カテゴリ:境港市内( 8 )

ソーキ肉そば@拉麺屋神楽境港店

f0088954_01060082.jpg
f0088954_01061049.jpg
f0088954_01061709.jpg

 久々の更新です。
 今回は山陰を中心に多店舗を展開する拉麺屋神楽の境港店です。豚骨を中心に定番の拉麺を提供する山陰では最大と言っても良いチェーンですが、以前にも長崎風チャンポンなど季節限定で興味深いメニューをリリースしてきましたが、今回は沖縄そば風のソーキ肉そばです。某沖縄料理専門店が閉店して山陰で本格的な沖縄そばを食べる事がなかなか難しくなりましたがそんな中意外な所で沖縄そばがラインナップに上がったと言う事でさっそく行ってきました。この日は直前まで米子で所用があったため米子の店舗も考えましたが帰り道と言う事で「境港店」に。21時前の時間帯でしたが入店すると待合席で待つように指示されます。よく見ると店内には確かにそれなりに客が居るのですが半数以上は空席、しかしすぐに通されないのにはどうやら事情があるようでした。それぞれの席が全て食べ終わった物の片付けができていない。ホールには2人の人員がいるのですが、観察してみるとどうも動きに無駄が多い。例えばある机を片付ける時に食べ終わりの食器を重ねて手で持っていくのですが全部を持ちきれなくてコップなど一部が残った状態に、それを戻って片付ければ良いのですが一旦離れるとそれを残したまま別の注文を持って行ったり他の注文を聞きに行ったり。周りは中途半端に食器が残った机が一杯という状況でした。そして注文をお願いしてもちょっとお持ち下さいと注文票をカウンターまで取りにいってそのまま別の注文品を運んだり動きに一貫性がない。何かをする時にはそれを最後までするとか片付けにはお盆を持って一度で済むように工夫するとかいちいちカウンターまで注文票を取りに行かなくても良いように持ち歩くとか何かもう少し効率的な動きが出来ないものかと感じました。
肝心なソーキそばですが、自分の思っているソーキそばと比べると、やや塩気が強めだったり鰹の風味がもう少し欲しい感じだったり紅ショウガが入れすぎ、というかテーブルに紅ショウガが置いてあるのならデフォで入れるのではなくオプションで入れるようにすれば良いんじゃないかと言ったツッコミはありましたが、それでも沖縄そばの雰囲気をしっかり感じられるもので、これが身近に気軽に食べられるなら十分ありじゃないかと思える仕上がりでした。特に麺は平打ち麺で名護あたりの麺の形状に近いようですがこれがなかなかしっかりした麺で、恐らく自家製麺と思われますがこの麺が出来たから沖縄そばの発想が生まれたのかなと思えるようななかなか魅力的な麺でした。長崎チャンポンの時も最初のリリースから次第に進化して最終的には素晴らしい出来に仕上がった記憶があり沖縄そばにも更なる進化が加わってあわよくば定番化して貰いたい物です。それだけにオペレーションが少し残念でしたが多店舗でも同様なのかどうか分かりません。ソーキそばについてはできれば別店舗でもう一度食べてみたいと思います。

[PR]

by emozione | 2017-06-23 21:00 | 境港市内

亀福食堂@境港(福定店)

f0088954_3421273.jpg

 鳥取西部はラーメンに独特の牛骨文化が根付く全国的にも珍しい地域です。(詳しくはこちらの鳥取牛骨ラーメンタグを参照)主に旧伯耆国に分布しますが境港市はその北西側の境界となります。そのため市内には何店かの牛骨ラーメンを提供する店があります。亀福食堂(らーめん亀福)福定店もそのうちの一店ですが、以前に紹介した「亀福渡店」とは未確認ながらどうやら親子にあたるようです。
f0088954_3423085.jpg

 ラーメンのメニューは系統別で、ラーメン(600円)、塩ラーメン(650円)、味噌ラーメン(750円)と後はトッピングと量のバリエーション等です。その他に丼物があって実はこちらの方でも定評が高く、この日の目的は丼物だったのですが、「今日は丼物が出来ません」との事でやむなくラーメンとなりました。何故か50円違いのラーメン、塩ラーメンをオーダーです。
f0088954_3424256.jpg

 「ラーメン」です。澄んだ醤油ベースでネギ、モヤシ、メンマ、チャーシューの一般的なトッピングです。麺はつたや製麺製のストレート麺です。こちらは一言で言えば絵に描いたような牛骨ラーメン。醤油の個性が強い目なので少ししょっぱいめに感じますが、それに負けないぐらのしっかりとした牛骨ベースで豊かなヘットの香りが口の中に広がります。あらためて牛骨と醤油の相性の良さを感じさせてくれます。麺はほぐしが甘い若干ダマになったようなスタイルで、一般的なラーメンの概念からするとあまり頂けない麺と言う事になるのでしょうが、香味徳@赤崎同様これが鳥取牛骨ラーメンのスタイルとすれば、それをきちんと継承したラーメンという事になります。
f0088954_3425262.jpg

 こちらは「塩ラーメン」。何故か醤油ベースの「ラーメン」とは50円の価格差がありますが、こちらの店では圧倒的に塩の方が人気が高く、私以外の客は全て塩系の注文でした。今回スープのみの試食ですが、醤油とはまるで別物に感じます。あまり牛骨を感じさせないスープで同じベースを使っているのか疑問にさえ思います。あっさり口のラーメンとして人気なのだと思いますが、より牛骨の醍醐味を味わいたいと言う事であれば個人的には「ラーメン」を選択する事をお勧めしたいと思います。

店名 亀福食堂
TEL 0859-42-3847
住所 鳥取県境港市福定町163-2
営業時間 11:00~15:00
     17:00~20:00
定休日 火曜日


[PR]

by emozione | 2010-06-10 13:15 | 境港市内

太陽軒@境港PLANT店 しおラーメン+煮玉子

f0088954_210198.jpg

 以前良く通った境港Plant5内の太陽軒です。こってり好きで化調を気にしない向きにはそれなりに好きな味で、手ごろな価格も相まって良く行っていたのですがある時を境に味が変わってしまったようでしばらく足が向きませんでした。今回、久々という事もあって試しにいただいてみる事にしました。しおラーメン+煮玉子(480円)です。前回は無意味に味気のない油で増量されたような印象だったのですが今回はそのような事は無くいただく事が出来ました。以前の味に戻ったかというと決してそうではなく、むしろ以前よりあっさりした印象にシフトしているように感じました。決して悪い方向ではないと思うので、また利用する機会がありそうです。ただ、煮玉子は少し固茹ですぎるような・・・。

住所 鳥取県境港市竹内団地276
電話 0859-45-0150
営業時間 Plant5の営業時間に準じる


[PR]

by emozione | 2009-11-16 14:00 | 境港市内

日の丸食堂@境港

f0088954_17344253.jpg

 創業何年なのか分かりませんが、昭和レトロの雰囲気がプンプンの日の丸食堂です。場所は境港の水木茂ロード、アーケードの端の角です。その昔、境港で外食と言えばやよい1階の食堂か日の丸食堂だったというほど境港市民に親しまれた食堂のようです。食堂と言うだけにラーメン以外にも丼、うどん、定食、カレー、オムライスと何でも有りのメニュー構成になっています。ラーメン系のメニューでは、ラーメン、チャンポン、チャーシューメンとありましたので今回はラーメンとチャンポンの注文としました。
f0088954_17361652.jpg

 ラーメン(450円)です。澄んだ醤油系スープにチャーシュー、メンマ、モヤシ、ネギ、蒲鉾のトッピングです。スープは醤油と化調で整えられていてベース部分が難しいのですが、どうも鶏でも豚でも無い感じがします。牛骨でしょうか?昔風の素朴な味わいに仕上げられています。麺は中細のウエーブ麺ですが少しほぐしが甘く器の底でダマになった状態です。先日の香味徳@赤崎でもそうでしたが、鳥取西部の古いタイプのラーメンでは麺をほぐさないのがセオリーなのかも知れません。
f0088954_17363670.jpg

 チャンポン(600円)です。野菜と豚肉を炒めたものにラーメンスープを加え溶き卵を和えたチャンポンで、よく松江のチャンポンで見られる「とろみ」は付いていません。チャンポンと言うよりは野菜ラーメンと言った方がピッタリ来ます。とにかく野菜てんこ盛りで山のような状態で運ばれてくるのでかなりのボリュームです。野菜の味と溶き卵の味が出ているので元スープからだいぶ変化していますが、基本スープはラーメンと共通かと思われます。チャンポンかどうかは別としてこれはこれで旨いと思います。
f0088954_17365011.jpg

 チャンポンを頼むのに当たって表のサンプルを見てから入ったのですが、思わず長崎系チャンポンを期待してしまいました。このサンプル長崎系チャンポンに見えませんか?
[PR]

by emozione | 2007-10-04 13:00 | 境港市内

太陽軒@境港Plant5内 塩ラーメン

f0088954_15415727.jpg

境港市のショッピングセンターPLANT5のフードコート内にある太陽軒です。背油コッテリ系のスープとプリンとした食感の麺が気に入って良く通っていたのですが、最近行く機会が少なくなっていたのですが久しぶりに行ってみることにしました。
 見た目は以前とさほど違いはないのですが、味は少し変わったように思います。コッテリ背油には違いないのですが、無意味にラードが多くなったような気がします。そのためラードで旨みが抑えられギトギトした油だけが口に残る感触があります。麺も一部ダマがあったりして茹で具合が今ひとつのようです。少し期待はずれの感がありましたが、作り手によるブレなのかも知れません。再度確認の必要があると感じました。

★SCごとまるまる禁煙★
[PR]

by emozione | 2007-08-05 14:55 | 境港市内

太陽軒@境港Plant5内 豚骨ラーメン

f0088954_0165615.jpg

買い物に寄ったところ、限定豚骨と言う文句に惹かれて食べてみることにしました。
ここはショッピングセンター内のフードコートのような場所でセルフ方式になっています。
店の入口で注文、トレーを持ってレジに移動(と言っても1~2m程)、この間おにぎりなどが必要な場合トレーに乗せる、さぬきうどんのセルフに近い方式です。精算を終えるとフードコート内の空いた好きな席に座って食べます。
こんな店なので限定とは言え豚骨スープをわざわざ焚いている可能性は低いかと思われますがいかがでしょうか。
と言う事で出てきた豚骨ラーメン(430円)ですが、背油の効いた豚骨スープにネギ、モヤシ、キクラゲ、海苔、紅生姜にチャーシューと煮玉子、結構豪華なトッピングです。スープの味は・・・、これはギトギト好みの味覚中枢を刺激する味です。たぶんラーメン通と言われる方々に言わせると「化調がきつくて」、となるところでしょうが、個人的にはこの系悪くはありません。恐らくここのベーススープ、背油系スープだけ共通でこれに業務用豚骨ペーストを合わせたものかと思われます。でも嫌いじゃないですねこの味。華遊軒@彦名が美味しいと思う人は美味しいんじゃないでしょうか。
[PR]

by emozione | 2007-05-22 12:40 | 境港市内

「亀福」渡店@境港

f0088954_22592249.jpg

境港方面に出かけるついでに寄ってみました。
牛骨スープで知られる、「亀福」渡店@境港です。
場所は大根島方向から向かうとして、江島大橋を鳥取県側に渡って下りきった所にある信号を北方向に左折して、大型車はちょっと無理だぜ!と思える路地を50mほど行ったところにあります。初めて行く人には、かなり分かりにくい場所かと思われます。
店に着いてみると結構スペースがあり、駐車場は4~5台ぐらいは余裕で止まれるようになっています。
老夫婦と思われるお二人で営業をされていて、可愛らしい声の奥さんが注文を取りに来てくれます。
スープはデフォルトの醤油、塩、味噌の3系統でこれに色々のトッピングバリエーションが加わります。
今回は連れがらーめん550円と私が塩らーめん600円を頂くことにしました。
のんびりした仕事の割に意外と早い出来上がりです。これをおばさんが少々ぶっきらぼうにテーブルに運んでくれます。
出てきた塩らーめんは、透明感の高いスープでチャーシュー2枚、もやし、ネギのトッピングです。
レンゲがないので飲むのが大変ですが、スープは牛骨が香る松江にはあまりないタイプのスープで非常に特徴的です。
ネギの旨みが牛骨スープを引き立てていますが、少しネギが強すぎる感もあります。それでも、予想以上に美味しいです。
麺は卵が多いのか黄色が強い堅めの麺で少しムニュっと食感があり時間が経ってもふやけない強い麺です。
チャーシューは少しパサッとした食感で醤油の香りがかなり強く醤油辛いと言った方がよい感じです。スープよりかなり濃い味付けなので少し邪魔な感じがしないでもありません。
f0088954_2259533.jpg

ここで使用している醤油はかなりアクの強いタイプなのか、(醤油)らーめんは、醤油の香りが強く牛骨に勝ってしまっている感があります。これはこれで醤油の香りと言うより醤油臭さが好きな人には魅力的な味わいなのですが、牛骨の風味を楽しむなら俄然塩の方が向いていると思われます。塩の方が600円高いのはそのためでしょうか?だとすれば、700円の味噌らーめんはもっといけているのでしょうか。一度試してみなければいけません。
[PR]

by emozione | 2007-05-02 12:25 | 境港市内

太陽軒@境港Plant5内

f0088954_2224857.jpg

境港市のショッピングセンター、Plant5内にあるゴクうまラーメン「 太陽軒 」 境港PLANT店 のスペシャル塩ラーメンです。
米子に本店があり、ここはフードコートの一角にある屋台のような形式の店です。
よくある、ショッピングセンター内のフードコート同様、セルフ形式で出来上がったラーメンを好きなテーブルに持っていって食べる形式です。
ショッピングセンター内全体が禁煙になっているので、煙草の煙は一切ありません。
ラーメンですが、ここの特に塩ラーメンははっきり言って旨いです。
スープは動物系のみで今流行の魚介系の香りは無しです。
恐らく、豚と鶏のミックスに背油のミックスだと思われますが、全ての旨みが凝縮した絶品スープです。
麺もあまり他では経験しないようなプリンとした食感でこしがあり、これも素晴らしいです。
しかも、単なる塩ラーメンなら、一杯380円という信じられない値段です。
塩が特に好みですが、みそ、醤油もハイレベルです。
他に担々麺があるのですが、この近辺の担々麺の中では最も担々麺らしい担々麺で、ゴマの風味が豊かでベースの出汁も効いていて癖になる味です。
常々思うのですが、北海道、東京、大阪、九州の名店と呼ばれる店も食べ歩きましたが、過去に紹介した「ひばり」や「勝美屋」それから、今後紹介予定の「徳平食堂」など、全国知名度の店とレベル的にも大きな差はないんじゃないか、これらの店がもし大都会にあったら、もっと有名店になっていたんじゃないかなと思う今日この頃です。
全国のラーメン通の皆さん、東京の有名店だけ食べ歩いて全国ランキングなんて気取ってちゃダメですよ。
[PR]

by emozione | 2006-03-29 02:53 | 境港市内