。濃厚に茶白濁したスープに厚めのチャーシュー、白髪ネギ、ネギ、とオプションの煮玉子のトッピングです。まずはスープを一杯、最初に豚骨の風味とガツン系のカツを風味が口に広がります。最初の印象としては関東系の豚骨魚介のWスープに近い味です。ただ良く味わうと魚介の部分がやはり関東に比べると繊細で関西独特の風味を感じます。本店では魚介部分に熱を加え過ぎたような苦みを感じるという意見もあるようですが、こちらではそれは全く感じさせません。大変良くできたスープでこれだけやれば旨くないはずがないと言わんばかりの主張を感じさせます。スープが濃厚な分白髪ネギや薄目に味つけされた煮玉子は良いアクセントになります。麺は低加水のストレート細麺で非常にしっかりした麺で食感が良く、このスープに良く合っています。全体として関東にありがちな豚骨魚介のガツン系スープを巧く関西系にアレンジして麺の硬さを嫌う関西用に細麺を合わせたと言った印象のラーメンで今回訪問の中では出色の出来との印象を持ちました。
[PR]

by emozione | 2007-11-17 13:55 | 関西

刀削麺@一畑 横浜中華街展 京華樓

 一畑百貨店6階催事場で25日まで開かれている横浜中華街店の特設コーナーに出店中の京華樓です。ここの売りは塊状の生地を専用の刀でリズミカルに湯の中に削ぎ落とすパフォーマンスで知られる刀削麺でイートイン会場の入口付近でそのパフォーマンスを見ることが出来ます。この刀削麺はもともと山西省の文化だそうで山西省は北京料理の文化圏になるかと思いますが、何故か京華樓は四川料理のお店だそうです。と言う事でメニューもピリ辛系が主になっています。今回はその中から坦々刀削麺(840円)と牛バラ刀削麺(840円)をいただくことにしました。
f0088954_275777.jpg

 坦々刀削麺です。まず問題の麺からですが、こねた小麦粉の塊を削ぎ落とした様な物でラーメンよりはうどんとかほうとうに近い感触です。見た目器が小さいのでそれほど圧迫感は無いのですが、食べてみると結構満腹感があります。沢山は食べられない印象です。太麺と言うのも憚られる太さなので概してスープとの絡みはいまいちかも知れませんがスープの味がしっかりしているので違和感は感じませんでした。担々麺のスープは一言で言うと壱龍などの翠苑系によく似た味です。刀削麺に合うようにしっかり味つけがされておりバランスとしては良い方だと思います。
f0088954_29381.jpg

 牛バラ刀削麺です。これは恐らくベース自体牛バラ専用になっているのではないかと思われます。牛骨風というか中華テイストの牛シチューと言った感じの味わいでこれにピリ辛の風味付けがされており、これも刀削麺用にと思われますがしっかり目の味つけがされており麺とのバランスも良いです。牛バラブロックは結構大きめでこれもしっかり目の味つけです。4切れ位入っていたでしょうか、840円なら良心的と言って良いのではないでしょうか。
[PR]

by emozione | 2007-11-15 12:00 | 松江市内

中富@鳥取 しょうゆらーめん

f0088954_1150315.jpg

 5ヶ月ぶりの中富@鳥取です。前回玉葱苦さの事で議論を呼びましたが、先日の神楽での苦いネギの体験以来ある疑問がわき上がりそれを確かめるため再訪いたしました。玉葱抜きをお願いする事も出来るとの事でしたが、ここは敢えてデフォルトのしょうゆらーめん(550円)をお願いしました。
 まずはスープを一杯、やはり思った通りです。前回いただいたときは恐らくたまたま辛い玉葱が紛れ込んでいたんだと思います。前回はいっしょにいただいた連れも口に刺すような苦みというか辛味と言うか刺激を感じたと言っておりましたが今回はそのような苦みは一切ありません。これが本来の味なんですね。魚介のガツンと言うよりは深い味わいと動物系スープのダブル。決してインパクトの強い味ではありませんが奇を衒わない味わいは見事です。玉葱、木耳、ワカメのトッピングもこのスープなら違和感を感じません。天気が悪く時間帯も中途半端だったためか他にお客さんが無かったのですが、もっといろんな人に知っていただいても良いお店ですね。帰りに少しだけ奥さんに自己紹介して帰りました。今回は後口に爽やかな玉葱の香りが残っていました。
[PR]

by emozione | 2007-11-11 17:40 | 鳥取市

本家夢屋西町店@鳥取市 塩らーめん

f0088954_1146358.jpg

 時間的地理的都合によりこちらでお昼をいただくことになりました。本家夢屋鳥取西町店です。「ゆめや」という名前のラーメン店は松江にもありますが松江にあるのは「ゆめや」、こちらは「本家夢屋」です。どこが違うのか分かりませんが両方とも「株式会社ゆめや」のFC店のようです。地元の素材を使い塩や醤油にもこだわったと言うのがコンセプトだそうで折角なのでこだわりのスープの味が分かりやすいように塩らーめんをいただくことにしました。
 塩らーめん(577円)です。黄金色に澄んだスープにチャーシュー、蒲鉾、煮玉子、ほうれん草、メンマ、海苔、ネギのトッピングです。スープは鳥取近海で水揚げされた旬の魚のだしだそうですが、魚介だけのスープと言う事でしょうか。確かに動物系も入っているのかも知れませんがそれを感じさせないほど弱く代わりにケミカルな感じが強い気がします。魚介も何を使用しているのか分かりませんが決してガツンと来る物ではありません。県民性を表現しているのかも知れませんが控えめなスープとの印象でした。
 トッピングはバラエティーに富んでいますが蒲鉾とほうれん草については必然性が有るのかどうか疑問です。色彩的な意味で入っているのかも知れません。
[PR]

by emozione | 2007-11-11 13:30 | 鳥取市