壱龍@外中原 スープ入り冷やし坦坦麺

f0088954_13252249.jpg

 夏のメニューとして登場の壱龍@中原の冷やし麺のシリーズ、昨年に引き続き冷やし中華、スープ入り冷やし坦坦麺、スープ無し冷やし坦坦麺の三種類がリリースされているようですが、この日はその中からスープ入り冷やし坦坦麺(750円)を頂くことにしました。尚、値段は昨年に比べてそれぞれ20円づつアップしているようです。やむを得ないですね。さて、スープ入り坦坦麺ですが、器や見た目のデザインは昨年と変わらないようです。涼しげなガラスの鉢に燃えるような赤いスープ、挽肉、白木耳、貝割れ、モヤシ、ぶつ切りトマトのトッピングは見た目に鮮やかで食欲をそそります。味としては、かなり酸味が前面に出たスープになっていて辛味が後から追ってくる印象です。気のせいか昨年に比べてベースの旨みがあまり感じられない気がします。麺はもちっとした弾力に富む細めのストレート麺でこちらも昨年とやや印象が違う気がします。麺に関しては今回の方が好印象でした。だいぶ涼しくなったとはいえまだ暑い日が続く中この手の冷た辛い麺が恋しくなる今日この頃です。

地図
[PR]

by emozione | 2008-08-08 14:00 | 松江市内