登竜門@西川津 山陰の担々麺巡り 第9弾

f0088954_1731165.jpg

 山陰の担々麺巡りシリーズ第9弾は、翠苑系最後の店、登竜門@西川津です。この店を第9弾(本当はもっと早い段階)で狙っていたのですが、何故こんなに間が空いてしまったかには訳があります。実はここに来るまで昼に何度か店を覗いてみたのですが、本日の営業は夜の部からと書いた看板がいつも出ていて昼間の営業はされていませんでした。滅多に夜の部に出ることがないためこの間ずっと訪問することが出来ずにいました。この日も恐らく同様だろうと思いながら通りかかったところ、何と珍しく開いていたためすかさず入店です。現在、お昼のメニューは絞られている様でランチ系7種類の中からの選択肢となるようです。その中に担々麺セット(唐揚げ、ライス、漬けもの付き:850円)と言うのがあったので、単品で出きるか聞いてみたところ出来るとの事で担々麺単品をお願いすることにしました。
f0088954_17311113.jpg

 担々麺(単品:750円)です。同じ翠苑系でも緑野菜のトッピングがほうれん草だったり小松菜だったり、青梗菜だったり異なるのですが、ここは外見的には出雲翠苑とよく似ていて刻み青梗菜が特徴になっています。この青梗菜がシャキシャキ感を良く出していて良いアクセントになっています。スープは酢を使用して味に深みを出したタイプで壱龍@中原に近い印象があります。麺は翠苑系に共通のストレート細麺ですが、いつも思うのですが、ほんの少し茹で時間を短くして頂けると嬉しい気がします。翠苑系の中ではやや強気の価格設定ですが、それも理不尽な程ではなく、辛目とか辛さ控えめ等の注文も嫌な顔をせず聞いて貰えるので気軽に昼食として利用するのには良いでしょう。
 問題はしばらく昼の時間に開けていなかった事ですが、営業日の時間内にあてにして出かけたにもかかわらず「本日の営業は夜の部から」の看板に阻まれるのは痛いものがあります。それも一度、二度ではなくとなると店の信用を失いかねません。後で尋ねると昼閉めていた理由はアルバイトが見つからなかった為だそうですが、それならそれなりの告知をすべきだと思います。限られた昼休みに運動がてら歩いて出かけて閉まっていて途方に暮なければならない人が居たかも知れません。
登竜門
[PR]

by emozione | 2007-12-14 12:25 | 松江市内