麺屋大輔@津山

f0088954_9104982.jpg

 津山市東一宮の麺屋大輔です。大阪の某有名ホテルでの調理経験があるマスターが開く豚骨ラーメンのお店です。以前瀬戸内ローカルの情報番組ニョッキン7で紹介され一躍注目点となりました。昼時には店外まで列が出来ることもあり遠く関西などからの客もあるそうですが、その実力やいかに。
f0088954_911114.jpg

 まずは店の看板メニューでもあるとんこつ(玉子入り:750円)です。見た目はクリーミーな白濁スープにネギ、木耳、チャーシューとオプションの煮卵のトッピングです。スープは丁寧に下処理されている為か全く臭み、雑味のないスープです。そう言えば店内にも豚骨臭はほとんど感じません。そうでありながら旨みのエキスはきっちりと抽出されていて、これはなかなかのスープです。この時たまたま、ラオタではない一般の某おばさんが同席していたのですが、この方はインスタントラーメンの方が美味しいというコメントでした。よくよく考えてみると、化調に慣らされた舌にはこの様な繊細な旨みはインパクトがないと感じられるのかも知れません。しかし、よくよく味わうと、雑味をこれだけ排しながら、ちゃんと素材の旨みを抽出する技術は大した物だと感じられました。ストレート細麺も存在感があり、良くまとまったラーメンだと思います。
f0088954_9111411.jpg

 限定30食のしお(650円)です。やや茶色みのあるスープに白髪ネギ、春菊、メンマ、チャーシューのトッピングと麺はとんこつと同様のストレート細麺です。こちらはガツン系ではありませんが魚介系を前面に出したスープになっています。一口飲むと大変美味しいスープなのですが、麺の存在感が結構ある方なのと、やや薄味なので後半やや飽き気味になる感がありました。

麺屋 大輔
★全面禁煙店★
[PR]

by emozione | 2007-12-09 12:10 | 岡山県