だんだん家@春日町 カップ麺発売記念

f0088954_16551969.jpg

 ローソン中四国限定の島根第2弾として先日発売された「だんだん家」を記念してのだんだん家訪問です。発売より10日ほど経過しますが、第一弾「頑固一徹塩ラーメン」がマスコミで大々的に取り上げられたのに比較して第2弾と言う事で若干話題性が低く扱われている感があり残念です。この日も金曜日の閉店前という事情もあってか他の客には結局遭遇しませんでした。
f0088954_16553424.jpg

 この日いただいたのは塩煮玉子らーめん700円。後で気が付いたのですがカップ麺が醤油ラーメンなので醤油にするべきでした。それでも、味は申し分ないです。決して主張の強いタイプではありませんがじっくりと旨味を抽出したじんわりと来るタイプのラーメンは相変わらず健在です。しかし、これをカップ麺にするのは大変でしょうね。やはりある程度は実店舗の味を踏襲していなければならないでしょうし、どうやって再現するのでしょうか。
f0088954_16555535.jpg

 と言う事で、こちらがそのカップ麺。表の写真は某氏が撮影されたそうでなかなか格好いいではありませんか。
f0088954_1656813.jpg

 中には乾麺とレトルトの具と特製スープが入っています。
f0088954_1657669.jpg

 出来上がり、チャーシューが貧相ですがカップ麺としてはこんな物でしょう。他のブログでも指摘がありましたが、無化調のラーメンを化学調味料で再現という所に本質的に無理があるのでしょうが、それでも雰囲気は良く再現されているのではないかと思います。無化調を化調でというパラドックスはある意味面白いかも知れません。実はこれを試食したのは発売直後だったのですが、だんだん家の味をカップ麺で再現する事に主眼に考えるとそれなりに頑張っているとは言えカップ麺としての出来を考えると何かもうひと味欲しい気がして、試しに魚粉を入れてみました。その結果、だんだん家の味からは離れたかも知れませんが、カップ麺としての完成度は一段と高くなった気がしました。奇しくも麺歩き山陰のこの日のブログにも同様の事をされた記述があって思わず笑ってしまいました。
[PR]

by emozione | 2008-02-28 20:30 | 松江市内