カテゴリ:松江市内( 215 )

ゆめや松江北田町店 新作 鳥取カレーラーメン

f0088954_17141947.jpg

鳥取の女子高生が課題授業の中で地元のラーメン専門店「ゆめや」と共同で開発した「鳥取カレーラーメン」が先日リリースされました。鳥取と言えば「1世帯当たりのカレールー消費量日本一」の街としても知られ、カレーの街鳥取をアピールする狙いもあるようですが、そもそもカレーラーメンとはそんなに目新しいメニューではなく、北海道の苫小牧や新潟の三条市などで古くから地元の味として親しまれてきた物です。特に三条市は70年の歴史を有し市内に70店舗を超えるカレーラーメンの店が軒を並べる正にカレーラーメンの街で、市をあげてご当地B級グルメとして売り込みにも力を入れていたりします。そんな中で「鳥取カレーラーメン」が、ご当地メニューとしての独自色を出していけるかどうかが見物です。
f0088954_17143616.jpg

この日はチャリティと称し各支店持ち回りでなんと一食税込み100円での提供です。先着100名のイベントで遅い到着だった為ほぼ諦めていましたが、あまり大々的に宣伝をされていなかった事もあり幸運にも間に合う事が出来ました。
f0088954_17144654.jpg

鳥取カレーラーメン(100円:イベント限定)です。黄色く濁りのあるカレースープにもやし、白ネギ、味付け玉子のトッピング、麺は中細のウエーブ麺です。外観はやや彩りに欠けるでしょうか。緑色でもあるとより映えるように思います。スープはそこそこスパイシーなカレー粉を少しマイルドに仕上げた感じで少し魚介の風味もあります。100円だから、または女子高生が作ったから、褒める訳ではありませんが、以外と良くできたカレースープです。麺は少しほぐしが甘いのが気になります。これは鳥取ラーメンの傾向なのかも知れません。全体に少し小ぶりですがチャリティ仕様でしょうか。しかし、値段から考えれば十分価値ある一杯です。
f0088954_17145527.jpg

ちなみに、普段はこの値段での提供です。量が足りない人は締めのライス(105円)という手もあるようです。未体験ですが案外いけるかも知れません。

店名 らーめん専門店ゆめや 松江北田町店
TEL 0852-23-3133
住所 島根県松江市北田町153
営業時間 11:00~24:00 (ラストオーダー 23:30)
定休日  ?


[PR]

by emozione | 2010-07-09 13:30 | 松江市内

ラーメンごん太@松江市学園 新規オープン

f0088954_22403638.jpg

 松江市学園、ジャスコ菅田店裏のくにびき通り沿いに突如オープンした新店です。比較的よく通る道なのですが知らぬ間に看板が出来ていてオープンを注視していました。しかし、日中前を通りがかっても一向にオープンの気配がありません。それが、先日夕方前を通りかかると店に明かりが点り大勢の人がカウンターを取り囲んでいるのが垣間見えました。その後も日中は開いている気配がありませんが夕方以降になると明かりが点っているのを何度か確認して夕方からの営業だと分かりました。そこで夕方を見計らって突入です。
f0088954_22404577.jpg

 まず目に入るのは券売機。松江ではこの方式は他にないのではないでしょうか。以前に学園通りにあった金太郎という店が券売機制だった記憶していますが、正直松江の人にはあまりこの方式は受けが良くなかった記憶があります。それはさておき、メニューの確認です。ラーメンとつけ麺、辛味つけ麺の3種と大盛り、メンマ、チャーシュー(この日は品切れ)だけのシンプルな構成です。「ラーメン」と「つけ麺」を購入です。
f0088954_22405589.jpg

 ラーメン(600円)です。豚骨魚介系のようですが魚介は極めて控えめなセッティング、化調はそれを補う為の控えめな使用ですがそれなりの旨味はあります。少し白味噌のような甘みを感じます。チャーシューはその都度バーナーで炙って提供され少し焦げた香ばしさがあります。麺はこの辺りではあまり見かけない少しカンスイの強いタイプで手応えがあって良い麺だと思います。全体にあまり主張は強くない物の不満のないレベルと感じます。
f0088954_2241517.jpg

 つけ麺(650円)の麺と、
f0088954_22411484.jpg

 つけだれです。基本ラーメンとほぼ共通かと思われますが、麺は極太の関東風仕様で弾力が有ってなかなか良い麺です。
 他の客がいなかったので少し店長とお話をさせて頂きました。店長は県中部出身で東京の某店で働いておられたそうです。基本そちらの味を踏襲していると言う事のようですが、当初はこれよりしっかりした魚介を出していたそうです。しかし、試食会やその後に訪れた松江市民から「松江では魚介はダメ」と言われて極限まで魚介部分を落としたそうです。現在、かなり迷いながらのテイスティングをされているようで、現時点ではその迷いが味に現れてしまっているようです。一応、松江の現状として魚介を嫌う客が多い事は事実だが一部に強く魚介を求めるコアな層もいる事をお話ししました。しかし店長自身あまり魚介は得意でないようで一番の好みをお聞きすると、東京にいた頃は「二郎」に通っていたとか。それならいっその事「二郎」インスパイアを目指してみては、と進言させて頂きました。迷いがありながらもそれなりに良い物を持った店だと感じましたので今後も成り行きを見守りたいと思っています。

店名 ラーメンごん太
TEL ?
住所 島根県松江市学園2-9-3
営業時間 18:00頃~22:00頃まで
定休日 月曜日
駐車場 2~3台 

f0088954_1955194.jpg


[PR]

by emozione | 2010-07-01 19:00 | 松江市内

大翔@殿町 大翔らーめん&煮干しつけ麺

f0088954_22333180.jpg

 5月28日オープンの新店、実は2回目の来店となります。前回はデジカメを忘れた為レポートとしては初になります。既にこちらこちらで紹介されていますのでご存じの方が多いかと思いますが久々の期待の新店と言う事で楽しみな店です。
f0088954_22334457.jpg

 6月中はオープニングメニューとなっていましたが7月に入って正式なメニューに切り替えのようです。一番のニュースとしては煮干しつけ麺が新たにリリースされた事。今回はデフォルトの「大翔らーめん」と「煮干しつけ麺」をいただく事にします。
f0088954_2234188.jpg

 大翔らーめん(並:600円)です。ネギ、白髪ネギ、メンマ、チャーシューと半熟煮玉子が半分乗ります。スープは鶏ガラ魚介醤油系、一口飲むと以前どこかで経験した味に似ている?よく思い出せないのですがだんだん家@春日の初期の頃だったかも知れません。無化調だそうですが魚介の旨味もよく出ていてなかなか良いのではないでしょうか。2回目の訪問ですが前回より今回の方が出来が良いように思います。少し残念なのは麺でしょうか。麺自体は良いと思うのですがほんの僅かに時間オーバーしている気がします。出来上がりから配膳までの時間も含めてほんの少しだけ麺上げのタイミングが早い方が良いのではないかと思います。
f0088954_22341311.jpg

 こちらは煮干しつけ麺の麺と。
f0088954_22342669.jpg

スープです。麺は全粒粉を思わせるような茶褐色がかった太麺でそれなりの歯ごたえもあって良いと思いますが、こちらも少しタイムオーバー気味に感じました。問題のつけだれですが、題名通りの煮干したっぷりスープを期待したのですが、実際食べてみると想像したより甘味と酸味と油分を多く感じます。時々来る酸味はレモン系で、沈んだ魚の身に着いているようです。恐らくレモン風味に味付けされた魚が使用されていると思いますが、私が酒の肴によく食べるいわしレモン煮を想像してしまいました。このレモン味のキャラが強く前面に出るので、若干「煮干し」に勝ってしまっている様にも思えます。個人的にはもう少し甘味、酸味を抑えめにして、もっと煮干しが前面に出る方が好みですが、何と言ってもまだ出来上がったばかりのメニューです。調整途上の面もあろうかと思いますので、是非今後に期待したいと思います。

店名 大翔
TEL 0852-23-2117
住所 島根県松江市殿町333-4
営業時間 11:00~14:30 17:30~22:00
定休日 水曜日
駐車場 2台 (カフェ浪漫横)


[PR]

by emozione | 2010-07-01 12:50 | 松江市内

神楽(からく)東松江店@馬潟 特製つけ麺

f0088954_22281969.jpg

 ちょうど近くを通りかかっての訪問、2008年12月以来になります。拉麺屋神楽(からく)東松江店です。国道9号線沿い松江市馬潟町、陸運局の真向かいになります。2008年の開店以来、時々前を通りかかっても車が一杯で入れない事が多くそれなりに賑わっているように見えました。しかし、最近少し駐車場も空車が目立つようになってきたように思うのは気のせいでしょうか。とにかく入店です。
f0088954_22283195.jpg

 今月のイベントラーメンとして特製つけ麺のポスターがありました。折角なのでこちらをいただいてみようと思います。
f0088954_22284611.jpg

 神楽特製つけ麺(並盛200g)(680円)です。ちなみに大盛300gでも同額、特盛400gだと830円です。関東張りの太麺にネギ、紫蘇、メンマ、煮卵半分、柚子胡椒のトッピングです。つけだれは魚介系が前面に出たタイプで節よりは生魚系の香りがします。誤解を恐れずに言えば六厘舎を意識したような系統のつけだれです。麺はもちっとした太麺で関東の物より若干柔らかめでしょうか。しかし弾力があってなかなか良い麺です。特色があるとすれば紫蘇と柚子胡椒。紫蘇を交えていただくと全体が爽やかなイメージに変化し、柚子胡椒を交えるとピリッとした印象に変化します。最初、これらを交えずに、後半まず紫蘇を交え次に柚子胡椒という具合に変化を付けて楽しむのが良いのではないでしょうか。楽しめる一杯です。
f0088954_22285647.jpg

 こちらは「とんこつ淡」(610円)。こちらの中では一番お気に入りのメニューなのですが前回いただいた時に比べてなんだか少し立体感が無くのっぺらな気がします。ブレと言う事でしょうか。最近の目立つ空席の原因がこれでなければ良いのですが。

店名 拉麺屋神楽 東松江店
TEL 0852-37-2008
住所 島根県松江市馬潟町34-5
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 無休


[PR]

by emozione | 2010-06-27 14:30 | 松江市内

麺家ひばり@学園 新作 夏季限定 廣島つけ麺

f0088954_975889.jpg

 麺家ひばり@学園 久々の限定メニューです。今回は夏を意識して爽やかな辛さを前面に出した廣島つけ麺です。広島風つけ麺と言えば以前紹介した「だんだん家@春日」でいただいた物が唯一の経験なので唐辛子たっぷりの辛口つけ麺と言うぐらいの認識しかないのですが、ミスターフレーバーマジック小山氏の手にかかるとこれがどのようにアレンジされるかが楽しみです。今回は合わせて「蒸し料理 dinig 菜厨」のmenaruki氏の監修が入っているという事で完成度の高い一品が期待されます。
f0088954_9824100.jpg

 本題の前に今までご紹介していなかった店内の様子です。シックでモダンな作りでデートなんかに使っても良さそうです。
f0088954_983962.jpg

 と余談はさておき本題の「夏季限定 廣島つけ麺」(800円)です。大盛り120gは+150円となります。細めのストレート麺に茹でキャベツ、茹でモヤシ、トマト、ネギ、チャーシュー、刻み海苔のトッピングです。
f0088954_985226.jpg

 こちらはつけだれ。見るからに真っ赤で辛そうですが、実際にいただいてみると、見た目ほどの辛さはありません。辛さの中に複雑なフレーバーが絡み合いながら、全体として辛さと酸味が爽やかなハーモニーを醸し出しています。柑橘系を感じる酸味の正体は何と「サルサ」だそうですが、恐らく花椒なんかも使われて微妙なテイスティングが成されているのではないかと思われます。黄色っぽいのが特徴の細麺も歯切れが良く、ダマにもなりにくいのでつけ麺にはよく合っているのではないかと思います。流石によくセレクトされているます。トッピングの野菜が辛さを和らげるオアシスのような役割をしていて構成としても良くできているのではないでしょうか。どちらかと言えば辛さ控えめの仕上がりですが、今後辛口派の人の為に辛増しソースのような物を用意しても良いかも知れません。暑い夏を乗り切るのに辛くて爽やかな廣島つけ麺もなかなか良い物です。
f0088954_99448.jpg

 こちらは定番メニューの魚醤つけ麺(750円)。山陰では珍しい全粒粉麺のもちっとした食感がトレードマークのひばりのつけ麺もすっかり定着した感があります。
f0088954_991660.jpg

 魚介の風味豊かなつけだれもリリースから1年半を経て安定感が増しました。風の噂では魚醤つけ麺のラーメン版とも言える魚醤ラーメンの開発が行われているとの事、リリース予定を尋ねてみた所、夏の間は廣島つけ麺で頑張って9月ぐらいから切り替えていこうかなと思っておられるとの事でした。こちらのリリースも楽しみです。

店名 麺家 ひばり
TEL 0852-61-1151
住所 島根県松江市学園2-10-16
営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00
定休日 月曜日(月曜祝日の場合は火曜日)

f0088954_1955194.jpg


[PR]

by emozione | 2010-06-18 13:35 | 松江市内

活力ラーメン花さか@学園

f0088954_2342739.jpg

 だんだん家@春日の閉店に松江のラーメン界が揺れていた頃、実はもう一店心配な店がありました。長期休業中だった花さか@学園です。「しばらくの間休業します。」との張り紙が貼られたまま恐らく1ヶ月以上だったと記憶していますが、もしかしたらこのまま再開がないのかと内心心配をしておりました。そこに店が開いていたとの情報があり早速行ってみました。
 実は久しぶりの来店になります。特に強い理由はないのですが、自分には少し量が重たいのと麺が好みより柔らかめなのと、それを行列してまでと言う気にあまりなれないのと・・・、とか言っている内に2006年12月ぶりの訪問となってしまいました。しかし、特に予告もなく再開したにもかかわらず店内に客は一杯でほぼ満席状態。その人気はたいした物だと思います。
f0088954_23423711.jpg

 メニューです。2006年12月のメニュー(下記参照)と比べて多少の値上げがあるようですが、許容の範囲ではないでしょうか。営業時間が以前はAM11:30~PM2:00、PM4:30~PM9:00だったのが現在は、月火木AM10:30~PM3:00、金土日AM11:30~PM2:00、PM4:30~PM9:00となっています。月火水の夜営業は無くなった?のでしょうか。
f0088954_23425990.jpg

※参考 2006年12月撮影のメニュー
f0088954_2344142.jpg

 久しぶりなので基本の醤油(670円)です。考えてみるとこちらで醤油をいただくのは初めてかも知れません。豚骨背脂、しじみ、モミジなどが使われたスープはベースにしっかりとした旨味を持っていますが、同時にそれを突き抜けた化調の旨味が来ます。どうも松江で支持されるラーメンは皆化調強めの傾向があるように思います。私自身はどちらかと言えば無化調偏重主義に辟易とする所があり旨ければどうでも良いのではないかと基本的には思っているのですが、どうやら最近年のせいかこの手のラーメンがキツくなってきているのも事実です。麺は従来通り十分に柔らかめで、これも個人的に許せる限界から半歩ほど外にはみ出している様に思うのですが、それでも何故か松江市民に広く愛される魔力を持っいたりする不思議なラーメンです。長期休業の理由は分かりませんが再開を喜ぶ松江市民も多いはず、末永く愛される店であって欲しい物だと思います。

店名 活力ラーメン花さか
TEL 0852-27-7689
住所 島根県松江市学園2丁目 33−13
営業時間 月火木AM10:30~PM3:00、
     金土日AM11:30~PM2:00、PM4:30~PM9:00
定休日 水曜日


[PR]

by emozione | 2010-05-28 13:30 | 松江市内

寿食堂@松江市鹿島町

f0088954_123072.jpg

 2007年2月8日以来の訪問です。松江市鹿島町の寿食堂、基本焼肉店ながら今は無き勝美屋インスパイアのラーメンを提供する店としてその筋の人に知られている店です。表から見るとのっぺらな外観ですが実はこの店、無類の狭小店舗でもあります。
f0088954_1232361.jpg

 ロースターの並ぶカウンター席の向こう側の壁は店の向こう側の外壁、カウンターのすぐ後は人がやっと通れるスペースがあってすぐに外壁、その幅2~3mしかありません。
f0088954_1235336.jpg

 メニューは黒板にチョークで書かれています。以前来た時のメニュー(下参照)に比べて少しずつ値上がりしているようですね。この間、小麦の高騰などがあったのでやむを得ないのかも知れません。
f0088954_1243832.jpg

(※参考)2007年2月8日当時のメニュー
f0088954_1261418.jpg

 ラーメン(570円)です。ライトに白濁したスープにチャーシュー、ネギ、もやしのトッピング、確かにルックス的にも勝美屋を彷彿とさせる雰囲気があります。そして味的にも化調の旨味ふんだんなライト豚骨で、勝美屋自体が時代によって味の変遷がある為比べづらい点もあるのですが、比較的ライトだった頃の味に近いのかも知れません。値段は勝美屋に比べるとやや高めになりますが久しく勝美屋再開の動きがない勝美屋をどうしても偲びたければここに来てみるのも一興かも知れません。

店名 寿食堂
住所 〒690-0321島根県松江市鹿島町武代211−9
電話 0852-82-0059‎
営業時間 AM11:00~PM1:30 PM5:00~PM10:30
定休日 火曜日


[PR]

by emozione | 2010-04-28 11:50 | 松江市内

だんだん家@春日町 惜しまれつつの閉店

f0088954_141181.jpg

 名店が一つ姿を消す事になります。松江市春日町のだんだん家。伊勢宮から春日町に移転して3年余り、「ひばり」「塩や」とともに常に松江のニューウエーブ界をリードし続けてきた人気店の突然の閉店宣言は少なからず松江のラーメンファンに衝撃を与えました。決して経営的に苦しかった訳でもなく、ただ他にやりたい事があるからと言う、ある意味破天荒な所のある江角店長らしい決断なのかも知れません。3月いっぱいと言う事で残る営業期間にできるだけ通いたかったのですが折しも個人的に忙しい時期と重なり期せずしてこれが最後の訪問となってしまいました。
f0088954_1411731.jpg

 鶏骨ラーメン(塩味)は当初曜日限定での提供でしたが好評につき数量限定での毎日提供に変更されました。8時間以上強火で煮込んだ乳白色の鶏白湯ベースでこれに濃厚な魚介の旨味が加わります。松江では恐らく初めてのレギュラーメニューとしての本格的鶏白湯ラーメンですが初めていただいた時から未熟さを微塵も感じさせない完成度に驚かされました。この日は煮玉子入りでいただきましたがこれを二度と味わう事が出来ないと言うのは返す返すも残念です
f0088954_1413674.jpg

 レギュラーのラーメンに煮卵をトッピングした煮卵ラーメン(塩)です。レギュラーのラーメンも実は当初から比べて少しずつ変遷を繰り返しています。個人的には変化の毎により好みが増していった気がします。
 実はこの日以外にもう一回閉店直前の金曜日に最後のラーメンを食べに行ったのですが、表に臨時休業の看板が・・・やむなく退散して再度月曜日に出かけた時には既に閉店後となっていました。江角店長には最後にもう一度行きますねと伝えて帰ったのですがそれが叶わなくて残念です。惜しまれつつの閉店でしたが、この店が松江のラーメン界に大きな足跡を残した事は間違い有りません。江角店長お疲れ様でした。
[PR]

by emozione | 2010-03-02 13:25 | 松江市内

塩や@学園 今年最後のとんこつデー

f0088954_25171.jpg

 毎年、冬季のイベントとして定着した感のある「塩や」の豚骨デーですが、この日が今年最後と言う事で久々の来店です。
f0088954_2511755.jpg

 限定塩とんこつらー麺の看板がお出迎えです。今年はもう一日だけ豚骨つけ麺の日があるそうですがとんこつらー麺とはまた来冬までお別れとなります。
f0088954_2513140.jpg

 久しく来店しなかった理由は、一つには店主の仕事が丁寧は故に待ち時間が長くなってしまう点と、もう一つ時々勃発する厨房内での内戦だったのですが、この日はいつになくスピーディーで争い事もなくスムーズに仕上がりました。この2点が改善されたとすればもう少し来店頻度が高くなりそうです。
 さて、出来上がった塩とんこつらー麺です。昨年に比べてややライトに感じましたが臭味のない十分な濃度の豚骨ベースと、聞く所によるとシジミ等を使用した?独特な香りの魚介ベースが見事に融合して申し分ありません。麺は仕事がスムーズだった影響もあるのか昨年に比べて引き締まったイメージでした。メンマもチューンナップされたようで全体に十分満足な一杯となりました。
f0088954_2514356.jpg

 途中で店主が「宜しければ入れてみて下さい。」とのことでこちらのソースを持ってきてくれました。MARIE SHARP'S のグリーンハバネロソース、ウチワサボテンの独特な風味が特徴のハバネロソースで試しに加えてみた所がらりとラーメンの性格が変わります。九州から中米に瞬間移動、気分は一気にメキシカンです。ただしこのソースの原産国はメキシコではなくベリーズだそうです。そんな国ご存じですか?

店名 らー麺 塩や
住所 島根県松江市菅田町180
TEL 0852-26-7020
営業時間 11:00~14:30 17:00~21:30
定休日 火曜日


[PR]

by emozione | 2010-02-22 12:45 | 松江市内

神楽@学園 長崎チャンポン

f0088954_940221.jpg

 2007年に10月限定で、2008年に2月限定で提供された長崎ちゃんぽんですが、今年も季節メニューとして登場です。松江のラーメンには2009年10月25日までの期間限定と記載されていますが、その後限定期間の見直しがあったのか「季節限定」となってまだメニューに残っているようです。ちなみに値段は2007年版が730円、2008年版が780円だったのに対して、2010年版は税込610円と格安な設定になっています。しかし、その内容はむしろ格段に進化しているようです。野菜、魚介類の質は過去のバージョンに比べてレベルアップしているようで、またそのバランスも申し分有りません。また、太めでもっちりとした麺は特にその進化を感じさせます。昨年、本場の長崎でチャンポンを食べる機会がありましたが、少なくとも麺においては本場でこのような良質な物に巡り会う事はありませんでした。逆に言えばそこが本場らしくないとも言えるのかも知れませんが良い物に文句を言う筋合いはないので良しとしておきたいと思います。はっきりとした期間が分からないのですが冬場限定というのが惜しい気がします。

[PR]

by emozione | 2010-01-14 13:00 | 松江市内