登竜門@西川津 酸辣湯麺&麻婆麺

 知り合いのKさんの日記によると、お昼のメニューが変わったそうで、行って参りました。松江市西川津の登竜門です。ここは一時期アルバイト不足でお昼の営業は休業状態だった事がありましたが今は安定的に営業しているようです。お昼再開当初はメニューもランチ系に限定された形になっていて、お願いすれば麺の単品もやっていただけたのですが少し頼み辛い雰囲気になっていました。今回は写真入りの立派なメニューが出来上がっていて単品の麺も注文しやすい環境になっています。またメニュー自体も以前はラーメンと担々麺のセットを単品にして貰う格好で注文できただけでしたが今はこれに加えてチャーシューメン、五目あんかけラーメン、酸辣湯麺が新たに通常メニューに加わり選択の幅も広くなりました。今回はその酸辣湯麺を狙ってきましたが、併せて試しにかなり以前にこちらでいただいた事がある麻婆麺が出来るか尋ねてみたところ快くOKしていただいたのでこちらもお願いすることにしました。
f0088954_9134186.jpg

 酸辣湯麺(750円)です。麺を硬めでお願いいたしました。赤黒く澄んだスープにチャーシュー、メンマ、モヤシ、ほうれん草、糸唐辛子ののトッピングです。酢による酸味とラー油による辛味が主体のスープですが酸味の部分は酢の酸味以外にもう一つレモンのような爽やかな酸味を感じます。レモングラスかなとも思いましたが何でしょうか。また時々ピリリという独特の柑橘系の香りがあり花椒も使われているのかも知れません。いずれにしても様々なスパイスが使用されているようで複雑な香りを醸し出しています。その酸味と辛味がお互いにバランス良く引き立てあってなかなか美味です。但し、辛味は相当強めでこれがデフォルトだとすると辛さにあまり強くない人は辛味弱めで注文した方が良さそうです。逆に辛味党にとってはこの上ない一品として楽しめる一杯になっています。麺は細めのストレートで以前からここの麺は少し柔らかめかなと思っていたので、今回は硬めでお願いしたのですがこれが功を奏したようです。ほぼ好みの硬さに仕上がった様に思います。
f0088954_914831.jpg

 裏メニューの麻婆麺(850円)です。こちらも麺硬めでのお願いです。ラー油で赤く染まるスープの上に文字通りマーボー豆腐が乗せられたような形になっています。スープ自体は八角が使用されているため全体に甘みが支配しているのですが同時にラー油とおそらく花椒も使用されているのではないかと思いますが、かなり強めの辛さが口の中を炎上させます。こちらもデフォルトとしては相当ホットな設定になっているようです。香りとしては先ほどの酸辣湯麺が酸味と辛味のコラボだとすれば、こちらは甘みと辛味のコラボと言う事になるでしょうか。辛い物好きには癖になる旨さです。麺は酸辣湯麺とは違ってこちらは中太のウエーブ麺となっています。以前麺を硬めでお願いしなかったときに具の重みに負けて麺が切れやすかった記憶がありますが今回は麺硬めでおねがいしたためか問題なくいただくことができました。全体としてですが以前にいただいたときに比べて何か安定感があるというか「こなれた」イメージを持ちました。よく見ると前回いただいた昨年の3月に比べてネギがしっかり入っている、スープと具の比率が違うといった外見上の違いが見て取れますし、記憶が定かでは無いのですが前回はこれほど八角を感じなかった様に思ったりもするので、何らかの仕様変更があったのかも知れません。いずれにせよ悪い方向への変化ではないので嬉しい限りです。
[PR]

by emozione | 2008-06-20 12:15 | 松江市内