麺屋 空@流山市

f0088954_12125925.jpg

 千葉県流山市南流山の麺屋空(くう)です。流山に車往復とんぼ返りの用事が出来たため、近くにラーメン店が無いか検索したところ、ここがヒットしました。動物+魚介のダブルスープの店でラーメン、つけめん共に基本のしょうゆ、塩、コクみその三系統とトッピングバリエーションというメニュー構成になっています。今回はラーメンのしょうゆ、塩をそれぞれ味玉入りで、つけめんは塩をメンマトッピングいただくことにしました。
f0088954_12131822.jpg

 基本の醤油ベースの「味玉らーめん}(750円)です。濃いめに茶濁したスープにチャーシュー、メンマ、ネギ、糸唐辛子、とオプションの煮卵のトッピングです。スープは豚骨主体の動物系と節(本鰹・鯵・鯖・煮干)の効いた魚介のダブルで魚介が圧倒的に勝った北関東ガツン系で、頑者やあぢとみを彷彿とします。関東らしい濃い口醤油がガツンを幾分マイルドにしていて全体に意外とあっさりテイストになっています。麺は埼玉系とは異なり中太のウエーブ麺で堅めです。スープとの相性は悪くないです。味玉も白身はしっかり黄身はトロリのいい具合になっています。久々にちゃんとした関東系のラーメンを食べたという印象です。
f0088954_12133383.jpg

 こちらは「味玉塩らーめん」(800円)。沖縄の塩をホタテの旨味を活かした、と言う謳い文句で、こちらはよりガツンが濃厚に感じられます。節系が前面に押し出されそれをホタテの旨味が下支えしているようです。ガツン系が好きならこちらの方がより美味しく頂けるのではないでしょうか。久しく関東系のこれでもかと魚介をアピールしたラーメンを食べていなかったので大変美味しくいただきました。
f0088954_12134566.jpg

 塩つけめん(750円)+トッピングメンマ(100円)です。つけめんの麺はラーメンよりやや太い中太のウェーブ麺です。つけだれは塩らーめんと共通かも知れませんが当然かも知れませんがやや塩気が強い設定になっています。やはり節系を全面に出したスープで旨いですね。いつもこれだと飽きるのかも知れませんが、たまにはこういう魚介直球のスープが恋しくなります。
麺屋 空
[PR]

by emozione | 2007-12-23 21:40 | 関東