宝屋@岡山駅ビル店

f0088954_1845181.jpg

2006年10月に完成した岡山駅新駅ビル「さんすて岡山」にオープンした宝屋です。
元は京都で大王老麺とう名前の店だったところが改名リニューアルしてFC展開をしているようです。
安易にFC拡大をしない方針とのことですが、現在関西を中心に全部で7店舗ほど有るようで、中国地方では初のお目見えです。
岡山店は新駅ビルの2階にあり店内はカウンターのみ、木材を多く使ってレトロ調を演出した今時の作りになっています。接客のお姉さんが非常に丁寧で好感が持てました。
ラーメンのスープは1系統で、他に醤油を使わず塩昆布で食べる出町の玉子かけご飯というのが売りになっているようですが、一身上の都合でこちらは頂きませんでした。
今回ははじめての来店だったため、基本のラーメン600円とも思ったのですが、店名を冠した宝ラーメン650円というこれに木耳と玉子だけ加わったメニューがあったのでそちらを頂きました。
まずはスープですが、やや茶色身のある乳白色のスープに白い背油が浮いた背油豚骨系スープです。
ファーストインプレッションとしては、岡山のFC大統領とか京都のFC横綱なんかに近いなと感じました。
京都と言うことで、横綱系と言った方が良いのかも知れません。
雑味を押さえたスープで豚の香りは結構しっかりありますが豚臭さ、獣臭さは感じません。このため背油も多めでかなりコッテリな筈ですが、後口が良く意外にすっきりした印象です。トッピングはネギ、木耳、メンマ、チャーシュー、玉子です。
ネギはかなり多めです。横綱や大統領ではネギ入れ放題ですが、これに習って多めにしてあるのでしょうか?ネギはスープを引き立てるために少量有れば良く、ネギを食べるためにスープが有るんだと言った入れ方は邪道だと感じる私のような者には少しうるさく感じる量でした。
チャーシューは薄切りの煮豚と言った感じの物ですが味的には良かったです。
玉子は茹で玉子ですが若干塩味をつけてあるように感じました。
そんなに大勢が入れる店ではない事もあるかと思いますが、お昼時には列が出来ている事も有るようです。
人気が有るのも納得の味でした。
[PR]

by emozione | 2007-04-01 13:00 | 岡山県