多胡食堂@一の谷町

f0088954_23562768.jpg

ある所から情報を得て行って参りました。多胡食堂@一の谷町です。場所は松江南高から八重垣神社の方に向かって200~300mと言ったところでしょうか、大通りに面しているのですぐに分かるかと思います。
f0088954_2358371.jpg

古くから南高の学生さん御用達のお店のようで入口脇に陳列してある色あせた食品サンプルと言い昭和のテイスト満点の店です。中に入ると、おばあさんが一人で切り盛りをされていました。メニューは、定食系から丼物、麺類、ごはん系、うどんと何でも有りの構成になっています。その中に、ラーメン、チャンポン、みそラーメン、チャーシューメンがありました。初めての店と言うことで、ラーメン小400円とチャンポン550円を注文です。注文を受けるとおばあさんが一人で厨房に入って調理を始めます。厨房の入口についたてがあるので中の様子はよく分かりませんが、しばらく待つと出来上がりました。
f0088954_23582793.jpg

ラーメンですが、僅かに濁りのある茶褐色のスープにチャーシュー、ネギ、もやし、とこの辺りには珍しく蒲鉾が二切れ入っています。直感的にこのルックスには期待が走ります。レンゲがないので早速丼から直接スープを一杯、薄口豚骨に僅かな醤油味と言ったと事でしょうか、粘度があって結構しっかりスープの味が出ています。屋台のラーメンのような味わいです。そして、何かしら不思議な甘みがスープを支配しています。甘みの正体は分かりませんでした。チャーシューも塩豚系ですが結構ジューシーで美味しいです。麺は太め、松江スタンダードでしょうか、スープが美味しいだけに少し弱いのが残念です。しかし、古き良き松江ラーメンの味を現役で残している店がまだあったんですね。驚きの一杯でした。
f0088954_23585327.jpg

同時にいただいたチャンポンですが、恐らく基本のスープは同じなんでしょう。でも、野菜や豚肉がエキスを出していて、特に椎茸のエキスが強く出ているため、ラーメンのスープとは大きく印象が異なります。野菜系の旨みたっぷりのスープにとろみがつけてあり大変美味しいです。やはり麺が残念ではありますが、病みつきになる旨さでした。
親子二代に渡ってお世話になっている人も居るという歴史のある店構えに、昔そのままの味を残した貴重なお店と言っても良いでしょう。そして、この店、何とラーメンの他に「カツライス」600円がメニューにあります。色あせたサンプルにカツライスと思われる物があったのですが、これがそのままだとすれば、松江の伝統的カツライスそのもののようです。大きな宿題を残して帰路についた次第でした。
[PR]

by emozione | 2007-05-15 14:00 | 松江市内