あぢとみ食堂@川島町 正油太麺+味付玉子

f0088954_22335641.jpg

埼玉県比企郡川島町にあるラーメンの名店、あぢとみ食堂です。
ここは本来車で行くべきところで徒歩で向かうべきところではありません。
それでも車なしでも行きたいと言う全国のラーメンファンのために行き方指南をしておきます。
東京方面から向かう場合はとりあえず東武若葉駅を目指しましょう。私の場合大宮に用があったので京浜東北線で大宮、その後埼京線で川越まで行って東武東上線に乗り換えて若葉まで行きました。
さて、若葉駅からですが慣れていない人は駅前からタクシーに乗るのが良いかも知れません。
でも、タクシーの運ちゃんも店を知らない可能性があるので、店の地図と電話番号は用意しておいた方がよいです。
私の乗ったタクシーは電話番号を頼りにナビで場所を検索していました。若葉駅からタクシーで行くとおよそ2000円ぐらいかかりました。
バスにトライする方は若01系八幡団地行きに乗って南戸守で降りましょう。バスは一時間に2~3本程度です。
その他川越から川越02系東松山行きに乗る手もあります。どうしても時間帯に東松山行きがない場合は少し距離がありますが、八幡団地止まりに乗って上中山のバス停で降りてそのまま東松山方向にまっすぐ歩いても行けます。
逆に東武東上線東松山駅から川越02系川越行きに乗っても行くことが出来ます。
こんな親切な案内を書いているHPはどこにもなかったので、私はタクシーで行く羽目になりました。
何とか到着して入店。この店は店内奥の座敷に待合い用の座布団が10人分ぐらいだったでしょうか置いてあって座って並ぶようになっているのですが、私の到着した午後二時頃には残り2つ座布団が空いている程度の混み具合でした。
座布団から席に案内されるまで約15分、とりあえず定番と思われる正油太麺と味付煮卵を注文してから約15分でラーメンが運ばれてきました。
チャーシュー、海苔、メンマ、注文した煮卵と特徴的なのは貝割れを配した彩りが綺麗です。
スープは正油なので黒褐色でやや表面に浮く油は多めです。
で、スープの味でが、昨日の頑者のスープによく似ています。
鰹節系の出汁が全面に出ていてそれを脂身の多い動物系スープが支えています。
ただし、魚介系は頑者に比べると控えめでマイルドです。魚粉がより細かいパウダーで使用量も少ないためかと思われます。
そのおかげで全体に嫌みのない味に仕上がっています。
麺はこれも埼玉ラーメンの特徴なんでしょうか、太いです。ほぼストレートの太麺は丁度アルデンテに茹でたパスタに近い食感です。
チャーシューは分厚くトロトロの柔らかさで味付け玉子も半熟具合が申し分なく味も良く浸みていました。
貝割れはこってり系濃い味のこのラーメンでは結構良いアクセントになっていると思います。
さすがに人気店だけあって、個性を出しながらバランスの取れた良い味を出していると思いました。
苦労して行っただけの甲斐がありました。
苦労と言えば、徒歩で向かう人のための忠告ですが、帰り道にタクシーを拾って等と考えてはいけません。
私がバス停を捜してさまよう40分ぐらいの間、1台のタクシーにも出くわしませんでした。
これから行かれる方は本数は少ないですが、おとなしくバスを待ちましょう。
[PR]

by emozione | 2007-02-25 14:00 | 関東