麺家ひばり@学園 魚醤つけ麺

f0088954_151080.jpg

f0088954_1511634.jpg

 先日の試食会以来関西遠征などを経て研究、試作を重ねて来たつけ麺がようやくリリースされたとの事で早速行くつもりでしたが、なかなかタイミングが合わずリリース1週間にしてようやく頂くことができました。大阪天六の名店「洛二神」を意識したという「魚醤つけ麺」(並:750円、大800円)は1日10食限定で「魚が苦手な方はご注文をお控えください。」と注釈が付く程魚系の出汁にこだわった一品となっています。それでも松江のラーメンや麺ある記山陰のリリース当初のレポートにもあるように濃厚魚系スープにまだなじみの薄い山陰の嗜好に合わせるように、やはり多少控えめな色付けにならざるを得ない事情があるようで小山氏も一部の熱狂的濃厚魚介派と山陰の一般市民との板ばさみに悩むところのようです。個人的にはつけ麺という食べ物の性格上あまり曖昧な味付けは馴染まないのと一日10食に限定してなお且つ注釈まで付けているメニューにまで手加減を加える必要はないんじゃないかと思うのですが・・・。さて、本題の魚醤つけ麺ですが、恐らくリリースから1週間の間に更なる調整がされたようで現在はかなりしっかり魚介を前面に出す方向にシフトしているのではないかと思われます。秋刀魚の身がゴロンと入っていることからしてもいわゆる関東的節系ではなく煮魚のつゆを思わせる魚介スープです。どこと無く麺家無双@米子のつけ麺に似ている気がするはご愛嬌ですが、この味なら十分に松江を代表するつけ麺として胸を張れる一品に仕上がっていると感じました。魚介スープを旨いと感じる人限定ですが旨いつけ麺が食べたい人にはお勧めの一杯です。

地図
[PR]

by emozione | 2008-07-29 13:20 | 松江市内