中華そば専門店「玉松」@岡山市

f0088954_21353270.jpg

 津山から岡山市に向かう途中国道53号線の通称辛香峠と呼ばれている場所に昔からある人気の中華そば専門店です。市街地からは少しはずれた立地ながらお昼時は駐車スペースが無くなる事もあるようです。
f0088954_21355430.jpg

 中に入るとまず正面にサンプルがお出迎えです。トンカツ入り、唐揚げ入りとともに他ではあまりお目にかかれない天ぷら入りなどの替わったメニューがあります。そして少し奥に進むと何故か錦鯉の泳ぐ池、そしてそれを中心に右奥が禁煙席、厨房前を抜けて左奥が喫煙席になっています。混雑時の来店だったため名前を告げて待つ事しばらく、案内されたのは喫煙席の方でした。予め禁煙席を希望すれば良かったのかも知れません。
 取り敢えず着席してメニューの確認です。天ぷら(870円)やトンカツ(980円)にも惹かれる物はあったのですが、初めての店なので玉子入り(770円)にとどめることにしました。
f0088954_21361973.jpg

 注文が来るまでの間、何故かテーブルに置いてある梅干しをいただきながら待つ事しばし、中華そば玉子入りの到着です。黄金色に濁った見た目に濃厚なスープにチャーシュー、メンマ、ネギとオプションのゆで卵が乗ります。まずはスープから、豚骨と鶏ガラに野菜とハチミツを加えた、豚骨醤油系のスープですが浅月などの岡山の昔ながらのラーメンにもある傾向として豚の膠の様な独特の甘みととろみを感じるスープとなっています。試しに卓上の梅干しを一つ口にしてからスープを味わうとハチミツの甘みが表に出るのかより一層甘みを増して感じられます。麺はかんすいの香りの強い細麺でスープとの相性も良い方です。玉子は煮卵ではなくてゆで卵ですがこのスープにはこちら方が相性が良いように思えます。岡山の昔ながらの伝統的な味を踏襲したラーメンで人気があるのも頷ける味ですが、難を言えば少し価格が強気過ぎる気がします。こういう庶民的な味のラーメンはもう少し庶民的な値段でも良いのではないでしょうか。
[PR]

by emozione | 2008-05-18 13:15 | 岡山県