壱龍ラーメン@田和山 山陰の担々麺巡り 第8弾

f0088954_23182627.jpg

 山陰の担々麺巡り第8弾はこれも翠苑系の壱龍田和山店です。壱龍は橋北の外中原と橋南の田和山に2店舗ありますが、味が微妙に違うような気がしています。また、田和山店については前回の訪問以来、麺の茹で加減に課題有りとの認識がありますがその後どうなってるでしょうか。
f0088954_23184730.jpg

 元祖担々麺(714円)です。真っ白な器は翠苑@平田、登竜門と共通でしょうか。何故か壱龍@外中原とは違うようですが、流石に姉妹店だけあって作りはよく似ているようです。味的にも外中原店と非常に近く恐らく酢を使って独特な旨みを出したスープはなかなかの物です。課題と思っていたストレートの細麺も外中原店には及ばないと言う印象ながらも今回はさほど違和感なくいただきました。あくまで個人的な好みで言うと翠苑系の中では壱龍@外中原の次に好感度が高い印象でした。
f0088954_2319732.jpg

 田和山店でしか味わえないと言う、新メニューの特選田和山塩ちゃんぽん(780円)です。豚肉、青梗菜、白菜、モヤシ、人参などの野菜、シーフードを炒めてスープを加えとろみを付けた物で溶き卵は入っていない物のいわゆる松江系ちゃんぽんになっています。ベースの味を素直に出したスープはそれなりに良いと思います。麺はMスタに似た中太のウェーブ麺ですが、残念ながら大変弱くあんかけスープの重みに耐えられずブチブチ切れてしまって大変食べにくいです。この手の重いスープには少し強めの麺を合わせた方が良いのではないでしょうか。
今回ラーメンの写真を撮ったりしていたためか帰り際に新作のちゃんぽんはどうでしたかと聞かれてしまいました。ブロガーがバレバレだったかも。

★禁煙席あり、でも1mの距離に喫煙席、これじゃあまり意味がありません★
[PR]

by emozione | 2007-11-01 13:20 | 松江市内