麪家ひばり@学園 夏向けメニュー2品

 暑い日が続きどうもラーメンモードになれないこの頃ですが、松江のラーメン店でもいくつか夏向けメニューがリリースされています。その中からこの日は麪家 ひばり@学園の夏向けメニュー2品をいただいてみました。
f0088954_13124256.jpg

 一品目は先日リリースされた「華麗なる和え麺」(750円)です。いわゆる汁なし麺で冷麺ではなく温麺になっています。カレー風味のスープに太目の平打ち縮れ麺、トッピングはキャベツ、トマト、角切りのチャーシュー、ネギとという構成です。和えスープには豚骨ベースと牛乳でクリーミーな中にアゴ出汁で魚介系の深みが合わさり、そこに抑制気味なカレー粉がピリ辛感を与えます。最初かなりマイルドな印象を受けますが後にじわじわとカレーのパンチが効いてきて夏らしくなかなかホットな仕上がりになっています。具のキャベツはこの和えスープにはジャストフィット、トマトはさらに旨みを加え角切りチャーシューはこってり感を与えてくれます。なかなかよく考えられた構成だと思われます。トマトに関しては麺と一緒に食べた方が旨みが増すので一緒に持ち上げたいのですがそれにしては多少カットが大きいかと思われます。もう少し小さなカットの方がより麺と絡むような気がします。麺は結構強い麺なので切れたりする事はないのですが多少絡み合って取り出しにくい感があります。このタイプの和え麺では仕方ないのかもしれません。しかし、うだる様な暑さの続くこの季節、こういう趣向の麺も面白いのではないでしょうか。
f0088954_13125483.jpg

 二品目は先日もいただいた冷し坦麺(780円)。こちらもこの季節にはピッタリのちょっとピリ辛の冷し麺ですが、先日いただいた時の印象より若干魚介が強い印象を受けました。ここの部分については余り正確な秤量をしないで加えているそうで多少のぶれは出るとの事、しかし、全体の印象としては旨みが増して豆乳の様に感じたミルクっぽさが和らいだ様で個人的にはこの方がより好みです。確認はしていないのでいい加減な事は言えませんがさじ加減でぶれが出るのであれば逆に好みによって魚介強め、魚介弱めをリクエスト出来るのかもしれません。一度確認してみたいと思います。
[PR]

by emozione | 2008-07-18 11:50 | 松江市内