出雲翠苑 山陰の担々麺巡り 第7弾

f0088954_8472317.jpg

山陰の担々麺巡り第7弾は出雲翠苑です。翠苑出身の店の中で現在唯一「翠苑」の名前が許された店と言う事になるでしょうか。店長は翠苑のお弟子さんの中でも格が高いのかも知れません。場所は出雲市天神町の通称浜山公園通り家電量販店100満ボルトのとなりです。店に到着したのは午後3時数分前でしたが、後で知ったのですが日曜日の昼の営業は午後3時までだそうで閉店前のギリギリに来て嫌な客だったかも知れません。流石に四川の辛味系が得意な店だけあって担々麺だけでも、担々麺、黒ゴマ担々麺、カラネギ担々麺、五目担々麺、豚角担々麺、汁無し担々麺と6つのバリエーションがあります。この中でノーマルの担々麺(2.5倍)740円と黒ゴマ担々麺740円をいただくことにしました。
f0088954_8473672.jpg

担々麺(2.5倍)です。メニューを忠実に表記するとこうなるのですが、2.5倍というのが何を意味するのかいまいち不明です。辛さのことでしょうか?翠苑系列の店の中では野菜に大ぶりの青梗菜を使用している事と刻みネギが上からふりかけてあることが特徴でしょうか。味つけや辛さは翠苑系の中では淡泊な方で全体として本店の平田翠苑に近い味です。麺は平田翠苑よりむしろこちらの方が良いように感じました。
f0088954_8474832.jpg

もう一品黒ゴマ担々麺です。文字通り真っ黒なスープが強いインパクトを与えますが味は見た目よりかなりライトです。全体にファミリー客をターゲットに辛味等を少しライトに設定しているのかも知れません。個人的にはもう少しパンチがあっても良いんじゃないかと思ったりしました。
f0088954_848093.jpg

もう一品、天津飯です。こちらは本来お昼のセットで1200円なのですが、今回は単品でいただきました。単品の価格は?です。翠苑系の店は概して辛味系には強くて辛くないメニューは??な事が多い印象を持っていますが、こちらの天津飯はやや甘口ながらそこそこ美味しいようでした。

★店内の張り紙より「あなたの食後の一服が他のお客様の楽しい食事を台無しにしているかも」★
[PR]

by emozione | 2007-10-21 14:55 | 松江以外の島根県