中華そば大橋@兵庫県加東市

f0088954_18354030.jpg


 兵庫県の西脇市、加東市、小野市など北播磨には、その昔日本の繊維産業を支えたと言われる播州織の工場がありました。その、工場では数多くの女性工員たちが、必ずしも良いとは言えない条件の元、働いておられたそうですが、その女性工員たちにとって街の食堂で一杯のラーメンをいただく事は一時の心の休息だったのかも知れません。一方この地方の古い食堂ではそんな女性たちの好みを取り入れて行くうちに、独特なラーメンのスタイルが出来上がったと言われています。それが播州ラーメンと呼ばれるラーメンです。播州ラーメンの特徴は、醤油ベースのスープで概して甘い、麺は柔らかめと言う事ですが、店によっても若干の差があるようです。今回、お邪魔した加東市の大橋は通称「滝野大橋」と呼ばれ、何店かある播州ラーメンの店の中では超老舗級の歴史があり、なんと創業は昭和23年だそうです。この他にも同じ「西脇大橋」と大橋と名のつく店が西脇にもありこちらも昭和32年創業とかなりの歴史を持っているようですが、お互いの店同士の関係は無いと言う人が居たり暖簾分けだと言う人が居たりで今一つはっきりしません。店は県道17号線、滝野駅前の信号を南東に入った路地の奥にあり、歴史を感じさせる佇まいを見せています。駐車場は店の向かいに、かなりの台数分用意されていて車での来店に問題は無いようです。店に入ると着席する前にまず、「麺は何杯ですか」と尋ねられます。日曜日のお昼時でほぼ満席の状態の中、とりあえず客の入店があったら先に必要数、麺を茹で始める為ではないかと考えられます。その後、席に着いてあらためて注文の確認です。とは言ってもメニューは「中華そば」と「濃口」しかありません。折角なので三人で「中華そば」2杯と「濃口」1杯をシェアしました。[# 
f0088954_18355218.jpg

 中華そば(630円)です。この店のもう一つの特徴、丼が小さいと言う事前情報通り、通常の3分の2ぐらいの小さな丼に盛られています。丼を見ると相当量が少なそうに見えますが、なみなみと入っているので少食な人や女性なら丁度良い量なのかもしれません。それでもやはり若い男性などは、これでは物足りない人も多く、2杯分注文する人も珍しくないようです。基本は色が濃い目の醤油系中華そば、ネギ、モヤシ、海苔、チャーシューのシンプルなトッピングです。播州ラーメンは甘さが特徴と言いますが、ここの中華そばの甘さはさほど顕著ではなく、やや甘めのながらどこか懐かしい昔ながらの中華そばのイメージそのままの味わいです。
f0088954_1836419.jpg

 濃口(800円)です。量は中華そばと同じ、これでこの値段はややお高く感じるかもしれません。こちらは中華そばとは打って変わって、背油のような白いワダワダの浮いたギトギトしたイメージの一品、トッピングのチャーシューは普通の肉ではなく脂身のみのチャーシューです。実際に食べてみると、こちらは独特な酸味と甘みがあり、少しざらつきのあるスープですが、意外とギトギトした感じは強くありません。背油だと思っていた白いワダワダは背油よりもっと実体のある物で野菜か何かの細かくされた物の様な気がします。甘みは砂糖や味醂の様な甘みではなく野菜から出た甘みなのかも知れません。この、不思議な甘みが旨さとなって迫ってくる、あまり他ではお目にかかることが出来ない中華そばとなっています。恐らく、素材に相当な手が加わっているのではないかと思われ、そう考えると800円という金額も妥当なのかもしれません。チャーシューはデフォルトでは脂身のみのチャーシューとなりますが、これはこれで他ではお目にかかれない希少価値のある物と思いますが、メタボの身には堪えると思われる場合は申し出れば通常のチャーシューに変更可能なようです。ところで、この「濃口」は複数の情報によると平日の昼限定となっていますが、この日は日曜日。日祝日にも出るようになったのでしょうか。だとすれば休日にしかなかなか行く事ができない身には喜ばしい事です。
 播州ラーメンは、まだあまり認知度が高いとは言えないラーメンですが、かなり面白いご当地麺だと感じました。機会があれば、他の店にも行ってみたいと思います。

地図
[PR]

by emozione | 2008-11-23 12:25 | 関西