かかしの家@和多見 しょうゆラーメン

世界征服会議のメンバーによる夜の徘徊ツアー、この日最後のラーメンは和多見町のかかしの家です。ここも、かねてより宿題になっていた店ですが同時になかなか足が向かなかった店でもあります。そう言う意味では良い機会となりました。その筋では松江では珍しい油そば(ピリ辛味、シーソース味各800円)で知られていますが、その他、担々麺(800円)やねぎラーメン(700円)ねぎ味噌ラーメン(750円)ねぎ担々(800円)ねぎチャーシュー(800円)ねぎ味噌チャーシュー(850円)チャーシュー麺(800円)しょうゆラーメン(700円)味噌ラーメン(700円)など結構なバラエティーがあります。今回は初訪問と言う事で一番ベーシックと思われるしょうゆラーメンを食べることにしました。
f0088954_9211340.jpg

店に入った時点から店内に豚を茹でる良い香りが漂っています。もちろんスープを煮込む寸胴からの香りですが少しのぞき込むとバラ肉の塊なんかが見えました。チャーシューに使用するのかも知れません。いずれにしてもこのスープなら少し塩味を整えればそれなりに美味しい物が出来るのではないかという期待を持ちつつ待つことしばし、しょうゆラーメンの出来上がりです。綺麗に茶濁したスープにチャーシュー、ネギ、モヤシ、ゆで玉子と山陰では珍しくナルトと海苔が乗ります。
早速一口スープを口にした時点でまず広がる独特な甘さ。この甘さは一体なんでしょう。化調もしっかりなのですがみりんか何かで無理矢理ねじ込んだような甘さが大変気になります。せっかく旨そうな香りをばらまいているスープのベースを分からなくするぐらいまで個性的な甘い醤油だれが支配しているのは少し残念です。むしろ塩ラーメンにして、ベースに少し塩ダレを加える程度のシンプルなスープにした方がスープが生きるような気がしました。麺もMスタ麺と思われますが少し茹で時間が長いようです。これは6人で同時に注文を入れたせいなのかも知れません。強気の価格設定と個性的な味のラーメンですが他にも担々麺や油そばなど興味をそそるメニューがあるので機会があれば再確認してみたいと思います。
[PR]

by emozione | 2007-07-18 23:30 | 松江市内