だんだん家@春日 漢そば

 これも蔵出しネタになります。だんだん家ご主人の快心の自信作、「漢そば」と書いて「おとこそば」と読みます。極太のストレート麺を使用した汁無しそばで、これからの季節に向いた商品と言って良いかと思います。ご飯付きご飯無し、ニンニク入りニンニク無し、を選択できますがこの日は仕事の都合でご飯無し、ニンニク無しをお願いしました。
f0088954_23145629.jpg

 漢そば、ニンニク無し、ご飯無し(750円)です。醤油系のスープを絡めたかなり太めのストレート麺にチャーシュー、刻みネギ、木耳、ほうれん草、シナチク、海苔、卵の黄身、糸唐辛子のトッピングです。そして更にトッピングアイテムとして魚粉、天かす、酢、マヨネーズが別途用意されます。まずは出来るだけトッピングの無い部分から麺だけ取りだしていただいてみると、何か和そばの汁のように海苔のような香りのある醤油系のスープに小麦がしっかり香るパンチのある麺が絡んでなかなかの食感です。次に玉子を崩さずにそれぞれのトッピングと絡めて見るとそれぞれのトッピングの個性によって色とりどりの錦絵のように色合いを変えて迫ってきます。さらにこれに玉子を割り合わせるとキャンバスが一転別の色に染まりそれぞれのトッピングもまた違った色合いを見せてくれます。そしてとどめに魚粉、天かす、酢、マヨネーズが絡むとこれはもう複雑な色や形が絡み合う曼陀羅のごとく様々な主張が織りなす百花繚乱、味の饗宴。一度でこれほど何度も楽しめる麺は他にはないかも知れません。確かにご飯のおかずとしても酒のあてとしても存在感を発揮する麺と言えるでしょう。今回はご飯無し、ニンニク無しでの注文でしたが、これにニンニクが加わると更に味の色彩が豊かになるかも知れません。近いうちに再チャレンジしてみたいと思います。
f0088954_2315205.jpg

 この日は大盛り無料だったので塩煮卵らーめんの大盛り(700円)です。いつものように結構なお味です。と、ここで少し気になったので先ほどの漢そばの極太麺を塩ラーメンのスープに潜らせてみたのですが、これはインパクト強すぎです。麺が完全に勝ってしまってスープが尻込みしています。やはり、塩ラーメンには今の麺が良いようです。
[PR]

by emozione | 2008-04-11 12:15 | 松江市内