登竜門@西川津 四川式担々麺(スープなし)

日曜の夕食、久しぶりに豪勢に外食で何か辛い物系食べようをと言う事で家から徒歩で西川津町の登竜門に向かいました。丁度、この日のおすすめメニューで四川式担々麺(スープなし)と言うのをやっていたのでこれをいただくことにしました。
f0088954_1647449.jpg

その前にディナーと言う事でその他の品も何品かお願いする事にしました。こちらはクラゲの甘酢(680円)。野菜とクラゲのコリコリした食感を甘酢味に纏めた一品。
f0088954_16473542.jpg

ピータン・オン・ザ豆腐(440円)。豆腐はザル豆腐でしょうか、ちょい辛に味付けされてその上にぶつ切りのピータンが乗ります。
f0088954_1648077.jpg

油淋鶏(2ケ350円)。鶏の唐揚げはとても柔らかかったです。甘酢ソースが鶏の旨みを引き立てます。
f0088954_1648279.jpg

黒酢豚(ハーフサイズ500円)。酢豚のあんに香酢が使われているようです。どろっとした独特の酸味が刺激的です。
f0088954_16484643.jpg

陳麻婆豆腐(小440円)。結構辛口です。本場の四川山椒が舌を麻痺させます。その刺激が何とも言えません。
f0088954_164965.jpg

本題の四川式担々麺(600円)です。汁無しのラー油を使った油そばと言ったイメージで、本場四川の形態をかなり意識して再現した物と言って良いかと思われます。麺は細めのストレート、油そばとして考えると茹ですぎ柔らかすぎで食べようと思ってもなかなか箸に乗らない感じでしたが本場ではこんなイメージなんでしょうか?トッピングとしては挽肉、刻みネギ、モヤシ、青梗菜、糸唐辛子と正体不明な黒い物が乗っています。この黒い物が結構味にインパクトを加えているようです。本場ではよく混ぜてから食べるのが流儀のようですが、混ぜずに食べると具の部分だけ残ってしまう様でやはり混ぜてから食べた方が良さそうです。結構油が強い印象でカロリーが気になる担々麺でした。

★喫煙店だけど最近喫煙者遭遇率が減ってきた★
[PR]

by emozione | 2007-07-29 19:50 | 松江市内