めん宝@黒田町キャスパル内

f0088954_235254.jpg

チャンポン
f0088954_24810.jpg

満腹チャンポン

松江市黒田町のキャスパル(旧アピア)内フードコートにある「めん宝」です。リクエストがあったのでレポートしてみることにしました。以前、アピア時代にも同様な店がフードコート内に有ったのですが「めん宝」だったのかどうか記憶にありません。ただ、その店も味で勝負と言うよりは大盛り系メニューや、きわもの系メニュー(たこやきラーメンなど)で売っていたように記憶しております。キャスパルのめん宝もコンセプトは同じ様です。
今回いただいたのはチャンポン610円とまんぷくチャンポン690円です。
食券セルフ方式になっているのでまず券売機で食券を購入します。それを窓口に提出して出来上がるのを待ちます。作業内容を見たかったこともあって店の前で立っていると何故かテーブルに着くように促されてしまいました。作業内容を見せたくなかったのでしょうか。しばらく待つと「まんぷくチャンポンの方~!」と大声でおばさんが叫ぶので「まんぷくチャンポン」の方は慌ててそれを取りに行く事になります。しかし、この方式、例えばまんぷくチャンポンの方が10人お待ちだった場合誰が最初に取りに行けば良いのか分からなくなる事はないのでしょうか。事実、アピア時代に明らかに後から来た人が先に品物を持っていってしまって先に待っていた人が不愉快そうにしている光景を何度と無く見た記憶があります。また、不特定多数の人に自分の注文内容を知られてしまうのはあまり気持ちの良い物ではありません。若い女性がいくら「まんぷくチャンポン」を食べたくても躊躇してしまうでしょう。経費もさほどかからないので番号札制とかにした方が宜しいのではないでしょうか。
さて、チャンポンのお味ですが、野菜たっぷりのあんかけスープで、何ベースか分からない元スープにごま油と化調と野菜で旨みを出し誰が食べても不愉快でない味に仕上げられています。麺については言わないことにします。細かい味より腹を満たすことが優先で有れば十分その用は成していると思われます。
もう一品のまんぷくチャンポンも同様ですがチャンポンのあんとは若干違うように感じます。こちらは少し硬めでむしろ中華丼のあんを麺とご飯にかけたと言った感じです。量はまんぷくチャンポンだけ有ってチャンポン以上に満腹になるには余りある量です。690円で満腹になれると言う事でそう言う用途としては十分ではないでしょうか。
アピア時代に比べてフードコートが全面禁煙になっているのには好感が持てます。以前は喫煙ゾーンと禁煙ゾーンに分けた分煙でしたが空間はつながっているので殆ど意味が有りませんでした。また、禁煙ゾーンでも平気で喫煙する人が多かったので何度と無く不愉快な思いをしましたが、分かりやすく全面禁煙になったことによって不愉快な思いをすることは無くなりました。めでたし。
[PR]

by emozione | 2007-06-11 13:40 | 松江市内