多胡食堂@一の谷町 みそラーメン&カツ丼

f0088954_10374662.jpg

松江市一の谷町の多胡食堂です。松江南高から八重垣神社に向かう幹線道路沿いにあるのですが、この道路通行量の割に道幅が狭く通りづらい道路です。店の前に僅かな駐車スペースがあるのですが、僅かでもはみ出すと交通妨害になるためワンボックス車などは縦列駐車せざるを得ず1台先客があると駐車できない状態になります。そんな中この日も先客があったのでしばらく辺りをグルグルまわろうかと思っていたのですが、ついに発見しました。2軒ほど先の寿司屋の横を入ったところに専用駐車場が2台分あるじゃないですか。と言う事で無事に車を止め入店です。
この日は未食のメニューのうち、みそラーメンとこの店一番人気のカツ丼をいただくことにしました。
まず、みそラーメン500円ですが、僅かに濁りのある茶濁スープにチャーシュー、ネギ、モヤシ、蒲鉾のトッピングで見た目はノーマルのラーメンと殆ど変わりません。味ですが、これは大変変わったみそラーメンですね。ノーマルのスープがそのまま基本だと思いますがこれに少量の味噌を溶かしたと言った感じで、みそラーメンと言えるほど味噌が前面に出ていません。味噌風味ラーメンと言った方が正しいかも知れません。麺は前回のラーメンの麺と太さが違います。もっと太くてムニュッとしているというのか水っぽいと言うのか、もしかしたら少し茹ですぎたのでしょうか。それでも、何か素朴で懐かしさを感じるラーメンでした。
f0088954_10375869.jpg

カツ丼(みそ汁付き)550円です。このカツ丼はご飯の上にカツを乗せその上にネギ、玉葱を出汁で煮込んでトロトロ玉子で仕上げた物を上に乗せたタイプです。カツは煮込まれていないので玉子の下からシャキシャキの状態で出てきます。やや甘めの素朴な味付けはどこか郷愁を誘う懐かしい味で長きに渡り南高生達に愛されてきた歴史を感じます。特に突出したところがあるわけでは無いのですが、カツ自体には先日いただいたカツライス同様、独特の下味があり全体の味を引き締めています。人々に長く愛されるのにふさわしい味わいでした。
[PR]

by emozione | 2007-06-25 13:55 | 松江市内