頑者@川越

f0088954_22243890.jpg

埼玉県川越市の本川越駅前にある頑者です。
埼玉でラーメン店と言えばまずこの店をあげる人も多いでしょう。
言わずと知れた行列店です。
土曜日の12時半頃という最悪の時間帯になってしまったため、店の前には50人ほどの列、しかしここまで来て諦めるわけにもいかないので列の最後尾に並ぶことにしました。
この店は完全入れ替え制で客を入れるため、一定時間毎に列が縮むのですが、せっかくなのでワンクールの時間を計ってみました。
一回に入る客の数は12人、ほぼ25分に一度のペースで回転しているようです。
今回は4クール目で入店となったため、JRも徐行運転するほどの強い北風の中1時間半並ぶこととなりました。
残り2巡ぐらいになると中からおばちゃんが出てきて注文を取りに来ます。
そうです、この店はつけ麺の名店だけあって殆どの人がつけ麺を注文していました。
つけ麺はラーメンにあらずをモットーとする私は、そんな中一人だけラーメンを注文です。
1時間半の死の行列を終えてやっとの事で入店すると奥から順番に座ります。
どうやら奥から椅子に番号がついていて先ほどとった注文はその番号で管理されているようです。
ちなみに10番はカウンターの角になり少し窮屈で損な番号でした。
水がセルフなので水をくみに行っているとラーメンだけは上がりが早いらしく席に着く前に出来上がっていました。
この組の中でラーメンを頼んだのは私だけだったため、寒い中並んだ人たちの羨望の眼差しの中あつあつのラーメンを一人頂くこととなりました。
海苔、チャーシュー、ゆで卵、ナルト、ネギを配したラーメンでスープの色は比較的透明感のある茶褐色。
鰹節系の魚介スープと動物系のWスープですが、節系の香りが強烈なスープに更に噛める程の大粒の魚粉が加えられています。
和風と言えば和風なんですが動物系も決してあっさりではなく薄膜を張るぐらいの油の層が表面を覆っています。
麺はつけめんと共通かと思われますが、パスタ並のストレート太麺でかなりのコシがありました。
つけ麺にはこれぐらいの強さが必要かも知れませんがラーメンにはやや強すぎる気もします。
スープ、麺ともとにかく強いインパクトを与えるラーメンで流石は埼玉一と賞せられるだけの事はあると感じました。
1時間半分冷やされた体温を取り戻し、1時間半分貯まった疲労に栄養を注入して店を後にしました。
帰りしな、やはり店の前には変わらず長蛇の列が出来ていました。
[PR]

by emozione | 2007-02-24 12:30 | 関東