カテゴリ:四国( 11 )

二代目光福@高知市 美肌すっぽん鍋焼ラーメン

f0088954_1633419.jpg

 この日はフラッと高知市に。龍馬伝も大詰めでさぞかし市内も賑わっていることと思いきや、折からの雨天のせいもあってかさほどの混雑でもありません。せっかく高知に来たのでお昼は高知らしい物をと言うことでこちらを選択です。
 市内ではちょっと知られたすっぽん鍋焼きラーメンの店、二代目光福です。ちなみに初代は六泉寺町に、三代目は追手筋にあるようです。こちらははりまや橋交差点から南へ2辻西へ1辻の交差点角、駐車場はありませんが近隣にコインパーキングなどがあるようです。
f0088954_1633824.jpg

 デフォルトの美肌すっぽん鍋焼ラーメンの他にもトマトやポン酢など色々なバージョンがあるようですが中でも魔女たちの鍋焼きラーメンと称したバージョンではコラーゲン+しじみの効果でより美肌アップ効果があるという某テレビ番組の内容に因んで、宍道湖産のしじみを使用しているとの事でした。しかし、高知まで来て宍道湖産も何なので今回はデフォルトの美肌スッポン鍋焼ラーメンをチョイスいたしました。
f0088954_16331292.jpg

 美肌すっぽん鍋焼ラーメン、平日980円の所、日祭祝日はなんと半額の490円だそうです。土鍋に済んだスープ、ネギ、竹輪、温泉玉子、麺は固めのストレート細麺と、見た目はまゆみの店の時に書いた須崎の鍋焼きラーメンの形式を踏襲しているように見えます。
f0088954_1637514.jpg

 これに、付属の牛のコラーゲンと四万十の青のりを投入して頂きます。スープはスッポンベースとの事ですがあっさりして癖がなく、時々プルンとしたコラーゲンの食感が楽しいですね。日祝限定とは言いこれがワンコインとは大変お値打ちではないでしょうか。高知らしさと言う面でもお勧めの一杯です。
f0088954_1637280.jpg

 こちらは、美肌すっぽんつけ麺、1200円→690円です。麺は鍋焼きの物よりやや太めの麺で釜揚げのように湯に浸かった状態で提供されます。こちらのスープはつけ麺向きに醤油と魚介で調整されているようです。こちらもやはりコラーゲンと青のりを投入していただきます。後でご飯をスープに投入してもグッドかも知れません。
f0088954_16372277.jpg

 スッポンの唐揚げ。臭味や癖は一切無くプルンとした食感が心地良いです。店長のお勧めでラーメンに投入してみましたが旨かった。
f0088954_16372431.jpg

 こちらは餃子。これが意外といけました。
f0088954_16372782.jpg

 魔女たちのドリンク、と言う名前の生き血のドリンク。甘いカクテルのようなアレンジがされていて驚くほど臭味がなくフルーティーな味でした。

店名 二代目光福 元祖美肌鍋焼きラーメン
TEL 088-824-8588
住所 高知県高知市南はりまや町1-3-17 恒石ビル1F (地図)
営業時間  11:30~21:00
定休日 火曜
[PR]

by emozione | 2010-11-07 12:15 | 四国

松下製麺所@高松市中野町

f0088954_22925.jpg

 今回の高松ラーメンの旅、最後の店は高松市中野町の松下製麺所です。場所は高松駅からだと高松中央通りを南にひたすら進んで東横インが見えたら右折、右手につねかね不動産が見えたら左折そのまま進めば見つかります。一通の多い込み入った住宅地の中で駐車場も無いため良い子の皆さんは是非徒歩で向かいましょう。さて、ここは今回の訪問店の中である意味最も高松らしいと言って良いのではないでしょうか。香川と言えば讃岐うどんですが実はここ讃岐うどんの製麺所になります。その製麺所がセルフ形式でうどんを提供している中に、たまたま中華そばがある、というのがここのコンセプトです。店を入ると入口付近にカウンター席と立食用のテーブルが一つ、その奥に麺売所があります。折しも休日とあって店内には順番を待つ「うどん」フリーク達が列をなしていました。殆どの人が「1玉」「2玉」と主語なしで「うどん」を注文する中、「中華1玉」と氾濫分子のごとく注文を入れ代金180円を払って丼を受け取ります。
f0088954_223244.jpg

 受け取った直後の「中華そば」(180円)です。このままだとタダの麺なので、これをいただくには次の行程に入らなければなりません。
f0088954_23884.jpg

 麺茹で場です。麺を丼から茹でざるに移し,シャカシャカと茹でます。どの程度茹でたらよいか分からないので適当に茹でて湯切りした後丼に戻します。そして横にある「うどんつゆ」をかけます。
f0088954_255015.jpg

 薬味の天かすとネギです。好きなだけ盛りつければ中華そばの出来上がりです。とは言ってもスープは「うどんつゆ」なので果たしてお味の方はいかがでしょうか。
f0088954_234496.jpg

 見た目は間違いなく中華そばです。肝心の味ですが、これが意外と違和感がありません。うどんつゆと言われれば確かにうどんつゆなのですが分かっていても中華そばとして成立しているようです。さらにこれに普段は使わない胡椒を加えてみると一段と中華っぽくなります。これを食べて思い出したのですが、大昔、私がまだ高校生だった頃、学食で中華そばを頼むと中華麺にうどんだしをかけて出てくるという噂が立った事があって、その頃は「そんな訳ないやろ」と「食べたら分かる筈や」と思っていたのですが、あの時の懐かしい味はこの中華そばと相通じる何かを持っている気がします。やはりあれはうどんつゆだったのでしょうか?
[PR]

by emozione | 2008-02-11 11:30 | 四国

木蘭@高松市片原町

f0088954_157695.jpg

 高松のラーメン屋巡り、続いては高松市片原町の手打拉麺「木蘭」(ムーラン)です。場所は高松三越南側の路地沿い、小さな階段を上った2階に入口があります。夜の部のオープン直後だったためか他に客はなく私一人でした。ここは手打拉麺の店として知られています。この拉麺の拉とは元々の意味は「引っ張る」だそうで、中国では引っ張って伸ばす手延べラーメンの事を指しています。木蘭も本来の意味での拉麺で来客があってからその場で麺を伸ばし始めます。
f0088954_1573152.jpg

 麺を伸ばしている所を撮影して良いか尋ねたところOKとの事だったので撮らせていただきました。最初単なる捏ねた小麦粉の塊から始まって前のまな板に打ち付けながら伸ばし、2つに折っては捻り、また伸ばし・・・の作業が延々続きます。やがて小麦粉の塊は何重にも束ねられた細い麺に変化していきます。それをそのまま茹でた湯の中に入れます。ここまでがご主人のお仕事、その後機を見計らって奥さんがそれをザル揚げし一度冷水で締めて小分けにします。その間にご主人はフライパンで野菜を炒めスープ作りをします。最後にご主人が作ったスープと奥さんが仕上げた麺を合わせて出来上がりです。
f0088954_158089.jpg

 野菜ラーメン(湯麺)800円です。ここのメニューには普通のラーメンがなく野菜ラーメンがデフォルトになっているようです。その他にも豆芽(もやし)、五目、焼豚、肉味噌などのラーメンのバリエーションがあります。で、野菜ラーメンですが、豚肉、白菜、モヤシ、木耳、青菜?等たっぷりの具を炒めた物に鶏ガラ中心のあっさりした動物系スープを加えごま油で香り付けしたラーメンで、これに片栗を加えると松江では「ちゃんぽん」と呼ばれる代物になってしまうと思われます。ごま油の香りが表に立っているので、個人的には嫌いではないのですが、人によってはここで好き嫌いが分かれる可能性があります。麺は一度水で締めてあるためか非常にもちっとした弾力を持っていてなかなか魅力的な麺です。同様な手延べラーメンは山陰では米子の菜単(松江のラーメンでレポート済み)がありますが、いずれにしてもあまり例を見ないタイプのラーメンで面白い事には間違いないと思います。しかし、他県に比べ全体にラーメンの価格が安価の中、800円は少々強気かも知れません。
[PR]

by emozione | 2008-02-10 17:10 | 四国

明神そば@高松市香西本町

f0088954_1502684.jpg

 高松市香西本町の明神そばです。三豊市の名店「はまんど」で修行したと言うふれ込みで2005年にオープンした店で高松のラーメン界ではちょっとした話題になっている店のようです。場所は香西中央通り、コープ香西店の南側、JR高松駅からだと西に5km弱、徒歩で約1時間でした。高松からJRで向かう場合は香西駅で降りて北西に約1km、またはバスでイオン高松まで向かいそこから南に約300mという手もあるようです。まだ新しい店なのでカウンターとテーブル数席のコンパクトな店内はさすがに小綺麗です。あっさり系の中華そばとこってり系の明神そばの二系統が基本とのことで今回は明神そばをセレクトいたしました。
f0088954_1505214.jpg

 明神そば(550円)+さぬきコーチの味玉(100円)です。麺はウエーブの太麺とストレートの細麺から選択出来ますが、明神そばには細麺がお勧めとのことで今回は細麺としました。茶濁して油の浮いたスープにネギ、メンマ、チャーシューとオプションの味玉が乗ります。スープは一見濃厚に見えますが、食べてみると肩すかしを食らったようにあっさりしたスープです。動物系、魚介系ともに抑制された中、ネギの香りとチャーシューの正油辛さが少し浮いているように感じます。壮烈な「はまんど」のイメージとは全く別物と思った方が良いかも知れません。麺もインパクトを与えるタイプではなくおとなしい印象の麺でした。香川という、どうしてもうどんが中心になる食文化の中どの様な方向性でラーメンの味を決めていくのか難しい気がしますが香川の人には概ね好評のようなので、これはこれで良しと言う事だと思われます。
[PR]

by emozione | 2008-02-10 12:00 | 四国

鯉丹後@高松市古馬場町 鉄人ラーメン

f0088954_142563.jpg

 今回の香川、二軒目は高松市古馬場町の鯉丹後です。こちらは夜のみの営業、しかも日・祝が休みのため今回の滞在中今夜がラストチャンスとなります。
f0088954_1423193.jpg

 場所は高松の繁華街ライオン通りから路地を一本、さらにその路地から狭い路地(というよりも建物と建物の間の隙間)を入った先にあります。流石は恐るべき讃岐うどんの香川県だけあってかなりハードなシチュエーションです。ここのご主人は自らトライアスロンに参加するというアスリートで鉄人ラーメンその健康へのこだわりが現れた一杯という事ですがはたしてどんなラーメンでしょうか。
f0088954_143396.jpg

 鉄人ラーメン(650円)です。ご覧の通り真っ黒なスープにチャーシュー、メンマ、モヤシのトッピングです。さてこの真っ黒は何でしょうか。実はこれイカ墨です。基本のスープは動物系のアッサリのようですが、これにイカ墨と微塵切りの玉葱、ニンニクチップなどが加わり、まるでイカ墨パスタのラーメン版といった趣です。平たく言うとイカ墨パスタソースをラーメンスープで割ったと言った方が良いかも知れません。ラーメンの完成度として成功しているかどうかは置いて置いてイカ墨の香りが独特の甘みを出していて不愉快なく食べられる一杯で趣向としては面白いラーメンと言って良いでしょう。一度食べてみる価値はあると思います。
[PR]

by emozione | 2008-02-09 20:35 | 四国

中華そば「波」@高松市瀬戸内町

f0088954_1331827.jpg

 今回は香川遠征、まず最初の一軒は高松市瀬戸内町の中華そば「波」です。お昼の4時間のみ開いているという伝説のお店です。JR高松駅から西に徒歩で30分程、距離で1.5kmほど、高松卸売市場向かいの日進小学校の正門から道路を隔てて反対側の路地を入ったところになります。住宅地の中にポツンと一軒奥まったところに立つプレハブ小屋が店舗です。店内はカウンターとテーブルが4つほど、鶏ベースでしょうか、スープの香りが立ちこめています。テーブル席はほぼ満席、空いたカウンターに着席すると水を運んできてくれたおばちゃんが、冷蔵庫のおにぎりをどうぞと言います。どうやらこの時間はタイムサービスとなっているようです。メタボリックが気になる身には、おにぎり一個とて大きな仇となるので、これを丁重にお断りしてデフォルトの中華そばを注文です。
f0088954_133447.jpg

 冷たい雨の降る中、30分の徒歩でデジカメが冷えて、温かい店内に入ったとたんレンズが曇ってしまったため、写真にベールがかかったようになってしまいましたが、中華そば(500円)です。ご主人の丁寧な仕事を表すようにきっちりと配列されたモヤシ、チャーシュー、メンマ、蒲鉾、ネギのトッピングと濁りのない黄金色のスープにストレートの中細麺です。スープは動物系のみのしっかりしたベースですがケミカルなテイストも加わるため旨味はたっぷりです。どことなく松江老舗系を思わせるスープです。麺はかんすいの香りが強いインパクトのある麺です。どちらかと言うと麺で食べさせるタイプのラーメンと言って良いでしょう。出汁よりも麺を味わう讃岐の文化が生み出したラーメンと言えるのかも知れません。

★灰皿ありました★
[PR]

by emozione | 2008-02-09 13:40 | 四国

しもだ屋@高知市ひろめ市場 ひろめラーメン

f0088954_104204.jpg

 高知最終日は高知市帯屋町にある「ひろめ市場」の中にある「しもだ屋」です。
 ひろめ市場と言うのは高知の中心地、帯屋町商店街の西の端にある市場で、もちろん鮮魚や肉なども売っているのですが全体の2/3ぐらいがフードコートになっていてカツオのたたきのような地元の料理や地酒と焼酎の店や鮮魚をその場で食べれるようなパックで売る店や本格的インド料理の店など種々雑多な店があって好きな物をかってテーブルに運んで食べるようなコーナーになっています。ここに来る人も様々で家族連れの観光客とおぼしき人やお遍路さんや、そして昼には何故か近所の女子高生達が唐揚げ店に長蛇の列を作ってビアジョッキーになみ盛りのジュース片手に唐揚げをつまんでいたり、同じテーブルに相席でちょっとあちら系のオジサンが昼間から本物のビールを飲んでいたり、それがお互いに場は共有しても立ち入らない関係が成立している何とも不思議な空間でした。その中でラーメンを提供する店は何軒かあったのですが、今回は入口付近にあって「ひろめ」の名を冠したラーメンを出す、「しもだ屋」です。ひろめラーメンは、かつおと昆布の和風だし!あっさりおいしく低カロリー!と銘打って価格は何と300円ですが果たしてお味はいかに。
f0088954_1043091.jpg

 ひろめラーメン(300円)です。済んだ黄金色のスープにもやし、木耳、蒲鉾、ネギ、チャーシューのトッピングです。麺は中太のウェーブ麺で食感がMスタ麺に似ています。スープは非常にアッサリで僅かに魚介系を感じますがかなり控えめで味醂でしょうか甘みを感じます。これはラーメンに限らず旅館の澄まし汁でも感じた事ですが、高知の味つけは概して素朴で薄口で甘みがある気がしました。偶々でしょうか県民性なのでしょうか。いずれにしても今時300円で気軽にラーメンが食べられるのは大変重宝ですし他では味わえない独特の雰囲気は一度行ってみる価値有りだと言って良いでしょう。
[PR]

by emozione | 2008-01-07 12:40 | 四国

まゆみの店@須崎市

f0088954_9102044.jpg

 高知と言えば須崎の鍋焼きラーメン、鍋焼きラーメンと言えば、まゆみの店?かどうかは分かりませんがベタな選択をしてみました。
 ところで鍋焼きラーメンとは言っても、その歴史は古く、始まりは戦後間もなくまでさかのぼるようです。創業店は今は現存しない「谷口食堂」。当時、戦後の食糧難に加え交通の便の悪さから地元で調達できるネギ、玉子、ちくわと偶々店の斜め前が鶏屋だったためそこで廃鶏や鶏ガラを分けて貰って作ったスープを用いてラーメンを作ったのが始まりとされています。当初ラーメンは普通に丼に入っていたそうですが、出前を始めたのを機にラーメンが冷めないようにとのご主人の配慮からホーローの鍋に入れて提供するようになった、そこから鍋焼きラーメンが始まったそうです。
 現在須崎市には40店ほどの鍋焼きラーメンを提供する店がありますが、実は鍋焼きラーメンには7つの定義があるようです。
1 スープは、親鳥の鶏がら醤油ベースであること
2 麺は、細麺ストレートで少し硬めに提供されること
3 具は、親鳥の肉・ねぎ・生卵・ちくわ(すまき)などであること
4 器は、土鍋(ホーロー、鉄鍋)であること
5 スープが沸騰した状態で提供されること
6 たくわん(古漬けで酸味のあるものがベスト)が提供されること
7 全てに「おもてなしの心」を込めること
だそうです。詳しくはこちらをご参照。
 さて、その鍋焼きラーメンの現在須崎でもっとも知られているのが、橋本食堂とまゆみの店でしょうか。この日は橋本食堂がお休みだったため、伝統の鍋焼きラーメン、まゆみの店でいただくことになりました。日曜と言う事もあってか店内は満席、しばらく待った後相席での着席となりました。お味の方はいかに。
f0088954_9103229.jpg

 鍋焼きラーメン並(600円)です。蓋を取るとネギ、ちくわ、細切れの鶏肉と生卵だけの質素なトッピングに熱々の正油系のスープと黄色みの強いストレートの中細麺です。生卵は直前に落とされるようで余熱で徐々に半熟状態になっていきます。スープはかなり甘み(みりん?)のある鶏ガラ正油スープで親鳥独特の香りがありますが飾り気のないシンプルな味つけです。具材も至ってシンプルですが、その中でも細かく刻んだ親鳥の肉が特色となっています。親鳥なので肉質は硬いのですが一つ一つが細かいので食べにくさはありません。若鶏にない香りがあり全体の味にコクを与えています。鍋焼きと聞いて一番気になるのは麺ですが、非常に硬質な麺で乾麺のような食感があり、かんすいの香りが強く鍋で煮込んでもビクともしない鍋焼き仕様の麺になっています。この麺あっての鍋焼きラーメンと言っても過言ではないでしょう。
f0088954_9104323.jpg

 こちらは、塩鍋焼きラーメン並(600円)です。
正油が塩になっただけで殆ど印象は鍋焼きラーメンと同じでした。
 この鍋焼きラーメンにはご飯と玉子を注文すると残ったスープで雑炊が出来るサービスが有ります。その他ご飯やおにぎりを同時に注文している人が沢山居ましたが、確かにご飯と食べるとピッタリの味と言えそうです。
 全体に素朴で飾り気がなくてそれでいて独特の味わいがあるラーメン、物資の少ない戦後まもなくの時代に手元にある食材を活かしてこれだけの味を作り上げた知恵に敬意を払いたいと思います。
まゆみの店
[PR]

by emozione | 2008-01-06 14:00 | 四国

土州屋@高知市 

f0088954_964171.jpg

 高知遠征1日目は高知市内帯屋町の商店街を路地一本入ったところにある土州屋です。店内にジャズが流れるいわゆるニューウェーブ系ラーメン店です。青葉インスパイアのダブルスープと言う事ですがいかがでしょうか。
f0088954_965455.jpg

 中華そば(650円)です。豚骨系の濁りのあるスープに鰹節の粉が浮くスープにチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔と煮卵のトッピングです。煮卵はオプションではなくデフォルトで入っているようです。まずはスープから、豚骨ベースに節系ガツンのダブルスープで典型的関東ガツン系ラーメンと言って良いでしょう。どちらかと言えば節系が勝っているというか動物系がやや弱い感はありますが雰囲気は確かに青葉に近い物があります。麺は中細縮れ麺で堅めに茹でた低加水麺、出た当初は良いのですが食べるのに時間をかけてしまうとやや膨れてしまうのが少し残念です。
f0088954_97663.jpg

 期間限定のゴマと柚子の辛いそば(800円)です。土州屋風の担々麺だそうです。白濁したベースにオレンジ色のラー油が浮いた綺麗なスープにたっぷりのモヤシとネギ、チャーシュー、海苔のトッピングです。スープの色合いは寺町の空に何となく似ています。味は白胡麻の効いたスープにラー油のピリ辛、ここまでは担々麺なのですがこれにかなりしっかりの柚子が加わります。担々麺に柚子はあまりイメージが沸きにくいのですが、担々麺に酢を加えて味に深みを出す手法で、その酢の代わりに柚子が働いていると考えれば分かりやすいかも知れません。魚介のパンチ、ゴマの風味、ラー油の刺激、柚子の香りが相まって見事なコンビネーションです。一つ残念なのはモヤシ。茶碗に一杯分ほど盛られたモヤシは食べにくいと同時に全体の味を薄めてぼかしてしまいます。もっと少量にするか無くした方が良いかも知れません。
 全体に鰹や柚子など高知らしい素材を活かして意欲的なラーメンを作る店だと思います。他を食べてないので比較は出来ませんが、高知のラーメンを牽引していくニューウェーブの雄であることは間違いないでしょう。
土州屋
[PR]

by emozione | 2008-01-05 13:30 | 四国

支那そば たかはし@徳島市入田町

f0088954_1115242.jpg

今回の最終目的地徳島市入田町の支那そばたかはしです。入田(にゅうた)町は徳島の中心地より西南西へ約10kmの所にある山間の小さな街ですが、自力で行くのはとっても難しそうなのでナビにお任せで行くことにしました。最初は徳島自動車道をルンルンだったのですが何故か脇町インターで降りろとの指示。後でよく調べると土成インターで降りた方が早かったようです。その後渋滞中の伊予街道をトロトロと東進した後南に曲がって山越えをするのですが、ナビに従って曲がった道は、だんだん細くなり最後には反転も困難な山道が突然柵で通行止めになっています。お馬鹿なナビを破壊したい気持ちを抑えつつ、とりあえず他に山越えできそうな気配の道を捜しナビに乗っていない大きな道を発見、近代的なタイムトンネルを抜けて無事に入田にたどり着くことが出来ました。そう、タイムトンネルと言ったのはトンネルを抜けた先が違う時代に通じていたからです。
入田中学校という小さな学校の脇の道を脱輪しそうになりながら通り抜けた先にそのお店はありました。
f0088954_11151222.jpg

真っ赤な暖簾をくぐると、そこにはスープを焚く良い香りとともに昭和の空気が流れていました。雑然としていて、それでも何故か懐かしさを感じる店内にはテーブル席が2つ、奥のテーブルで先客のおじさんがラーメンとライスを食べています。
手前のテーブルに座り、小肉入り玉子入り+小ごはんを注文、そうです、小ラーメンに肉と生卵をトッピングしてこれをおかずにごはんを食べるのが徳島流なのです。
中のおばさん達がしばらくラーメンを作る間におじさんが帰り店内の客は我々だけになりました。
f0088954_11152557.jpg

程なくして、ずっと食べてみたかった徳島ラーメンが運ばれてきました。
独特の黒く濁ったスープに甘辛く煮付けた豚バラ肉とネギ、もやし、しなちく、そして生卵が鎮座します。
まずはスープを一杯、創業以来ずっと焚き継いでいる豚骨と鶏の合わせスープは見た目のインパクトとは違って大変優しい味がします。妙に狙った様な所を微塵も感じさせない、昔から淡々と同じ物を作り続けてきたんだよと語りかけてくるようなスープです。甘辛く煮付けた豚バラはラーメンよりやや塩分が強めですが、卵をつぶすとマイルドになり、ごはんのおかずとして丁度良い塩梅になります。徳島ラーメンを良くすき焼きに例える人が居ますが、なるほどとうなずけます。麺は柔らかめ、この場合これがここのスタイルと言うことで、堅めが好みとか、そんなことはどうでも良くなってしまいます。
これが徳島ラーメンかと感傷にふけっていると、「島根からきはったん?」とおばちゃんが尋ねてきます。車のナンバーが見えたようです。「そうです。」と答えると、「混んどったじゃろ?」「出てきた日は反対車線が渋滞で止まってましたよ。」「島根ゆーたらこの前お遍路さんが来てたで。」・・・と言った具合に四方山話が始まりました。話し出すとこのおばちゃん、どうも止まらなくなるようです。最近は団塊の世代のお遍路さんが一杯来るとか、そのお遍路さんが置いていった札を見せてくれたり、うどんは香川は固いけど徳島のは柔らかく、そっちの方が美味しいだの(なるほどここの麺が柔らかめなのはその為か)、徳島で出来とるんや、と言う事で売り物のオロナミンCをご馳走してくれたり・・・私自身は田舎が都会なので経験はないのですが、何か田舎のおばあちゃんの家に帰ったような、ほのぼのとした雰囲気になりました。
f0088954_11153537.jpg

店の前までお見送りに出てくれたおばちゃん達にお別れを告げて帰る途中、ふと店の裏手を見ると屋根の上でのんびり猫が遊んでいました。こんな風景、最近見なくなったよなぁ。
[PR]

by emozione | 2007-05-05 15:40 | 四国