地鶏炭火焼「一幸」@学園 鶏ラーメン

f0088954_14304932.jpg

山陰のたべもの屋さん」でも取り上げられた、松江市学園の一幸です。ここは元々地鶏炭火焼きのお店だったのが今月17日(だったかな)に炭火焼きの店としてメニューのリニューアルをしたと言う事です。しかし、比較してみると地鶏盛合わせが無くなってしまったなどの違いはありますが、さほど大きな変化はないようです。その中でラーメン系のメニューはリニューアルの様で、地鶏のタンタンめん、トントロチャーシューめんと有ったのが、鶏ラーメン一本に纏められた様です。そこで、新しい鶏ラーメンをいただいてみることにしました。
f0088954_14312012.jpg

とは言っても、炭火焼き居酒屋ですので、まず付け合わせが出ます。この日は「たこわさ」でした。
f0088954_14315185.jpg

もも塩焼(294円)
f0088954_14322360.jpg

パイプホルモン(399円)
f0088954_14324929.jpg

センマイ(399円)
f0088954_14332236.jpg

タン(399円)
f0088954_14335082.jpg

かわ塩焼(294円)
f0088954_14341699.jpg

砂ずり塩焼(294円)
折角なので焼き物もいただきました。焼き物を頼むと四角い炭焼き用の七輪が運ばれてくるのですが、夏には少し暑いですね。真上のテーブルライトが換気ファンになっているのには驚きました。
f0088954_14345863.jpg

かわどて煮(399円)
美味しかったのですが、満腹で食べ切れませんでした。
f0088954_14353954.jpg

そして目的の鶏ラーメン(504円)です。
しっかりと油の浮いたスープにネギ、モヤシ、ニラ、鶏のもも、煮卵のトッピングです。スープはさすがに鶏ベースですね。鶏ガラだけでなく皮系も使っているのではないでしょうか。後で少し店長さんとお話しさせていただいたんですが、あまり捻ったことをせず、鶏のスープに生姜、ニンニク、ネギの香り付けと塩、醤油、みりんなどの簡単な味付けと言う事でした。しかし、鶏の旨みと香りが素直に出ていて結構良いのではないでしょうか。煮卵も少し味付けが濃いめかと思いますが、良い出来だと思います。麺はMスタ麺かと思われますが、弱い上に茹で過ぎなのでこれは改善の余地有りかと思われます。しかし、この様に鶏エキスいっぱいのラーメンは松江では他に味わえる所がない物で、一食の価値ありではないでしょうか。

★喫煙店だけど隣で吸われてもロースターの換気扇が被害を食い止めた★
[PR]

by emozione | 2007-07-28 21:30 | 松江市内