べんてん@高田馬場

f0088954_22262356.jpg

高田馬場のこれもつけ麺の名店、べんてんです。
何故か今回の関東遠征は古くからの太麺つけ麺の名店で魚介系Wスープの店ばかりになってしまいました。
11時過ぎぐらいの到着でしたが神田川沿いに15人ほどが列を作っていました。
この店は満席になると、店の前のカーブミラーの当たりを起点に線路方向に向かって神田川沿いに並んで、店から出てくる人があったらその数だけ先頭から入店していくのが習わしになっているようです。
15人ぐらいの行列でしたが、30分ほどで入店となりました。
店内はカウンターのみの12席ですが、肘を窄めないといけない程ギュウギュウ詰め状態で座ります。
またも、周りが皆つけ麺の注文をする中、ラーメン700円と味付玉子50円(安っ!)を注文しました。
奥でコワモテの大将が黙々と大釜で自慢の太麺を茹であげるのを待つこと15分ほどだったでしょうか、運ばれたラーメンは一目見るだけで多いなと思うほど、なみなみと麺の盛られた一杯でした。
よくよく見ると上の料金表の片隅に「麺は350gで通常の2倍以上あります。」書かれています。
実はさらに上に中盛650g、大盛1000gという設定もありますが、ギャル曽根でもなければ食べきれないんじゃないでしょうか。
さて、肝心のお味ですが、鰹風味のよく効いたWスープですがどちらかと言えば動物系が勝っていてなかなか良い塩梅のスープです。
表の暖簾には「麺太濃多美味しい」と書いてあるのですが昨日までの埼玉系ダブルスープに比べると相当マイルドなイメージがありました。
麺は世間の麺からすると相当太麺なのですが、これも埼玉系に比べると全然ラーメンと言える程度でやはりつけ麺を表に出している店だけあって非常に強い麺です。やはりラーメンにしてはやや強すぎる感もあります。
その他チャーシューも重量感があって柔らかく申し分ないですし、メンマもしっかりガッツリ入っています。
味付玉子は小ぶりで固茹でですがかなり塩っ辛いです。スープと一緒に頂いた方が良いでしょう。
全体に味的には十分満足できる一品だと思います。
ただ、麺の多さにはちょっと参ってしまいました。美味しいラーメンは残さないのが信条なのですが、さすがにスープまで完食出来ませんでした。
どうも、ターゲットは腹ぺこの若者になっているようです。

今回結果的には特に関東で魚介系の個性の強い老舗を3件巡る格好になりました。
その上で総じて言えることは、都会地ではやはり強烈な個性を出せば出すほど強い人気が生まれるように思いました。
先日ひばりの感想で書いたのですが、ひばりのオープン当初は確かに松江の人も面食らう濃厚な魚介スープでしたが、でも遥かに洗練されていて雅な味だったと思います。
同じく濃厚な魚介スープでもっと下俗的と言っては悪いのかも知れませんが、ワイルドな頑者や、少し大人しめとは言ってもひばりのオープン時よりは遥かにあくの強い、あぢとみ食堂やべんてんは関東では超人気店です。
果たしてこれが松江だとやはり受け入れられないのでしょうか?
この様な味はもちろん万人向けではなく、関東でも受け入れがたい人も多く居るのだろうと思いますが、それよりも熱烈に欲する人が多くいて寒空に1時間半もの列を作っているのだと思います。
そして、この様な人たちはその味が変わらない限り列を作ることをやめないのでしょう。
あくまで個人的な意見ですがひばりの当初の味はアンチな人も居るでしょうが、逆にこの様な強固なファンを作り出す要素も持っていたと思います。
そう言う意味では少し方針転換が早すぎたのではないかと思ったりもします。
[PR]

by emozione | 2007-02-26 11:30 | 関東