<   2007年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

べんてん@高田馬場

f0088954_22262356.jpg

高田馬場のこれもつけ麺の名店、べんてんです。
何故か今回の関東遠征は古くからの太麺つけ麺の名店で魚介系Wスープの店ばかりになってしまいました。
11時過ぎぐらいの到着でしたが神田川沿いに15人ほどが列を作っていました。
この店は満席になると、店の前のカーブミラーの当たりを起点に線路方向に向かって神田川沿いに並んで、店から出てくる人があったらその数だけ先頭から入店していくのが習わしになっているようです。
15人ぐらいの行列でしたが、30分ほどで入店となりました。
店内はカウンターのみの12席ですが、肘を窄めないといけない程ギュウギュウ詰め状態で座ります。
またも、周りが皆つけ麺の注文をする中、ラーメン700円と味付玉子50円(安っ!)を注文しました。
奥でコワモテの大将が黙々と大釜で自慢の太麺を茹であげるのを待つこと15分ほどだったでしょうか、運ばれたラーメンは一目見るだけで多いなと思うほど、なみなみと麺の盛られた一杯でした。
よくよく見ると上の料金表の片隅に「麺は350gで通常の2倍以上あります。」書かれています。
実はさらに上に中盛650g、大盛1000gという設定もありますが、ギャル曽根でもなければ食べきれないんじゃないでしょうか。
さて、肝心のお味ですが、鰹風味のよく効いたWスープですがどちらかと言えば動物系が勝っていてなかなか良い塩梅のスープです。
表の暖簾には「麺太濃多美味しい」と書いてあるのですが昨日までの埼玉系ダブルスープに比べると相当マイルドなイメージがありました。
麺は世間の麺からすると相当太麺なのですが、これも埼玉系に比べると全然ラーメンと言える程度でやはりつけ麺を表に出している店だけあって非常に強い麺です。やはりラーメンにしてはやや強すぎる感もあります。
その他チャーシューも重量感があって柔らかく申し分ないですし、メンマもしっかりガッツリ入っています。
味付玉子は小ぶりで固茹でですがかなり塩っ辛いです。スープと一緒に頂いた方が良いでしょう。
全体に味的には十分満足できる一品だと思います。
ただ、麺の多さにはちょっと参ってしまいました。美味しいラーメンは残さないのが信条なのですが、さすがにスープまで完食出来ませんでした。
どうも、ターゲットは腹ぺこの若者になっているようです。

今回結果的には特に関東で魚介系の個性の強い老舗を3件巡る格好になりました。
その上で総じて言えることは、都会地ではやはり強烈な個性を出せば出すほど強い人気が生まれるように思いました。
先日ひばりの感想で書いたのですが、ひばりのオープン当初は確かに松江の人も面食らう濃厚な魚介スープでしたが、でも遥かに洗練されていて雅な味だったと思います。
同じく濃厚な魚介スープでもっと下俗的と言っては悪いのかも知れませんが、ワイルドな頑者や、少し大人しめとは言ってもひばりのオープン時よりは遥かにあくの強い、あぢとみ食堂やべんてんは関東では超人気店です。
果たしてこれが松江だとやはり受け入れられないのでしょうか?
この様な味はもちろん万人向けではなく、関東でも受け入れがたい人も多く居るのだろうと思いますが、それよりも熱烈に欲する人が多くいて寒空に1時間半もの列を作っているのだと思います。
そして、この様な人たちはその味が変わらない限り列を作ることをやめないのでしょう。
あくまで個人的な意見ですがひばりの当初の味はアンチな人も居るでしょうが、逆にこの様な強固なファンを作り出す要素も持っていたと思います。
そう言う意味では少し方針転換が早すぎたのではないかと思ったりもします。
[PR]

by emozione | 2007-02-26 11:30 | 関東

あぢとみ食堂@川島町 正油太麺+味付玉子

f0088954_22335641.jpg

埼玉県比企郡川島町にあるラーメンの名店、あぢとみ食堂です。
ここは本来車で行くべきところで徒歩で向かうべきところではありません。
それでも車なしでも行きたいと言う全国のラーメンファンのために行き方指南をしておきます。
東京方面から向かう場合はとりあえず東武若葉駅を目指しましょう。私の場合大宮に用があったので京浜東北線で大宮、その後埼京線で川越まで行って東武東上線に乗り換えて若葉まで行きました。
さて、若葉駅からですが慣れていない人は駅前からタクシーに乗るのが良いかも知れません。
でも、タクシーの運ちゃんも店を知らない可能性があるので、店の地図と電話番号は用意しておいた方がよいです。
私の乗ったタクシーは電話番号を頼りにナビで場所を検索していました。若葉駅からタクシーで行くとおよそ2000円ぐらいかかりました。
バスにトライする方は若01系八幡団地行きに乗って南戸守で降りましょう。バスは一時間に2~3本程度です。
その他川越から川越02系東松山行きに乗る手もあります。どうしても時間帯に東松山行きがない場合は少し距離がありますが、八幡団地止まりに乗って上中山のバス停で降りてそのまま東松山方向にまっすぐ歩いても行けます。
逆に東武東上線東松山駅から川越02系川越行きに乗っても行くことが出来ます。
こんな親切な案内を書いているHPはどこにもなかったので、私はタクシーで行く羽目になりました。
何とか到着して入店。この店は店内奥の座敷に待合い用の座布団が10人分ぐらいだったでしょうか置いてあって座って並ぶようになっているのですが、私の到着した午後二時頃には残り2つ座布団が空いている程度の混み具合でした。
座布団から席に案内されるまで約15分、とりあえず定番と思われる正油太麺と味付煮卵を注文してから約15分でラーメンが運ばれてきました。
チャーシュー、海苔、メンマ、注文した煮卵と特徴的なのは貝割れを配した彩りが綺麗です。
スープは正油なので黒褐色でやや表面に浮く油は多めです。
で、スープの味でが、昨日の頑者のスープによく似ています。
鰹節系の出汁が全面に出ていてそれを脂身の多い動物系スープが支えています。
ただし、魚介系は頑者に比べると控えめでマイルドです。魚粉がより細かいパウダーで使用量も少ないためかと思われます。
そのおかげで全体に嫌みのない味に仕上がっています。
麺はこれも埼玉ラーメンの特徴なんでしょうか、太いです。ほぼストレートの太麺は丁度アルデンテに茹でたパスタに近い食感です。
チャーシューは分厚くトロトロの柔らかさで味付け玉子も半熟具合が申し分なく味も良く浸みていました。
貝割れはこってり系濃い味のこのラーメンでは結構良いアクセントになっていると思います。
さすがに人気店だけあって、個性を出しながらバランスの取れた良い味を出していると思いました。
苦労して行っただけの甲斐がありました。
苦労と言えば、徒歩で向かう人のための忠告ですが、帰り道にタクシーを拾って等と考えてはいけません。
私がバス停を捜してさまよう40分ぐらいの間、1台のタクシーにも出くわしませんでした。
これから行かれる方は本数は少ないですが、おとなしくバスを待ちましょう。
[PR]

by emozione | 2007-02-25 14:00 | 関東

日高屋@西川口 味玉しょうゆラーメン

f0088954_22295147.jpg

昼がギトギトのラーメンだったため夜はご飯系をと温玉うまから丼を食べるべく立ち寄った、バリバリFCの日高屋でまさかの売り切れ。
期せずしてラーメンの注文となってしまったため仕返しにブログアップしておきます。
頼んだのは味玉醤油ラーメン490円です。
絵に描いたようなFC系ラーメンで不味くはないのですがいかにもという味付けです。
醤油は薄目の甘めで中途半端さは否めないところです。
麺はプリプリでこれは結構食感がよいと思います。
煮卵も色は良く浸みていますが味はそれほど浸みているとは言えません。
辛み系のラーメンメニューも沢山あったのでそれを頼んでみても良かったかも知れません。
どうせラーメンに落ち着くならもう少しそれなりの店に行くべきでした。
下は、その後池袋店で雪辱を果たした温玉うまから丼490円。
温玉は殻付きの状態で出てくるのですが、手が汚れるのでできれば最初から割って置いて欲しいと思いました。
具材は豆腐抜きの麻婆豆腐の様な物でご飯は温かいのですがかかっている物は冷たい物でした。
これは絶対に暖めて乗せた方が美味しいと思いますよ。
そのままラーメンにしたような温玉旨辛ラーメンというメニューもありましたがこれも冷たいんでしょうか?
f0088954_1233179.jpg

[PR]

by emozione | 2007-02-24 22:30 | 関東

頑者@川越

f0088954_22243890.jpg

埼玉県川越市の本川越駅前にある頑者です。
埼玉でラーメン店と言えばまずこの店をあげる人も多いでしょう。
言わずと知れた行列店です。
土曜日の12時半頃という最悪の時間帯になってしまったため、店の前には50人ほどの列、しかしここまで来て諦めるわけにもいかないので列の最後尾に並ぶことにしました。
この店は完全入れ替え制で客を入れるため、一定時間毎に列が縮むのですが、せっかくなのでワンクールの時間を計ってみました。
一回に入る客の数は12人、ほぼ25分に一度のペースで回転しているようです。
今回は4クール目で入店となったため、JRも徐行運転するほどの強い北風の中1時間半並ぶこととなりました。
残り2巡ぐらいになると中からおばちゃんが出てきて注文を取りに来ます。
そうです、この店はつけ麺の名店だけあって殆どの人がつけ麺を注文していました。
つけ麺はラーメンにあらずをモットーとする私は、そんな中一人だけラーメンを注文です。
1時間半の死の行列を終えてやっとの事で入店すると奥から順番に座ります。
どうやら奥から椅子に番号がついていて先ほどとった注文はその番号で管理されているようです。
ちなみに10番はカウンターの角になり少し窮屈で損な番号でした。
水がセルフなので水をくみに行っているとラーメンだけは上がりが早いらしく席に着く前に出来上がっていました。
この組の中でラーメンを頼んだのは私だけだったため、寒い中並んだ人たちの羨望の眼差しの中あつあつのラーメンを一人頂くこととなりました。
海苔、チャーシュー、ゆで卵、ナルト、ネギを配したラーメンでスープの色は比較的透明感のある茶褐色。
鰹節系の魚介スープと動物系のWスープですが、節系の香りが強烈なスープに更に噛める程の大粒の魚粉が加えられています。
和風と言えば和風なんですが動物系も決してあっさりではなく薄膜を張るぐらいの油の層が表面を覆っています。
麺はつけめんと共通かと思われますが、パスタ並のストレート太麺でかなりのコシがありました。
つけ麺にはこれぐらいの強さが必要かも知れませんがラーメンにはやや強すぎる気もします。
スープ、麺ともとにかく強いインパクトを与えるラーメンで流石は埼玉一と賞せられるだけの事はあると感じました。
1時間半分冷やされた体温を取り戻し、1時間半分貯まった疲労に栄養を注入して店を後にしました。
帰りしな、やはり店の前には変わらず長蛇の列が出来ていました。
[PR]

by emozione | 2007-02-24 12:30 | 関東

春日食堂@春日町 中華そば

f0088954_21503615.jpg

松江市春日町に昨年4月にオープンした春日食堂です。
先日移転オープンした「だんだん家」さんとはお隣と言っても良いような場所にあります。
ここはセルフ形式の食堂でお袋の味系のお総菜が置いてあって好きな物をお盆に取って最後に精算するという形式のFC店で最近山陰でもあちこちに○○食堂と言う名前で出来ています。
好きな物を好きなだけ取って食べる事ができるのでそこそこ人気があるようです。
その中の一品として中華そばがあるので試しに頼んでみました。
中華そばは作り置きをしているとのびるので、ご飯のコーナーで注文して作ってもらう方式になっています。
注文すると番号のついた札をくれてそのまま精算をして席に着くとそこに運んできてくれます。
人気メニューなのか結構注文する人も多いようです。
中華そばですが、店のコンセプトでもあるのでしょうが、ネギとハム?だけの単純なトッピングに透明感のある醤油スープで、いかにも素朴な中華そばです。
味もFC店用のど真ん中を行くような差し障りのない味付けでスーパーで売っている生麺系の袋ラーメンのような味です。
味はともかく、他の惣菜も一緒に気楽に食べるならそれなりによいのかも知れません。
ところで、ラーメンを運んでくれるおばちゃん、私の後に注文した人には一緒に胡椒を運んでいましたが、私の所には胡椒は来ませんでした。
先日のトマトオニオンと言いラーメン店じゃないFCではこの様な目に遭うことが多い気がします。
[PR]

by emozione | 2007-02-23 21:50 | 松江市内

登竜門@西川津 担々麺

f0088954_16545894.jpg

先日、麺ランチを頂いて炭水化物攻撃に遭った西川津の登竜門です。
ここの辛味系メニューに興味がったので、今日は担々麺750円を試してみました。
これは、なかなか悪くないですね。胡麻の効いたスープに細かめの挽肉と青梗菜?それから細かく刻んだ野菜が何か入っているのですが、玉葱のようなシャリシャリした食感ででも玉葱のようなアクは感じません。なんでしょうか。
これが、スープを飲んだときにザラザラというかシャリシャリというか独特な舌触りを与えています。
辛味はさほど強くなく食べやすいです。
麺は細麺のストレートですが、少し茹ですぎの感があり食感がなくすぐに切れてしまう印象です。
この様な細麺の場合、少し芯があるぐらいで茹で止めてもらった方が個人的には好みです。
全体に、麺の加減以外は良くできていると思います。
f0088954_16551134.jpg

連れの頼んだ麻婆豆腐セット(ライス、小鉢、スープつき790円)の麻婆豆腐ですが、お願いすると麻婆豆腐を陳麻婆豆腐に代えてもらうことが出来ます。
陳麻婆豆腐には四川山椒(たぶん花椒)が入るのですが、これが舌の痺れるような、それでいてどことなくシナモンの甘みのようなスパイシーな香りを醸し出していて大変美味しい一品でした。
後の小鉢とスープはどちらかと言えば?だったのですが、個人的な印象として、このお店は辛味系のメニューは大変美味しいのに対して、辛味のないメニューには・・・という傾向があるように感じました。
ここのメニューにまだ未食の麻婆麺と言うのがあるのですが、これが果たして陳麻婆麺になるのか分かりませんが一度試してみる価値はありそうです。
ところで、このお店は2回目だったのですが、前回も今回も何故かこの店では喫煙者に遭遇する確率が高いようです。
今日は特に自分たち以外の客がなんと見事に全て喫煙者という、かつて経験のない事態に遭遇しました。
前回の記事にも書いたのですが、店の作りの為か店内の換気が悪く煙がこもる傾向にあります。
幸い食べている間の喫煙ではなかったのですが、帰った後に確認すると服は全て煙草臭で汚染されていました。
ランチタイムぐらいどうにか禁煙にして頂けない物でしょうか。
[PR]

by emozione | 2007-02-20 13:50 | 松江市内

塩や@菅田 月曜限定も残りわずか?

f0088954_1716587.jpg

塩やさんの月曜限定豚骨デーが近々終了になるとの噂を受けて行って来ました。
昼1時を少し過ぎていましたが、ほぼ満席に近い状態、だいぶこの日の企画が浸透してきたのでしょうか。
言っては悪いのですが、個人的には普段のスープについては多少煮え切らない物を感じているのですが、月曜日のスープは大変美味しいと思うので、そう思っている人も多いのではないでしょうか。
近々終了は大変残念です。
さて、今日いただいたのは醤油味玉子入りらー麺800円です。
昨年の豚骨デーの時に頂いた物と比べると今日のはかなり薄く感じました。
濁りもやや少なく味も普段のスープと豚骨デーのスープの中間ぐらいの濃度に感じます。
その分醤油をやや強めで、豚骨が控えめな分魚介が表に出ていたので、これはこれで成り立っているのかも知れませんが、好みから言えば昨年の豚骨デーで頂いた物の方がより好みに感じます。
某HPによりますと、素材のコンディションで濃度に差が出るとの事なので、今日のは、たまたまそうなったのでしょうか。
思いっきり濃くなってしまった時に食べてみたかったです。
f0088954_17162585.jpg

連れの頂いた塩味玉子入りらー麺ですが、こちらだとさらに濃度の薄さが表に出るようです。
定番の塩と豚骨デーの塩の中間というか、足して2で割ったような味でした。
豚骨デー終了との話もありますが、いっそのこと普段のスープの濃度を少し上げて、今日のスープぐらいの状態をデフォルトにしてしまうという手はない物でしょうか。管理が大変なのかも知れませんが普段に戻ってしまうのは大変残念です。新しいメニューというお話もあるようですが、スープが変わらないのであれば、またの豚骨デー復活の時に立ち寄りたいと思います。
[PR]

by emozione | 2007-02-19 13:05 | 松江市内

だんだん家@春日町 移転オープン記念

f0088954_18122114.jpg

お待ちかねの方も多かったと思います。だんだん家が春日町に移転オープンです。
初日と言うこともあり、お昼時には前の駐車場に空きスペースが無かったためお昼をかなり過ぎてからの来店です。
来店してみて分かりましたが、駐車場は裏にもあるようですね。表は少し出入りがしにくいので今度からは裏を利用しようと思います。
さて、東本時代を含めて2度目の来店なので、今日は煮卵ラーメンの醤油を頂くことにしました。
基本のスープは鯛の煮干しと干し貝柱がメインとのことですが、あくまで個人的な印象としては塩ではスルメとか貝柱の部分が、醤油の場合は鯛の部分がより浮かび上がるように感じました。
魚介と言っても強くアピールするスープではなくてどちらかと言うと「調和」という言葉がピッタリ来るタイプのスープだと思います。
ちょっと違うのですが、何となく鯛茶漬けを連想させる味で、ある意味松江っぽい味と言って良いんでしょうか?
煮卵はしょっぱいというレポートもありましたが、私に言わせればこれぐらい濃厚にやって頂けるとラーメンにインパクトを加えてくれて丁度良いです。その他の具もさすがに洗練されています。チャーシュー美味しかったです。
f0088954_18123189.jpg

連れの頂いた梅しそラーメンです。
スープのみの試食ですがコンセプトは梅茶漬けですね。
讃岐に「梅うどん」と言うのを出す店がありますが、何か近い感じがしました。
ありそうで今まで遭遇する事の無かった味で、梅としその爽やかさを前面に出していてどちらかと言うと夏向きなのかも知れません。
なんか、鯛茶漬けに梅茶漬けで括ると茶漬けラーメンって事かよと突っ込まれそうですが、当たらずとも遠からずと言う印象を持ちました。
次回は未食のつけ麺(ここに限らず、つけ麺は敢えてこれまで未食としてきました。)を、ここで試してみようと思います。
その節は、またレポートを入れますので乞うご期待!
f0088954_18124192.jpg

[PR]

by emozione | 2007-02-13 14:10 | 松江市内

麺家ひばり@学園 白湯らあめん

f0088954_1894488.jpg

ほぼ1ヶ月ぶりの訪問です。
今回はオープン当初のまだ「ぬるい」と指摘を受けていた時代に頂いた以来の白湯らあめんを頂きました。
さすがに「ぬるい」というのは既に過去のこととなっているようです。
少しスープにマイナーチェンジが加わったのか、オープン当初に比べて若干魚介系がマイルドになった気がします。
白湯に関してはバランス的にこれで良いのかも知れません。
このスープは時間が経って少し冷めてからも大変美味しいです。
今まで頂いた中で最もベストな一品だと思いました。見事です。
f0088954_1810063.jpg

Jrが頂いた醤油らあめんのスープに関しても前回頂いたときに比べて若干魚介スープがまろやかになった気がします。
まろやかとは言っても魚介系と醤油が調和して巧くまとまっています。
Jrは気に入って一人で完食してしまいました。
f0088954_18101032.jpg

問題は牛すじ味噌らあめんなのですが、ブレなのかそうでないのか分かりませんが、ベースの魚介がまろやかになっただけでなく、味噌が薄く感じました。この味噌はもともと酸味の強い味噌だと思うのですが、これが濃度が薄いと酸味だけが表に出て旨みが薄らいでしまう感じがします。牛すじも若干水っぽい印象を受けました。たまたまと言うことなら良いのですが少し心配です。

全体としてオープン当初と比べて全体に少し押さえ気味にシフトしている感じがします。
確かに魚介系が苦手という人が居るのも事実だし、今まで魚介系のラーメンに慣れていなかった松江の人があの濃厚な魚介スープに面食らった場面もあったのかも知れません。
また掲示板等でそのような意見が有ったのも事実です。
しかし、個人的にはそれが麺家ひばりさんの強烈な個性だったと思うし、その個性が弱まるのは少し残念な気もします。
そうは言っても、経営的な事を考えれば、都会地のように強烈な個性を出してもそれを支持する人で行列を作るだけの地盤がもし松江に無いとすれば、この様な方針転換も致し方がないのでしょうか。
[PR]

by emozione | 2007-02-12 13:06 | 松江市内

風龍@東条 スタミナラーメン

f0088954_155531.jpg

広島県庄原市東城町の風龍です。
場所は庄原市役所東城支所の西側にスーパー「トーエイ」の一角にあります。
実はここは、何年も前からお気に入りで何度か行ったことがあるのですが、久しぶりに福山に向かう途中に寄ってみました。
ラーメン、餃子+焼肉と言うスタイルでレトロな雰囲気と言い鹿島町の寿食堂を彷彿とさせるものがあります。
10人分ほどのカウンターとテーブル席が2つというこぢんまりした店内で顔の怖いおばちゃん(失礼)と若いお兄さんでの営業です。
地元ではそれなりに人気があるようで、お昼をかなり過ぎた時間でしたが満席に近い状態でした。
ここではラーメンだけで17のバリエーションがあり、しょうゆ、味噌、博多などの基本形もあるのですが、何と言っても一押しはスタミナラーメンです。
スタミナラーメンは以前は確か800円程度だったと思いますが(不確かです)今は一杯1000円とラーメンの中では破格になっています。
なぜこんな値段なのかは後に説明いたします。
さて、まずは外見からですが、茶褐色の比較的透明度の高いスープにねぎ、もやし、木耳と特徴的なのは生卵が一つ、これにパラリと白ゴマがかかっています。見た目、生卵以外は特に何の変哲もないラーメンです。では、1000円の理由は何でしょうか。
f0088954_161347.jpg

麺の下を探ると、出てきたのは大ぶりの牛テール肉です。骨付きで2つ入っています。
テールはトロトロになるまで煮込んであって、ゼラチンのような食感です。これが何とも絶品です。
これを食べれば、定番のラーメンより500円高いのは許せてしまいます。
テール以外の部分ですが、スープは牛骨だと思います。テールの旨みも含まれているのだと思いますが、牛骨の旨みが良く出ていて相当美味しいです。もやし、木耳は適量バランスが良くラーメンを旨く引き立てています。木耳の質も良いです。
個人的には、生卵は無くても良いんじゃないかと思います。これが、煮卵ならさらに良いと思うんですが・・。
とは言え、1000円納得のラーメンです。
店内、灰皿はありますが今までの経験上、土地柄かあまり煙に悩まされた経験はありません。
駐車場も完備です。松江から福山に向かう際は丁度中間地点の道すがらになりますので、時間とお財布に余裕のある方は是非お立ち寄り下さい。
f0088954_162511.jpg

[PR]

by emozione | 2007-02-11 14:15 | 広島県