「しまね冒険ワールド」の謎のラーメン 「初代麺のすけ」

 12月20日、21日にくにびきメッセで開催されたイベント、「しまね冒険ワールド」の1コーナーとして山陰で頑張っている仕事人たちが集まる「あなたの街の仕事人博」という企画が開催されました。その、ブースの一つに「初代麺のすけ&だんだん家」という謎のラーメンのブースがありました。天然無化調味、アゴだしラーメンを謳い2009年松江市内にてオープン予定!と意味深な張り紙が掲げられています。果たしてどんなラーメンが提供されるのかと早速オーダーしようとすると、なんとお湯換えで30分ほど販売中止中とか。仕方が無いので近くのブースカフェでコーヒーを飲みながら時間をつぶす事に。この間も何人もの人がラーメンのオーダーに来ては30分待ちを告げられて立ち去っていきます。そこへ、一人の恰幅の良い男性が訪れてやはり30分待ちを言い渡されますが、この、どこかで見た事がある様な男性は、たじろぐ事無くブースの前に並んで動く気配を見せませんでした。するとどうでしょう、見る見るうちにその男性の後に続く列が出来ていきます。私も遅れをとってはいけないのでその列に並ぶ事にしました。しばらくすると、無事にお湯が沸きラーメンの再開です。「アゴ出汁海老油 塩らーめん」と「アゴ出汁海老油 醤油らーめん」の2種類があるようなので両方をシェアしていただく事にしました。
f0088954_2127328.jpg

 アゴ出汁海老油 塩らーめん(600円)です。イベント会場のブースなのでプラスティックの器ではありますが、黄金色のスープにチャーシュー、メンマ、水菜、煮玉子1/2、白髪ネギ、糸唐辛子、柚子皮のトッピングでかなり本格的な仕様になっています。麺は中太のウェーブ麺、わざわざ目黒の大黒屋から取り寄せているようです。スープは鶏メイン+ゲンコツの動物系とアゴ以外にも何種類もの魚介類を駆使した魚介系のダブルスープです。上品で洗練された味わいの中に濃厚な旨みを閉じ込めた本格的なスープで、食べ終わった後もしばらく口の中から旨みが消えないパンチの強さはとても無化調とは思えない程です。
f0088954_21274634.jpg

 こちらはアゴ出汁海老油 醤油らーめん(600円)。塩とベースは共通ですがタレの違いにより趣の異なった味わいを出しています。どちらも間違いなく超本格的無化調ラーメン、果たして、このイベントブースには似つかわしくないとも思わせるラーメンを作ったのは誰でしょう。実はこのブース良く知った人物のブースでした。(詳しくはこちら。)ちなみに、最初に時間つぶしで飲んだコーヒーはこちらの管理人さんのブース、最初にラーメンの列を作ったのはラーメン仲間のTさんです。時間の都合で短い間しか現場に居ることは出来ませんでしたが、この間絶え間なく長蛇の列ができていました。いったい皆さんどうやって美味しいラーメンの情報を知ったのでしょう?2時には120杯完売御礼だったそうで、本当にお疲れ様でした。
[PR]

by emozione | 2008-12-20 12:35 | 松江市内