多胡食堂@一の谷町 カツライス

f0088954_22101685.jpg

前回、宿題となっていた多胡食堂のカツライスです。
出てきたのは、深皿に盛られたご飯の上にデミグラソースのかかったカツ、そして同盛りでサラダとスパゲティーという松江系カツライスの王道を行くルックス、期待通りです。
お味の方ですが、これがなかなかの物です。カツは決して分厚いとは言えませんがシャキッとしながら口当たりが柔らかく独特な味があります。ここの看板メニューはカツ丼と聞きましたが、なるほどこのカツでカツ丼は美味しくないはずはないですね。そして、特筆すべきはこのデミグラソース、これまで食べたカツライスは木幡食堂を除いて濃厚なタイプのデミグラソースでしたがここのはさらっとしてます。これが実にカツ、ご飯との相性が良く良い味を出しています。これは、これまで食べたカツライスの中でも一押しの逸品です。そして、スパゲティーが乗るなど少し個性もありますが、おそらくここのカツライスは松江系カツライスの源流にかなり近いのではないかと思われます。その意味でも非常に貴重なメニューだろうと思われます。
f0088954_22103323.jpg

この日いただいたもう一品の「焼めし」です。これは決して「チャーハン」ではなくやはり「焼めし」が正しいですね。野菜たくさんで非常にシンプルで薄口の味付け、中華テイストは余り感じません。ピーマンの味が良く出ていて好き嫌いが出るかも知れませんが、個人的には大変いけていると思います。紅生姜が味にアクセントを出していて良いですね。多胡食堂らしいテイストの一品でした
[PR]

by emozione | 2007-05-24 13:15 | 松江市内