カテゴリ:関東( 37 )

あぢとみ食堂@川島町 正油太麺+味付玉子

f0088954_22335641.jpg

埼玉県比企郡川島町にあるラーメンの名店、あぢとみ食堂です。
ここは本来車で行くべきところで徒歩で向かうべきところではありません。
それでも車なしでも行きたいと言う全国のラーメンファンのために行き方指南をしておきます。
東京方面から向かう場合はとりあえず東武若葉駅を目指しましょう。私の場合大宮に用があったので京浜東北線で大宮、その後埼京線で川越まで行って東武東上線に乗り換えて若葉まで行きました。
さて、若葉駅からですが慣れていない人は駅前からタクシーに乗るのが良いかも知れません。
でも、タクシーの運ちゃんも店を知らない可能性があるので、店の地図と電話番号は用意しておいた方がよいです。
私の乗ったタクシーは電話番号を頼りにナビで場所を検索していました。若葉駅からタクシーで行くとおよそ2000円ぐらいかかりました。
バスにトライする方は若01系八幡団地行きに乗って南戸守で降りましょう。バスは一時間に2~3本程度です。
その他川越から川越02系東松山行きに乗る手もあります。どうしても時間帯に東松山行きがない場合は少し距離がありますが、八幡団地止まりに乗って上中山のバス停で降りてそのまま東松山方向にまっすぐ歩いても行けます。
逆に東武東上線東松山駅から川越02系川越行きに乗っても行くことが出来ます。
こんな親切な案内を書いているHPはどこにもなかったので、私はタクシーで行く羽目になりました。
何とか到着して入店。この店は店内奥の座敷に待合い用の座布団が10人分ぐらいだったでしょうか置いてあって座って並ぶようになっているのですが、私の到着した午後二時頃には残り2つ座布団が空いている程度の混み具合でした。
座布団から席に案内されるまで約15分、とりあえず定番と思われる正油太麺と味付煮卵を注文してから約15分でラーメンが運ばれてきました。
チャーシュー、海苔、メンマ、注文した煮卵と特徴的なのは貝割れを配した彩りが綺麗です。
スープは正油なので黒褐色でやや表面に浮く油は多めです。
で、スープの味でが、昨日の頑者のスープによく似ています。
鰹節系の出汁が全面に出ていてそれを脂身の多い動物系スープが支えています。
ただし、魚介系は頑者に比べると控えめでマイルドです。魚粉がより細かいパウダーで使用量も少ないためかと思われます。
そのおかげで全体に嫌みのない味に仕上がっています。
麺はこれも埼玉ラーメンの特徴なんでしょうか、太いです。ほぼストレートの太麺は丁度アルデンテに茹でたパスタに近い食感です。
チャーシューは分厚くトロトロの柔らかさで味付け玉子も半熟具合が申し分なく味も良く浸みていました。
貝割れはこってり系濃い味のこのラーメンでは結構良いアクセントになっていると思います。
さすがに人気店だけあって、個性を出しながらバランスの取れた良い味を出していると思いました。
苦労して行っただけの甲斐がありました。
苦労と言えば、徒歩で向かう人のための忠告ですが、帰り道にタクシーを拾って等と考えてはいけません。
私がバス停を捜してさまよう40分ぐらいの間、1台のタクシーにも出くわしませんでした。
これから行かれる方は本数は少ないですが、おとなしくバスを待ちましょう。
[PR]

by emozione | 2007-02-25 14:00 | 関東

日高屋@西川口 味玉しょうゆラーメン

f0088954_22295147.jpg

昼がギトギトのラーメンだったため夜はご飯系をと温玉うまから丼を食べるべく立ち寄った、バリバリFCの日高屋でまさかの売り切れ。
期せずしてラーメンの注文となってしまったため仕返しにブログアップしておきます。
頼んだのは味玉醤油ラーメン490円です。
絵に描いたようなFC系ラーメンで不味くはないのですがいかにもという味付けです。
醤油は薄目の甘めで中途半端さは否めないところです。
麺はプリプリでこれは結構食感がよいと思います。
煮卵も色は良く浸みていますが味はそれほど浸みているとは言えません。
辛み系のラーメンメニューも沢山あったのでそれを頼んでみても良かったかも知れません。
どうせラーメンに落ち着くならもう少しそれなりの店に行くべきでした。
下は、その後池袋店で雪辱を果たした温玉うまから丼490円。
温玉は殻付きの状態で出てくるのですが、手が汚れるのでできれば最初から割って置いて欲しいと思いました。
具材は豆腐抜きの麻婆豆腐の様な物でご飯は温かいのですがかかっている物は冷たい物でした。
これは絶対に暖めて乗せた方が美味しいと思いますよ。
そのままラーメンにしたような温玉旨辛ラーメンというメニューもありましたがこれも冷たいんでしょうか?
f0088954_1233179.jpg

[PR]

by emozione | 2007-02-24 22:30 | 関東

頑者@川越

f0088954_22243890.jpg

埼玉県川越市の本川越駅前にある頑者です。
埼玉でラーメン店と言えばまずこの店をあげる人も多いでしょう。
言わずと知れた行列店です。
土曜日の12時半頃という最悪の時間帯になってしまったため、店の前には50人ほどの列、しかしここまで来て諦めるわけにもいかないので列の最後尾に並ぶことにしました。
この店は完全入れ替え制で客を入れるため、一定時間毎に列が縮むのですが、せっかくなのでワンクールの時間を計ってみました。
一回に入る客の数は12人、ほぼ25分に一度のペースで回転しているようです。
今回は4クール目で入店となったため、JRも徐行運転するほどの強い北風の中1時間半並ぶこととなりました。
残り2巡ぐらいになると中からおばちゃんが出てきて注文を取りに来ます。
そうです、この店はつけ麺の名店だけあって殆どの人がつけ麺を注文していました。
つけ麺はラーメンにあらずをモットーとする私は、そんな中一人だけラーメンを注文です。
1時間半の死の行列を終えてやっとの事で入店すると奥から順番に座ります。
どうやら奥から椅子に番号がついていて先ほどとった注文はその番号で管理されているようです。
ちなみに10番はカウンターの角になり少し窮屈で損な番号でした。
水がセルフなので水をくみに行っているとラーメンだけは上がりが早いらしく席に着く前に出来上がっていました。
この組の中でラーメンを頼んだのは私だけだったため、寒い中並んだ人たちの羨望の眼差しの中あつあつのラーメンを一人頂くこととなりました。
海苔、チャーシュー、ゆで卵、ナルト、ネギを配したラーメンでスープの色は比較的透明感のある茶褐色。
鰹節系の魚介スープと動物系のWスープですが、節系の香りが強烈なスープに更に噛める程の大粒の魚粉が加えられています。
和風と言えば和風なんですが動物系も決してあっさりではなく薄膜を張るぐらいの油の層が表面を覆っています。
麺はつけめんと共通かと思われますが、パスタ並のストレート太麺でかなりのコシがありました。
つけ麺にはこれぐらいの強さが必要かも知れませんがラーメンにはやや強すぎる気もします。
スープ、麺ともとにかく強いインパクトを与えるラーメンで流石は埼玉一と賞せられるだけの事はあると感じました。
1時間半分冷やされた体温を取り戻し、1時間半分貯まった疲労に栄養を注入して店を後にしました。
帰りしな、やはり店の前には変わらず長蛇の列が出来ていました。
[PR]

by emozione | 2007-02-24 12:30 | 関東

らーめん厨房どる屋@宇都宮

f0088954_1183826.jpg

最近のネタがないので、2005年8月に食べた物です。
宇都宮市役所の近くのらーめん厨房どる屋と言う外から見るととてもラーメン屋に見えない、名前も謎のラーメン屋さんです。なぜ、そんなに昔に食べた物を今更アップするかというと、ここのラーメンが今まで全国で食べたラーメンの中でも最も変わり種でインパクトの強いラーメンだったからです。写真は栃木の鮎ラーメンと言って文字通り鮎で出汁を取っています。そのため、最初スープを一口飲むと、川魚特有の強烈な泥臭さが口の中に広がります。かなり、えぐいインパクトです。なのですが、これが徐々に慣れるというか、だんだんやめられなくなると言うか、マゾの境地というか、悔しいけどおいしく感じてしまう様になってしまいます。そして、しまいには食べ終わった後にとてつもない満足感と心地よい後味が口の中を支配しています。これを、はたして他のラーメンと同様の食べ物として扱って良いのかどうか、いわゆる普通のラーメンと思わない方が良いのかも知れません。それでも、宇都宮に行く用があった時は是非一度トライアルしてみられることをお勧めいたします。ちなみに、鮎ラーメンは期間限定のようで、それ以外の時は鯛だしラーメンと言うのをやっているようでした。これも、果たしてどんな味がするのだろう。鮎よりは普通のラーメンに近いのかも知れません。
[PR]

by emozione | 2006-06-07 01:32 | 関東

調子に乗ってもういっちょ 青葉@御徒町

f0088954_1393294.jpg

遅い朝食を食べた直後、秋葉原に向かう途中偶然前を通りかかり、満腹を押して食べるかどうか店の前でさんざん迷ったあげく、それでも食べてしまいました。腹に入るかどうか不安なため、とりあえずメニューはデフォルトの中華そば。まずは入り口で食券を買って中に入ると、一席のみ空席・・・なのは良いがこんな隙間に入れるんかい?と突っ込みたくなるほど密集した隙間に体をねじ込ませ,しばし待つといかにも東京風の彩りのラーメンが運ばれてきた。まずはスープを一口、とんでもない程の鰹の香りが舌を直撃する。これは・・・先日食べた斑鳩を思い出した。なるほど東京では今こんな味が受けてるんだな。魚介+動物って確かに日本を代表するほどのランキングに上がる店だけあって、満腹腹にもすごくおいしかったです。でも、東京の名店もこの系ばかりじゃつまらないかも。
[PR]

by emozione | 2006-05-31 01:56 | 関東

斑鳩@九段

f0088954_3164236.jpg

ここも、敢えて説明する必要はないと思います。
数々の人気投票で上位を占め、テレビ番組でも取り上げられた超有名店、九段斑鳩の煮卵ラーメンです。
お昼と夕方の間ぐらいの時間、この時間が穴場だと聞いて参上しました。
店の前に10人ほどの列、しかしさほど待たされることもなく、10分ほどで「次のお客様!」というラーメン屋としては非常に紳士的な対応で招き入れられ席に着きました。
ラーメンが運ばれるまでの間、厨房の中は常に慌てることなく、スマートに仕事をこなしていて、ラーメンと言うよりフランス料理の厨房のような上品な仕事ぶりだと感心していると、さほど時間もかからないうちにラーメンが運ばれてきました。
まずはスープを一飲み。「ん!?」
これはどこかで味わった味、・・・・そうだ、名古屋の寿がきやラーメン、、これを、しこたま上品にしたような・・・。このイメージ間違ってますか?
恐らく豚骨がメインだろうと思われるベースと、魚介系の合わせが見事にマッチしてさすがと言う感じでした。
そうですね、煮卵はちょっと火を通しすぎた感がありました。
自分的には北海道から九州まで色々食べ歩きましたが、煮卵に関しては、東出雲町の豚八が一番だと思っています。
[PR]

by emozione | 2006-03-25 03:37 | 関東

麺屋武蔵@東京新宿

f0088954_211968.jpg

全国的に超有名な麺屋武蔵のあじ玉ラーメン850円です。
行ったのは日曜の夜8時頃で、店の入り口から一人か二人外にあぶれる程度に並んでいました。
券売機の所まで列が進むと食券を買い、すぐに店員が人数と「あっさり」か「こってり」の好みを聞いて食券を回収します。
迷わず「こってり」を選択、20分ほど並んだ所で席に座ることが出来ました。
待つことしばらく、運ばれてきたラーメンは醤油の黒っぽいスープに、ネギ、メンマ、チャーシュー、海苔、と煮卵がトッピングされ、その間からかなり太い麺が垣間見えます。
早速スープを一口、鰹の香りと濃い口醤油の風味が特徴の和風スープ・・・「ん?」確かに今までにないタイプのスープだが、どこかで食べた味に近い。
そうだ、これは「きしめん」のスープに近いのだと気が付きました。
なるほど、行列が出来るだけあって、確かにおいしいラーメンでした。
スープを飲み干すと、底にユズが沈んでいました。
これが、和風スープに独特のアクセントを加えているんですね。
食べ終わって店を出ると、外には10人ぐらい、入り口からあぶれた人が並んでいました。
[PR]

by emozione | 2006-03-24 02:34 | 関東