麺家ひばり@学園 限定 鶏白湯 再訪

f0088954_15451870.jpg

 10月10日にリリースされた新しい限定メニューの鶏白湯らあめん(750円)ですが、まだ100%の完成度ではないとの認識をされているようで、その後細かい仕様変更が行われているようです。リリースより1ヶ月、どの様になったのか再検証です。
 まずトッピングの変更ですが、鶏チャーシューがつくね団子になった事と海苔に乗った魚粉が加わった事ぐらいでしょうか。一時モヤシが省かれたと言う情報もありましたが現在は復活しているようです。そして、麺ですが、前回いただいたときは平打ちの太麺だったので今回は注文の時にオプションで極細麺にして貰うようお願いしたところ、今はデフォルトが極細麺になったと言う事でした。
 と言う事で新しくなった鶏白湯をいただいてみます。前回は鶏白湯と魚介系を合わせたダブルスープでさほど白湯を強く出したタイプではない清楚なスープという印象でしたが、今回は魚粉が海苔の上に分けて乗せてあるため最初は鶏白湯のみのスープを味わえる嗜好になっています。そしてその鶏白湯ベースですが以前に増して鶏の味が前面に出た様に感じます。後で聞いてみるとやはりスープを少し濃くしてみたと言う事でした。まだ、粘とつくような濃さではありませんがベースはよりはっきりした事が実感できます。食べ進める内に魚粉を少しずつスープに溶いていくとスープは次第に魚介系に染まっていきます。一度で二度楽しめるなかなか良いアイディアだと思います。
 トッピングでは鶏チャーシューに代わって置かれたつくね団子の甘酢あんですがこれ自体は悪くないのですが個人的には「甘酢あん」の部分がスープに馴染まない気がします。例えば柚子風味の鶏団子なんかにしてみても面白いのではないでしょうか。
 前回苦くて気になった焦がしエシャロットは今回も入っていましたが苦みは殆ど感じられなくなっています。修正が細かいのは流石です。
 麺については前回の平打ち麺はこのスープには少し強すぎると感じたのですがやはり細めの方が馴染みがよいようです。こちらをデフォにされたのは正解だと思います。
 全体に様々な点で苦労の後が見えてかなり良い方向にシフトしてきている様に思いますが、小山店長もまだ改良の余地有りとの認識をされているようでこれからも様々な試行錯誤がされていくのではないのかと思われます。その上で完成度が上がれば定番化もあるのかと期待しています。これまでとこれからの惜しまぬ努力に拍手を送りたいと思います。
f0088954_15454426.jpg

 こちらは定番の白湯らあめん(680円)。試食のみですが、流石に安定感があります。
f0088954_15462125.jpg

 今回茹で餃子(5個で280円)があったのでこちらも頼んでみました。茹でだけあってプリンプリンした食感の餃子です。つけだれが柚子風味の味噌味でなかなか面白い味です。
[PR]

by emozione | 2007-11-08 12:50 | 松江市内