麺ある記亭@市内某所

麺ある記山陰主催のmenaruki氏による自作ラーメンの試食会が市内某所で開催され、ご招待をいただきました。詳しくはこちらとこちら。仕事の都合で遅れて会場に到着した時には既に宴酣の状態でしたが、何品かの居酒屋メニューをいただきながらしばし歓談です。
f0088954_044751.jpg

こちらは何というネーミングなんでしょうか。海苔に白髪ネギと刻みチャーシューと山葵を少々巻いて食べます。単純な料理ですが、焼酎のあてにジャストフィットです。海苔巻きチャーシュー?
f0088954_045855.jpg

カツオのカルパッチョ。カツオのたたきのイタリアンバージョンと言えば良いでしょうか。オリーブ油と香草の香りがカツオを包み優しい味わいになっています。
f0088954_05154.jpg

これもネーミングが分かりません。鶏肉、ブロッコリー、エリンギなどをトマト煮した料理でこれもイタリアンテイストです。
f0088954_052679.jpg

そして登場したのは冷たいラーメン。
濃厚な鶏のベースとガツン系の節を合わせたWスープに香草で香り付けされたオリーブオイルを香り油としたスープ、トッピングはオクラ、ミョウガ、白髪ネギ、鶏チャーシュー、糸唐辛子、麺はもちもちの大黒製麺の12番平打ち麺です。
冷やし系スープは香りにくいと言うハンディを物ともしない濃厚な味わいは見事としか言いようがありません。ハーブが効いているためかどこか冷製パスタのような味わいがあって面白いですね。ミョウガやオクラなどの一見奇妙なトッピングも食べていて全く違和感を感じさせません。そして、食べ進めると中から赤い物が出現します。これは、トマト、玉葱、エリンギ、鶏を煮込んだ物だそうで、ますますイタリアンなテイストにシフトしていきます。和から伊への変化を意図されたようですが、欲を言えば香り油がやや勝ちすぎていて、節系の香りがマスクされて最初からイタリアが顔を出してしまう感があり、少しこれを控えめにされて和を強調しても良いのかも知れません。後で香り油ぬきのスープベースを試食させていただいたのですが、「どんだけぇ」とつっこみを入れたくなるほど濃厚な節系に驚きを隠せませんでした。これだけでスープとして十分美味しいと思います。あと、特筆すべきは鶏チャーシューです。これは出来上がった後桜のチップで燻して香りを付けるという手の込みようで、豊かな鶏の香りに燻製の香ばしさが加わりとろけるような味わいでした。
f0088954_054175.jpg

こちらは試食していないのですが醤油ラーメンです。今日の醤油ラーメンは今までの中でもトップクラスの出来との食べた人の弁でした。
f0088954_055128.jpg

そしてこちらがいただいた塩そば。ベースの鶏と魚介のWスープは旨みが飽和、析出して結晶化するのではないかと思えるほど濃厚で、翌日になっても口の中から旨みが消えない程でした。ネギ、白髪ネギ、チャーシュー、煮卵、メンマ、水菜、糸唐辛子、白胡麻と通常ならうるさく感じるかも知れないトッピングですが、この力強いスープの元では完全に脇役にまわり専らスープを引き立てる役割を演じきっています。前回にも増して非の打ち所のない出来で鶏そばに関しては既に完成していると言って良い出来だと思われます。むしろ、心配なのはこれを商品として提供する場合の途轍もない手間とコストではないでしょうか。そろそろ、そう言う具体的なところまで考える段階に来ている様にも思えます。ブログを見た方々から「読ませるだけでなく早く喰わせろ」という声が聞こえてきそうですが、近い将来それが実現するのを楽しみにしたい物です。
[PR]

by emozione | 2007-08-14 20:00 | 分類外